<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

墓参と家紋

着物を着たのは数回でそもそも紋服は、持っていないので着たことがありまえん 家紋を意識するのは、結婚と葬式
                                         ぐらいで自家の家紋そのものも忘れがち
c0008948_9533516.jpg

                        岩井家 家紋 丸に3階松 松の家紋は菊・銀杏・葵・笹と同じく多い
武士が登城するときに着た紋服は今なら、校章入りの学生服や学帽で通学する生徒に受け継がれているような
家紋も校章も個人情報を晒しているようなもので、悪さをすればあの家紋はどこぞこの家の者だ、あの校章は
                                               ナントカ学校とバレでしまいます。
             オモダカだけでも、デザインは50~60あって紋章上絵師の仕事ぶりにあんぐりします。
c0008948_15193147.jpg

                墓参を済ませて市川猿之助と市川中車(香川照之)襲名披露へ 三郷市文化会館
c0008948_14561510.jpg

          その手があるのなら、季節事に紋を代えて持ち物に、目立たないように紋シ-ルを貼るか 
c0008948_1674918.jpg

                                        丸に揚羽蝶のバリエ-ション(名前は不明)
c0008948_16185935.jpg

         厚木市(市章)入り蓋 墓と飲み屋は近いほどいいね(それでも2時間30分) 9月25日歩く

       
                                                          

by takigoyama | 2014-09-26 10:03 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

キンミヤ焼酎と自家製もつ煮込みで一杯

考えることと言、えば毎日なにを肴して飲むかとそればかり、「ABS卸売りセンタ-」でキンミヤ焼酎の一升瓶と
                       ご対面、飲みセンサ-瞬時に反応して、黒と白のホッピ-をお買い上げ
                                       
c0008948_8285860.jpg
ロゴは亀甲に宮 別名キッコ-ミヤ
c0008948_8291046.jpg

先ずは、もつのフワフワした余分の脂肪を取り除き、しょうがろ玉ネギのみじん切りを加えて茹でこぼしを3回
根菜を加えると「もつ」というより煮物みたいで入れません 具は千切ったコンニャクと欠かせない豆腐 
沸騰したら、火を止めて保温でモツがやわらかくなるまで、繰り返す 、作った当時に食べるより翌日のほうが
味は染みこんで、さらに柔らかくなってオイシイ 味付けは味噌9醤油1 みりん 本人のお好み次第で 
c0008948_843331.jpg

                    七味が切れていたので黒七味にしたけど、真っ赤になるほどの一味がベスト
c0008948_856829.jpg

  冷凍室に入れた冷やしたグラスにシャベ-トにした焼酎、と冷やした黒ホッピ-でスリ-キンキン
トイレに行っても手を洗わない、ゴキブリがペットかと想像してしまうよな、あのお店(個人の感想です)
あのキタナサや猥雑、立ち飲みがうまさを引き立ているかもね 大五郎・白ホツピ-→キンミヤ・黒での家飲みで
                                             はやや上品過ぎていまいちでした。
                                                    
                                  

by takigoyama | 2014-09-26 08:27 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

秩父巡礼道の棚田~植物観察会~

       お花もいけどね 西武池袋線ならここだね もつは豆腐多めにホッピ-で750円なり
                               焼酎追加(大五郎)は業界用語で「中」150円
c0008948_20572596.jpg

5分ほどのJR武蔵野線:新秋津~西武池袋線秋津が楽しいロ-トンヌ 4ヶほどで2000円うまいけどねお高い
c0008948_21174787.jpg

何時もこお店だけどパスして駅近くで、ロ-トンヌに喧嘩を売るような、菓子工房「モカモロ」の店が開いていた
c0008948_21181369.jpg

ショ-トケ-キはそれなりのお値段でそれなりの味だったが、塩シュ-はうまい 多分ロ-トンヌは作らないだろう
                                     多分庶民的な菓子はよそ様におまかせみたいな
c0008948_2129539.jpg

                   東京チカラめしがラ-メンに代わっていた。この5分ほどの道のりが楽しい
c0008948_220568.jpg

                 コセンダングサ ほとんど舌状花はありません  センダングサ 舌状花は黄色
c0008948_2264949.jpg

ニワウルシ 名前は知っていたが、蚕の餌に植えられていたとか 専門家の話は勉強になります。
c0008948_22124580.jpg

                                                              イイギリ
c0008948_22271732.jpg

                                                            ボンドクタデ
c0008948_222994.jpg

   西武秩父駅の電車は、巾着田の彼岸花と札所丑年総開帳鉄道ハイキングのイベントが重なり超満員
c0008948_2236203.jpg

                    妖怪ウォツチはわかりませんがこちらのラッピング電車が楽しませてくれる。
c0008948_2240871.jpg

c0008948_903264.jpg

    稲穂、マンジュシャゲ、棚田、武甲山と写欲をそそるアイテムが揃っています。あとはアナタの腕次第
c0008948_91177.jpg

c0008948_912899.jpg

                                高齢化した、地主が田んぼを貸し出して保全されている。
c0008948_93275.jpg

江戸時代(享保1770)に中国より薬草として入ってきた、ツルドクダミ(カシュウ)タデ科 シオデ科シオデ属の
               山何首烏(ヤマカショウ)とどんな関係なのでしょうか、似ているのツル性と葉の形
*********************************************
c0008948_1265935.jpg

