ピンネシリ~吉田岳~アポイ岳:1

左は今日登る。ピンネシリの頂き中は吉田岳の鋭鋒そして右はアポイ岳 朝食時に挨拶したグル-プ
はアポイ岳のピストンとは勿体なかったね、我等はリ-ダ-の計画で宿泊費込でピンネシリ登山口まで
                       送っていただけて縦走コ-スを歩ける。
c0008948_1349669.jpg

加齢ともに、4~5時間も寝れば自然に目が覚めてしまう。カメラを携えて早朝散歩のおまけがうれしい
c0008948_14492745.jpg

桜坂(福山雅治)夜桜お七(坂本冬美)なんだかわからないチェリ-ブラッサム(松田聖子)桜ソングは
数あるけれど、一応桜と認知されているウワミズザクラ、イヌザクラより更に悲しき ミヤマザクラ
c0008948_1532348.jpg

              北海道でノハラムラサキ見るなんて うれしいような悲しいような
c0008948_15441071.jpg

     除染作業員スタイルがお似合いyaさん、ダニにたかられも目立つ明るい色が正解でした。
c0008948_15564261.jpg

登山口で珍しい花があるよと教えられてラッキ-、通り過ぎてしまうところだった、(山中にはなし)
名前は分らないとのこと、ワダソウの細葉タイプなんだが事前の調査では名前はヒットしなかった
下山した、アポイイジオセンタ-で調査が終わった学芸員が戻っていて(クシロワチガイソウ)と教わる。
c0008948_17582266.jpg

マイクロバスから流し見ていたのは、エゾオオサクラソウ 大声を出したのが恥ずかしくなるほどあっち
c0008948_21173375.jpg
             コッチに咲いていた。いわゆるひとつの興奮シマクリチヨチヨ子状態
c0008948_21182265.jpg

         いわゆるひとつの美人も三日で飽きる状態 登山道にフツウに咲いていました。
c0008948_21381434.jpg

                       ミヤマハンモドキ これも最初で最後の出会い
c0008948_21492637.jpg

              これも初めましての サマニユキワリ タマランチ会長は 大喜び
c0008948_21594334.jpg

                               マサニ 北海道 花は濃厚
c0008948_2254774.jpg

                  北に移動すると1000mの山でもチングルマが見られる。
c0008948_22185657.jpg

 2に続く                            イイネ

# by takigoyama | 2017-06-13 22:21 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

北海道へ

 予定した電車に乗れば心配する事はないのに旅慣れない奴は、羽田空港に着くまでがドキドキ
搭乗まで時間を持て余して、マックでフレオフイッシュを食べるんなんて何年振りだな記憶無い程の昔
c0008948_14392983.jpg

競馬で記憶に残っているのは、アサカオ- マーチス タケシバ-オの3強時代の1968年1枠1番
を引き当てて3強を後目に逃げ切った東京優駿(ダービ-)でんがな、薄っぺらな1番とパンチされた馬券
だったな、もちろん200馬券配当はそれでも給料の半月分 ここで人生のツキに見放されて幾星霜
 まさかの是名馬 それにしれもこれだけでは悲しすぎる これまで何して生きて来たのかと言いたいね
c0008948_14593978.jpg

 ウシオハナツメクサ このメンバ-は即答でも、一般的な図鑑に載っていない固有種はお手上げ
 だね、(喝)のおじさんに肩より上に手を上げて怒られてもヤッタ-言える花達に出会いたいね
c0008948_150789.jpg

                                       ハマツメクサ
 昆布干場の海岸をみながのらランチ 誘われたのは 花案内人と戦場カメラマン枠で採用かも
c0008948_176916.jpg

単勝馬券配当的には、110円もしくは元払いなオオバノエンレイソウ(あって当然) 観音山直下の車道
     でしばしの撮影会・・・わかっていてもタマランチ会長

c0008948_17125864.jpg

   30日に登るピンネシリ~吉田岳~アポイ岳 観音山展望台から タマタンチ会長の連打
c0008948_1732239.jpg

                           様似漁港を見下ろす これもイイネ
c0008948_1745134.jpg

何かと自分の間違いは棚に上げて他人には厳しいTさんも北海道に来ただけでありがたいから許そう
                       カシワ→ミズナラ方言でカシワなのかな
c0008948_17452723.jpg

c0008948_17515573.jpg

c0008948_21125182.jpg

  最果の鉄路に涙が流れて、ボケているのではありません、ただの手ぶれです。お後は今宵お宿
            アポイ山荘に向かうだけ      5月29日歩くタマタンチ会長
                            

                   

# by takigoyama | 2017-06-12 17:58 | ハイキング | Trackback | Comments(0)