<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

DP2が

退院してこない入院9月3日 症状フリ-ズ 20枚ぐらいの撮影で電源が落ちませんコレて
車で言うと走行中にアクセルが戻らずブレ-キも利かない死んじゃうよ、リコ-ル物だね
紳士の私がプチ切れてと言わせると基盤を交換しています、フル充電でも40枚撮影で
残量マ-クが点灯この不具合はバッテリ-チャ-ジャ-を新しいのと交換するという
c0008948_21243663.jpg

SD14もそうだったがこの会社の物造り大いに不満 大いに疑問がある
これだけ時間がかかるのはそれだけクレ-ムが多いことだね価格COMに板が立っている。
2日にようやく退院する。病明けの4日に連れ出して50シャッタ-するも症状はでない

by takigoyama | 2009-09-30 21:28 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

景信山でお勉強

先週倉岳山で見られなかったシュウブンソウ(秋分草)をここに行けば見られるだろうと予測して
行ったら案の定見られました。山頂から陣馬に向かう道はプチお花畑もあって楽しめました。
c0008948_1051064.jpg

釣竿のような長い横枝がはりだしているのが目を引きます。どこがキク科じゃと突っ込みたく
      拡大してみるとしょぼい舌状花(図鑑の知識で分かる)がありキク科ということです。
            どっちがどっち 情報が入り乱れてます。               
c0008948_10245049.jpg

レモンエゴマは生レモンを切ったような強い匂いは感じませんが、いつまでも嗅いでいたいようなさわやかなレモン臭がします。エゴマは不快な匂いです。草姿ほほとんど同じなので
嗅いで見るのが一番です。(筆者が嗅いで比べた見方)
                   レモンエゴマ=苞が白い エゴマ=苞は緑色
c0008948_1184110.jpg

区別ができませんさらに匂いは確定要因にならずの話もあり、これ以上の追跡は無理です。
                     どっちノミズヒキショ-
c0008948_1454940.jpg

草丈にもよりますが円内のは扇型のチョウセンキンミズヒキに見えても右はキンミズヒキに
見える。一植物愛好家が、細かく分類すると楽しめ無くなる。そういうタイプもあると留めておきたい
                      初見ながら
c0008948_19323961.jpg

ミニヒマワリを小さくしたようなオオガンクビソウ同じ仲間のうちでは苞葉や頭花が大きく直感する。
                           悩みな無きセリ科
c0008948_2131887.jpg

白花のセリ科はみんな同じに見える中で暗紫色の花を付ける。ノダケほかにオニノダケ
四国 九州 ハナビゼリ本州 四国 九州(検索しても画像は少ない)見るのは難しいでしょう 
                        薄紫のさわやか系
c0008948_22215788.jpg

c0008948_22403159.jpg

小仏バス停に向かうバスを見送りひとり小下沢林道に向かう、ザリ窪コ-スを歩く東尾根
分岐を過ぎて小仏バス停から上がってくる道と合うと一人歩きはここまで、明王峠-陣馬
c0008948_22583563.jpg

c0008948_22594844.jpg

栃谷尾根-(イタドリ沢の頭)の登り口を確認して-落合陣馬登山口-バスは数分で来るが
      駅ま歩く-追い越したバスと同じ東京行きの快速電車に乗れる  9月26日 歩く

by takigoyama | 2009-09-27 10:03 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

分かるかなわからねだろうな~

今 はやりのネコとアヒルが力を合わせてみんなの笑いを取りました。それとも嗤われた
c0008948_2264110.jpg

            左 マネキグサ(シソ科) 中 アヒル  右 ネコノシタ(キキ科)
林家三平風ではどこが面白いかと言いますと ギャグを解説しては笑えませんね

 その答えは  マネキネコダック

by takigoyama | 2009-09-26 22:16 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

倉岳山でお勉強

          キンミズヒキVSヒメキンミズヒキ
c0008948_21391922.jpg

見慣れたキンミズヒキの影に隠れて認知度の低いヒメキンミズヒキはキンミズヒキと混同されて
注目されない、今回たまたまお昼に選んだ目の前に両者が並んでいてじっくりと観察ができた。
                    ショウマ三兄弟
c0008948_8402064.jpg

運が良いと一日の山歩きで三種見られます。サラシナショウマは本社ヶ丸 イヌ、オオバは倉岳山
                     オオヤマハコベ
c0008948_9304013.jpg

今まで気がつかなくてゴメンネ×2 ハコベにしては大型(40~80センチ)つい最近高尾山の
植物を取り上げているサイトで見て認識したばかりでした。初見ながら名前は浮かびました。
葉を見るとキク科みたいミヤマハコベのように、深裂した花は蟹の鋏ようでハコベ属で間違いない
                          関東系×関西系
c0008948_17331559.jpg

(アキチョウジ 伊吹山北尾根)セキヤノアキチョウジの細身に比べアキチョウジはメタボ気味
                    似て非なり
c0008948_9262633.jpg

