<   2015年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

広島(塩飽諸島)の王頭山を踏んで戻って飯野山へ:2

讃岐富士飯野山
c0008948_1553444.jpg

   王頭山より東方面の展望図 飯野山と金毘羅宮(大麻山)右に見えるをカシミ-ルで描く
c0008948_15191116.jpg

丸亀港で、飯野山へ向かうバスを合間に日本マンホ-ル蓋学会埼玉支部長の小仕事
旧飯山町(はんざんちょう)・讃岐富士と「おじょも伝説」の足跡、 町の木サザンカ、町の花モモを
デザイン。汚水管マンホール           蓋説明は 日本マンホ-ル蓋学会のHPより
c0008948_15371546.jpg

雲の名前は天使の羽ランドセル エバといえばゴ-ルデンハ-フのエバでしょうオジサン的に
               はね今じゃ ウに濁点か どうでもいい小ネタを挟んで先に進む
c0008948_15291036.jpg

c0008948_161154.jpg

              リックを背負って登るのはよそ者 地元の方はほとんど手ぶらです。
c0008948_16323451.jpg

                               山頂直下まで疑似木段が続く
c0008948_16411244.jpg

                       人面魚みたいな 言葉が添えていないと難しい
c0008948_16433129.jpg

          団体行動なので遅れず列を乱さないように写真を撮る この窮屈さを楽しむ 
c0008948_1655105.jpg

    新百名山て~知らなかったな~ 深田百も所詮人が作ったもの 
c0008948_1742376.jpg

c0008948_1774783.jpg

いつまでスクロ-ルさせるなよと突っ込みたいアナタもう少しで終わります。しばらくガマンしてね
c0008948_17112397.jpg

c0008948_17192252.jpg

宿泊費は激安 配膳と片付けは利用者がやります。当然飲酒喫煙はご法度です。そんな清く正しい生活
が3日も続く 別に宗旨替えしたわけでもけれどこれも大人の事情?でしょうか 12月20日歩く

by takigoyama | 2015-12-31 15:04 | Trackback | Comments(0)

広島(塩飽諸島)の王頭山を踏んで戻って飯野山へ:1

塩飽諸島広島
c0008948_16525249.jpg

4時30分起床5時半にバスに乗り丸亀港から19トン定員74人のフェリ-で300人がお住まいの
塩飽諸島最大の(広島)王頭山へプチハイキング、ちょこっと片付けては丸亀に戻り讃岐富士(飯野山)
     の軽い山踏み参加者を喜ばせようと盛り込んだ計画に恐れ入ります。
c0008948_1632192.jpg

フェリ-は11トンと小ぶりで乗務員二人を含めて定員は74人、広島までは30分弱と渡し舟見たい
誰も知らない夜明けが開けて、だれも知らない王頭山へ向かうご一行 この島ができて以来のイベントかな
c0008948_20473137.jpg

                                       ここも丸亀市
c0008948_20485024.jpg

                              元お土産屋件住居? 謎の物件
c0008948_212244.jpg

【冬青】と書いてソヨゴ  シンプルイジベストこの漢字をあてた方に拍手
c0008948_21365322.jpg

                                写真を撮るのに50人待ち
c0008948_2149383.jpg

  王頭砂漠
c0008948_929203.jpg

   照葉樹林帯の山もイイネ 海を背負って登り俯瞰して海岸に至るタマランチ会長 ☆☆☆
c0008948_12311447.jpg

                                     ミツバツツジ系?
c0008948_12584687.jpg

   隣の家に壁が出来たってね~塀 ブロック屁~じゃない塀ネ江戸の匂いを残す築地塀との
コラボに激泣き、乳待山や谷中の観光地で見る築地塀とのロ-ケ-ションが違う、タマランチ会長も満足
       こっちは残したのではない残っているのだ 港に戻る道すがら寄り道して遭遇
c0008948_13141731.jpg

                                さよなら広島 王頭山

by takigoyama | 2015-12-30 16:13 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

瀬戸内の山々で神に会った:小豆島

タレントのちょこっとした気配りで(神対応)素っ気ない振る舞いは塩対応これはヤホ-だけの話なのか
なんとも嫌らしい言葉が蔓延している。山行報告を見ると参加者は50人オ-バ-でこれでは自由に写真が
撮れないと腰が引けていたが、小豆島に淡路島 聞いたことがない塩飽諸島最大でも人口300人の広島
c0008948_12564339.jpg

