2006年 03月 13日 ( 1 )

武州大羽根山

私は今南秋川の上流にある数馬村から、五日市に向かうフォ-ドの乗り合いバスを待ちきれずに
着茣蓙を纏い、六里の道を五日市に向かって、トラック道を歩き出そうとしている。しかし

私はどうして此処にいるのだろうか、それはね98年4月に甲州大羽根山を登って以来気になっていたからよ、今朝の上野原は新○○H組(上平尾根-土俵岳)S組(中群山-日武連山)の参加者で狭い駅前がよりごった返してした。8:28飯尾・井戸・無生野の確方面に出発する雰囲気が好きだなみなさん何処にいくのかな、停留j所で降りるハイカ-の行き先を考えるだけでも楽しい、一人
棡原国民学校入口で降りて取り付きを探す。地形図の集落に向かい橋を渡りると道はあった
c0008948_123144.jpg

             足下には時代を経ていない祠があったここから登りました
c0008948_1284913.jpg

  ここまで急登ヤブ道以後明瞭 510m圏桑畑マ-クがありますが気は付かなかった。
c0008948_12213037.jpg

                                   笹尾根の喧噪が聞こえる直下
c0008948_12241388.jpg

04年3月21日トヤド尾根を登り大垣外に下った時にこの南尾根を認識した。
今年は雪はなし 笛吹峠西1060m付近であったHリ-ダ-が去年は30㎝あった大羽根山
                    下降点には指導標ができていたと立ち話
c0008948_1236820.jpg

c0008948_12362546.jpg

c0008948_1237498.jpg

切り口も新しく木の香も匂うようなベンチや標識がそこここに、犯人は数○の湯に誘導する
檜○村の親切な皆さん?バス停であったオジサンは遊歩道を造っていると話しいました。
                                     これじゃ道に迷えない
c0008948_1714967.jpg

秋川の潺煖(せんかん・さらさらと水の流れるさま)たる音を耳にしながら、アルコ-ル含有
飲料水を求めて京岳バス停近くの物品販売所(清水商店)に急ぐ私だった、(田部重治)風と
いうか一部○写しそんで南郷まで足を伸ばしバスに乗り込んだらHリ-ダ-と一日で3回であった。

by takigoyama | 2006-03-13 11:59 | ハイキング | Trackback | Comments(4)