埼玉県マンホ-ル蓋学会:支部長としてのお仕事
図案は町の鳥「カワセミ」 町の木「モミジ」 町の花「チチブイワザクラ」昭和32年に発見されたこの花を見た町民が
いるのやら 埼玉県横瀬町 親子蓋 蓋に描かれた正六角形の文様は 世界でも普通に見られる。亀甲
c0008948_12531959.jpg

c0008948_12534124.jpg

c0008948_1255576.jpg

NTTの蓋のタイリングは卍つなぎ 家紋はお墓意外にも現代のデザインとして、街中でも多く見られそう
c0008948_1313317.jpg

                                                         9月21日歩く

by takigoyama | 2014-09-22 20:57 | 自然 | Trackback | Comments(2)

旧TYA同窓会になった摩子の山

摩子北西尾根の係りには、旧TYAのメンバ-yaさんとsuさん、昭島発7:00バスにはmoさんと2年前に槍ヶ岳へ
      ご一緒したkaさん着席している。これで80代2人 70代2人 60代1人の5人のメンバ-が揃う
c0008948_12152942.jpg

少しウロウロして登山口へ到着、みずがき山荘の話ではヤブがあるとのこと、地元の方でもすべての尾根に精通
しているわけもなし、県外から来られて遭難騒ぎでも起こされたら厄介だと牽制したのかもしれません
          期待のヤブは現れず、足元に優しい尾根道が続く 、なんだか高尾のほうが厳しそう
c0008948_13153114.jpg

                                      北にレタス畑が広がるユルユル尾根を行く
c0008948_13171531.jpg

                                          地形図に波線路はなくても道は明瞭 
c0008948_1319857.jpg

北杜市は予算があるのか、お気楽な観光客は踏み込まない、マイナ-ル-トに指導標があるのには驚き
c0008948_1335329.jpg

                                     四等三角点 天明名 周先ヶ原 1522.5m
c0008948_142514.jpg

この先にも本釜谷林道への指導標が出てくる。西1661.4mから来る平頂の分岐は2013年9月号にある
                                                 suさんの紀行にある地点か
c0008948_1422397.jpg

                 枯れ木でブロックしてある。摩子の人穴(坑道跡)て、 所謂ひとつのマンホ-ル
c0008948_14305176.jpg

                                          展望台からミズガキは、日光の手前今市
c0008948_14443878.jpg

まこと言えばマコ甘えてばかりでゴメンネと言うより、緑摩子敵退廃的な気分を醸し出す山かと期待していたら
展望は得られず山名がなければ一憩もせずに通り過ぎてしまう平凡な狭い地でした。あくまでも個人の感想です。
c0008948_151436.jpg

            山名板を製作して、登れば付けたくなるものです。(内心はこういう遊びもうらやましい)
c0008948_15142638.jpg

                               金山峠に降りてバスが待つ、みじがき山荘へ車道を行く
c0008948_15484815.jpg

                       本場スイスでは会えなかったクララとペイタ-に明野スイス村でご対面
c0008948_15531147.jpg

                                         贅沢なロケ-ションに立つ風呂で一浴後
                                      昭島駅近くに日高屋で同窓会 9月20日歩く

                     

by takigoyama | 2014-09-22 11:36 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

バカヤロ-

妻に起こされて雨戸開けると、数軒先の民家が延焼中 炎が収まる間もなく2ヶ所でに黒煙が立ち上る
c0008948_22345388.jpg

c0008948_2241723.jpg

三郷市連続放火

by takigoyama | 2014-09-18 22:42 | 覚え書き | Trackback | Comments(6)

天七で、飲めました。アリガトウ

c0008948_20565344.jpg

遺失物の案内に、なにを落としたのか思い当たる節がございません何時も妻のせいにしてナイナイと騒ぐのに
それほど大事な物では無いでしょうね 千住とくれば天七で一杯と渡りに船でしょう、そうお気楽ですよ
c0008948_22355473.jpg

                                              ボタンクサギ 特定外来植物かな
c0008948_2121271.jpg

暖簾を潜るとサテナニを飲むかと、考える暇もなく飲み物はと来るね、そんなわけで、機先を制するように酎ハイを
                                    注文する。 ソレガコノミセヤリカタデゴザイマス
                                    酎ハイ4 豚 たまねぎ ナス チ-ズ 3000円
c0008948_22292422.jpg

