梅雨の最中の八幡平で控えめに遊ぶ

c0008948_11313387.jpg

先ずは裏岩手登山口へ向かう前に、前日車中から確認した「ハチマンタイアザミ」と1年ぶりのご挨拶へ
昨年と同じく雨だが、正式な名前よりハエトリアザミがしっくりするように、他の昆虫より沢山のハエが生きている
も含めて10数匹は付いている。ハエ呼ぶような物質が放出されているのかしら、大型なトンボや蝶は見えない
c0008948_12183843.jpg

登山口は1460m 山頂まで標高差100mと足元にはゴゼンチバナが咲く高山植物と申し分がありません、
    筑波山をロ-プウェイとケ-ブルカ-を利用する家人もこれなら、泣き言はでないでしょう
早々と降りてくる夫婦連れに往復の団体と抱っこの家族連れとちょこっと登れる展望の良い山ですが今日は
乳白色の世界です。
c0008948_12434458.jpg

         花付きの良い木もありましが、昨年の赤い実と白い花のコントラストを狙って アカミノイヌツゲ
c0008948_134038.jpg

c0008948_1342366.jpg

藤七温泉へ向かうル-トは笹がかぶり使われていな温泉へ向かう、法面には無数のハクサンチドリやイワカガミ
雪解けが染みだした湿潤地にモウセンゴケと窪地にはヒナコザクラが顔だし始めて車道歩きも楽しめます。
c0008948_13404616.jpg

7月15日 14:10 八幡平見返り峠上から畚岳 左の建物は藤七温泉
                                                          7月14日歩く

    

by takigoyama | 2013-07-18 11:41 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/20516904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。