<   2017年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

梅雨の晴れ間に歩く:黒滝三山

    毎日が休みなんで何時でもOKなのよ、21日を~20日に前倒して歩く
   21日は予報通りに雨になった。[日本観光百選]の六文字が時代を感じさせる。
c0008948_17162081.jpg

       昭和を感じるな 選定は昭和25~6年ごろ ようご同輩
c0008948_18355948.jpg

               梅雨の中休みで、岩肌を濡らす程度の水量で見ごたえはなし
c0008948_7172430.jpg

                       古いガイドに傘杉峠へのコ-スが載っている。
c0008948_7203740.jpg

c0008948_1142557.jpg

                                     女滝の上の雄滝
c0008948_1231994.jpg

  東京近郊一日の行楽(田山花袋)に採用されそう佇まい 昭和40年~50年は(つげ義春)
                              貧困旅行記の舞台にいいかもね
c0008948_132114.jpg

                          ミゾホウズキ 気合が入っていない画像
c0008948_1417846.jpg

  修験道の開祖 役行者は道なき道を歩いたハイカ-の大先達立その神様に、道中の安全を祈る。
c0008948_14552733.jpg

              陽ざしは強いが湿度は低くく爽やかで思いのほか快適です。
c0008948_15202191.jpg

                  ここまではほぼ関東ふれあいの道をたどって来た。
c0008948_15311291.jpg

権現堂林道に入り、電線が撤去された送電鉄塔広場から久ノ本尾根を下る。縦走路の一角の育代山を踏んで
                坦々と踏み跡を追って吾野駅へ向かう 6月20日歩く

by takigoyama | 2017-06-22 15:37 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

いい質問ですね:ヒメザゼンソウ

見たことありますかと、Iさんからのメールがある。前日の倉見山は軽い歩きで連日でも余力充分です。
    そんなのあるのちっともしらなかったよ、NHKでも紹介されて有名なんだ
ザゼンソウは尾瀬や東北地方の湿地などの寒冷地に咲く花と思い込んでいただけに、埼玉の丘陵地に咲く
    なんて想像できなかったけど、氷河時代に南下した植物が涼しい環境で適応していたのか
c0008948_8353371.jpg

                    入間市 西勝院 シナノキ (樹皮から繊維をとる)
c0008948_9101241.jpg

運営は市から任された(株)自然教育センタ-なのね、解説のお姉さんに栄養状態によって性転換しますか
質問したら、「いい質門ですね」と褒められました。待ってましたとばかり、雄性期 雌性期の写真を
示して説明を受けました。そこで最近昆虫にも興味を持ちだしたので、もっと褒められたくて姫座禅草の
ポリネ-タ-はと聞くと通じません花粉媒介者と尋ねると一言「蠅」キノコバエの仲間と言ってほしかった。
c0008948_1047641.jpg

観察しやすいように、下草や枯葉を除いているので分ったが、自然のままだと気がつかないほど小さい
c0008948_1743382.jpg

ご馳走なのに、アルコ-ルを用意していない大失態 まぁいいか珍しい花を見たから 6月11日歩く

by takigoyama | 2017-06-19 17:55 | 自然 | Trackback | Comments(0)

紋別岳

お宿の(休暇村支笏湖)は北に恵庭岳南には31日に登った風不死岳~樽前山 紋別岳の登山口までは至近距離で絶好ロケ-ション、朝食をゆっくりと摂って散歩気分で登れる山、登山道はアンテナ保守用の道路
    を歩くのが辛いが雨でも傘で歩けるのが救い 湖畔に下りて早朝散歩を楽しむ
c0008948_945428.jpg

                   天気予報で1日の風不死岳~樽前山を変更してよかった
c0008948_947391.jpg

                             宿の前庭で シナノキツノハフシ
c0008948_12331489.jpg

      連日の疲れた体には、雨具と飲み物の軽装で歩けるのが、ありがたい
c0008948_1227856.jpg

                               早速オオバキスミレにご挨拶
c0008948_1342632.jpg

                                     ケタチツボスミレ
c0008948_1362462.jpg

              クルマムグラじゃなかった、茎にトゲがある(オククルマムグラ)
c0008948_13175980.jpg

                 紋別岳は北海道産の見られない    フイリミヤマスミレ
c0008948_13351455.jpg

                           テガタチドリ(白花)とノビネチドリ
c0008948_13385475.jpg

                         舗装道路をグルグルと歩けだけで、飽きる
c0008948_13463324.jpg

          吹き曝しの(紋別岳)は寒くて長いはできない三角点にタッチして、お帰り
c0008948_13531867.jpg

                   晴れていればね 歩いたル-トが確認できたのに
c0008948_1356938.jpg

                                       6月1日歩く

by takigoyama | 2017-06-18 13:57 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

