<   2016年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

クリスタルラインで分断された、山を歩く

   水晶の地だけにクリスタルラインの名称は納得だけど、なんとなく今では恥ずかしい響き 
c0008948_12283944.jpg

                 控え目にエサをねだる野良狐
c0008948_12294168.jpg

                    レンゲツツジは盛りを過ぎて観光客はまばら
c0008948_12364026.jpg

                           ヨモギ頭までは歩かれている      
c0008948_12503928.jpg
 
標識マニアのみなさん 長城山がかかってこいよと言ってました。山名板がないとなんとなく淋しい(笑)
c0008948_131589.jpg
 
長城山は五万分の一地形図にも標記されない不遇の山であるが、奥秩父には珍しい笹山で、金峰山の眺望
         は隋一だろう。奥秩父 ―登山地図帳― 山と渓谷社 昭和31年
c0008948_13304095.jpg

 葉の波打ち具合と伏せた感じでジンバイソウではないかな ここを登ったバラ頭にも山名板がない
c0008948_13392759.jpg

落穂ひろいのように林道を降りて登って繰り返す、三角点のソッタ頭にも山名板がないのはいかがなものか
c0008948_13573197.jpg

              カラマツ林 林床はモミジイチゴと笹 これでは花は期待できません
c0008948_1442714.jpg

                                       サワフタギ
c0008948_1411479.jpg

        由緒ある峠なのね 山行前に認識していればより楽しめたのに 残念
この峠には急な坂みちはどこにもなかった・・・それに峠と言っても広々とした草原でなかば草に埋もれて
いる峠の名がかすかに読める石を見つけなければ知らないうちに通り過ごしてしまったかもわからない
           「花嫁の越えた峠」串田孫一著 峠を特定できる文はない 
「ひとり旅」串田孫一著 黒平峠 花嫁の越えたはここである。峠と言ってもぐんと登ってぐんぐん下る
ところではなく、広い草原である。1959年12月2日 車道が通る平坦な峠は草に埋もれて道形は無い
c0008948_14393655.jpg

林道歩きのハイキングの最終章は戸谷山(山名板は鳥谷山)静寂な頂 下山の北東尾根に手こずる
c0008948_14493229.jpg

                         つまり道迷い  6月18日 M山行で歩く

                  

by takigoyama | 2016-06-28 12:10 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

三峰古道で植物観察会:2

c0008948_12413746.jpg

 シダやコケ好きな方にはタマランチの古道シカシもカカシのお子ちゃまTにはその味がワカランチ
c0008948_1302784.jpg

 掘って掘ってまた掘って~炭坑節の世界だのう 彫って彫って彫ってはまずいでしょうでも彫らなきゃ
            いけない男の世界があるような まだ酔っていません平常運行です。
c0008948_1322394.jpg

長年裏表のある人間をやっているのはご存知通りですね、何度も言いますが(妻一筋)この手の草とは
   不適切な関係や不純異性交遊は固くお断りしています。裏葉草(ウラハグサ)ゴメンネ
c0008948_1348282.jpg

                   ビルの窓拭きがお休みの日は岩壁の掃除をしています。
c0008948_13554857.jpg

                       岩を登ったら石灰岩に咲く花が見られるかも
c0008948_14201531.jpg

                  フクロシダ シダを同定するには表より裏の胞子が必須条件
c0008948_14592864.jpg

                     岩壁にグランドカバ-のように繁茂するテイカカズラ
c0008948_15553832.jpg

      そのまんまの命名 イワギボウシとイワタバコ  わかりやすく頭にストンと入る
c0008948_16573697.jpg

                                        蛇苔
c0008948_1736482.jpg

                     パカと5室割れるツリバナ 使用前後もかわいい
c0008948_17435886.jpg

                           鳥に食われてウワミズザクラは丸坊主
c0008948_17455411.jpg

                                  アオツヅラフジ雄花
c0008948_17562991.jpg

                           山椒も色々 犬に烏こちらは冬山椒
c0008948_189060.jpg
 
山椒といえばコチラでしょう、実山椒を90グラム採取 速攻でジャコ山椒に加工 タマランチ×2
その筋プロ(埼玉県生態系保護協会)と越生シダの会のメンバ-に実地で教えていただき至福の時を
                         ありがとうございました。 6月12日歩く



 

by takigoyama | 2016-06-14 18:14 | 自然 | Trackback | Comments(0)

三峰古道で植物観察会:1

あの日見た 花の名前を 僕達は まだ知らない 秩父鉄道は今日に合わせてラッピングしてくれたような
c0008948_14465262.jpg

               でも出し物はシダやコケですよ これらは花は咲きません 胞子
c0008948_1456381.jpg

          見覚えのある駅 全力で精査しても こみあげる苦い思い出はありません
c0008948_154762.jpg

昔の名前で出ています。京都にいるときゃシノブと呼ばれたの秩父でもシノブと呼ばれたの当たり前じゃん
   シノブはシノブでしょ ゴモットモ 常々わかりやすいパクリのギャグを心がけています。
c0008948_15233253.jpg

