<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

八ヶ岳の花

c0008948_21514683.jpg

c0008948_22538.jpg

 これだけ纏まって咲いていて、花時も宜しくバックもスッキリとしたロ-ケ-ションに出会えるのは幸運です。
  縦位置横位置所・28ミリ40ミリとカメラを代えて、撮りまくり デスクトップの背景に決定
c0008948_238175.jpg

c0008948_2382910.jpg

                                    ツツジ科の矮小低木に高山を感じるね イワヒゲ
c0008948_23144062.jpg

                              (チョウノスケソウ)ウラシマツツジ イワウメは終わっていた
c0008948_13335791.jpg

タカネシオガマ好きでこうなったんじゃないの風雪に耐えた味が分からないかね 顔と身長のアンバランスが魅力的
なキンタロ-風なにお前に 顔の事は言われたくない ごもっと もしお互いにモデル体型だったら案外つまらない
                人生かもね 今だに無いものねだりしている身にはお気持ちは充分理解出来ます。
c0008948_1482685.jpg

スク-ルカ-ストの女王がコマクサならフキユキノシタ(葉はフキには見えないがいいだろうか)は3軍4軍いやいや埒外で、相手にされないと言うより存在そのものが認知されていない幸薄い「薄幸」の二文字ピッタリだね
c0008948_1433266.jpg

          リンネソウ(夫婦花)といいながらソッポを向いている仮面夫婦  別れないわけがあるのやら
c0008948_14403690.jpg
    
ツレサギソウ属 ヤマサギソウ?タカネサギソウと決め手いいのか、図鑑より背丈が低いね 風衝草原タイプ
c0008948_1573197.jpg
 
厳しい環境に咲くチョウジコメツツジここで何年お住まいでしょうか、しかし 3億円当てても此の地を離れないタイプ
ミヤマタニタデ 8月5日追記 
                                   みたいなまぁこのような人は宝くじは買わないでしょう
c0008948_16444735.jpg

                                                         オヤマノエンドウ
c0008948_1711640.jpg

ウサギキク
c0008948_17171247.jpg

 イブキジャコウソウ 標高が低い場所では立ち上がっても ↓これだけ草丈があるのは場所でも
c0008948_1758577.jpg

       2012年9月8日 山梨県高座山直下の林道でみたセイヨウイブキジャコウソウ? 
c0008948_18331859.jpg
 
                                                  オンタデ 硫黄岳爆発火口
c0008948_18343893.jpg

                                                         ミヤマミミナグサ
c0008948_18351766.jpg

                             バイケイソウミヤマバイケイソウ 8月18日
c0008948_18364216.jpg

                                        ミヤママンネングサ  7月25日-26日歩く

 

続く

by takigoyama | 2013-07-28 21:51 | 自然 | Trackback | Comments(0)

少々ご機嫌斜めの山だけど、計画通りで横岳~硫黄岳へ

どうしようかな窓の外は、乳白色を絶え間なく連れてくる風が吹いている。美濃戸口15:00のバスには時間は充分
あります。麓の原村の予報は9:00に晴れマ-クと回復基調コレなら行けよと計画通りに横岳~硫黄岳コ-スだね
c0008948_15432212.jpg

いつ撮るの今でしょ ちょっとだけよと顔を見せた赤岳 8時頃に学校登山の一群が登って来る。引率者に間を置
いて来ますのでと挨拶さると気持ち良く道を譲れるね、◯ハイ山行では忸怩たる思いしているので一声が大事だね 
c0008948_1635784.jpg
  
赤実線の一人歩きだと不安なのかル-ト確認もあり話掛けたくなるよね、杣添分岐にて赤岳を聞かれる。後何分の
              やり取りも各自の脚力の違いが合って気休めしかないけど、つい聞いてみたくなるな
c0008948_16312234.jpg

                          ハシゴを下ってくるハイカ-を待ち受けて聞けば横岳の直下だった
c0008948_16313931.jpg
 
コマクサだけがなぜモテて保護されて植栽されるのだろうか{高山女王の花だから} 所謂観光目玉の人寄せパンダ
c0008948_16382359.jpg

コマクサ受難 みたい花に詳しくなく人にも一度を見たい思う魅力があるのかしらミズバショウ抜き取り
 
c0008948_16384063.jpg

以前本白根山で、中学生がコマクサ植栽しているのを見たときにここは、花いっぱい運動かなと感じたな
c0008948_16385829.jpg

保護するのはいいけど植栽は釣り業界のブラックバスみたいな そのうち暴走して草地にも侵入するかもしれない
c0008948_18403727.jpg

c0008948_19204063.jpg

コマクサを見に桜平登って来た方
コマクサ祭り
c0008948_18524736.jpg

c0008948_1853573.jpg

                                 硫黄岳 山歩きの醍醐味みたいな瞬時に変わる風景
c0008948_18574427.jpg

赤岩ノ頭付近 今日登るハイカ-は羨ましい なんだか残して置いたトロを時間切れで食わずに帰るみたいな
c0008948_1922991.jpg

             赤岳鉱泉へ下り少し登り返し行者小屋で南沢ル-トに入る めぼしい花はあるかな
c0008948_1935884.jpg

                                                        7月26日歩く

by takigoyama | 2013-07-28 15:07 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

