<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ふらりふらりと街歩き西日暮里-秋葉原

3月2日街歩きの下見で西日暮里-谷中銀座-根津神社までの時間読みと上野公園散策を兼ねてお散歩
c0008948_2035598.jpg

                                          昭和レトロ臭が残る初音小路
c0008948_20225393.jpg

                                                     朝倉彫塑館
c0008948_8132650.jpg

                                                    観音寺築地塀
c0008948_814774.jpg

                                                   谷中銀座越後屋
西日暮里駅-西日暮里公園-諏訪神社-淨光寺-諏訪台通り-経王寺-朝倉彫塑館-観音寺-蛍坂-岡倉天心記念公園
      七面坂-夕焼けだんだん    9:56-10:58                                 
c0008948_9443116.jpg

                                                        森鴎外記念館
c0008948_9461875.jpg

                                                        夏目漱石旧居跡
c0008948_947033.jpg

                                                    日本聖公会 テモテ教会
c0008948_1121133.jpg
  
                                                             根津教会 
c0008948_11222942.jpg
 
                                                             善光寺坂
c0008948_11535897.jpg
              
                                                              清水坂
よみせ通り-いせ辰-団子坂下(杏花楼)-藪下通り-森鴎外記念館-解剖坂-夏目漱石旧居跡-テモテ教会
東大地震研究所-根津神社-根津教会-言問通り-善光寺坂-三段坂-清水坂 11:10(食事35分)-14:05
c0008948_1243099.jpg

                                                      上野公園内 五重塔
c0008948_125046.jpg

                                                               東照宮
c0008948_1213147.jpg

                                                       因州池田屋敷表門
c0008948_12134876.jpg

                                                        博物館動物園駅跡
c0008948_12145577.jpg

                                                    旧東京音楽学校奏楽堂
c0008948_12221263.jpg

                                                              正門
c0008948_12303992.jpg

                                                            湯島天神
c0008948_12312452.jpg

                                                           几号水準点
c0008948_1232164.jpg

                                                       麟祥院 春日局 墓
c0008948_1235996.jpg

                                                          本郷中央教会
c0008948_12462542.jpg

マイブ-ムは親柱の四隅に竣工年月日 河川名 漢字と平仮名は濁らないように(はし)彫られた橋名板

橋名板の多くは道路起点側から見て左側に「漢字表記の橋名」右側に「交差する河川などの地物名」が、終点側から見て左側に「ひらがな表記の橋名」右側に「竣工年月」が掲示されるまた、このひらがな表記については濁点を抜いて記される例が少なくないが、これは「水が濁らないように」との願いから慣習的に行なわれてきたもので現在では標準仕様書などにそれを定める。wikpedia 日本橋に架かる昭和58年竣工の俎橋では
          靖国通り神田川側から見て左親柱は 俎橋と竣工年月日 右はまないたばしと濁っている。
                                     真鍮を削り出した、美文字に職人技を見るようだ
c0008948_13385162.jpg

                                                             秋葉原駅
c0008948_14192082.jpg

上野公園-広小路-春日通り-本郷教会-傘谷坂-外堀通り-湯島聖堂-昌平橋-秋葉原駅14:22-16:55
                     本日も無駄にスクロ-ル                  2月25日歩く

by takigoyama | 2015-02-27 20:00 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

優先順位は中華街で一杯でしょうその前にCP+

「高尾山の花名探し」高尾山おもしろ百科」に次ぐ自主出版「かたこと英語でスイスに行こう」第三弾が待たれる。
アハハ早速電子ブックで無料公開されましたねかたこと英語でスイスへ行こう
c0008948_1614672.jpg

の著者であり昨年6月末から7月にスイスでお世話になった、neさんの誘いで一般入場より一足早く入れる
プレミアチケットでカメラと写真影像の祭典 シ-ピ-プラス2015会場パシフィコ横浜へ出かける。
お目当てはコチラSIGMA dp2 Quattro
c0008948_1524262.jpg

c0008948_15581298.jpg

c0008948_1621070.jpg

c0008948_1623235.jpg

 
c0008948_1623651.jpg
 
中華街に向かう道すがらに見える赤レンガ倉庫 横浜税関 などの歴史的建造物(山下臨港プロムナ-ド) 
c0008948_16251968.jpg

c0008948_16253346.jpg
                                                                新港橋
c0008948_16291826.jpg

                                                          2月12日歩く
 
        






 

          

by takigoyama | 2015-02-17 15:37 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

几号水準点と道三堀のさくらに橋と坂:2

c0008948_1525420.jpg

桜田通りに建つレンガ造りの旧法務省本館道路を挟んだ隣は警視庁 張りこんでいても杉下右京はでてきません 寅さんのおじさん役は森川信 鬼平犯科帳相模の彦十は江戸猫八 警視庁特命係亀山は寺脇康文でしょ 桜田門を潜り大手門より東御苑へ 二の丸と本丸をつなぐ (汐見坂) ここも富士見坂 暗闇坂と同じく名前を残すだけで
                                                  海は見えません
c0008948_154656100.jpg

