<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

標高差1000m越えのロングどこまで歩けるのやら:1

助けてコ-ルは山梨県警それとも埼玉県警に、いやいや都県界尾根の奥多摩は青梅警察署が縄張でしょう
  コ-スは登り尾根~堂所~七つ石小屋~千本ツツジ~指赤尾山~尾平山~高修寺~深山橋
c0008948_14374824.jpg

ツェルト、無線 レスキュ-シ-ト 非常食はほとんどなし おまけに体力も無く 遭難予備軍みたいですね
あるのは、遭難しないという根拠の無い自信だけ プチイベント会場のようなバス停で登山届けを出してスタ-ト
c0008948_21304569.jpg

留浦バス停を過ぎると、これより山梨県に入りますとアナンスが流れる。鴨沢は山梨県北都留郡丹波山村
                                丹波山村のマンホ-にル描かれている岩ツツジてなに
c0008948_17152787.jpg

東京都水道局標石
c0008948_16454513.jpg

yuiさんの標識に会うのは大仁田山以来 お互いボロボロになったけどお元気そうで何よりです。何アンタは世間
の雨風に打たれているのかい、知った風な口を聞くんじゃないよ、アンタはただ年を食ってボロボロになっただけ~
      じゃないのか、おしゃる通りたいした物語も無く馬齢を重ねてきました。
c0008948_17221142.jpg

                                             登り尾根はキノコの森だった
c0008948_17235322.jpg

c0008948_1724879.jpg

       今日はキノコにお詳しいokさんとご一緒でないのが残念 判るのがのジゴボウとタマゴダケ
c0008948_17291726.jpg

c0008948_173165.jpg

c0008948_17333490.jpg

                                          コチラは地獄への招待状でしょうか
c0008948_17442024.jpg

10数年前に、片倉谷を上って堂所から小袖尾根の下りしな二重山稜の向こうに見た小屋はTKWVふみあと山荘 
c0008948_1805062.jpg

by takigoyama | 2015-09-30 18:03 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

標高差1000m越えのロングどこまで歩けるのやら:2

c0008948_162647100.jpg

片倉谷ルートは下っちゃダメダメの×マークこちらは昼飯後もお仕事が残っているのに雲取泊まりの若者が軽やかに
下ってくる。今から帰っても駅前の飲み屋は暖簾を下げているのか余計なお世話も言いたくなるね中高年後450m      
登らないと優しい道にはなりません 宮内本にある小広い博打場跡を過ぎてユルユルと登る。見覚えがある
小屋主si氏がキャタピラのついた車で登ってきた時にお見かけしたのは20年前か今は代替わりしていた。
c0008948_1645163.jpg

   堂所先で見かけたお父さんと小学生の山ガ-ルここでテント伯のようだ明日富が士見えええばイイネ
c0008948_1602661.jpg

                               水場のキツリフネ お持ち帰りしたいようなロ-ケション
c0008948_1683067.jpg

        これから先は、峰谷渓流釣り場の売店でビ-ルを仕入れてバスを待つ算段で、急ぎましょう
c0008948_16334614.jpg

                                                       命名ワラビヶ原
c0008948_165297.jpg

                   千本ツツジ下に東京都水源巡視路に、標識が田島勝太郎ワールドに誘う
c0008948_171007.jpg

  ここにもモノレ-ルが施設されている乗っていかないと親切な人は、いないね そうか今日はお休みね
c0008948_17202741.jpg

                                              時間切れで、尾根通しを断念
c0008948_17223785.jpg

                                                   手入れがされた杉林
c0008948_1725695.jpg

赤指尾根を峰谷に下るは林道歩きが長い 登りはもっとイジメテがお好きな方にお勧め 9月22日歩く

by takigoyama | 2015-09-29 17:05 | Trackback | Comments(0)

牧水 酒のうた 7

c0008948_15521311.jpg

2016年高尾山花名さがし写真展(4月13日~17日)出品用に秋花を準備中 キレイな花やオヤオヤ花は
                                    通わないと撮れないから身近な花で何とかしたい

by takigoyama | 2015-09-24 15:57 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

栂峠のお地蔵さんに真剣交際そして、おまけは新三郎:2

c0008948_1032777.jpg

  新三郎の鞍部までは、広い尾根でガスでルートは判別できない 帰りのマ-クをつけて登る
c0008948_1247375.jpg

                                シャクナゲが出てくると道型がはっきりする
c0008948_1354511.jpg

                 晴れていれば南に御座山や金峰山方面が見られるが、展望はなし
c0008948_1405894.jpg

                         撮影範囲56キロm レンズ28ミリ 紅葉 カシミ-ルで作る
c0008948_1354515.jpg

                                                   来た道を戻る
c0008948_14441567.jpg

             「つげ義春」の作品に出てくるご婦人がここに現れたら多勢でも、固まりそうな峠
c0008948_141874.jpg

                                     追い剝ぎや行路病者が似合いそうな道
c0008948_1455324.jpg

                                                    ミヤマニガウリ
c0008948_18105133.jpg

                                            サラシナショウマが咲く林道
c0008948_18121720.jpg

                                                         ゴマナ
c0008948_18124139.jpg

                    明るい内にバスが待つスタ-ト地点に戻れてメデタシ 9月12日歩く

by takigoyama | 2015-09-19 19:42 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

牧水 酒のうた 7

c0008948_16321234.jpg

今朝来た新聞に入っていたチラシの中から「はま寿司」で昼飯はさんま しめ鯖 中トロで一杯 
  串カツ田中 SUBWAY てんや くら寿司 マクドナルド かつや BigBoyと外食産業は大賑わい

by takigoyama | 2015-09-18 16:32 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