風不死岳~樽前山:1

アポイ岳を下って宿泊先の新冠レコ-ドの湯ヒルズに移動する道すがらも、車内でダニ騒動が勃発車を
止めて点検しても、ザックや衣類の折り返し隙間に隠れ要る芥子粒ような奴は見落としてしまうね
 宿に着いてからもひと騒動です。一足早く風呂に入ったメンバ-に呼び出しが流れる。部位よって
 一人では退治できないからね、怖いわ北海道はたまたま悪さするダニでなかったのが幸運みたい
c0008948_21392498.jpg

 咲いた咲いたサクラソウが咲いた、飾りじゃなく自然に咲いているさまは「早起きは三文の徳」
c0008948_21595774.jpg

                                     オオチゴユリ
c0008948_2265988.jpg

                                    エゾゼンテイカ
c0008948_22223379.jpg

                                     サクラスミレ?
c0008948_22441949.jpg

                           北海道を実感するウコンウツギ
c0008948_22491620.jpg

例年だと、五合目まで乗り入れが可能なのに林道工事で七合目止まり、1日の天気予報で前倒し結果
                             長い林道歩きになってしまった。
c0008948_6213033.jpg

                                    風不死岳は緑の山
c0008948_6223184.jpg

c0008948_624787.jpg

                 隣合わせの山でも、噴火して9千年と浅い樽前山まだ坊主山
c0008948_6395040.jpg

                                       イワヒゲ
c0008948_6453296.jpg

                    ツツジ科の矮小低木はカワイイ コメバツガザクラ
2に続く

by takigoyama | 2017-06-16 17:10 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

風不死岳~樽前山:2

c0008948_1341523.jpg

               下りは岩場に強いmaさんがリード ペースには付いていけません
c0008948_13435775.jpg

                        段差がある場面でのアドバイスが助かります。
c0008948_13464469.jpg

                道が緩くなってからは、suさんが自分のペ-スで二番手を進む
c0008948_13512669.jpg

         花が無いと葉だけでは、コケモモとの違いはわかりません コメバツガザクラ
c0008948_13571472.jpg

笑いも瞬発力 シャッタ-チャンスも同じピーンと来て返す撮らなければね 人物が日の丸構図だね
c0008948_14204612.jpg

           悲しを暖炉で燃やしてもいいけどね、樽前山はなにもない春はマズイだろう
c0008948_1428556.jpg

                            わかりません 識者の意見を待ちたい
c0008948_14354166.jpg

                                       なにもないね
c0008948_14494456.jpg

                      樽前山はコレでしょう 咲いていのは残念だけどね
c0008948_14535795.jpg

    撮ったのはいいけどワカリマセン ベニモンツメカメムシの仲間 識者の意見を待ちたい
c0008948_14592927.jpg

                       帰り道来た時より長かったな 5月31日歩く

by takigoyama | 2017-06-16 15:00 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

風不死岳~樽前山:2

    個人山行はイイネ 写真を撮るのに気兼ねなし 弁当は忘れてもカメラは忘れない
c0008948_8365066.jpg

c0008948_8583889.jpg

   約9000年前に活動した新しい火山の樽前山はまだ、草本類が生える土壌にはなっていない
c0008948_10311357.jpg

            樹林帯に入るが林床には盛りを過ぎたミヤマスミレと小ぶりのサンカヨウ
c0008948_12104512.jpg

                                 ヨツボシヒラタシデムシ?
c0008948_11123099.jpg

             山より庭のグランドガバ-で使われているのが、目立つ フッキソウ
c0008948_12151714.jpg

 ユキグニミツバツツジやムラサキヤシオツツジと同じような風合いの、エゾムラサキツツジ
c0008948_12213363.jpg

     fu様真心を込めて撮りました。でもな下心は伝わっても真心は伝わらないタイプだから
c0008948_12305285.jpg

                         画像の汚れが羽蟻の群れ 風不死岳直下
c0008948_1321098.jpg

 北尾根を上って来た若い女性が仲間の男性に、豆を挽いてコ-ヒ-淹れてる。羨ましいな 
   狭い山頂を辞して樽前山に向かう、帰りの余分な林道歩きあるので西山は無理だろう
3に続く

by takigoyama | 2017-06-16 13:07 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