                  妻のお土産を宿場通り商店街でお買い上げ それなりの味だけど オイチイ
c0008948_22532317.jpg

                                           ハリウッドは福富さんのキャバレ-?
c0008948_22585032.jpg

c0008948_2315729.jpg

飲みすぎて駐輪していた自転車を忘れて、徒歩で帰った時もあるのに今日は控えめ飲んで自転車でご帰還
                                       届けていただいた方に感謝する9月17日歩く




             







otosi

by takigoyama | 2014-09-17 21:06 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

ほどほどに歩いてほどほどの釣果

c0008948_2551445.jpg

enさんがツルギキョウ探しのご婦人に近くにギンリョウソウモドキがあると、教えていたので見逃さずに済んだ
c0008948_335489.jpg

呼び止められて戻れば、枯れたシダの隙間から白いものが見えたので、除いてみたら、ありました。
そうなんですよ、この山は珍しい植物は撮影したら隠す、盗む 自前の庭のように持ち込んで植える。
c0008948_3372344.jpg

enさんとはここでサヨナラサテどちらを歩こうか、北面の巻き道は刈払いしてあるとのことで南面を行く
c0008948_3515359.jpg

キク科 ナガバノコウヤボウキ 小低木でも「山に咲く花」山と渓谷社で取り上げているのは、木本でも草本
みたいで、図鑑を使う身には親切ですね  「日本の野菊」いがりまさし著には記載なし 野菊だもの当然か
c0008948_4134339.jpg

                                                             ノササゲ
c0008948_4454181.jpg

                              ギンミズヒキとミズヒキ 白と赤が絡んで水引の出来上がり
c0008948_4494391.jpg

結婚式の御祝儀袋は結ぶきり  蝶結びはいけませんよ、解けてしまうもの 香典袋の買い置きもデメダメ
c0008948_552283.jpg

                                                             ジイソブ
c0008948_512062.jpg

                                                               クズ
c0008948_538227.jpg

 よくわからないのは、コチラ(フジレイジンソウ)翻訳すると、富士とつける謂れがあるのかしら
フジレイジンソウ 茎に稜があること(上部は丸下部に稜があるT確認)萼片の外面に直毛があることなど
                            高尾山 花と木の図鑑 菱山忠三郎著 主婦と生活社
                 レイジンソウ 稜があり、花柄やがくにまっすぐな毛が生える
           花柄やがくの毛がまがったアズマレイジンソウ 野草図鑑⑤ 長田 武正著保育者社 

          レイジンソウ かぶと 花柄に開出毛がある アズマレイジンソウ かぶと 花柄に屈毛がある
                      原色日本植物図鑑[Ⅱ]・離弁花類 北村 四郎 村田 源共著 保育社
アズマレイジンソウ 雄しべは無毛 花柄には屈毛がある レイジンソウ 花柄をはじめとして、花や花序の中軸には
                         開出毛
がある。山に咲く花 畦上能力編 山と渓谷社
引用すると長くなるので結論は 
フジレイジンソウはアズマレイジンソウの一型とみなすのが妥当である神奈川県植物誌2001
         スミレのように細部に拘って分けると、植物名が増えて覚えるのが大変だね 
c0008948_6534161.jpg

    能書きよりコレでしょう、 定番のサイデリアで一杯 フレッシュチ-ズトマトのサラダ 塩分0.9g 何時もの野菜とキノコのピザを真イカとアンチャビのピザに 代えたら、塩分が3.9gと大幅アップ コチラが問題だ
                                                         9月14日歩く

 






続く

by takigoyama | 2014-09-16 03:30 | 自然 | Trackback | Comments(0)

VIP待遇で南都留郡の花三昧:2

マンションの付近には、無料の花畑が広がりオバサン摘んだ山野草盛りだくさんに活けられたフロントは洋花の
ような華やかさは無いものの、なんとも贅沢でしっとりした空間を支配している。鐘山の滝
c0008948_8541337.jpg

                  おばさんに北富士演習場を案内していただけるのに、この天気がうらやましい
c0008948_9304727.jpg

                                                    富士吉田馬返し登山口
c0008948_9325229.jpg
 
                                                           テンニンソウ
c0008948_9591155.jpg

                                                        狛犬ならぬ 狛猿
c0008948_1033972.jpg

新屋山神社
スト-ンサ-クルを三回廻って、手を合わせると願い叶うといわれている。参拝後に頂いた富士山の形の羊羹 
c0008948_11252892.jpg

                           昨日もここは野焼きをするのですね、それで植生が豊富なのか
c0008948_1136935.jpg

   車を降りれば足元にはヤマジソの小花がお出迎えここは珍しい花が珍しくない サワヒヨドリ
c0008948_11412037.jpg

                                               江戸川でも見られる。メドハギ
c0008948_1233258.jpg

                                                           トネアザミ
c0008948_125896.jpg

                                                           ヒメヒゴタイ
c0008948_1272770.jpg

写真雑誌にな入選しているハイアマチュアのsasaさんはここをお気に入りにポチしている。逆光で狙いたいと                                                           エノコログサ
c0008948_1239545.jpg

