後生掛温泉~玉川温泉と撤退:畚岳:2

c0008948_1204612.jpg

 3時間かかっても、迎えの3時には、間に合うでしょう 地元では一雨ほしいが観光客にはありがたい
c0008948_12373410.jpg

                             花期の最中なのにイソツツジは少しだけ咲いているだけ
c0008948_12395598.jpg

            2年前は入り口が判らないでパスした、焼山は雪もなく100mほど入った場所だった
c0008948_12441293.jpg

           エゾノヨツバムグラ オオバヨツバムグラ オククルマバムグラ 早口言葉みたい
c0008948_20161459.jpg

シラタマノキ 実にサルチル酸エステルのにおいがする(原色牧野植物大図鑑)初版は大正14年(日本植物大図鑑)
手元にある原色は昭和57年 現在の図鑑ではサロメチ-ルと商品名の解説が判りやすく時代を感じる
  大正時代に観察した牧野先生がサルチル酸エステルのにおいがすると感じた知識も凄い
c0008948_20541484.jpg

 亜高山~高山で見られるツツジ科の小低木や(ガンコウラン)ギュギュと集まって咲く姿がたまりません
c0008948_21254119.jpg

                  ホテルの主人は白神山地のブナより、コチラらのほうがいいと言っている。
c0008948_21273362.jpg

                                                            実生
c0008948_21293499.jpg

                                   わずか3キロなのに歩き難い道で時間がかかる
c0008948_21303617.jpg

                                      後生掛温泉 しゃくなげ茶屋の半熟温泉卵
c0008948_21322378.jpg
 
           14日は八幡平を散策するグル-プを見返り峠で降ろして畚岳登山口に送っていただく
c0008948_21365773.jpg

                                                        アキノキリンソウ
c0008948_21373351.jpg

                                                             コケモモ
c0008948_2138769.jpg

              根生葉を残したまま茎を伸ばす(偽ロゼット型) コウゾリナ
c0008948_2151850.jpg

                                                        ハクサンシャジン
c0008948_21514493.jpg

         風が強まり、撤退 見返り峠戻る。樹海ライン沿いの法面は花が多く絶好の観察ポイント
c0008948_21552436.jpg

                      ヨッバシオガマ 八幡平高原ホテルに三泊して7月11日-14日歩く

by takigoyama | 2015-07-20 21:56 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/24424234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。