天守台石垣に穿たれた几号水準点  北桔橋御門を抜けて内堀通りにでると徒党を組んで傍若無人に押し寄せる
   皇居ランに体当たりされる一幕もあり休日は、内堀通りを歩くのは避けるのが賢明かもね
c0008948_16221075.jpg

          竹橋几号水準点 毎日旅行あるぺん号 集合場所はここだったのか暗くてわからなかった
c0008948_16272677.jpg

御堀を横切りまっすぐ西に向かったところが道三堀の先端だ 堀の根元は御城の和田倉堀である
道三堀のさくら 山本一力  和田倉濠の向かいに見えるのは東京銀行協会ビル
c0008948_1652622.jpg

appカンパニ-江戸明治東京重ね地図
c0008948_1716551.jpg

主人公水売り龍太郎は銭瓶橋袂から吐き出す余水を汲んで、一石橋-永代橋-中之橋たもとから佐賀長町に入った
c0008948_1433741.jpg

                        そのル-トを追って和田堀-道三堀跡-永代通りー仙台堀川と辿る。
c0008948_10415284.jpg

                           道三堀跡 大手町野村ビルと信大手町ビルヂング本館の間
c0008948_10503674.jpg

一石橋迷子石と几号水準点
c0008948_11101650.jpg

                                                  常盤橋 一石橋 親柱
c0008948_11522764.jpg

創業1566年西川ふとん周囲には にんべん(鰹節)木屋(刃物) 榮太樓(和菓子) とよだ(日本料理) 
八木長(鰹節)神茂(練り物)山本山(海苔:銘茶)     切り絵図に載っている老舗が数多い
c0008948_1311141.jpg

湊橋から日本橋河口に架かるハシゴを横-倒しにしたような意匠の豊海橋 
c0008948_13192624.jpg

                           こデザインなら隅田川を航行する船から現時点がわかりやすい
c0008948_1328143.jpg

道三堀のさくら(山本一力) 主人公水売り龍太郎は永代橋をくぐり中之橋のたもとから佐賀町に入っているが
              隅田川テラス沿いを歩いて二つ先に架かる。清洲橋を渡って戻り形で佐賀町に入る。
c0008948_13361282.jpg

仙台堀川は清澄排水場で遮らて、上之橋に親柱が残るだけ、大島川西支川と交わる清川橋より芭蕉俳句の
句碑が並ぶ遊歩道を亀久橋へ向かう芭蕉俳句の散歩道
c0008948_14333397.jpg

                                                             海辺橋
c0008948_14392468.jpg

亀久橋の近く、冬木町の俗にいう(寺裏)小さなお稲荷さんがある。 宮部みゆき 初ものがたり(白魚の涙)
冬木弁財天-小名木川に架かる東深川橋-西深川橋-清澄通り-干鰮場跡-清澄白河駅へ 2月11日歩く



                                           





                     

 

by takigoyama | 2015-02-16 15:06 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

几号水準点と道三堀のさくらに橋と坂:1

九段下をスタ-トして日本橋川に架かる。俎橋 宝田橋 南堀留橋 雉子橋を撮影して靖国通りを西へ進む
c0008948_21897.jpg

                                  頭上を覆う首都高五号池袋線で、親柱も台無し
c0008948_21212599.jpg

 九段会館 
c0008948_21405578.jpg
 
几号水準点
  高層建築がない時代く(九段坂上標高25m)立つ常燈台は海からも見えるランドマ-クだったのでしょう
c0008948_23424332.jpg

常燈明台 東京五千分の1(明治16年測量)地図 九段坂(九)の上が燈台記号 昭和5年の改築工事で道路の
           反対側の移築されている。文明開化が色濃く洋と和と混じったような意匠(明治4年完成)

c0008948_2159171.jpg
 
                靖国神社 几号水準点は拝殿に向かって左の燈篭台座に刻まれている。
c0008948_22102077.jpg
 
靖国神社南門信号を左に折れて大妻通りに入る。東京家政学院前に立つ標柱御厩谷坂寄り道をスポットがありませんと、古地図が示している。御城が至近にありながら石高が少ない小藩が数家と武家地では上屋敷跡なら敷地は姿を変えて官庁 大学 大使館などの広大の敷地で往時を留めているだろうが、寺社も無く足早に通り過ぎる。 
御厩谷をはさんで向かい合った二つの坂を同時に言ったのである。それがいつの間にか坂という字をつけるように
  なった。 江戸の坂東京の坂 横関英一 下って登り返したが勾配が緩くて坂道を歩いたとは感じはしない
c0008948_9452649.jpg