                      マルバマンネングサ わかりやすいのでイイワ
c0008948_1534233.jpg

c0008948_15424874.jpg

秩父はイイワとシダ研究会の方々は、道路沿いのヒメウラジロにMAX状態  話についていけません
c0008948_15523075.jpg

        ヤマイタチシダ? シダは花を卒業した方が魅かれるのか 花も樹木お分かりです。
c0008948_1685867.jpg

イワトラノオと教えていただきました。ナニコレと聞けば即答していただける観察会 ありがたい
c0008948_1621858.jpg

                                  オオバイノモトソウ
c0008948_735644.jpg

                           大輪から古道に入り一旦集落に出る。
c0008948_7114334.jpg

鐘を打つのは図を見ながらできるが、聞く方は何の知らせかすべて判断できたのでしょうか
現在の鐘は、防災無線子供たちの下校時間で見守りくださいと年齢身長と身なりを知らせる行方不明
   2に続く

by takigoyama | 2016-06-13 14:46 | 自然 | Trackback | Comments(0)

小説:雷雲八王子城の取材で太鼓曲輪尾根へ出陣

  出版プロデューサーのen氏がお仲間と(執筆中のタイトル)の取材で堀切体験に同行する。
c0008948_12253024.jpg

                                    取り付きの看板
c0008948_12312064.jpg

                           御霊谷川沿いには田んぼも残る里山
c0008948_1259815.jpg

竹藪に咲くなんとかランを探索したい(去年の果実が見つかればその時期ね)が今日はその遊びじゃない
c0008948_13441.jpg

                                       2011年1月

c0008948_137436.jpg

                                       enさん撮影
c0008948_1324120.jpg

                       攻撃側には、あまり手こずらないような浅い堀切
c0008948_13282660.jpg

                                       2011年1月
c0008948_1338116.jpg
 
             御料局三角点の後ろはコウヤボウキかな ここから最短ル-トで下る。
8日吹切尾根でGPSを使っていると同行のご婦人に「カッコイイ」と褒められた。アベックいよ~大統領
などは今では死語でしょう、年相応の反応に微苦笑 使い方がわからにと言っていたらそのご婦人と地蔵平
でバッタリと出くわす。すれ違いの会話で聞くとスマホ片手に先生に教わりながら歩いているのでした。
c0008948_1434188.jpg

        花はヤマホタルブクロとヤブムラサキシキブぐらい 標識類や看板は多数あり
c0008948_1484729.jpg

                              はぁ~ 家紋で遊びましょう
c0008948_14133979.jpg

隅切角に立ち沢瀉 駒木野病院の前進「小林病院」カメラをリックに納めて高尾駅南口サイゼリアへGO
c0008948_14282256.jpg

c0008948_14283630.jpg

              頭の中は飲む3植物3写真3残り1はスケベな妄想 6月11日歩く

by takigoyama | 2016-06-13 12:15 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

吹切尾根を南下する

     大月驛-上真木-遊仙橋-間明野-桑西-オホゴ澤出会-ユノ澤出会-大峠
前夜新宿驛で大月驛より甲州街道に出て西に進む。大峠まで5時間10分 中央線に沿ふ 山と高原
   昭和15年頃の話 今では朝立ちでタクシ-を使えば1560m大峠には9時前に到着
c0008948_104431.jpg

 ササ枯れ死帯で、道は明瞭 掻き分け掻き分けの楽しみがなくなりどんどん山が簡単になっている
c0008948_10134320.jpg

                      山名板はいいけど生木に釘付けはやめましょう
c0008948_10173759.jpg

                 尾根は林道の擁壁に阻まれて、下りられないので迂回する。
c0008948_10263420.jpg

ここはネガマリダケは生えていないから、オレの食い物を横取りするなとパンチをもらう心配はないだろう
                     不幸にして出会って多少の傷で生還した方は武勇伝×2
c0008948_1035569.jpg

                カ-ブミラ-から入った尾根の続きが激坂で本日のハイライト
c0008948_1156011.jpg

ヤマツツジとヤマボウシにヤマキケマンと花は少ない(予想通り)鉄塔でランチを済ませて植物観察
ツメクサと、明るい台地には似合わないトネハナヤスリが? こういう環境ではヒロハナヤスリなのか
                  その場では同定できずに、初見でもフーンみたいな気分
c0008948_11164269.jpg

リ-ダ-のKさんからこの花は何と声がかかる。知らないより知れば山歩きは楽しくなる。ハクンボク
           鳥屋ノ丸 2011年6月            2016年6月
c0008948_11352211.jpg

