<   2014年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

西大宮から秋葉の森へ:ネイチャ-ウォ-ク

サブタイトル~大宮にもアキバがアルディージャ!?~オヤジギャグは埼玉県生態系保護協会「 自然を歩く会」
                                           in氏のパンフレットより拝借しました。
c0008948_11565495.jpg
 
武蔵野線で赤と黒の浦和レッズのユニホームを着たサポタ-を見かけるが県内にもう一チ-ムあるの知らなかった
                                  さいたま市西区はアルディージャを応援しているのね
c0008948_12104259.jpg

                                マンホ-ルのデザインもサッカ-ボ-ルを模している。
c0008948_12363985.jpg

                                                     
大塚古墳看板が無いと残土置き場と変わらないようなただの小山のよう
c0008948_1431351.jpg

                                             西区と言うより田園風景が残る指扇
c0008948_14412044.jpg

縄編み機
c0008948_14474017.jpg

      スダジイ 神社仏閣にクスノキなどの常緑樹が植えられているがどのような関係があるのだろうか
c0008948_15391721.jpg

                                                       永昌寺 スダジイ
c0008948_1543199.jpg

c0008948_1614257.jpg

   湿地に適応して生き延びている。ハンノキが長い雄花を垂らしている自然観察ゾ-ンで
  大宮支部が維持管理している、秋葉の森総合公園をkさんのレクチャ-を受けて案内して頂く
      寒い期に産卵する(ヘビ等のでないと時)ニホンカガエルの寝床を作業している。
c0008948_1784746.jpg

                                             ほとんど使われいないサッカ-場
c0008948_17134990.jpg

                            短い時間に4~5回ダイビングしていたが餌は獲れなかった
c0008948_17175858.jpg

ホソエカラシ初見
                                                    2月23日歩く  
                                                         

by takigoyama | 2014-02-25 11:44 | 自然 | Trackback | Comments(0)

風景印散歩:蒲田-大森

3年前に古い郵趣仲間がどうしているかと本名で検索したところ答え一発で所在が解るなんてありがたい世の中に
なりました。HYPER Philatelist先達者に脱帽S40年代は官白で集めるだけだった風景印もこういう遊び方のかと
風景印の風来坊~東京風景印散歩に参加する。に乗ったことがない路線に乗って(駅:街)で降りるのはワクワク
                                      するね集合時間前の2駅前の戸越銀座で散策
c0008948_0415182.jpg

大田区の花(ウメ)を模った風景印に合わせて梅50円切手 さっぽろ雪まつり小型印に合わせて冬のグリ-ティング
切手スノ-マンを貼ったカ-ドの提供は札幌から東京マラソン(本人は抽選漏れで仲間の応援に来たYさん提供)
特殊切手もバラエティが増えましたねごふるさと切手やら鉄腕アトム、ドラエモン、ハロ-キィテイなどの
マンガ、アニメ、キャラクタ-など風景印でも、宮城県石巻ではロボコンやサイボ-グ009などが使われている。
                               今は日本郵便株式会社なんですね、浦島太郎のようです。
c0008948_14405378.jpg

                     スリバチ地形ですね、通りの左右は羽を広げたような坂道
c0008948_14575864.jpg

c0008948_16553364.jpg

                    現在の地図と特定できるのは、明治と変わらない中原街道と品川用水(道)
c0008948_1752979.jpg

    集合は都営浅草線 西馬込南口から 池上梅園へ 
c0008948_17504087.jpg

                                   案内人を悩ませる花見時は見頃のようでした 
c0008948_1824785.jpg

c0008948_22582072.jpg

                                                     おみやげはくず餅
c0008948_2303111.jpg

                                               池上線に乗って蒲田へ移動
c0008948_23121446.jpg

c0008948_23123210.jpg

                            JRで大森へ移動して馬込文士村~薬師堂~善慶寺を散策
c0008948_23485874.jpg
              
c0008948_061899.jpg
            
c0008948_0144062.jpg

c0008948_0263424.jpg

新井宿義民六人衆
                                  大森郵便局で風景印を押印して、大森駅に戻り解散
c0008948_0371684.jpg

                                                         2月21日歩く




                                

by takigoyama | 2014-02-24 13:56 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

大雪

c0008948_13371179.jpg

c0008948_1353924.jpg

                                     駅まで歩くのかな武蔵野線は運休かもしてない
c0008948_1354678.jpg

                                             つくばエキスプレスは運行している
                    イベントのような雪かきで皆さん喜んでいるように見えた2月9日歩く
                                                           

by takigoyama | 2014-02-10 13:38 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