  先生長持ちキンチョ-ルと良く飛ぶジエット
どちっちを選んだらええんやお腰をクネクネさせたキレイナオナエサンに
イヌとヤマそんなのどうでもいいじゃないと言われてみたい
悲しいかな身の回りにはいません泣くが
下唇が折りたたまれているのは、下唇に乗ったハチの重みで下唇がが下がると中から雄しべ雌しべが出てきて、ハチの腹面に触れるのだなるほど   花の顔 田中 肇著
c0008948_2255873.jpg

穴路峠で休む背に岩井さんと声がかかる、高畑山から降りてきた77歳Sさんだった矢平山まで
行くと言う(8時間コ-ス)超お元気、倉岳山で頂いた一番搾りおいしゅうございました。チュ-ハイ
おいしゅうございました。お友達と帰りの寄る居酒屋選びのヤリトリがうらやましい
c0008948_111123.jpg

                                     畑に咲いていた秋ウコン
                           難易度☆
c0008948_11294289.jpg

                      花より実が目立つ トチバニンジン
c0008948_214129.jpg

     手のひら状の葉はトチノキ ニンジンは肥暑する根茎がある。      9月21日歩く

by takigoyama | 2009-09-21 21:39 | 自然 | Trackback | Comments(4)

雲取山最短ル-ト

c0008948_731319.jpg

白岩からくる鳥屋尾根をさらに小雲(1960)三ツ尾根を回り、下ると、次が荒沢で・・・原全教
c0008948_916328.jpg

鬱蒼とした原生林に覆われた大洞の谷は深い。栄さんこと山中栄吉さんは、その大洞谷の
    森林軌道の脇の小さな小屋に住んでいた。回想の秩父多摩 河野寿夫著
  昭和32年発行地理調査所の地形図には二瀬ダム(昭和36年完成)は見られない
c0008948_9382865.jpg

                                 釣り師の踏み跡を下り入渓する
c0008948_9433159.jpg

c0008948_9482890.jpg

腰が引けおっかなびっくりのてぎこちないお二人さんはこともなげもなく安定した歩きです。
        崩れた巻き道より悪場がない沢の中を進む 写真提供 kasehjinさん
c0008948_1018522.jpg
 
               残置ワイヤ- トロッコ軌道跡 大滝奥国有林に林業の衰退を見る。
c0008948_117738.jpg
 
                                     登山靴に履き替えて尾根に乗る。
c0008948_11123953.jpg

笹が枯れて心配した藪は少ない、踏み跡は錯綜するところはあるが概ね歩きやすい下りは
          広い、尾根や船窪状の二重山稜があり難易度は上がります。
c0008948_11172635.jpg

雲取山1.7キロ標識上で登山道に出る。ここまで3時間あとプラス1時間で雲取山 最短かも
c0008948_11212636.jpg
 
               設定した時間になり大ダワで来た道を戻りました。  9月19日歩く

メンバ-
奥秩父・奥多摩を歩くさん 奥多摩大好きさん

by takigoyama | 2009-09-20 07:03 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

畳と女房は

その先は私の口からは言えません、近所の奥さんから〇〇さんの旦那さんて素敵ねと例え
言われたとしても、見舞いにきても親身には世話をしてくれません、頼りになるのは新旧に
拘わらず、そこのあなた,妻だけですよ,オレはそんなこと言えないよと照れるより、嘘でも
いいからおいしいとか、好きだとか、言わないと伝わりません、嘘でもうれしくなるものです。(爆)
   これも老人力の一つです。この世はギャグってナンボと思う日々
c0008948_15583094.jpg

狭心症ステント留め置き手術後 6ヶ月を経過して検査のために腕からカテ-テルを入れて
撮影する。腕の局所麻酔のみで頭は覚醒している。40分ほどで無事終了 コピ-を所望する。
c0008948_161031100.jpg

c0008948_16111337.jpg

何時変えたか忘れないように4年に一度オリンピックの年に変えていたが、一年遅れの新畳です。

by takigoyama | 2009-09-16 15:35 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

降るけれど山へ:本社ヶ丸

土曜日の降水確率は50~60%日曜日晴れマ-クとなれば立川6:43甲府行の社内にハイカ-
の姿は少ない登山口まで乗ったタクシ-のフロントに早くも雨粒が落ちだすと、雨具を用意したかと
 ドライバ-氏の言に早くも降り出した雨に登山口で撥水性の落ちた雨具を付けて歩きだす。
  降っても降水量は1~2ミリと、たかを括っていたが蒸し暑くて820m送電鉄塔で上を脱ぐ
c0008948_1321132.jpg

                                  都留市駅→けいごや橋 2960円
c0008948_1364194.jpg

からかさ岩10:15 計画通りに到達 順調に歩は運んでいます。本社ヶ丸-鶴ヶ鳥屋山の縦走路
        に出る手間までは下草が少なくまた先頭を歩いたので写真は少ない
c0008948_1327386.jpg