少々の雨はいいけど風は勘弁してよ赤岳

アチャー25日26日とも雨模様だね誰が此のに計画したんでしょう、ハイ私です。誰のせいでもありません降水量は
麓の原村の予報では心配するほどありません、でもね赤岳はおまけして3000mの山だけにどうなることやら
c0008948_11265145.jpg

リックのミニ三脚と眼デジを出したり入れたり、此の予報えはお花さんと勝負は出来ないと、言い訳をして自宅待機
を命ずる。アルコ-ルも自宅待機を命じて背中は、日帰り装備コレならハシゴ鎖場もスイスイ?怖いから荷は少なめ
c0008948_105616100.jpg

   毎日新聞社前(竹橋)-23:00-京王八王子-甲斐駒竹宇登山口(夜中)?-観音平-美濃戸口5:20着
   降ってない気象庁さんありがとう、なに今日は当たり弱ったね、程なく織り込み済み雨具の着て歩き出す
天気はアナタの歩きに合わせてくれない誰でも自分の都合が良い予報を持っていているのにね今日は当たりか
                晴れていれば写真を撮り撮りコ-スタイムに2時間プラスも、雨の中をただ歩くだけ
c0008948_13391969.jpg

さてどうするか、思案する程のことも無く硫黄岳-横岳は明日の晴れを期待して文三郎尾根も怖いから地蔵岳へ
c0008948_13511830.jpg

c0008948_1493058.jpg

               登りになると元気が出るTさん下りは苦手だ 登りが苦になるようだと山は終わりだね
c0008948_14264455.jpg

早々とチェクイン前に赤岳展望荘に到着して時間を「持て余し気味も 雨も上がり赤岳までお散歩と植物観察へ
c0008948_15104913.jpg

2000年7月16日あり日のTのさん15年の時経て失ったものは黒々と長い友達今では、自称白髪の紳士 得たの
          はオデブちゃん 体型から10キロ減の適正体重は、コレは山歩きを続けているご褒美だね
c0008948_16414018.jpg

                         青空を抜いたチシマギキョウの定番ショットもいいけどね ガスガス
c0008948_1634681.jpg
                                                       明日の晴れを期待しよう 7月25日歩く

by takigoyama | 2013-07-27 10:54 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

お暑い盛りの高尾をフラフラ

この時期低山はツライネ、たいした目的も無しに歩くなんてどうかしているでしょう、花も期待出来のにね、阿呆か
前期高齢者は、高尾に耐暑訓練を兼ねて出陣蛇滝で降りて、行き止まりの廃林道をなにかないかとブラブラと
c0008948_15205581.jpg

見た目は山椒のような奇数羽状複葉 葉軸はヌルデのように翼がある しかも常緑とは?? 山椒系なんでしょうが
脳内図鑑をパラパラしても、引っかかりません ご褒美でしょうか図鑑で 初見のフユザンショウを確認
c0008948_15404576.jpg

ただ歩いているだけでもT的には来たと感じたミゾホオズキさん
c0008948_15552540.jpg

                                         初手は開放でバックをぼかしてF2.8
c0008948_16163279.jpg

                                                         絞ってF9.0
c0008948_1622383.jpg

                                                      左に寄せて F6.3
c0008948_1636578.jpg

蛇滝水行場のイワタバコ 4号路 吊り橋 いろは交差点で写真展仲間にバッタリ見逃したマヤランを案内される
c0008948_20163625.jpg

      10株程のうち咲いていたのはこれだけ あやふやな記憶で探しまわったでけにラッキ-でした。
                                            山頂をパスして南面の巻道に入る
c0008948_20211722.jpg

安での香水を振りまいて、存在を知らせるようなゴ-ジャスなヤマユリ 日本の花にしては自己主張が強すぎる
c0008948_20274455.jpg

                                                            オニドコロ
c0008948_21481295.jpg

                                             ウマノミツバ 面倒な形の花ですね
c0008948_21573456.jpg

                                                        アキノタムラソウ
                          帰りは富士見台~一丁平~高尾山林道~6号路
c0008948_2223834.jpg

 じゃれて遊ぶ2頭の猿を余裕で見ながら歩く林道に、次々と現れる群れ(およそ30頭)にちょっぴ怖気づく
            20m程の上から話し声が聞こえる縦走路なのに下の林道にコレほどいるとは驚きです。
c0008948_22125490.jpg

           とあるTV見るので寄り道をしないで大人しく帰る。 7月22日歩く

by takigoyama | 2013-07-23 14:20 | 自然 | Trackback | Comments(0)

奥多摩の水源巡視路を絡めて歩く

平日ながら8:10発東日原行きは立ち客もチラホラ、20人程が川乗橋で降りる。倉沢では単独氏と我ら5人が下車
            長い林道歩きも湿度が低めで爽やかだ、魚止橋で棒杭尾根の改修の工事が入っていた。
c0008948_20244875.jpg