永井坂 一番町交差点から麹町一丁目と二丁目の間を上がる坂です。昔この坂道を挟んでほぼ向き合って
永井セイの武家屋敷がありました。このことから永井坂の名が起きたといわれています。 千代田観光協会
                                         江戸明治東京重ね地図 appカンパニ-
c0008948_17154257.jpg

国際劇場通り-憲政会館-(日本水準点標庫)-桜田門の計画でしたが道を外れて前加藤清正邸跡は後に
井伊掃部邸跡を経て、陸地測量部と変わりその縁の地にNo丁一等水準点が埋標されいた-現国会前庭庭園
c0008948_1802643.jpg

                                             日本水準原点標庫
c0008948_22451953.jpg


                                                         2月11日歩く


                           





               


                                                    

by takigoyama | 2015-02-14 21:08 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

フェンスの縁を歩く 山王峠-柏木山-朝日山

またまたまたと3回目の飯能の山歩き、8:51名郷行きで石原橋でバスを降りて県道221号線原市場-下成木線
を里山風景を見ながら山王峠に向かう チェ-ンを跨いで旧道に入り「無断で榊の切り出し禁止地主」看板から
取り付く 足元には刈られた「榊」が散乱している。07年2月に下赤工に下った時と同じく雨乞塚に標識はない
c0008948_1621327.jpg

奥秩父63号線脇を通りぬけるとゴルフ場のフェンス沿いに歩き、刈生から上がっきた車道と出会う
c0008948_15462348.jpg

c0008948_1630826.jpg

    ゴルフクラブ正面から取り付くガイドを見過ごし、てさらにフェンス沿いに進んで尾根に付いた。
c0008948_15542676.jpg

いけど行けどもフェンス 植林で展望も楽しめない 榎坂林道に降りてもゴルフ場のフェンス沿いを歩く
c0008948_15583532.jpg

飯能市最高峰の柏木山は景観を得るために伐採されたのか、東から南西方面が望める。 ここからは整備されて
                                                標識も一気に増えて公園風
c0008948_16214638.jpg



c0008948_1622063.jpg

                 
c0008948_1650110.jpg
                    六本の道が合する赤根ケ峠一本は、山を切り崩した工場に飲み込まれて行く 
c0008948_16454288.jpg

c0008948_1705282.jpg

配水場に降りて山歩きは終わり工場団地用に作られた道路を歩き、公園化した朝日山三角点を確認する。
c0008948_1793592.jpg

                                                          2月4日歩く

 
 

   


            

                                                        

by takigoyama | 2015-02-10 16:18 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

飯能市鉄塔奥秩父線を繞る。山歩き

山歩きに使う路線では西武線は中央線、青梅線に比べて山に行く行くとやや尖った高揚感が感じられず、チョコット
そこいらの山を歩かせていただきますと、控えめ目な空気が流れていて好きですね、秋津駅(もつ家)で飲む
もよしJR新秋津までわずか五分間の道すがらにある。惣菜屋の大皿に盛られた煮つけやブランド物中古衣料
 千代田すし coco壱番屋メニュ-などを目で追いながら入ろうか買おうかと、つまらぬ逡巡もまた楽しい
今日もボケて計画より1時間前に飯能駅についてしまったのは 構内にあるミスタ-ドナッツで時間調整したい   
c0008948_13395355.jpg

                                               意識があったのかもしれない
ボケてもいいじゃないか南口であきる野市の越境蓋に会えたのだもの 市の鳥ウグイスと市の花ツツジをデザイン
した飯能市マンホ-ル 右秋川を泳ぐアユを描く(あきる野市の文字が無い)
c0008948_14271870.jpg