高尾通い:中宿南尾根

c0008948_10372236.jpg

     軽い山歩きをするには、やや早い8時前でもハイカ-の姿が見えないのは不思議な感じでした。
c0008948_1058276.jpg

読みが解らないままに「おたまやがや」と読んでいたが、」中央自動車道を潜る手前にイチョウ型の標識に一級河川 
                                御霊谷川(Goreiyagawa)ごれいやがわのルビを見る。
c0008948_11195981.jpg

                        城山病院駐車場脇の取り付きには、やんわりと注意喚起ような看板
c0008948_11362195.jpg

                                     道型がハッキリするまでは雪の洗礼を受ける。
c0008948_11385449.jpg
 
                                                             アセビ
c0008948_11455198.jpg


c0008948_126434.jpg

           露岩のピ-クにミズラナに巻かれた黄色のテ-プと筆跡は某クラブの先達の足跡でしょう
c0008948_12205244.jpg

   太鼓曲輪尾根に合わさってどうしましょう、堀切へ進んで八王子城山へ行くか富士見台へ向かうか
c0008948_12293863.jpg

                                                          富士見台へ
c0008948_12311760.jpg

                                                              雪椿
c0008948_12323381.jpg

                                        赤と白のコントラストを狙って ヤブコウジ
c0008948_12342896.jpg

                                                        ツルウメモドキ
c0008948_12352325.jpg

                                                            駒冷やし
c0008948_12355151.jpg

                                                       本丸跡に立ち寄る
c0008948_12363136.jpg

                                                         紅梅咲き始め
c0008948_12371152.jpg

                                   二人ならこんな気ままな歩きもいいか 2月6日歩く







 

by takigoyama | 2014-02-10 10:37 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

人生で褒められたのはコレだけ 年賀状コレクション

c0008948_095957.jpg

c0008948_86325.jpg

                   16リ-フご出品の場合には富山湾のカニをお送りいたします。に釣られて
c0008948_0151479.jpg

c0008948_0152680.jpg

c0008948_0153774.jpg

c0008948_0154984.jpg

あららスキャンは裏写りで不鮮明ですね トップは読めるので (8)明治18年第2次ボタ印使用局初日 高田
KB2備前町刈田 明治32年東京西久保 明治33年京都 明治34年丸一印最終東京 35年雪支 陸前仙台
明治36年中型年号2字天津 明治39年櫛型印初日(朱印)神奈川 明治41年千島別飛 満仙金察

明治43年D欄☆入横浜桜木 郵逓所宜寧 大正2年満・草河口 大正4年 D欄郡名入愛知大野

大正3年林式機械印京橋 真岡(樺太) 大正9年第16野戦局アルハラ 大正10年タテ7本波神田
大正16年絵入り標語印名古屋 昭和2年後志余別 昭和5年軍艦郵便NAGASAKI 平川式機械印稚内

大正14年秋田 大正15年仁川 昭和11年絵入り年賀印台中  宮城中神田
昭和12年絵入り機械年賀印大泊(樺太) 櫛型絵入り年賀印 ロタ(南洋) 15年D欄千葉八日市 昭和20年大邱

by takigoyama | 2014-02-08 00:10 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

明日にしょう楢抜山―周助山

順延のメ-ル通りに、中止を知らせるようなどんよりした空模様から朝食後に、ポツポツと降りだして午後には白い
   物が土埃立りをを覆い隠していく501m(高谷)が最高点では降った所で足に纏わり付くでもなし
  展望も自然林も期待できない奥武蔵にはむしろ、樹林帯歩きのボロを隠すプレゼントかもしれない
c0008948_1535618.jpg

  まだ出かけないのと、訝しがる妻 始発より2時間後の出勤になんだか不安になるほどのゆとりです。
                全日本キリスト教看板採取協会 埼玉支部長Tさんも2本をゲットして大喜び
c0008948_15463194.jpg