                  ちょっと待った御前ノ頭はここでいいの
c0008948_1144199.jpg

        大丸三角点 2011年6月              2016年6月
c0008948_11521578.jpg

              ここを踏めば終わったようなもの M支部の山行で 6月8日歩く

by takigoyama | 2016-06-13 10:00 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

北富士演習場の花

 午後2時演習場ゲ-ト前に集合に合わせるかのように、天気予報通りに小雨が降りやむ いいぞ
c0008948_5443236.jpg

 一足早くバ-ドウオッングに来ていた。富士吉田市のOさん夫妻と合流して観察を開始する。
c0008948_5532660.jpg

                ワラビ採りが過ぎて、人気は少ない カイジンドウは終盤
c0008948_671466.jpg

                                    フラバラソウ
c0008948_6154232.jpg

c0008948_6201540.jpg

                                     タチドコロ
c0008948_6131831.jpg

                                     アマドコロ
c0008948_6221547.jpg

        野焼きが終わり草深くなってきた、演習場でガサゴソが楽しい ヤグルマソウ
c0008948_629173.jpg

                                     オカオグルマ
c0008948_6364823.jpg

ゲ-ト近くに大型バスが駐車している。こんな場所にと不思議に思えば双眼鏡を担いだ団体客 鳥見か
c0008948_723311.jpg

                                  サンショウバラは終わり
c0008948_8104257.jpg

                    葉先がほんのりとピンクになってきた ミヤママタタビ
c0008948_8312186.jpg

                                  花付きがよい カマツカ
c0008948_842141.jpg

                                  富士に怪しい雲がかかる
c0008948_8523895.jpg

        Oさんの散歩道で咲いている花を聞かれたが、ラベンダ-でも名前はわかりません
c0008948_8575564.jpg

                               夕日に染まる田んぼ逆さ富士
c0008948_92215.jpg

   富士に始まり富士に終わる。良き一日でした。皆様ありがとうございました。 6月5日歩く

by takigoyama | 2016-06-12 05:44 | 自然 | Trackback | Comments(0)

ホテルマウント富士~大平山~石割山~内野

大先輩からタクシ-代が割り高になるから、来てよ言われても即OKとは言えない山だもの参ったなと
    声には出さずに円満回答(エラソ-に)だって公共交通で行けるし歩いてからね
c0008948_169456.jpg

TYA時代の仲間Sさんも御一緒で緊張しないで歩けるのもいいね 歩きは緩やかで撮影には好都合です。
誘われたり、声をかけていただけたら断っていけませんよ、みたいな 翌日にグットアイデアが閃いた
そうだ山中湖にマンションを持っているenさん宅にお泊りして、日曜日に開放されている北富演習場を
 案内してもう夢物語は、一発回答とはありがたいな あとは5日の天気を願うだけ ウフフ
c0008948_17282368.jpg

                      オニツルウメモドキは雌雄異株 雄花と雌花
c0008948_1745936.jpg

 ほんのりと紅をさしてきた ニシキウツギ 萼片が筒から離れていない時間の経過で離れのかな
c0008948_20454657.jpg

                            白い花が咲く山道 ミツバウツギ
c0008948_17465636.jpg

                        はじめから濃紅色のベニバナニシクウツギ
c0008948_18495187.jpg

                                 エゾノタチツボスミレ
c0008948_20433089.jpg

                             白い花が咲く山道 ヤブデマリ 
c0008948_2050965.jpg
 
                                    ツクバネウツギ 
c0008948_20551835.jpg

                                     コゴメウツギ
c0008948_20562784.jpg

                               白い花が咲く山道 ミズキ
c0008948_2134274.jpg

                                    シコクハタザオ
c0008948_2165683.jpg

                   お昼休みサラサラと描いたHSさんの平尾山からの富士
c0008948_21114036.jpg

                                      フラバラソウ
c0008948_21253485.jpg

                                       サカネラン
c0008948_21325818.jpg

此のあたりでは想定内の花だけど逢えればうれしい スズムシソウ 山から下りれば 大宴会
c0008948_21372955.jpg

富士山ビ-ル ブランデ-VSOP 刺身にフキの煮物で飲み放題 タマランチ 画像はenさんから拝借
                       6月4日歩く YAさん誘っていただき感謝です。
                            
        

 

by takigoyama | 2016-06-09 21:42 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