                                鉄ちゃんでは無いけれど短い線と飯能駅を一枚押さえる
c0008948_1441619.jpg

                     西川材と絹織り物で栄えた時代を偲ぶ、古い建物が飯能駅周辺に残る
c0008948_14493038.jpg

                                                  木造三階建 うなぎ 畑屋
c0008948_15141242.jpg

建て替えない力 そんなものはあるかは知りませんが 外装や玄関まわりのタイルを見ると残っていてほしい
c0008948_14511248.jpg

  屋根にシャチホコが乗っている織物組合を見学して  名郷行きバスに向かおう
c0008948_15304751.jpg

                             校庭を走る君は見当たらず残念そうだね今日は日曜か
c0008948_162459.jpg

                                  250m圏鉄塔 57号わずかに 周助山方面が望める
c0008948_918257.jpg

                                     55-56号巡視路ポ-ルを見送った先のご神木
c0008948_9433218.jpg

             ものがたり奥武蔵 地図にある柳島峠に気づかずにに取り過ぎた、切り通しの中ノ坂
c0008948_9592286.jpg

                           奥秩父線55号を過ぎて潰れた屋根と 新しい祠がある龍谷山
c0008948_1035724.jpg

                                          工事中の50号鉄塔脇を下って天神峠
c0008948_1082911.jpg

林道に上がりってノボット 周助山とカ-ブミラ-から下り 展望が無い緩やかな道を淡々と下る。
c0008948_10194695.jpg

    勝負運にあやかろうと森の石松の墓石を削るようにい 欠けた三角点はなんのご利益があるのやら
c0008948_10281225.jpg

ノボット西方 410m圏に周助山と(ここは周助山ではありません)と2つ標識があった。戻って鞍掛峠に下る。
c0008948_1031524.jpg

                私有地につき立入禁止の脇に取っ掛かりがあるガレをよじ登り中藤尾根を東へ
c0008948_10421139.jpg

                                                通りすぎてしまいそうな標識
c0008948_10435341.jpg

                                                              金亀石
c0008948_1172112.jpg

                      倒れていた標識を、枯れ木をかませて正しい方向に向けて東へ向かう
c0008948_11122248.jpg

                   登山道脇には1m足らずのこんもりした堂西山にも(高山)と同じ手製の標識
c0008948_1121365.jpg

 奥秩父66号を過ぎて、栗林脇を降りて車道に出ると一杯やる間もなく飯能駅バスが来る。1月28日歩く



続く





  

by takigoyama | 2015-02-03 13:13 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

奥武蔵というより南高麗の大仁田山

東京都青梅市小沢峠側から歩いて飯能に抜けるコ-スだと一日の山としてはソコソコの歩きになっても埼玉-埼玉
では半日コ-スと物足りないお散歩コ-スです。昨年11月25日12:20間野黒指行きバスは「ヤマノススメ」
ラッピングバスだったが、8:35発は殺風景な大型車両でした。国際興業さんのおかげで弁天前で歩けるだけで
c0008948_12263739.jpg

                                    も感謝ですよ、僅か6人乗せただけで運行だもの
c0008948_12402178.jpg

中森明菜が恋も二度目なら少しは上手く行くて言われても 山の二度目は答えが分かるだけに新鮮味が無いね 
                 そんなわけで「芙蓉の滝」も「おしゃもじ様」も2度目だけに軽く流して山道を行く
c0008948_1319121.jpg

  トップはTと二回り違いの大先輩Kさん 下りは靴底に目があるのか的確に踏みどころを捉えて速い速い
c0008948_151357.jpg

                                   ガイド記事に「イヌスグリ」とあるタブノキ(イヌグス)
c0008948_13273132.jpg

       世の中は3日見ぬ間の桜かな山も11月にはなかった標識や不気味な仏像写真になんだかな
c0008948_14482015.jpg

c0008948_14543415.jpg

         人と車が出会うのはまれな、東電専用道路でシャッタ-チャンス恵まれたのもチョイ嬉しい
c0008948_15194221.jpg

                     変電所フェンス沿いに回りこんで大岳山方面が望めるポイントで一休み
c0008948_15232439.jpg

    前回はガイドでNo21鉄塔脇から少し下って記事にあると惑った(ただしくは49号)もスイスイと通過
c0008948_15462826.jpg

これも山遊びなの顕著なピ-クでもないに一角に(仮称唐竹の峰)やら立木に括られた仏像写真に嫌悪感が残る。
c0008948_17134771.jpg

←黒指を示す大正十三年 青年団建立石標前に お気に入りのボブソンズ(帽子)を11月25日に置き忘れた雨が
                         上がった27日に石原橋から登って無事に回収した時は嬉しかった
c0008948_17293723.jpg
 
平坦で小広く休憩には最適とガイドにあるが、お昼にするのには、いぼとり地蔵先にある。鉄塔が唯一の場所でしょ
c0008948_1011054.jpg

いぼとり地蔵 子供の頃に手足によく出来ましたね、痒み痛みはなくても気になってダジャレ系ネ-ミング系魁の
「イボコロリ」を塗っていました。今では用途がわかりやい(のどぬ-る)痢止めの「ピタット」おなかのハリには
ドラックスト-で声に出して買うには恥ずかしい「ガスピタン」などキャツチコピ-風のネ-ミングが増えました。
c0008948_1163819.jpg

                                      長居をしたくなるポカポカ陽気が、ありがたい
c0008948_11181617.jpg

c0008948_11184257.jpg

02年設置Yuiさんの時経て凄みさえ漂う大仁田山と、赤沢登山口の新しい標識 後はバス時間を調整しながら
                                           赤沢バス停に下るだけ 1月26日歩く 






 
 





 

by takigoyama | 2015-02-01 12:29 | ハイキング | Trackback | Comments(0)