浅草岳・守門岳 事前学習

          コシジタビラコ? ミズタビラコとコシジタビラコ                ミズタビラコ
c0008948_1156778.jpg

2007年10月1日 八十里越え当時は知る由もなく ミズタビラコと同定していた。 29-30日と河岸を変えれば
メンバ-も違う地方の固有種は図鑑には載っていない 検索で見られそうな花を事前調査 このコシジタビラコ
は知りませんでした。 同定のポイントは 「分果の背面に環状の付属体がある」この画像からは同定はできません 見た目では葉の質感が違う

by takigoyama | 2015-06-26 11:56 | 自然 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/24314294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nihon-burari at 2015-06-26 13:23
こんにちは。
写真いつも拝見しています。
いつも参考にさせていただいています。
また、よろしくお願いいたします。
Commented by takigoyama at 2015-06-26 15:09
nihon-burariさん訪問ありがとうございます。
カメラを供に18キップで地方に出かけて、被写体を探し
ながらのブラリ歩きが好きです。
Commented by at 2015-06-26 15:46 x
コシジタビラコ調べちゃいましたよ~
私の図鑑には書かれている同定ポイントだけで、写真はありませんでした(>_<)

2010年に行った際かなり咲いていたミズタビラコ?、今年はあった場所を探したけれど前回より残雪が多かったので早いのか、もしくは消滅したのかありませんでした。これがコシジタビラコなのか確認しようと、10年の写真も見ましたが、まだ咲き始めで分果にはなっておらず確認出来ませんでした。

師匠ぜひ確認してきてご教示下さいませ~♪
Commented by takigoyama at 2015-06-26 19:50
「分果の背面に環状の付属体がある」原色日本植物図鑑
コレだけの記述でナルホドと理解できる素人さんはいません
図でココが違うよと示してくれないとチンプンカンプン

コレが図鑑の限界ですね