栂峠のお地蔵さんに真剣交際そして、おまけは新三郎:1

8月22日高社山に続き今回も新ハイむさしの支部本部合同山行に参加して群馬と長野の県境歩きです。
東京湾沖を震源とした地震で新座附近で20分ほど停車しましたが、集合時間には余裕で間に合う集合場所の
    武蔵野線東所沢にイイネポチを進呈しましょう。本庄児玉で降りて神流川沿いの細道を十石街道
  や西上州やまびこ街道さらに武州街道と名を代えてたどり着いた妙義荒船佐久高原国定公園十石峠
      (1351m)と長い名称の標識脇から山道に入り先ずは1631nに建つ電波塔を目指します。
c0008948_12435720.jpg

                                   一部は青空が見えても展望は獲られない
c0008948_14252771.jpg

今日はどんな花がみれるのでしょうかカメバノヒキオコシにヤマハッカ、それじゃ当たり前かアサマヒゴタイ?
c0008948_1342234.jpg

四方原山栂峠の標識が立つ(電波塔)尾根道は林道に沿っている。ここから展望山への道分けて県境尾根進む
c0008948_1330597.jpg

                               ここらは腹をすかした鹿はいないのかな シロヨメナ群落
c0008948_15225717.jpg

                          1626m峰 12:09 新三郎まで行けるのかとチョイ心配な時間
c0008948_15481789.jpg

            何年前の標識でしょうかカ-ブミ-ラ-やカ-ドレ-ルがところどころに散見する廃林道
c0008948_1661584.jpg

c0008948_16421375.jpg
 
c0008948_14375491.jpg

北相木村三寸木に向かう道は峠の雰囲気はあるが、尾根道が分断された林道を詰めただけで峠を越した
                                                     感慨はありません
c0008948_1634118.jpg
                
峠は下ばえにカラマツやシラカバの林だが、高原的なスロ-プの彼方には、八ガ岳から蓼科山が望まれて明るい
笹むらには石地蔵が一基淋しくおかれている 峠をめぐる山旅 朋文堂 昭和39年11月 東京オリンピックの年ね
c0008948_17173727.jpg

  2に続く
                                  







  

by takigoyama | 2015-09-17 17:42 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

信州中野市:高社山

東所沢からバスに乗って4時間ほどで登山口についた、ストレッチをして歩き出したのは11時近く 今日中に帰る
のかなと一抹の不安がよぎります。コ-スタイムは4時間を6時間で歩いて下山口のゲレンデは休憩込みで17:00
ごろかなリ-ダ-はTYA(低山藪山歩き)でご一緒した小生より20歳年上で昭和22年の丹沢が山デビュ-の
           yaさん本部山行は年に数回で、いつもは話し相手も無くてしょんぼりしているだけに心強い
c0008948_14245830.jpg


あらら画像がゆがんでいますね 旧中野市中山晋平記念館の両脇に五線譜と音符、旧市の花シャクヤク
   市の木リンゴ、旧市のシンボルチョウゲンボウ、市章が描かれた公共下水道マンホールの蓋
十三崖の長元坊(中西悟道)に詳しい 夜間瀬川の河岸段丘に営巣していた時代から今では都市鳥みたいに
 武蔵野線江戸川橋梁に営巣するようになったチョウゲンボウ ここならカラスに襲われる心配も無く風雨で
                      巣が壊れるリスクもない強固なコロニ-みたい
c0008948_14334835.jpg

                                                         ミヤマウズラ
c0008948_15153451.jpg

c0008948_1516985.png

山が仏像と修験道道場のテ-マパ-クのような、谷厳寺裏を登りだして洗われた金ピカの阿弥陀如来
c0008948_15351677.jpg

                                                普賢菩薩の次は地蔵菩薩
c0008948_15441518.jpg

                                                     線刻ばかりですね
c0008948_172391.jpg

                                                          薬師如来
c0008948_12563625.jpg

                       ロケ-ションはまずまずだけど、偏差値の低い画像だね ママコナ
c0008948_13235019.jpg

                                                         ミヤマウズラ
c0008948_13301784.jpg

  同結場13:20 遅い昼飯を摂る ここが山頂と糠喜びしていた方もいたがまだ300mを登らないとね
c0008948_9441233.jpg

                                                           八幡宮
c0008948_934786.jpg

                                              ヒカリゴケが輝く奥社の石室
c0008948_9562933.jpg

                                 小ぶりのブラックチェリ-みたいなウワミズザクラ
c0008948_1031741.jpg

                                                     果実酒よさそうに
c0008948_1044454.jpg

                                                            ブナ林
c0008948_1053781.jpg

                                                           ホツツジ
c0008948_1064213.jpg

                                                             リョウブ
c0008948_1081531.jpg

          頚城 北アルプスの展望は霧の中 あとは「よませスキ-場」に下るだけ  8月22日歩く






                                   

by takigoyama | 2015-09-09 10:11 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

咲いてくれてありがとう

なぜにここで咲いたのか、センニンソウは液果じゃないから鳥が運んでいで来たわけじゃないフワリワワリと飛んで
我が家を選んで着地したのか、はたまたどこかで、種をいただいて播いたのが、咲いたのか記憶にはない
c0008948_1437483.jpg

                     甘い香りがあります。花だけでボタンヅルとの違いは見分けられのやら

by takigoyama | 2015-09-04 14:39 | 自然 | Trackback | Comments(0)