私はこれで逝きました。(黒川山・鶏冠山)

c0008948_16492984.jpg

c0008948_16494946.jpg

c0008948_1650748.jpg

旧青梅街道の黒川橋と名残の石垣せうか、識者のお話がお聞きしたい今日この頃でございます。
                                      いきなりソバカド山
c0008948_16543545.jpg

             沢登りの方のマ-キングは控えめで好感が持てます。
c0008948_1734767.jpg

                                    これを登ると山頂 そして
c0008948_1745095.jpg

                                雲取方面を指さすM氏とS氏
c0008948_179887.jpg

c0008948_17121998.jpg

c0008948_17123328.jpg

c0008948_17124625.jpg

c0008948_17133045.jpg

                                            大展望
c0008948_17165615.jpg

                                           鉱山跡
c0008948_17341284.jpg

そして振り出しに戻る。
c0008948_1736131.jpg

c0008948_1740821.jpg

c0008948_2256149.jpg

c0008948_22562993.jpg

c0008948_17513226.jpg

藤尾山から風景の設定残照
c0008948_17533126.jpg

藤尾山から 描画設定 レンズラ5ミリ 撮影範囲19k カメラ展望用パノラマ アリゾナ砂漠風
c0008948_1757750.jpg

大菩薩から 標高デ-タ 50mメッシュ 鶏冠山のギザギザは描写できませんf(^ー^;

by takigoyama | 2006-11-27 16:50 | ハイキング | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/5036931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 火星人 at 2006-11-27 19:33 x
大展望!奥秩父の稜線が素敵だね~
Commented by takigoyama at 2006-11-27 22:58
カシミ-ル展望図を追加しました。
Commented by 山案内人 at 2006-11-28 12:36 x
払沢ノ滝付近デ山名標識ヲ作テイル方ノ未盗掘ノ金鉱ヲ発見セリ。

アタリハ未踏靴ノ穴場オオク期待サル、「オ花」ノ連中ニ荒ラサレヌウチニ、次回決行ス

赤紙ヲマテ
Commented by takigoyama at 2006-11-28 12:51
払沢の滝 ちとせ屋のおからド-ナツの再注文あり
高尾(小仏峠にバス通り) 摺差にもおからド-ナツがありますよ
Commented by 火星人 at 2006-11-28 19:49 x
Yuiさんはあちら方面にはあまり足繁くは通わないようです(謎)

カシミールっておもしろいね~、そうそうあそこ(??)「のぞきのたわ」っていうんだね、もっとじっくり雰囲気を味わえばよかったな~
Commented by takigoyama at 2006-11-28 23:37
黒川千軒跡?後知恵でご馳走が近くにありそうなのにたべそこなった感じです。

Commented by minera at 2006-11-29 10:17 x
こんにちはです
黒川千軒で焚き火して寝てみていです!
花魁に取り付かれそうで女っぽくなるかもしれません。
茶道の為にいいかもしれません。

さてさて、takigoyama様には榊山、ゴエモン尾根では色々お世話になりました。
おかげさまで、天候にも恵まれ楽しい山行となりました。
私は、東谷林道を40分ほど歩いた所から歩いて取り付いたのですが
非常に明るい尾根でした。
ゴエモン尾根も感動の嵐でした~。
貴重な情報を開示していただきまして、誠にありがとうございました!
上段歩道は見つけられませんでした~。まだまだ勉強不足でございます。
来年の課題は上段歩道と秩父事件登山と決定しました!
Commented by takigoyama at 2006-11-29 11:59 x
『榊山』山名木 気付かずに残念でした。山頂に上がって植林沿いの道を見て
林道奥からがメインル-トのような道と当時考えました。

鉱山跡からの道は人為的に造られたようなテラス状の空間は住まいが
あっても不思議ではない思いがしました。

お泊まりがしたい気分も、空耳ですが槌音とともに(お江戸に帰りたいよ~)
とうめき声に混じり聞こえたかも・・・