蓮華温泉周辺で花散歩:3

c0008948_12425989.jpg

            ここは時計の針を1ヶ月前に戻したように カタクリも咲いていた。
c0008948_12502110.jpg

ユキグニミツバツツジは華やか
c0008948_12521019.jpg

                               ブナの赤ちゃんは愛おしいね
c0008948_1255327.jpg

   ミツバオウレン 腕なのか、白い花うまく撮れない カメラのせいにしよう そうだね
c0008948_1344714.jpg

逢いたかった×2 登山口ではサバノオになっていたので上では期待したが 蕾で 残念縁がなかった
c0008948_1371853.jpg

特に逢いたかったわけじゃない 細い目をさらに細くしていたら釣れただけ コフタバランお怒ちゃイヤ
c0008948_13122448.jpg

                   オオサクラソウ コメントなし 冷たい風が吹いたかな
c0008948_1327314.jpg

低山 高蹤 神谷 恭・遺稿と追悼で 雲取山で採ったコバイケソウを食べて意識不明になった話がある。
c0008948_13344332.jpg

                           どうにか間に合った オオバキスミレ
c0008948_1357060.jpg

                                      ズダヤクシュ
c0008948_1421350.jpg

                                     タチカメバソウ
c0008948_1413762.jpg

オオシラビソ(雄花)今回の旅ではコレがぴか一004.gif 新鮮な状態で見られました。
c0008948_14303527.jpg

      オオバコ科クワガタソウ属 テングクワガタ オオバコと一緒に咲いていました。
c0008948_1439818.jpg

           ガイドさんにヒメクワガタと教えられたが、テングクワガタでしょうね
                         6月1-2日 むさしの支部の花山行で歩く

by takigoyama | 2016-06-09 14:43 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

蓮華温泉周辺で花散歩:2

c0008948_759501.jpg

掌形の葉なので、カエデかと(カエデ識別ハンドブック:文一総合出版)で調べても見当たらない
見当違いもいいところ、互生だものね 浮かんだのは(スグリ)でも違う 葉の湾入が深い特徴か
                イラストによる落葉図鑑で、コマガタケスグリと判明しました。
c0008948_8593537.jpg

                                     ヤハズハンノキ
c0008948_9181551.jpg

                                    アカミノイヌツゲ
c0008948_9214373.jpg

                                        ツルツゲ
c0008948_92285.jpg

                               ウリハダカエデ(赤いのは芽鱗)
c0008948_13441355.jpg

先ず咲くマルバマンサク(短枝に花を咲かせる)とサラサドウダンが6月に同時に見られるなんて。驚き
c0008948_1024469.jpg

                       北へ行くと青紫色のキクザキイチゲ見られる 
c0008948_1541467.jpg

時計の針を30-40日戻したようなレンプクソウ あなたの親戚はヤブデマリと(レンプクソウ科)
と言われてもなDNAで決めると同じ仲間らしい、ソレって俺と某イケメン俳優が兄弟と言われても
  え~なんでみたいな この不適切でも違法でもないこのモヤモヤ感が素人には納得できない
c0008948_9105428.jpg

ミズキ科 サンシュユ属 ゴゼンタチバナ 4枚以上の葉に花をつけるが 中央のは4枚で咲いていた
c0008948_9434375.jpg

                                      アズキナシ
c0008948_1227182.jpg

    主演 ツバメオモト 助演は タケシマラン クルマバソウ マイヅルソウもみなさん
3に続く

by takigoyama | 2016-06-09 12:28 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

蓮華温泉周辺で花散歩:1

 ヒワ平からまだ通行止めの車道を植物観察しながら6K歩いて天井の湯へドボン夏山前に独り占め
c0008948_17174488.jpg

               目的のタガソデソウは里山かな、トガクシショウマはどうかな
c0008948_10563443.jpg

見た目栄養不足で小さなリョウキンカのよう、でもなんだか違うと感じても脳内図鑑は反応しません
自宅帰り、リュウキンカ小型で検索してもシックリきません 第三者の冷静な目で見れば1回3出複葉で
鋸歯がある。再度検索をかけて ツルキツネノボタン お初ながらまったく喜べないのは、安易に検索で教えてまらったからネ 手間暇かけて図鑑で
                            調べないと勉強にはなりません
c0008948_12294213.jpg

                          日本の野生植物Ⅱ 平凡社 1982年6月
c0008948_12345399.jpg

              リュウキンカとの違いは明らか- takigoyamaさんの知らない世界-
c0008948_1372410.jpg

花の名前は「車葉草見」た目でわかる命名はイイネ 車輪梅 車百合などと葉の付き方でわかるので納得
c0008948_17433047.jpg

         宿まで6キロと長い車道歩きも、オオバタネツケバナに挨拶する時間はある。
c0008948_17472463.jpg
 
 オオバミズホウズキ そのまんまの名前がいいね 例えば寿衛子笹なんて言われもワカリマセン
c0008948_18345148.jpg

                               林道歩きで見られる。ラン
c0008948_20244136.jpg

           オオバタチツボスミレ    オオタチツボスミレ           
c0008948_3543270.jpg
 
c0008948_5402274.jpg

                               ミヤマツボスミレへ移行形
 2に続く
               

by takigoyama | 2016-06-07 06:45 | 自然 | Trackback | Comments(0)