ピンネシリ~吉田岳~アポイ:3

    5~6人が山頂に立つと零れ落ちそうな、吉田岳を踏んでアポイ岳に向かう
c0008948_1126266.jpg

シラカバ ハイマツ 岩塊斜面 泣き所満載な場なタマランチ会長も静かにお喜びです。
c0008948_11344774.jpg

                   縦位置と横位置 某新ハイ誌 表紙にありがちな構図
c0008948_11364628.jpg

                               投稿したことはありません
c0008948_12191942.jpg

                                       イソツツジ
c0008948_11425366.jpg

ピンネシリ登山口からここまで大した距離ではないけれど、立ち去りがたい場面があって時間はかかる。
c0008948_1145040.jpg

遅かったのかい君のことを好きになるのが、こうやって逢えたからいいじゃないの~ ヒダカイワザクラ
c0008948_11531459.jpg

馬の背に向かう登山道は岩石好きな方にはたまらんでしょう、表面が風化して赤錆色のかんらん岩場に咲く
                      植物がでてきた。アポイヤマブキショウマ
c0008948_1242457.jpg

                                   アポイアズマギク
c0008948_12214471.jpg

                お花畑ね 時期が合わなかったのか誇大宣伝のようなプレ-ト
c0008948_125345.jpg

        測弁に毛があり、距は白色 葉は光沢があり巻き込む アポイタチツボスミレ
c0008948_12195499.jpg

                                    アポイクワガタ
c0008948_1223756.jpg

                                    アポイハハコグサ
c0008948_12242723.jpg

アポイとつかない奴との違いはわかりません そこがアポイなので同定しただけです。これは
分かりやすい、ズキン来るね関東では見られない、オオバナノミミナグサ 高山植物もいいけど  北海道で普通に見られるのもイイネ         5月30日歩く

by takigoyama | 2017-06-15 12:30 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

ピンネシリ~吉田岳~アポイ岳:2

c0008948_8484939.jpg

                                  エゾキスミレ どうよ
c0008948_9163345.jpg

        ヒダカイワザクラ どうよ このような機会を与えてくれたOKさんありがとう
c0008948_919248.jpg

 ガスがかかったこのロケ-ション タマランチ会長 エゾとかアポイとかつくのかな ミネザクラ?
c0008948_12552191.jpg

c0008948_12553438.jpg

カメラの設定を間違えて、ISO1600になってしまった。ダイヤルを確認しないとこうなるケ-ス
最後尾を歩いて皆さんが見逃した、花を捕らえてウフフとほくそ笑むつもりが、そうは甘くないね
  先頭を歩いて花の名前を、教えろとのご指名これで声がかかっただけにNOとは言えません
遅れに遅れてやって来たモテキとは勘違いだったね、好かれたのはダニのみなさんイヤ~モテル男を辛いね
c0008948_13232368.jpg

ダニに、もてるのはウスウスわかっていましたよ①箱根坊ヶ沢②栃木県三依山③山梨県山中湖は病院で切開
今回は左腕と左胸の2ヶ所喰われました。幸い仲間が用意した60度の酒をシュシュして、弱らせて
ピンセット状の器具でつまんで、時計と反対廻りねじったら簡単のに退治できました。その後痒みが
 あっても体調に変化ありません ピンネシリ~吉田岳間ダニの巣窟で、半端ではありません
2番手の女性も2ヶ所やられました。宿に帰っても衣服やザックについてダニが歩き回っていました。
c0008948_13475634.jpg

                                     アポイキンバイ
c0008948_1428829.jpg

               ダニに襲いかかられて、Tを見かねて先頭を買って出たyaさん
c0008948_14362784.jpg

                     海霧が上って来たが 風はないので寒さは感じない
c0008948_1433781.jpg

c0008948_15273226.jpg

                      残念晴れていれば凄いでしょうね これでも満足
3に続く


続く

by takigoyama | 2017-06-14 09:17 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

ピンネシリ~吉田岳~アポイ岳:1

左は今日登る。ピンネシリの頂き中は吉田岳の鋭鋒そして右はアポイ岳 朝食時に挨拶したグル-プ
はアポイ岳のピストンとは勿体なかったね、我等はリ-ダ-の計画で宿泊費込でピンネシリ登山口まで
                       送っていただけて縦走コ-スを歩ける。
c0008948_1349669.jpg