          上向きに咲くギンリョウソウに似た アキノギンリョウソウ
c0008948_13373856.jpg

エアリアのコ-スタイム2時間35分(縦走路) 50代60代70代の3人は2時間25分(休憩含む)
c0008948_13435665.jpg

                                         アズマヤマアザミ
c0008948_13443023.jpg

                                            テンニンソウ
c0008948_13452956.jpg
   
                                         ハンカイシオガマ  
c0008948_1346864.jpg
  
                                           ラシナショウマ
c0008948_1347947.jpg
  
いつでもハイカ-がいる狭い山頂は3人の貸切 その後山中では誰に会いません11:15分 
c0008948_13543947.jpg

  清八山 12:05   エアリアのコ-スタイムは甘目なのか計画よりはかどっています。
c0008948_1451331.jpg

晴ればかりが山じゃないと言っても一人なら布団の中 おかげ雰囲気のる写真が撮れました。 
c0008948_14105825.jpg
 
何時もより長めコ-スですが本社ヶ丸からは一部に藪はあっても下り基調で歩きやすかった。
c0008948_14135471.jpg
   
                                         逓信省の石垣         
c0008948_14143816.jpg

大沢山-笹子駅2時間の標識から八王子天狗のビ-ルを目指して1時間30分で下る。
駆け降りて、急がせてしまいましたが2本前の電車に乗れて気分よく酒が飲めました。謝謝
                                               9月12日歩く

 

by takigoyama | 2009-09-13 20:45 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

再訪:亀有/松戸

墓参りの帰りに途中下車した下北沢で見つけた生豆、焙煎のやなか珈琲店が気に入りチェ-ン店
の亀有店を訪ねる。M中央駅からバスで水元猿町~中川に架かる飯塚橋で渡り、環7に出る
日立を見て、常磐線(千代田線)の手前を右に曲がれば付近の店舗や駅舎が代わっても亀有だ
c0008948_1975596.jpg

南口 子供の頃は怪しげな特殊飲食街(50-40年前)だったが今では素知らぬ顔をしている。
c0008948_19265728.jpg

c0008948_19271076.jpg

ウィラ-スペシャルコロンビア産、グルミアアラビカネパ-ル産、ラリバタ-ドSHPガァテマラ産
お試しでロ-スト8を選択して焙煎待ちでプラプラする。まだネズミ捕り器が売っているんだね
           買い占めてヤフ-オクに出品しようか(きむら百貨店)で採取
c0008948_19383055.jpg

     Tシャッよりランニング姿が時代を現わしている右の少年が持っているのはゴムパチンコ
c0008948_19463029.jpg

亀有で新規開拓するより間違いのない松戸(関宿)に4年ぶりに転進したが変わらぬ店だった。
                                              9月5日歩く

by takigoyama | 2009-09-13 17:29 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

相模上臈杜鵑草

      ある方からサガミジョウロウホトトギスのお便りがとどきました。(ありがたい)
c0008948_2385951.jpg

この気品のある佇まい、美熟女の黒田知永子さんではまだ生々しくてこの花と合うにはまだ若い
若林麻〇美さんを推したいが、いかんせんまだお若く【臈たけた】〔女性が気品のある〕 ご婦人
になるに熟れが足りません、この一文字が合う女優はウ-ン若尾文〇さんもいけどちょっと
エッチぽくってキャンセル、それでは岸恵〇さん もありだけどどうも、理詰めでやり込められそうで
ご遠慮願いたい、池内淳〇奈良岡〇子系の怖いオネサンよりここは山歩き系の何ごとにも
       邪魔しないような自然の感じがする八千草薫さんを推奨したい
c0008948_23385374.jpg

                         このような澤沿いに貴婦人はお住いです。
c0008948_23404719.jpg

                 2008/9/6撮影                                              

by takigoyama | 2009-09-07 23:23 | 自然 | Trackback | Comments(0)

山陰の旅:境港

JR西日本 境線米子駅(鬼太郎駅)マンガの出会いは東京オリンピックの貸本屋時代に遡り
週刊まんが創刊される前には月一の少年画報、少年、筆者はマイナ-のおもしろブックを購読
していた、中学生時代は週刊サンデ-週刊マガジンと二大週刊誌になり明日のジョ-
おそまつ君ゲゲゲの鬼太郎、ドロロ、ブラックジャック古くはアトムを読んでいたが何となく
巨匠の説教臭く好きにはなれずちばてつやさんの紫電改、明日のジョ-が好きだった。
        水木しげるロ-ドはガンダム、宇宙戦艦ヤマト時代の若者にもお勧め街です。
c0008948_163443.jpg

                                   島根県 境線 米子駅(鬼太郎駅)
c0008948_19412186.jpg

c0008948_19413952.jpg

c0008948_1942530.jpg

                     米子駅~境港駅間に妖怪の愛称名がつけられています。
c0008948_19512123.jpg

c0008948_19514723.jpg

c0008948_2019936.jpg

c0008948_20203837.jpg

c0008948_2022536.jpg

c0008948_20233010.jpg

c0008948_20251474.jpg

c0008948_20254265.jpg

妖怪のブロンズ像がなんとも素敵に作られていて大人の鑑賞にも耐えられて充分×2楽しめます。

by takigoyama | 2009-09-07 16:34 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)