朝から汗汁ダクダク花少なめみたいな南大菩薩特に意味はありません

桑西日向部-鹿鳴ノ滝-1525m峰西-ハマイバ丸-大蔵高丸-湯の沢峠-白谷ノ丸-茶臼てどこよとググッテみると
K氏の話が出て来ました、孫引きしたのかな1890m圏を茶臼としている方もチラホラ出展は同名の大菩薩連嶺本
は松井幹雄著 光大社「昭和9年」と岩科小一郎著があり岩科本の白ヤ丸から南に真木谷に突き出したこの嶺
(茶臼の尾根という)こちらでしたか稜線から外れたあの白ザレは気になよね、Tも以前寄り道はしいてもここから
                   下るのはノ-マ-クでした。今回このル-トを組んだMさんありがとう
c0008948_14433651.jpg

                     大菩薩とその付近-登山地図帳-昭和31年5月 山と渓谷社 添付地図
c0008948_1520283.jpg

ポカリスエット1リットル凍らした水1リットルを用意して途中で沢水を500CCを確保しても残りは700ほどこの日
  も甲府は40度と熊谷越え~山でも極暑というより炎暑 凄暑 酷暑 立秋 残暑なの 盛夏本番だね
             湯の沢峠から登り着いた白谷ノ丸でク-ルダウンのガスがご褒美
c0008948_15351659.jpg

こちらもご褒美の自然は偉大なア-トのようなルリボシカマキリ うっとり かまわぬさん夏柄で作ってくれませんか
                                    プリントはダメですよ染の日本手ぬぐいをお願い
c0008948_15413742.jpg

 ここでお泊りして、夕暮れと星空が見れたら星がキレイな夜です。井上陽水 なぜか上海的な気分になれるかも
c0008948_15472896.jpg

 1750m鞍部に下る やや踏み跡不鮮明 お花畑もヤマハハコとアザミと種類は少ない 春にはアはどうかな
c0008948_1548383.jpg

1750m西鞍部 花は何処へ行った ヌタ場のような裸地に鹿蹄あるが草は深く食われているようには見えない
キオンとマルバダケブギが草地に埋もれずに顔を出しているだけ、定番のクガイソウ フシグソセンノウはない
c0008948_15564320.jpg

黒木の中のこんな寂峰1750mにも赤テ-プがあるね、お静かに人知れず歩いているの聖地かもしれない
                 ねここへ単独で来られる人は山リテラシ-が高いな
枯れ死したスズタケが被さる細道を追いながらお迎えが待っていると信じて下るだけ写真を撮る余裕はなし
        話が咬み合わないで場所が違ってお互いどうしたんと不安になる時もあるからね
c0008948_16134264.jpg

            八王子駅-桑西テニスコート 真木小金沢線-八王子駅 タクシ-8人 一人4700円
c0008948_16212373.jpg

                                                    タチフウロ 白花 多い
c0008948_16213914.jpg
                                                                          ヒメトラノオ
c0008948_16215667.jpg

    ↑はヤハズハハコかな(ポチャリ系)トダイハハコ 花柄がハッキリしているスリム系9/6追記
c0008948_16255253.jpg

                                歩いて撮って飲んで 今日もいい日でした。8月9日歩く

by takigoyama | 2013-08-12 13:31 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/20613653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。