2017年 06月 13日 ( 1 )

ピンネシリ~吉田岳~アポイ岳:1

左は今日登る。ピンネシリの頂き中は吉田岳の鋭鋒そして右はアポイ岳 朝食時に挨拶したグル-プ
はアポイ岳のピストンとは勿体なかったね、我等はリ-ダ-の計画で宿泊費込でピンネシリ登山口まで
                       送っていただけて縦走コ-スを歩ける。
c0008948_1349669.jpg

加齢ともに、4~5時間も寝れば自然に目が覚めてしまう。カメラを携えて早朝散歩のおまけがうれしい
c0008948_14492745.jpg

桜坂(福山雅治)夜桜お七(坂本冬美)なんだかわからないチェリ-ブラッサム(松田聖子)桜ソングは
数あるけれど、一応桜と認知されているウワミズザクラ、イヌザクラより更に悲しき ミヤマザクラ
c0008948_1532348.jpg

              北海道でノハラムラサキ見るなんて うれしいような悲しいような
c0008948_15441071.jpg

     除染作業員スタイルがお似合いyaさん、ダニにたかられも目立つ明るい色が正解でした。
c0008948_15564261.jpg

登山口で珍しい花があるよと教えられてラッキ-、通り過ぎてしまうところだった、(山中にはなし)
名前は分らないとのこと、ワダソウの細葉タイプなんだが事前の調査では名前はヒットしなかった
下山した、アポイイジオセンタ-で調査が終わった学芸員が戻っていて(クシロワチガイソウ)と教わる。
c0008948_17582266.jpg

マイクロバスから流し見ていたのは、エゾオオサクラソウ 大声を出したのが恥ずかしくなるほどあっち
c0008948_21173375.jpg
             コッチに咲いていた。いわゆるひとつの興奮シマクリチヨチヨ子状態
c0008948_21182265.jpg

         いわゆるひとつの美人も三日で飽きる状態 登山道にフツウに咲いていました。
c0008948_21381434.jpg

                       ミヤマハンモドキ これも最初で最後の出会い
c0008948_21492637.jpg

              これも初めましての サマニユキワリ タマランチ会長は 大喜び
c0008948_21594334.jpg

                               マサニ 北海道 花は濃厚
c0008948_2254774.jpg

                  北に移動すると1000mの山でもチングルマが見られる。
c0008948_22185657.jpg

 2に続く                            イイネ

by takigoyama | 2017-06-13 22:21 | ハイキング | Trackback | Comments(0)