加齢ともに、4~5時間も寝れば自然に目が覚めてしまう。カメラを携えて早朝散歩のおまけがうれしい
c0008948_14492745.jpg

桜坂(福山雅治)夜桜お七(坂本冬美)なんだかわからないチェリ-ブラッサム(松田聖子)桜ソングは
数あるけれど、一応桜と認知されているウワミズザクラ、イヌザクラより更に悲しき ミヤマザクラ
c0008948_1532348.jpg

              北海道でノハラムラサキ見るなんて うれしいような悲しいような
c0008948_15441071.jpg

     除染作業員スタイルがお似合いyaさん、ダニにたかられも目立つ明るい色が正解でした。
c0008948_15564261.jpg

登山口で珍しい花があるよと教えられてラッキ-、通り過ぎてしまうところだった、(山中にはなし)
名前は分らないとのこと、ワダソウの細葉タイプなんだが事前の調査では名前はヒットしなかった
下山した、アポイイジオセンタ-で調査が終わった学芸員が戻っていて(クシロワチガイソウ)と教わる。
c0008948_17582266.jpg

マイクロバスから流し見ていたのは、エゾオオサクラソウ 大声を出したのが恥ずかしくなるほどあっち
c0008948_21173375.jpg
             コッチに咲いていた。いわゆるひとつの興奮シマクリチヨチヨ子状態
c0008948_21182265.jpg

         いわゆるひとつの美人も三日で飽きる状態 登山道にフツウに咲いていました。
c0008948_21381434.jpg

                       ミヤマハンモドキ これも最初で最後の出会い
c0008948_21492637.jpg

              これも初めましての サマニユキワリ タマランチ会長は 大喜び
c0008948_21594334.jpg

                               マサニ 北海道 花は濃厚
c0008948_2254774.jpg

                  北に移動すると1000mの山でもチングルマが見られる。
c0008948_22185657.jpg

 2に続く                            イイネ

by takigoyama | 2017-06-13 22:21 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

北海道へ

 予定した電車に乗れば心配する事はないのに旅慣れない奴は、羽田空港に着くまでがドキドキ
搭乗まで時間を持て余して、マックでフレオフイッシュを食べるんなんて何年振りだな記憶無い程の昔
c0008948_14392983.jpg

競馬で記憶に残っているのは、アサカオ- マーチス タケシバ-オの3強時代の1968年1枠1番
を引き当てて3強を後目に逃げ切った東京優駿(ダービ-)でんがな、薄っぺらな1番とパンチされた馬券
だったな、もちろん200馬券配当はそれでも給料の半月分 ここで人生のツキに見放されて幾星霜
 まさかの是名馬 それにしれもこれだけでは悲しすぎる これまで何して生きて来たのかと言いたいね
c0008948_14593978.jpg

 ウシオハナツメクサ このメンバ-は即答でも、一般的な図鑑に載っていない固有種はお手上げ
 だね、(喝)のおじさんに肩より上に手を上げて怒られてもヤッタ-言える花達に出会いたいね
c0008948_150789.jpg

                                       ハマツメクサ
 昆布干場の海岸をみながのらランチ 誘われたのは 花案内人と戦場カメラマン枠で採用かも
c0008948_176916.jpg

単勝馬券配当的には、110円もしくは元払いなオオバノエンレイソウ(あって当然) 観音山直下の車道
     でしばしの撮影会・・・わかっていてもタマランチ会長

c0008948_17125864.jpg

   30日に登るピンネシリ~吉田岳~アポイ岳 観音山展望台から タマタンチ会長の連打
c0008948_1732239.jpg

                           様似漁港を見下ろす これもイイネ
c0008948_1745134.jpg

何かと自分の間違いは棚に上げて他人には厳しいTさんも北海道に来ただけでありがたいから許そう
                       カシワ→ミズナラ方言でカシワなのかな
c0008948_17452723.jpg

c0008948_17515573.jpg

c0008948_21125182.jpg

  最果の鉄路に涙が流れて、ボケているのではありません、ただの手ぶれです。お後は今宵お宿
            アポイ山荘に向かうだけ      5月29日歩くタマタンチ会長
                            

                   

by takigoyama | 2017-06-12 17:58 | ハイキング | Trackback | Comments(0)