と観光プラス軽い山歩きの計画に清水の舞台から飛び降りて、全身打撲もしくは待望の年金生活を迎える
来年3月を待たずにお亡くなりに覚悟で参加を申し込みました。いるんですね世の中には「三猿」のような
                    神対応のリ-ダ- その手腕に大感動
c0008948_1315420.jpg
 
 大宮20:00に発車して用賀インタ-と海老名でピックアップして岡山港7:00到着 
            19日は小豆島への船旅からスタ-ト
c0008948_19505223.jpg
 
                児島湾大橋でしょうか 地理不案内でさっぱりわかりません
c0008948_2085694.jpg
 
                              8:30小豆島上陸(土庄港)
c0008948_10255383.jpg

小豆島映画村昭和20年代生まれの「壷井栄」は通り道 「母のない子と子のない母と」記憶は書名だけ
c0008948_10423210.jpg

c0008948_1042491.jpg

c0008948_1043051.jpg

c0008948_10441088.jpg

有馬稲子さんの隣は久我美子さん、お美しい お-い、まくら、さくらとつてきてくれや 倍賞さんお若い 
c0008948_10524221.jpg

昭和が残る小豆島 高倉健の(倉)を拝借した石倉三郎さん 地元も貢献していますが、白い背広で
     微動もしないで構えていられると、入りにくいじゃありまあせんか
c0008948_1104493.jpg

寒霞渓:かんかけいこちらに移動して、三笠山 星ヶ城山へハイキング 岩には読めない名前ついている
c0008948_16282581.jpg


 金屏風 ここからはクイズ番組で難しい漢字を読み書きするタレントさんも苦戦するだろう

女羅壁 荷葉岳 玉旬峰 蟾蜍岩 キラキラネ-ムみたいで多分名付けた本人も読めなくなっているかも
c0008948_11281241.jpg

c0008948_11284191.jpg

                                 海が見える山はいいな
c0008948_11303650.jpg

                                       星ヶ城山
c0008948_1131958.jpg

           フェリ-で三連泊する宿泊先の高松に向かう  12月19日歩く






  

 
                                                        

by takigoyama | 2015-12-27 21:36 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

首なし地蔵に会いに再度:戸蓋峠

c0008948_21554681.jpg

登山口を間違えて、林道を延々と歩いたら祠は木の陰にお隠れで通過するわ、権五郎峠で強制終了で散々
        だったが、今回は「加明地」から峠の立ってめでたくご対面がかないました。
c0008948_8541811.jpg

     北に間明平への巡視路道が続き、峠とハッキリわかる地形 前回は素通りだった
c0008948_109113.jpg

       要害山(戸蓋峠)直下は凍っていたらさらに通過したくない蟻の門渡り
c0008948_10172534.jpg

c0008948_1021087.jpg

平坦な峠にゴロゴロしていた石は城跡の遺構か、山頂を下ると落ち葉に埋もれた堀切らしきものがあった
c0008948_10323152.jpg

                          566.7m三等三角点(点名 飯田)
c0008948_10384262.jpg
 
               下った鞍部は468m峰を経て竹ノ平に向かう道が続く
c0008948_10473028.jpg

560m峰で樹間越しに里を望む 559m峰を踏んで次のコブは577m峰は高突山の名があるようだが
山名板は無く名前通りの尖った狭い山頂だった、急な尾根通しを迂回して北東へ510m峰へ進む
c0008948_1056320.jpg

小鹿野町と両神村を分ける権五郎峠を示す標識が見当たらず残念 踏み跡を辿って373mへスタ-ト
c0008948_117550.jpg

                    天が開けて本日一番気持ちの良い尾根が待っていた
c0008948_1185538.jpg

c0008948_119676.jpg

ゆるやかに登りなが行くと手摺と短いプラスチック階段を上りきるとNHKの鉄塔を保守点検をしている
係員に熊が来たかと驚かしてしまう、倒れていた白柱を刺して見れば平成2年井の頭支部と書かれた
        「明神山」山名板にヤブ山好きな新ハイキングらしさを感じる。
c0008948_11282682.jpg

