今週のきれいどころ

c0008948_88021.jpg

                                            トキソウ
c0008948_833276.jpg

                                       シロバナカモメヅル
c0008948_941142.jpg

                   山というより湿原、沼地に生える植物 ミクリ(雄花)
c0008948_1030470.jpg

コメツツジにしては、花も大きい 日本海側に分布するオオコメツツジコメツツジだった。越後湯沢:方丈山
                                            枠内はコメツツジ
c0008948_1684590.jpg

                        見分けのポイント(サルナシ)の基部は卵形~楕円形
c0008948_16445789.jpg

                      ツツジ科 アクシバ カ-ルした花は一度見たら忘れせん
c0008948_16491460.jpg

アカモノ なぜか、山と渓谷社樹に咲く花には未掲載 しかし同社の高山に咲く花に載っている。
山に咲く花でも定番のハクサンチドリは蚊帳の外 取捨選択の基準はわからいがなにか変
c0008948_17233124.jpg

ふちが波打ち大きい二枚の花が対生する。コクタン、スズムシソウの中でクモキリソウは多い
c0008948_17371579.jpg

ツルアリドオシ どこが蟻を通すのかと妻の疑問に答えよう、烏場山で見た、鋭い刺のある
アカネ科の(アリドオシ)をすでに記憶の彼方でしょうが、アカネ科繋がりで、アリドオシランもある
ランもツルも(蟻でも刺す鋭い棘がない)と説明してもアリドオシがわからないと意味不明です。
c0008948_18133951.jpg

                          一番のきれいどころは標高500m付近からのブナ林
c0008948_18205656.jpg

新幹線を使えば奥多摩より近い越後湯沢の方丈山、登山口は8時前 尖った山は飯士山
c0008948_18263432.jpg

朝起きれば曇りがちなれど雨は降ってない、ラッキ-と甘い期待も一時間ほど歩くと予報通り
降り出して撤退を決める。ヒメサユリも見らなくて、新ネタはオオコメツツジだけだったが
次の機会を待ちましょう                           12-13日歩く

by takigoyama | 2009-07-14 08:08 | 自然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://takigoyama.exblog.jp/tb/11940346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。