久恋の山(きゅうれんよりひさこいと読みたい)焼石岳へ:1

c0008948_994934.jpg

バ-デン沢内の車で送っていただいて、ほっとゆだ駅6:17~横手7:11~十文字7:22着
  秋南タクシ-に乗り換えて、落石の危険がある林道を1時間走って3合目登山口は8:10着
小広い登山口に刈り払いの作業員が準備中で心配した登山道の状況やダニの話を聞くことができた。
c0008948_9375586.jpg

長靴はどうするかと入れたり出したりの長考も汚れは我慢して、荷物になる長靴を却下したのが正解で雨量          が少なく心配だった渡渉も飛び石伝いでスイスイ
c0008948_958855.jpg

                          矮小低木のツツジはかわいい アカモノ
c0008948_10222832.jpg

       四合目は大森沢を過ぎて 五合目は釈迦ザンゲ 合目の標識があるので分りやすい
c0008948_10284128.jpg

  弾が飛んでこない平時の戦場のカマラマンの小仕事は 水の流れと人物の流れを狙って パチリ
c0008948_1042537.jpg

                       オオバキスミレと距が白いオオタチツボスミレ
c0008948_11473388.jpg

                            画像からも目がチカチカしそうな光
c0008948_1156467.jpg

                 名残のタムシバ この辺りの山は春が長くで夏が短いのかな
c0008948_1234437.jpg

     ハクサンチドリロ-ドと命名しよう 環境によってなのだろうか群落を作るランがある。
c0008948_1250229.jpg

外花被片と内花被片が8枚と同数のキヌガサソウ
c0008948_131065.jpg

むなしいな、人物を特定できないように加工する面倒 モデルに了解を得ていないので一応保険でね
参加していない方から見れば、衣服や立ち姿でバレバレなのよ やだよな自分の顔のモザイクが入ったら
c0008948_13124055.jpg

                                        焼石沼
c0008948_13213249.jpg

                             鳥海山を背負って、緑海を漕ぐ
2に続く

by takigoyama | 2017-07-11 13:23 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/26805479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。