風不死岳~樽前山:2

c0008948_1341523.jpg

               下りは岩場に強いmaさんがリード ペースには付いていけません
c0008948_13435775.jpg

                        段差がある場面でのアドバイスが助かります。
c0008948_13464469.jpg

                道が緩くなってからは、suさんが自分のペ-スで二番手を進む
c0008948_13512669.jpg

         花が無いと葉だけでは、コケモモとの違いはわかりません コメバツガザクラ
c0008948_13571472.jpg

笑いも瞬発力 シャッタ-チャンスも同じピーンと来て返す撮らなければね 人物が日の丸構図だね
c0008948_14204612.jpg

           悲しを暖炉で燃やしてもいいけどね、樽前山はなにもない春はマズイだろう
c0008948_1428556.jpg

                            わかりません 識者の意見を待ちたい
c0008948_14354166.jpg

                                       なにもないね
c0008948_14494456.jpg

                      樽前山はコレでしょう 咲いていのは残念だけどね
c0008948_14535795.jpg

    撮ったのはいいけどワカリマセン ベニモンツメカメムシの仲間 識者の意見を待ちたい
c0008948_14592927.jpg

                       帰り道来た時より長かったな 5月31日歩く

# by takigoyama | 2017-06-16 15:00 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

風不死岳~樽前山:2

    個人山行はイイネ 写真を撮るのに気兼ねなし 弁当は忘れてもカメラは忘れない
c0008948_8365066.jpg

c0008948_8583889.jpg

   約9000年前に活動した新しい火山の樽前山はまだ、草本類が生える土壌にはなっていない
c0008948_10311357.jpg

            樹林帯に入るが林床には盛りを過ぎたミヤマスミレと小ぶりのサンカヨウ
c0008948_12104512.jpg

                                 ヨツボシヒラタシデムシ?
c0008948_11123099.jpg

             山より庭のグランドガバ-で使われているのが、目立つ フッキソウ
c0008948_12151714.jpg

 ユキグニミツバツツジやムラサキヤシオツツジと同じような風合いの、エゾムラサキツツジ
c0008948_12213363.jpg

     fu様真心を込めて撮りました。でもな下心は伝わっても真心は伝わらないタイプだから
c0008948_12305285.jpg

                         画像の汚れが羽蟻の群れ 風不死岳直下
c0008948_1321098.jpg

 北尾根を上って来た若い女性が仲間の男性に、豆を挽いてコ-ヒ-淹れてる。羨ましいな 
   狭い山頂を辞して樽前山に向かう、帰りの余分な林道歩きあるので西山は無理だろう
3に続く

# by takigoyama | 2017-06-16 13:07 | ハイキング | Trackback | Comments(0)