鷹ノ巣山

鷹の巣の東方半里ばかりの分水嶺上に達した。これより鷹の巣に至る間は、極め緩斜面の
上下道で・・・その地一点『平将門の馬場』と称する所などはほとんどまったくの平地でとくれば
c0008948_1484929.jpg

これはもう素人でもタル沢尾根を登ったと読み取れま。紀行文に、踏み跡を辿れる記述があると
助かります。日原より鷹の巣へ登るには稲村岩より西方をさして登り鷹の巣山頂の少し西側
に出るのが最も都合がよいという 日原の猟師山崎憲一郎氏 大正15年多摩の山と水(下)

なにが話したいか~ていうと昔のガイドや紀行文には今のメインル-トの稲村岩尾根がでてこない
ですね、なぜと言われても、この山への登道として、最近三十二年六月日原の奇勝稲村岩
    より稲村岩尾根を鷹ノ巣山まで、延長二キロ半が、日原保勝会の手で開拓された。
(奥多摩の山と谷・昭和35年・山と渓谷社)巳ノ戸橋からのきつい登りは敬遠していたのかな
c0008948_14241463.jpg

新田次郎著 【寒冷前線】雲取~鷹ノ巣~六つ石~絹笠山~氷川に向かい思わぬ大雪で遭難する話があります。今なら六つ石から水根に降りるか稲村岩尾根を下る選択肢があるけどね
c0008948_14371937.jpg

十時三十分、鞘口クビレ着。道標あり。少憩 十一時経木小屋ノ沢通過 キリンボ尾根を行く

高畑棟材著 日原游覚書より ↑年若の山友は高校生ときこのル-トを歩いた。

by takigoyama | 2007-01-01 13:50 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/5234332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。