山削

美しい等高線が描かれている。明治40年測図昭和27年応急修正版の5万分一
地形図には、奥多摩湖も周遊道路もない、浅川から甲武相国境を縦走して
三頭山に登った木暮理太郎と田部重治の二人もこの地図を頼り歩いたのだろう

今の地形図にある採石地は28年発行「地理調査所」にはその記号はない美山町
御屋敷から入山尾根に入る。536m一ッ石山付近から海底の秘密基地を思わせる
ような採石工場が眼下に拡がる。尾根道は重機で浸食されたかのような傷があった
c0008948_18525292.jpg


2月5日入山尾根~刈寄山~弾左衛門西肩から巡視路を使い関場に下る。

by takigoyama | 2005-02-06 18:55 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/578480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。