S支部Sさんのガイドは、東へ萬霊塔を通って黒海土へ向かっているが、北東にある稲荷神社へ下った。
c0008948_11404440.jpg

                        MさんHさんKさんTの4人で12月16日歩く




 続く

by takigoyama | 2015-12-27 11:44 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

上野公園で中国の文化に触れる

c0008948_22131884.jpg

始皇帝と大兵馬俑 東京国立博物館(平成館) 2016年2・21「日」まで 16年1月1日まで休館
c0008948_6234652.jpg

英語の始まりがABC 助平の始まりは小平のヨシオ 寅さんの啖呵も、俺様が皇帝の始まりの始皇帝
だと啖呵を切られたら、こりゃあもう あなたの言う通り私の聞く通りでしょう スゴイワ 
c0008948_639316.jpg

  記念撮影用のブ-スでカメラを構えていたら、外国のお嬢さんに写していただけました。

跪射俑 軍師俑 将軍俑 歩兵俑 立射俑 俑の顔だちがその地位にふさわしい作りで実物をモデルに
作られているようだ、竹や木材、布などの有機物は消えてしまったが 跪射俑の戦況を見つめる目には 
 緊張感が漂よい消えてしまった弩(ど、おおゆみ)今にま発射されるようで態勢で超リアルです。

立射俑はダチョウ倶楽部の両手を前に出すだけの「ヤー!!」は上島竜平さん顔だちとスタイルが同じで
               これをコピ-したようで一笑の価値があります。
c0008948_7183047.jpg

                鳩がとびたつ公園の銀杏は手品師老いたピエロ(フランク永井)
c0008948_7242266.jpg

c0008948_7245769.jpg

c0008948_7244485.jpg

c0008948_7562695.jpg

                               旧因州池田屋敷表門(黒門)
c0008948_756469.jpg

質問に ヒマラヤスギのマッボックリだよと答えたら スギだからスギボックリでしょとツッコマレタ
              シマラヤシ-ダ- 別名ヒマラヤスギ マツ科 ヒマラヤスギ属
c0008948_825543.jpg

               ☂に咲く?? 東京都美術館に移動して
c0008948_852714.jpg

                            なんて書いてあるのか読めません
c0008948_885961.jpg

c0008948_892111.jpg

                  上野公園を抜けてアメ横で エビスのジ-ンズを物色
c0008948_8104242.jpg

  今日のカメラはシグマDPIM 40ミリ 28ミリより画質がいいな 12月13日歩く

by takigoyama | 2015-12-26 22:13 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

都留市の山を歩く

尾崎山と文台山を知ったのは1994年10月発行森林書房「遊歩百山10」だった歩いたのは03年ごろ
か、ようやくスイカが導入されて、大月駅と車両も体裁を整えても「富士山」とは疎遠な都留市駅は
   変わらぬ佇まい 一本早い電車で登山口を下見して仲間を待ちます
c0008948_22243264.jpg

バスを使わずに駅から歩ける山はイイネ 山深さはないけど暗くなる前にどこにでも降りられる里山歩き
c0008948_15313368.jpg

           明治21年測図 昭和30年発行の地理調査所の地形図に 発電所記号がある
c0008948_15395411.jpg

c0008948_15334415.jpg

                       転がったら貯水槽にドボンするような怖い道
c0008948_20562336.jpg

                     三角点は見落としてしまう烽火山の下にありました。
c0008948_216324.jpg

                                        長安寺山
c0008948_2192038.jpg
 
   参考図書は落ち穂拾いのように、人知れず山を救済するMさん 毎度お世話になります。
c0008948_2116583.jpg

c0008948_21162132.jpg

  時を経て山中に違和感なしに溶け込んでいる。人工物
c0008948_21255285.jpg
                唯一どの方向からも同定できる たきごやまさん   
c0008948_2119974.jpg

弁当は忘れてもカメラは忘れたくない そうね一眼レフの重さは感じないよ、パチリパチリが好き尾崎山
c0008948_21362862.jpg

                    蒼竜峡をめでながら 十日市場駅へ12月9日歩く

      

by takigoyama | 2015-12-26 21:38 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

