<   2016年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

紅葉と撮り鉄~乗り鉄 香嵐渓~大井川鉄道の旅:2

                           茶畑の中にあるような山峡の奥泉駅  
c0008948_1314666.jpg
         
11:51臨時 接岨峡温泉駅行きを待つ 普段は2両編成だがこの時期は紅葉目当ての観光客が大挙
押し寄せてきて、大井川鉄道は稼ぎ時地元の乗客は見当たらずさながらキンキツ-リズムの貸し切り車両
c0008948_1361720.jpg

     アプトいちしろ駅で長島ダム駅間の急勾配(90パ-ミル)に備えて機関車を2台連結
c0008948_13402379.jpg

c0008948_14144918.jpg

車両が小さく、しかも湖との高度間やトンネルも低く天井にこすりそうで、なかなかスリルがある
c0008948_14534222.jpg

  奥大井湖駅で降りて高さ70mに架かるレンボ-ブリッジを渡り、説岨峡温泉駅まで一駅散歩
c0008948_8441160.jpg

c0008948_8534011.jpg

             小一時間げバスが待つ接岨峡温泉に到着 次の目的地向かう
c0008948_9402926.jpg

鉄道員のロケ地 家山駅 アルコ-ルを仕入れるコンビニはなし、地面を睨み付けても蓋もない
c0008948_9404468.jpg

c0008948_9491395.jpg

   老骨に鞭打つて、働いています。生前退位はできない 昭和15年製C11川崎車両製造
c0008948_108556.jpg

 新金谷まで30分の旅 車中で専務車掌おじさんがハーモニカで鉄道唱歌の演奏で楽しませる。
c0008948_10155976.jpg

                                11月16-17日歩く


 
 

               

by takigoyama | 2016-11-25 10:17 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

紅葉と乗り鉄~撮り鉄 香嵐渓~大井川鉄道の旅:1

 南越谷-圏央道-新東名―渋滞に捕まらないで、ストレスフリ-で清水港へ4時間で到着
c0008948_11253976.jpg

     お一人様のツァ-もあるけれど、連れなら隣通しで見ず知らずの方との緊張感がなし
c0008948_1526169.jpg

   かもめ水兵さん並んだ水兵さん 参加者はこの童謡が分るお年ごろユリカモメ オオバン
c0008948_15472477.jpg

                                       ハマゴウ
c0008948_1641676.jpg

            山歩きが主なので浜とつく、ハマヒサカキとの出会がうれしい
c0008948_1994693.jpg

             清水港から三保へクル-ズ  旧清水市と清水市 マンホ-ル
c0008948_1051222.jpg

                      巴川沿いに植えられた、もみじのトンレル
c0008948_1145643.jpg

午後の陽ざしにを浴びて、錦織りなす 愛知県豊田市 香嵐渓 平日はありがたい渋滞もなくスム-ズに
          予定の観光が 終わって浜名湖のホテルに向かう 翌日は大井川鉄道へ
2に続く
 

                              

by takigoyama | 2016-11-24 13:08 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

駒木野から駒木野へ~軽く歩いて写真展へ

c0008948_2110414.jpg

どのバスに乗ればいいのだ、陣馬高原下行き臨時は目的のバス停には止まらない増発が続き定時のバスも
  満員で乗れずにあたふた~だったが定時のバスも増発されて無事に駒木野で一人だけ降りる。
c0008948_2138340.jpg

急ぐ旅ではなし、ゆっくりとスパッツを装着して前夜の前で、しっとりとした林道をゆるゆると歩き出す
山と無線を楽しむ奥多摩Iさんの記事にあるリス看板から杉の丸北東尾根に取り付く、新しい林道が標高
                          350mほどまで上がって来ていた。
c0008948_1034132.jpg

c0008948_1043399.jpg

                  密藪は425m標高点手前で、植林帯に入るとなくなる。
c0008948_1020460.jpg

       北尾根と合わさる近くの、好ましい自然林を愛でるもわずかで縦走路に出てしまう
c0008948_10303137.jpg

                      お遊びはここで強制終了 お後は普通に歩くだけ
c0008948_10362167.jpg

                                   設置位置があべこべ
c0008948_1038147.jpg

                                        ゴンズイ
c0008948_11425890.jpg

 元祖バリエ-ションハイカ-は 山林局 御料局 陸軍参謀本部測量部で標石を埋設した方々
 明治19年選点の杉沢の頭三角点 表土が10cmほど削られている。この当時ならどこでもバリ
c0008948_123201.jpg

c0008948_1263459.jpg

   明治21年測量同39年中央線鉄道補測 大日本帝国陸地測量の地図と現在の国土地理院
c0008948_13443530.jpg

390m付近で唐沢山の標識が立ち木に巻かれていた。テープの書き込みは309m三角点があったのか
c0008948_13511823.jpg

                                   11月12日歩く

by takigoyama | 2016-11-19 13:52 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

あぁ~からニッコリ晴れマ-ク高指山

    天気の回復は遅れてパラパラとアラレが舞う、三国峠 明神山からの目の前富士山は雲の中
c0008948_12627100.jpg

c0008948_14121565.jpg

   今日のメンバ-はビスタ-リ組 こちらも、ゆっくりと写真が撮れてありがたいです。          
c0008948_13452782.jpg

                                     ヤマボウシ
c0008948_14124259.jpg

                               光が射して紅葉が映える
c0008948_14195315.jpg

   切通し峠より高指山に向かう、アブラチャンの純林 裸木のうねりだけでも素晴らしい
c0008948_14484445.jpg

                        咲いたら黄金色のトンネルになるだろう。
c0008948_1457661.jpg

c0008948_145757100.jpg

                             マユミと富士がベストマッチング
c0008948_14591170.jpg

前夜遅くまで、降っていた雨が上がり予報通りの好天となって綺麗な富士と対面できた。11月9日歩く
                                     

                              


