紋別岳

お宿の(休暇村支笏湖)は北に恵庭岳南には31日に登った風不死岳~樽前山 紋別岳の登山口までは至近距離で絶好ロケ-ション、朝食をゆっくりと摂って散歩気分で登れる山、登山道はアンテナ保守用の道路
    を歩くのが辛いが雨でも傘で歩けるのが救い 湖畔に下りて早朝散歩を楽しむ
c0008948_945428.jpg

                   天気予報で1日の風不死岳~樽前山を変更してよかった
c0008948_947391.jpg

                             宿の前庭で シナノキツノハフシ
c0008948_12331489.jpg

      連日の疲れた体には、雨具と飲み物の軽装で歩けるのが、ありがたい
c0008948_1227856.jpg

                               早速オオバキスミレにご挨拶
c0008948_1342632.jpg

                                     ケタチツボスミレ
c0008948_1362462.jpg

              クルマムグラじゃなかった、茎にトゲがある(オククルマムグラ)
c0008948_13175980.jpg

                 紋別岳は北海道産の見られない    フイリミヤマスミレ
c0008948_13351455.jpg

                           テガタチドリ(白花)とノビネチドリ
c0008948_13385475.jpg

                         舗装道路をグルグルと歩けだけで、飽きる
c0008948_13463324.jpg

          吹き曝しの(紋別岳)は寒くて長いはできない三角点にタッチして、お帰り
c0008948_13531867.jpg

                   晴れていればね 歩いたル-トが確認できたのに
c0008948_1356938.jpg

                                       6月1日歩く

# by takigoyama | 2017-06-18 13:57 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

風不死岳~樽前山:1

アポイ岳を下って宿泊先の新冠レコ-ドの湯ヒルズに移動する道すがらも、車内でダニ騒動が勃発車を
止めて点検しても、ザックや衣類の折り返し隙間に隠れ要る芥子粒ような奴は見落としてしまうね
 宿に着いてからもひと騒動です。一足早く風呂に入ったメンバ-に呼び出しが流れる。部位よって
 一人では退治できないからね、怖いわ北海道はたまたま悪さするダニでなかったのが幸運みたい
c0008948_21392498.jpg

 咲いた咲いたサクラソウが咲いた、飾りじゃなく自然に咲いているさまは「早起きは三文の徳」
c0008948_21595774.jpg

                                     オオチゴユリ
c0008948_2265988.jpg

                                    エゾゼンテイカ
c0008948_22223379.jpg

                                     サクラスミレ?
c0008948_22441949.jpg

                           北海道を実感するウコンウツギ
c0008948_22491620.jpg

例年だと、五合目まで乗り入れが可能なのに林道工事で七合目止まり、1日の天気予報で前倒し結果
                             長い林道歩きになってしまった。
c0008948_6213033.jpg

                                    風不死岳は緑の山
c0008948_6223184.jpg

c0008948_624787.jpg

                 隣合わせの山でも、噴火して9千年と浅い樽前山まだ坊主山
c0008948_6395040.jpg

                                       イワヒゲ
c0008948_6453296.jpg

                    ツツジ科の矮小低木はカワイイ コメバツガザクラ
2に続く

# by takigoyama | 2017-06-16 17:10 | ハイキング | Trackback | Comments(2)