<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

どこを歩いたかGPSに聞いてみた小菅川に下るルート

c0008948_15204557.jpg

                              ジオグラフィカさんありがとう
c0008948_15362434.jpg

           牛ノ寝通りから入る。新ハイ松浦さんの記事を読んないと踏み込めません
c0008948_16473069.jpg

三鷹駅で線路内に入るトラブルがあって、西国分寺を一本早い王子駅で松本行きに乗れる。甲斐大和定時
 いつもは8:10分発を世話しなく乗るには今日は7-11でコ-ヒ-を買って仲間を待つ余裕余裕
上日川峠でバスを捨て小屋平から歩けば、石丸峠の解放感を味わえて大菩薩嶺への旅がよりよくなるだろう
c0008948_1735141.jpg

c0008948_17362877.jpg

                            青空 シラカバ 笹原 山ていいな
c0008948_1739620.jpg

                     今日は牛ノ寝通りでモミジ鑑賞の歩きでございます。
c0008948_17402330.jpg

c0008948_1740419.jpg

c0008948_17405746.jpg

                      意識して、踏まないと通り過ぎてしまう、玉蝶山
c0008948_17541391.jpg

小憩の後ち出発する。牛ノネ通。カヤオ山(1429米)と過ぎて玉蝶山の登りに掛る所で、右に良い径が
あったので這入って了入つた。天狗棚、熊澤山、大菩薩峠を過ぎてフルコンバ小屋を訪ねる予定を、玉蝶山

を搦み天狗棚澤の水源を横切り、大菩薩峠より小菅へ下る道に出て五時近くになつてフルコンバ小屋に着く
      山小屋 12 昭和7年 大菩薩分水嶺の旅 村越 朗(昭和2年9月下旬の旅)
  古書の醍醐味だね、8月ニワタシバから歩いたル-トを逆コ-スで先達が歩いていたんだね
           書籍はイイネ ヤマレコは100年経っても見られるのだろうか
                                 タマランチ会長
c0008948_1811396.jpg

榧ノ山でランチの後 山火事注意の看板から小菅川に下る。橋立上バス停(小菅村営バス)で運良くを
              捕まえてラッキ-だった。10月29日M山行に参加して歩く

by takigoyama | 2016-10-30 15:20 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

忘れられた砥山西尾根~日川尾根を歩く

JRからようやく大人扱いされて、毎日が30%OFFのホリディ-パスを使えるのがありがたい
 お出かけパスの差額支払いの、煩わしさもも解消して、塩山までな500ccカン3本はお得
c0008948_893748.jpg

久しぶりの大菩薩登山口でバスを降りれば、店のおばさんが手持ち無沙汰に甲斐大和駅に客を奪われたと、
   ボヤクこと大菩薩に楽して登れる。上日川峠に流れるのは、致し方ない
c0008948_822885.jpg

      砥山西尾根を検索すると、RさんKさん2本の記事だけで歩かれていないようだ
c0008948_8433517.jpg

                           崩落や倒木で車は通れない廃林道
c0008948_9311259.jpg

林道を離れて、木橋で沢を渡り小尾根に取り付く、崩れていて嫌らしい、巡視路のポールが立つ小広場で
                  林道の続きに出会う、右下に舗装された林道が続いている。
c0008948_936252.jpg

                        痩せ尾根の崩落地を歩くより下の道が安全
c0008948_9362054.jpg

      巡視路の階段を上ると崩れて祠を見る。平行する雨溝の道を捨てて尾根を歩く
c0008948_9432749.jpg

                            岩場を巻いて尾根に復帰する
c0008948_9515620.jpg

                  下日川林道(1530m)出て林道の向かいを登る。
c0008948_9563416.jpg

      斑尾や御射山など、標高が高い山中で見かける。コテングクワガタ 帰化植物
c0008948_13331276.jpg

喧噪の大菩薩岳を袖にしての、静山歩きシンプルの山名板が似合う山頂にはハイカ-の姿は見えない
c0008948_14383966.jpg

役目を終えた標識 日川尾根はほとんど平坦な尾根で大変にぎわったが、裂石からのコ-スが便利になった
    ため現在はおとずれる人が少なくなった。東京周辺の山々 昭和37年 朋文堂
中日川峠から山道に入りメギの後ろに笹が被さる細道が伸びている、塩山市グリ-ンロッジに向かうのか
c0008948_15344826.jpg

仲間に聞けば、下日川山とのこと1627.1m ヤマレコでは古い昭文社の沢名を取ってゴウロ沢ノ頭
c0008948_15504674.jpg

三角点くだりのでルートミス直ぐに気が付き、労せずに本線に乗る。NHK中継所から源次郎岳に向かう
                                 道は錯綜している
c0008948_15552062.jpg