                                       

by takigoyama | 2016-11-14 15:25 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

榧ノ木山はキセルの竹扱いで、水根沢林道-奥入沢中腹道:2

c0008948_1184747.jpg

                               ヌスット坂附近は好ましい林相

c0008948_1129247.jpg

                             平和な道
c0008948_11532321.jpg

登って来る。単独の若者とは挨拶程度の会話で、道の状況は聞かなかった 
c0008948_12133415.jpg

c0008948_1321042.jpg

                       地形図のル-トとは違い南の巡視路を歩いている。
c0008948_1325321.jpg

   ヒマゴヤ沢までは、それほど危険は感じなかったが、去年から今年にかけて崩れたのか
一転してハイグレ-ドハイキングの世界、まるで地下馬道からパドックに出た瞬間にハミがかかるみたいな
 普段は緊張感のない生活を送る見には時たまの、緊張や興奮のトッピングが活性化してくれる。
c0008948_13294723.jpg

c0008948_13421968.jpg

                    奥入沢本流のワサビ田跡 ここに出てくるハズだった
c0008948_13513796.jpg

                                     写真を撮る余裕
c0008948_1357406.jpg

c0008948_1412523.jpg

渓流釣り場のビ-ルを楽しみに舗装道路を我慢したのに、釣り場は営業していたが売店は休止でガッカリ
紅葉がいいから、浅間尾根を下る案がでたが、先延ばしにしないで歩けてよかった。道普請はあるのかな
                                11月6日 歩く

by takigoyama | 2016-11-11 14:07 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

榧ノ木山はキセルの竹扱いで、水根沢林道-奥入沢中腹道:1

6日は絶好ハイキング日和 特別快速ホリデ-号の混雑を避けて、青梅駅で奥多摩行きを待つ
c0008948_14254874.jpg

赤塚不二夫さんが新潟で看板店に勤めていた、その由でおそまつ君のキャラクタ-も展示されている。
c0008948_14342271.jpg

c0008948_14261572.jpg

           駅前の「奥多摩湖行き」「鴨沢行き」は増車増車で西東京バスは大繁盛
c0008948_1504236.jpg

                              水根で降りて登山口へ向かう
c0008948_15475268.jpg

                         今日は小沢さんの土地を歩かせてもらう
c0008948_15493377.jpg

                     2度目の水根沢林道 ワサビ小屋がある。大堀沢
c0008948_15595172.jpg

  地図の黒マ-クに古い林班界標識が落ちていた。
c0008948_1663614.jpg

                                この地図には見当たらない
c0008948_168018.jpg

今日の主役は、ここではないキセルで言えば竹の(三本ケヤキ沢右岸尾根)雁首が水根沢林道で吸い口は
                  純金製の奥入沢中腹道
c0008948_16243189.jpg

捲かれてしまう榧ノ木山 ドッド打ち出しの山名板と、ブナに巻かれたリングも樹木を傷めずにいい感じ
c0008948_16572268.jpg

                                中腹道はここから入る。
  2に続く

by takigoyama | 2016-11-10 16:58 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

行ったり来たりして景信山へ

景信山は中里さん岩間さんの土地を歩かせていただいているのか、それにしても契約期間が42年と長い
c0008948_1553556.jpg

相模湖駅から8:04のバスに乗って底沢で降りて歩き出す、団体だと人任せで記事も地図み読まない
           一人だと怖いから、真面目に確認するのにね
 先ずは右に美女谷鉱泉を向かう車道をパスして、直進して戻ったのを皮切りに、景信山は遠かった。
c0008948_112408.jpg

c0008948_11152780.jpg

         斜面はタマアジサイの大群落でも 花の時期ではヤブが辛くて登れないだろう
c0008948_2034360.jpg

           擦過傷ができないヤブは藪とは言わない擦り傷は勲章だ
c0008948_213737100.jpg

 分け入っても分け入っても藪 戦場のカメラマン 日の丸構図じゃないか まだまだ甘いな苦笑
c0008948_2241659.jpg

  新ハイNo731 日陰沢右股から景信山 M氏のガイド記事にある。これが7本朴ノ木か
c0008948_10575551.jpg

水源の森標柱のNoなしから、縦走路に上がれるが、さらに景信山を西に捲いて、丁字路で右に折り返し
                696m点の西側で縦走路に合流する。この先は平和な道
c0008948_11151951.jpg

               こちらの小屋はお休み 青木茶屋は学校登山の生徒で大繁盛
c0008948_11173158.jpg

   長年山歩きはしているが、空中図根点はお初 655m逆沢の頭に続く尾根の水平歩道
c0008948_11304329.jpg

             ここまでくれば、あとはザリクボに下りて大下バス停へ向かうだけ
c0008948_11584642.jpg

                   センブリ ハナヤクシ
c0008948_1202628.jpg

                                   サルトリイバラ
c0008948_1211932.jpg

                                     シオデ
c0008948_124348.jpg

                 お土産はムカゴ おいしゅうございました。11月2日歩く

by takigoyama | 2016-11-05 15:49 | ハイキング | Trackback | Comments(0)