鶴ヶ鳥屋山

樹林が生い茂り、暗い山頂だったが、南面が伐採されて富士が顔を出していた。
都留市と大月市の境界尾根を大幡峠から登る。この山は土手っ腹の引っ掻き傷
の黒野田林道に、はい上がらないと上れない山 990m点から北に791,7mを

目指す、背丈ほど伸びた、植林帯と自然林の境を歩くが、ヤブが煩わしい
三角点から踏み後が不鮮明になるが、本線の尾根を追い林道に降りる。
                          H16、12.11日歩く

c0008948_1350113.jpg

# by takigoyama | 2004-12-14 13:48 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

マルバフジバカマ

土曜の鶴ヶ鳥屋山に続き、妻とO夫人の援助交際(ボッカ、ガイド)で箱根湯坂道に
箱根湯本で登山鉄道に乗り換える。スイツチバックを繰り返して、名残の紅葉を愛で
小涌谷駅から歩き出してすぐに、民家の塀と建物の隙間に、始めて見るコレが

咲いていた。ヒヨドリバナに似た頭花でキク科と解るが、始めてのご対面
帰化植物辞典で検索すると、北アメリカ産の多年生草本だった。
c0008948_9285989.jpg

# by takigoyama | 2004-12-14 09:28 | 自然 | Trackback | Comments(0)