源次郎岳をパスして、嵯峨塩鉱泉で一杯やりながらのんびりとバスを待つていると、臨時バス2台は満員
で乗れません、最終バスを待つ間にもう一杯をヤルま間も無くやって来た。バスに焼酎を片手に乗りこむ
                                     10月22日歩く

 

by takigoyama | 2016-10-27 16:04 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

続:ブラリ植物観察やハイキングとか街歩き

c0008948_2022137.jpg

                              撮影中に通るタイミングて難しい
c0008948_20274440.jpg

c0008948_2029124.jpg

                                         根津教会
c0008948_20301067.jpg

                                          異人坂
c0008948_20341289.jpg

                                          へび道
c0008948_20345328.jpg

                                         谷中銀座
c0008948_20361188.jpg

                                      夕焼けダンダン
c0008948_6481393.jpg

吾妻橋のそばには、何故あんな大きな、松屋などとという百貨店が建ってしまったのだろうしかも庶民の
 消費を狙って、恥ずかしげもなく子ども騙しの娯楽場を作った上で・・・とエライご立腹 今じゃ
                     昭和モダンの建物が良い感じじゃないですか
c0008948_7133394.jpg

関東大震災後(1931年昭和6年)に松屋の竣工と同じ時期に架け替えられた、吾妻橋は明治期の鉄橋と
              変わらぬ面影を残しているのか、こちらはくさしていない
c0008948_7243472.jpg

土曜日の午後は1Fの神谷バ-で5人分の席確保はできない、2Fのレストランで電気ブランをやっても
シックリこない富士吉田から来られたKさんご夫妻はをスカイツリ-まで案内する。10月1日歩く                    



 続く

by takigoyama | 2016-10-09 07:34 | Trackback | Comments(0)

ブラリ植物観察やハイキングとか街歩き

c0008948_13341473.jpg

アキノエノコログサは認識していなかったな うなだれた反省ホ-ズとわかりやすい
c0008948_13391044.jpg

                    ジョロウグモはノミの夫婦 オスは地味な模様で小さい
c0008948_13575366.jpg

                   上品な色合いな ウリクサ 千葉県野田市 9月27日
c0008948_14132239.jpg

  早く言ってよ初戸から1時間も歩いたのに鶴川に、架かる橋は流失 流れも水深も深く渡れません
c0008948_1425611.jpg

         降り出しに戻って、玄房尾根を登。 枝も折れよとバカリにたわわに実るヤマナシ
c0008948_14401883.jpg

用竹へ右に下りたら舗装歩きが長いしかもバス待ち2だったが、コンビニがあり酒には困らず28日
c0008948_1548684.jpg
  
10月1日は茗荷谷-湯立坂-占春園-小石川植物園-白山下-根津神社-異人坂-ヘビ道-谷中銀座-雷門-神谷バ- 
  吾妻橋-スカイツイ-
c0008948_15561586.jpg

               ツルドクダミは薬草園で栽培されていたのが、逃げ出したのかな
c0008948_1605422.jpg

根津神社


                           

by takigoyama | 2016-10-08 16:02 | 自然 | Trackback | Comments(0)

シダは岩に聞けでも、聞いてもわからん

               トキワシダ 無性芽(広義でムカゴ)がついていれば、分りやすい
c0008948_13272460.jpg

プラントハンターは藪山歩き見たい一般道では見られない植物もバリエ-ションだと見られる
c0008948_14471384.jpg

                    イシクラゲ 別名は言い得て妙なグランドクラゲ 
c0008948_1523521.jpg

                 どのあたりが(ヤワラシダ)なんて聞かないでください
c0008948_15381538.jpg

               フジシダ 同定ポイントはどこですかと聞かないでください
c0008948_16113970.jpg

    オオフジシダ どこがなんて野暮とうい物です。 確認は検索 図鑑でお願いします。
c0008948_16293487.jpg

                         分かりやすい花で一休み ミツバフウロ
c0008948_16411698.jpg

                                 ミヤマトンビマイタケ
c0008948_16543242.jpg

                                     イワガネソウ
c0008948_16581684.jpg

               違いの分かる男にになりたい こちらは チチブイワガネソウ
c0008948_1765575.jpg

よく見かけるヒョロリと長いマッチ棒 こいつが冬虫夏草だったのか、カメムシタケ
c0008948_1713237.jpg

                                ハナビラタケ 冬虫夏草
c0008948_17142899.jpg

                  図鑑をより、現場詳しい方に教わるのが一番  おわり

by takigoyama | 2016-10-03 13:22 | 自然 | Trackback | Comments(0)