母島上陸

c0008948_177476.jpg

重たい雨空がお出迎え 天気は選べないグチは言うな計画した方に失礼だろう ハーイあとはアナタの腕次第
                               でいい絵を撮らねば
c0008948_11435328.jpg

                                         人口に比例して制服姿が目立つ入港時
c0008948_11452628.jpg

c0008948_11454161.jpg

c0008948_11531385.jpg

                   船着場の歩道には、小笠原の動植物が描かれた敷石がはめ込まれている。
c0008948_12331418.jpg

センニチノゲイトウ 見た目はヒユ科ケイトウの仲間と手がかりがあって、名前の同定は手こずらないが
                         図鑑になく 科目さえ分からない帰化植物はお手上げ、
c0008948_1381411.jpg

父島湾岸通り(都道240号線)で見たこちらさん、落ち着いて花冠を見れば黄色の喉元でスナビキソウの仲間と
判断はできたかも、ビジタ-センタ-(お詳しい職員がいます)最初はアレチムラサキと思っていたようで最近
オオコゴメスナビキソウと名前が付いたようでした。 アレチムラサキ コゴメスナビキソウ
(アレチムラサキは雄しべとメシベが見えていますね)
c0008948_135084.jpg

                                                          ハスノハギリ
c0008948_1448866.jpg

夕食前にカメラ散歩狭いエリアをブラブラと散策する。東京運ばれた食料品を目当てに、農協と漁協に前田商店
プチお祭り気分 駐在所に役場小中学校 診療所 老人施設がコンパクトに纏まっている。
c0008948_1510810.jpg

原付は小笠原ナンバ-四輪車は品川ナンバ- 車検場がなかった時は、フェリ-代で往復6万円プラスでした。
 ガソリンは本土の1.5倍 ビールはボッカ込みの山小屋料金より、500貫缶で340円とお手ごろ価格
食品はコンビニ並みで、ビックA メガドンキ- などの店のありがたみを感じます。周りが海に囲まれていて
           冷凍ものや乾物はあってもサンマ、アジ、サバなどの光物などは手に入りません
風俗もないコンビニもない居酒屋もないオレオレ詐欺も無い出会い系はあるかも俺ら、こんな島はイヤダ-
イルカに乗って東京へイクダ-ハイハイここも東京です。東京都は税金を突っ込んでいるような
c0008948_16125489.jpg

                2泊した民宿(つき)はwi-fiが繋がり感謝 父島の宿泊先は設備はありません
c0008948_1538144.jpg

マンホ-ル蓋を作る人運ぶ人設置する人 父島で母島丸に乗り込む合い間に撮影済みも、母島で見ると一味違うな
                              イルカ親子の絵柄が情愛が溢れていていいね
c0008948_16273371.jpg
 
                                     夕飯の時間だお開きにしませう 11月8日母島
                                   

by takigoyama | 2014-11-16 17:14 | 自然 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/23055252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by お散歩 at 2014-11-18 14:38 x
大変ご無沙汰いたしておりまする・・。
なんと!母島へ行かれましたか!
といことは・・乳房山に?
小笠原は再訪したい場所なのですよ~!

TAKIGOYAMAさん目線の母島レポ、楽しみです^^
Commented by takigoyama at 2014-11-18 16:52
いやいや雨に意地悪されてムニンブル-は拝めずブルブル-
小笠原でしたが、もういっちょうと気分を高まりがする
島ですね、海にも対応できるお散歩さんには

さらにさらにお楽しみが待っていますよ