Xmas本番前の香港散歩:6

c0008948_95034.jpg

第二街を左に折りて、皇后大道西を渡って「趙醒楠跌打」中医整体診察室 3時間ツァ-ラストの
     徳舗道西の「自家製豆腐花」をキャンセルしてスタ-バックスで休憩
c0008948_10937100.jpg

店内のWCを使うにも鍵が必要、どなたかに影響されたのかモノになるものを撮る撮る。wifiのパスワ-ド
                              がレシ-トに印字されていた。
西営盤から徳輔道西←en様クリックで地図が見られます 歩いたコ-スを俯瞰                               
c0008948_1033054.jpg
 
住まいは庭付き平屋が理想だけど、乗り物は二階建て車両がイイネ 満席でガッカリなんてあるよね
   都内では荒川線を残すだけの路面電車も、香港では北部を東西に走るトラムが活躍中
c0008948_1043416.jpg

                               俯瞰で撮影できるのがイイネ
c0008948_10453788.jpg

                              スペ-スがあれば天井にだって
c0008948_10503236.jpg
 
                          車内にも匂ってくる乾物スト-リト
c0008948_112357.jpg

                            歩きスマホが文化になっている
c0008948_1125148.jpg

                          アクアルナ 船から景色も見たいね
c0008948_1225784.jpg

時計台の下であって恋が始まった香港人もいるでしょう尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)   
上空からグーグルマップ←(クリックで地図が見られます)→映月楼←ラストディナ-ここビクトリア湾がを見下ろせる席に座れました。舞い上がって写真が遅くなった。食事は正座私語厳禁 便所の落とし紙は
3枚までと厳しく躾られたのに、今では車内飲食も撮る撮るも(こっぱずかしい)気持はどこえやら
この先日本はどうなちゃんだろうと 無用な考えはしません 劣化も老化も鈍化も進んでいるんだもの
c0008948_12241173.jpg

宿泊は無理でも、シェラトンH18Fでワンドリンクだけなら2000円程度でゴージャスを買えます。
c0008948_1243053.jpg

       敷居が高そうで引いてしまうがラフなスタイルでもOKだった
c0008948_137655.jpg

物欲レス→究極の普通 今だ物欲に拘るお子様Tさんにこの味は出せない、そして誰とはいいませんがこの普通がむしろ
恰好いいが理解できない方が身近にいるような
            なんとかしてよは禁句でございます。
c0008948_1244149.jpg

c0008948_1245507.jpg

                  12月2日~5日歩く en様ご夫妻お世話になりました。

by takigoyama | 2015-12-18 12:55 | Trackback | Comments(2)

Xmas本番前の香港散歩:5

c0008948_14264978.jpg

香港は赤と朝から気合が充実に輝く金色がお好きななようで(注)チョイ画像は加工してあります。
c0008948_1449441.jpg

c0008948_14372283.jpg

 朝飯前に九龍公園でウォチング 子供は勉強 バイオリンを弾くペア これも香港の文化か
            もちろん太極拳を親しむグル-プも見かけました。
c0008948_14554999.jpg

4日はT先生の趣味に合わせての香港下町散歩です。香港3時間ツア-コ-ス古い街などのキ-ワ-ドで検索しらたこんな素敵なページがヒットしました。即丸パクリですね 20年前香港に駐在していた
enさんの知らない香港ご案内 フリ-waifを期待していたが行動範囲では使えませんガッカリ JTB
  でwifiを所望するとマルコポ-ロホテル滞在客のみレンタルとはさらにガッカリでございます。
c0008948_1643495.jpg

                               なにやら謂れがある高街鬼屋
     
c0008948_15374496.jpg

香港魂さんのガイドで、地下鉄四營盤を出て東邊街に出てそこでル-トを離れて南へ皇后大道西
    が交わる西角にある(阿信579)で香港バ-ジョンチーズ豚骨ラ-メン
にお会いできるのやら、期待は盛り上がるね しかしもかかし結果は行けど切ない香港チーズ豚骨
本州豚骨ラ-メンの袋に(阿信579)のロゴこれは限定品でしょうか、大人だからこれで満足(ウマイ)
c0008948_16291100.jpg