                  和製グランドキャニオン(駿河小山)咲く フジアザミ お土砂ぶりが残念だった
c0008948_1248879.jpg

                            9月8日 5:10 28分ごろに山裾が赤くなるが、富士は雲の中
c0008948_12512969.jpg

             雨が上がるのをのを待って、三国峠からお気楽に鉄砲木ノ頭へ  オオナンバンギセル
c0008948_12544253.jpg

                                 数カット プロフィ-ル写真を撮ってパノラマ台へ下る。
c0008948_1311826.jpg

               enさん別荘に2泊して9月6日-8日歩く  来年はハマウツボの咲く頃に歩きたいね

by takigoyama | 2014-09-12 08:54 | 自然 | Trackback | Comments(0)

VIP待遇で南都留郡の花三昧:1

c0008948_1782467.jpg

                                       忍野八海と富士山をデザインしたマンホ-ル
c0008948_17212449.jpg

c0008948_17433368.jpg

            花期は8月初旬-9月半ばか、環境によって、花盛り~巾着が出来ている株が見られた
c0008948_17461632.jpg

初見の2012年9月8日とほぼ変わらない9月6日ながら、前回見られなかった林道で咲いていたり、本命の場所は
下草が繁茂して個体数が減少している、どうやら地表がむき出しの日当たりの良い場所が好みのようだ
c0008948_12403514.jpg

                             マツムシソウ ヒキヨモギ
富士山駅に出迎していただき、峠まで送っていただく、コレで飲み代もコミコミでTのお仕事はenさんのプフィ-ル
                                                写真を 撮るだけとは有り難い
c0008948_13431738.jpg

                               ソバナ シラネセンキュウ
c0008948_14394022.jpg

     お泊りはenさんの別荘 sasaさんも合流して歓談  2に続く

by takigoyama | 2014-09-10 17:09 | 自然 | Trackback | Comments(0)

写真展と二日続けて、巨樹とおまけはマンホ-ル

                                      写真展をだしにコチラで一杯が目的のような
c0008948_18135835.jpg

何事もちょっとの差だね、向かいに座ったら、巨樹に合えなかった写真展を絡めて深大寺ソバで一杯がこの展開に
                                  なるとは、出来の良い妻との出会いもそのようだった
c0008948_20493880.jpg

                                                      樹齢200年のコナラ
c0008948_205335.jpg

 妻が注文した天ざるの海苔を、モリソバにトッピングしてザルソバに変身でも味は分からぬがつゆが違う
c0008948_10553998.jpg

c0008948_10575599.jpg

         3日は中山競馬場の周りで巨樹観察会4日も府中競馬場の下車駅府中本町から調布駅へ
c0008948_8385567.jpg

  調布市の木 百日紅をデザインしたマンホ-ル 駅前から小田急バスに乗って神代植物公園へ向かう
c0008948_1141380.jpg

                 入場料は65歳以上250円以下は500円 年齢は自己申告で証明書は不要
sakuraさん撮影深まりゆく秋花木に寄って、撮りました的な写真よりこのような雰囲気のある写真を撮りたいね 
c0008948_1128489.jpg

                           (名札)はヤナギバタムラソウと付けられていた お初 
c0008948_11352229.jpg

                                              ナツメは2回目の出会い
c0008948_11403429.jpg

                                                      ヤブミョウガ
c0008948_11551844.jpg

坊主がてんこ盛り、二人だと和尚がツ-だけど 若い坊さんの団体はアイスクリ-ムを食べたりスマホいじったりと
                                            仏教大学の修学旅行のようなだった
c0008948_11594493.jpg

         我が家の掟 顔ハメ看板には顔を出しなさい NHKの朝ドラもゲゲゲの女房から絶好調だね
c0008948_1231162.jpg

                       「かまわぬ」とコラボの手拭 やはり絵物より文様タイプがしっくり来るね
c0008948_1281163.jpg

調布駅-JR駒込駅-に移動して多発性骨髄腫で入院している兄の見舞いに向かう道すがら保守点検中の
マンホ-ルに遭遇(撮影許可済み) 健康は金で買えませんソウ 歩けるうちに歩きたいね 9月4日歩く

by takigoyama | 2014-09-09 18:22 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)