趣味は一代限り

自分の子供にありがちな【穂高】と名付けて、一緒に山歩きでる親は幸せかな、でもなかなか
そうは思い通りには行かない、年若い山友から右書きの地形図を見せられたけどこれは 羨ましい、 当人が亡くなってしまえば、残された家族のすればこの手の書籍ゴミみたいなもの古本屋  
が処分のお手伝いをしましょうかとも寄ってこない、なかにはこんなのも《山の憶ひ出上・下》
木暮理太郎愛蔵版百部の五十六番本 892.500円の値がつき某古書店目録にでていました。
c0008948_23341447.jpg

by takigoyama | 2006-03-24 23:36 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/3700804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。