                                植民地時代のポストが健在
c0008948_16344591.jpg

                            男浴室 こちらも植民地時代の名残
c0008948_17283973.jpg

               海から立ち上がってビクトリアピ-クに至る香港 見下ろして海
c0008948_173157.jpg

               ここで昼飲みしたが、観光客が冷やかしで入るには敷居が高そう
c0008948_17323545.jpg

                地元の方に何撮ってんだよと、注意されそうな裏町が好きだ

 6に続く 

by takigoyama | 2015-12-15 17:35 | Trackback | Comments(0)

Xmas本番前の香港散歩:4

c0008948_1494552.jpg

お昼は名都酒桜で飲茶 ワゴンで客席を回る、蒸し器を開けて実物を眼で選べるシステムやバイキング形式
                              のようなスタイルも気楽でイイ
  ボカシを入れていますが、高尾山を歩く方にはトレードマークの帽子で解ってしまいますね
c0008948_14263079.jpg

7人掛けの座席なのに、6人の場合の居心地の悪さてあるよね、立っていても座っていてもネお尻形状なら
一人一つお尻 車両を隔てるドアはなく座席は劣化しないステンレス、子供の優先席絵記号もオシャレだな
c0008948_1440064.jpg

後姿の三者を狙ってフォ-カスして、キンピカピンのホテルに戻り一休み後はガ-ルズストリートへ
c0008948_145277.jpg

お金持ちさんイラシャイ充満するブランドストリ-トより、亀有育ちはこちらがシックリするね
c0008948_1564824.jpg

ワンプライスが当たり前の関東人は、値切る文化ないよ、妻はヒスイらしき指輪を値段交渉一つでいくら
120香港ドル、それでT氏が口を挟んで二つだと100ドルそれじゃと二つの単語ネクストストア-
           と捨てゼリフで吐けば80ドルのプライスダウンでめでたくお買い上げ
c0008948_15293183.jpg

チェキは富士写真写るんですの紙焼きできる進化形(・・? なのフイルムカメラ時代はプリントをしてい
   たけれどデジカメ画像は撮るだけでパソコンに保存するだけで印刷はしなくなりました。
c0008948_17144619.jpg

c0008948_17515791.jpg

          女性陣はドラックストア-で物色中 待ち人のカメラが反応する 風景
c0008948_7282049.jpg

                         夕食は竹園海鮮飯店で上海カニを初喰い
c0008948_7353826.jpg

香港旅行の主メンバ-がキャンセルになりまして、enさんご夫婦がT家の専属ツァ-デレクタ-で
同行していただけるなんて、いつもありがとうございます。2人だと限られる品目も4名だとうまい
                                具合にシェアできてイイネ
c0008948_751848.jpg

                      ヴィトンさんのおかげで生活ができました。多謝
c0008948_803586.jpg

      街のチラチラとうより夜間の電力使用過多の香港 ホテルの裏はマカオ行きフェリ-乗り場

    5に続く

    
 

by takigoyama | 2015-12-15 08:04 | Trackback | Comments(0)

Xmas本番前の香港散歩:3

中環半山自動扶梯を降りると植民地時代の建物が並ぶ荷李活動(ハリウッドホ-ド)は骨董店街
ウインドウにリックや登山靴を飾ったアウトドアのショップを覗いて坂道をゆらり上下して文武廟へ向かう
c0008948_1021816.jpg

街もエネルギツシュなら、水木しげるさんのお化けになりそうな、ガジュマルも問答無用なやりたい放題
c0008948_10104058.jpg

                                   新旧が同居する香港
c0008948_10201656.jpg
 
                                        文武廟
c0008948_1152138.jpg

                  樓梯街降りると皇后大道中 標識完備でわかりやすい街
c0008948_11273562.jpg

          漢字の国から来た観光客はその名の通りで納得でございます。(砲弾芋)
c0008948_11403735.jpg

                         これも都市景観の一つ 広告密度が高い
c0008948_1154443.jpg

バスからトラム動く広告が行き交う 高層ビルはレゴ積み上げてを作ったよう 低層の足場に竹を使用
c0008948_12161033.jpg

c0008948_12103343.jpg

         タクシ-も観光バスもラッピング おやこんなところで紀香さんご活躍ですね
c0008948_12122165.jpg

  4に続く

by takigoyama | 2015-12-14 12:13 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)