ピカピカの青空はここまで 山入ればアオキやスギ ヒノキ シロダモ シラカシ アセビなどで陽が射しません
c0008948_1663734.jpg

                                   一人で歩くとより陰鬱な気分なるような暗い道が続く
c0008948_16165735.jpg

唯一蕨山方面が望める 348m加久良山も特定出来ばいでその西にある峯山も意識しないで通り過ぎてしまうった
c0008948_16285494.jpg

                                                          天狗の石積み 
c0008948_16415100.jpg

      控え目な山名板があるだけの楢抜山 アイゼンをつける程ではないが下って風が無い鞍部で昼飯
c0008948_16522661.jpg

                                            仁田峠に下って送電線に向かう一齣
c0008948_17102811.jpg

どこが楽しいのなんて聞かないでよ、暗い目をしてポクポクと低山のコブをこなして行くのがいいの435.8m                                  に向かう 所謂冬場の低低山歩き
c0008948_18413531.jpg

                                  境界見出し標とピンクテ-プがある推定501m 高谷
c0008948_18443754.jpg

                                          靴も雪道を踏んでキュキュと喜んでいる。
c0008948_21332857.jpg

                                                            ノボット
c0008948_21274136.jpg

                   山名は地元の呼び名に準拠せよ ウォチちずもここを周助山と改めている。
c0008948_2321040.jpg

                            バス待ち酒場をする間無く、飯能駅行きが来る。2月5日歩く




                                  

by takigoyama | 2014-02-07 15:12 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

日曜は雨でしょう、土曜に歩きませんかと広沢山

降水確率30%で中止の山行を見越してそれなら土曜日に歩いてしまおうと、下りで道を外した事がある。広沢山へ
                             予定が無い身には 先輩の誘いがありがたい
c0008948_16521499.jpg

青梅線御嶽駅(ハイキング季節には新宿駅御嶽両駅間に急行電車(1時間10分)の運転あり戦前でも早い電車
が有ったんですね、当時は古里駅はなく古里附(バス15分)で戻っていました。 参照 鉄道省本
c0008948_17554283.jpg

       国道を離れて寸庭集落に向かう道には石物が多い 楽器を抱えているのかしら 分かりません
c0008948_1804230.jpg

寸庭橋を渡る前に30~40センチの杉に描かれた。人間の顔に釘付けになるオニタタキ棒や門神と同じような
魔除けのアレンジ版なのか大いに気になります。オッカド棒
c0008948_2101389.jpg

                                 橋を渡り、ショ-トカットで耳なし地蔵脇の階段を登る。
c0008948_2192458.jpg

                                                           二十三夜塔
c0008948_21351599.jpg

尾根末端から取り付く 伐採跡で隠されて道型はやや不鮮明ながら高み目指して踏み跡に出会う
c0008948_2144182.jpg

                                                朽ちたを木段を辿り7号鉄塔へ
c0008948_22385.jpg

                                     520m付近に側面に大正四年と彫られた祠
c0008948_2218654.jpg

                                                広沢山で鉄五郎新道と合流
c0008948_22383656.jpg

                                      後は降るだけなので大塚山でのんびりとランチ
c0008948_23107.jpg
 
                                                              春の光
c0008948_2382471.jpg

   中ノ棒山で高指尾根へ下って583mに山本山の標識 No12は山本さんの持ち山なのかな
c0008948_23123336.jpg

                        公共基準点をみて、わずかでお墓がある取り付きに至り車道に降る。
c0008948_23183292.jpg

c0008948_23184439.jpg

                                         河原で一杯やって御嶽駅へ 2月1日歩く


  

by takigoyama | 2014-02-03 16:24 | ハイキング | Trackback | Comments(1)

復員郵便と検閲印

c0008948_106113.jpg

復員郵便とは 海外に残留していた、旧日本軍人 軍属 一般日本人のために、連合軍総司令部(GHQ)の承認を
                                        得て昭和20年11月16日から開始された。
大宮20年11月29日10月3日に復員した差し出し人が両親子供の健在を知らせ親戚の帰還を願う 文面

検閲印とは 閣令第43号  昭和43年勅令第542号ニ基キ連合軍ノナス郵便物、電報及び電話通話ノ検閲
                   ニ関シ、左ノ通リ定ム 昭和20年10月20日 内閣総理大臣 幣原喜重郎
      金魚鉢(郵趣家の呼び名)にPCの組み合わせ文字 CENSORSHIP PASSED(検閲通過)
   15銭が適正料金  楠公三銭ハガキに乃木2銭’国内料金)ながら未納になっていない

by takigoyama | 2014-02-03 10:02 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

模擬郵便はがき

c0008948_22472735.jpg

料額印面200 国会議事 昭和23年7月1日よりハガキ料金が50銭から4倍の2円と猛烈なインフレですね          00は(銭)                                 文面に時代が現れています。
    

by takigoyama | 2014-02-02 22:08 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)