                           シオジ窪出合11/10の荒れた巡視路もわずかで鮮明な道となる
c0008948_2054523.jpg

右の道への道を見送り尾根に乗る。喘ぎこなすと水平道に出る。左岸を巻いて来た道巡視路なのか、少し進んで
                尾根の続きを登る。あまり歩かれて居ないようだ、足元は崩れやすい露岩帯が続く
c0008948_21101536.jpg

         シロヤシオの頃再訪したいような鳥屋戸尾根1339m手前の縦走路に出て、苦難の道は終了
c0008948_21252055.jpg

                                     蕎麦粒山にタッチして巻道に戻る 巡視路10/9 
c0008948_2127349.jpg

                                                巻道は現在位置が特定しにくい
c0008948_21271642.jpg

 
c0008948_223356.jpg

                                                         9/8 幕岩尾根
c0008948_226582.jpg

                                                    8/7 下れば直に丸山へ
c0008948_2281544.jpg

                                                            8/7の続き
c0008948_229964.jpg
 
                                          寄るにはコ-ス取りが難しい 川苔丸山
c0008948_22111980.jpg

                                                    アブナイ高巻き道が続く
c0008948_2215234.jpg
 
丸山からは案外長い道のりだ以前はYuiさんの「鳥屋戸尾根入口」標識があった、これを見ればバス停は近い
 
c0008948_2231535.jpg
 
                                                             イワタバコ
c0008948_22322054.jpg
 
                                                            ミゾホオズキ
c0008948_22325814.jpg

                                              ミヤマママコナ   7月19日歩く        

by takigoyama | 2013-07-21 18:14 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

北上と花巻の蓋

c0008948_11313941.jpg

旧花巻市章と民族文化財鹿踊りを描く 花は菊?ハヤチネウスユキソウとしているサイトもあるが06合併後の
平成19年3月に市花制定にされているので図案からもハヤチネウスユキソウの特徴である。苞葉が描かれていな
                                           いね見た目は観賞用の和菊みたい
c0008948_1235616.jpg

  
c0008948_12144193.jpg

 
c0008948_12395556.jpg

 
c0008948_1240944.jpg

                                                      花巻駅前 岩手県章
c0008948_1254156.jpg

北上市章に 北上夜曲の「しらゆり」そんなユリは無いよ、山百合でしょそれでは歌にならないね、桜 黄鶺鴒を描く
c0008948_1301630.jpg
 
                                                     無彩色 ハンドホ-ル
c0008948_1335140.jpg
 
                                                       旧北上市章 汚水 
c0008948_1361740.jpg

c0008948_13853.jpg

                                                       北上市章 消火栓
c0008948_131169.jpg
 
                                   
 諏訪町周辺で撮影
c0008948_13181368.jpg

                                                              側溝蓋
c0008948_13202955.jpg

                                                               消雪
                                                                          
           

by takigoyama | 2013-07-21 11:31 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

八幡平の花

c0008948_23263868.jpg

c0008948_23265080.jpg

                                                           イワイチョウ
c0008948_23294125.jpg

c0008948_2330260.jpg

                                                            ヒナザクラ
c0008948_23303845.jpg

                                                          ヒメシャクナゲ
c0008948_23311535.jpg

                                                          オオバキスミレ
c0008948_2334179.jpg

                                                          ニッコウキスゲ
c0008948_23343920.jpg

                                                            チングルマ
c0008948_23352970.jpg

                                                             ノリウツギ
c0008948_2336886.jpg

                                                         アオノツガザウラ
c0008948_23363865.jpg

                                                         ミヤマキンポウゲ
c0008948_23502160.jpg

                        コバノトンボソウ ホソバノキソチドリ
c0008948_23564056.jpg

                                                          ヒロハユキザサ

by takigoyama | 2013-07-20 23:28 | 自然 | Trackback | Comments(0)

続:梅雨の最中の八幡平で控えめに遊ぶ 

気持ちが高まっているのか目覚ましより早く起きると「雨音」が催行の確認をするとご希望なら実施しますと、でもね
日の出を拝めないなら布団へ逆戻りでしょう、もぅ一眠りの枕元へ山頂は上がっているので行きませんかとお誘いが
秋田側は雨なのに、ナゼナゼどこからの情報なのと思いきや県境にある自然公園パ-クセンタ-に詰めている。

c0008948_1685440.jpg
所長さんの情報だった、県境を挟んで秋田岩手の天候は手のひら返しは、笹子トンネルのインアウトみたいです。
7月15日(月)3:30~6:30八幡平ビジターセンター集合(近隣施設宿泊の方は送迎いたします)

    参加費:¥2000  (近隣宿泊者・八幡平を美しくする会賛助会員は¥1500)定員10名
およそ関係者5 一般人5 このユルユルの一時はタマランチ会長感激です011.gif

c0008948_16564863.jpg

           モデル姿勢でコ-ヒ-ができのを待つお二人 ちょっと違うあくまでも個人の感想です
 コ-ヒ-ごちそうさまでした。063.gif  牛乳も飲みたかったな~~~ 一応見た目は紳士だもの言い出せなかったョ
一番近くのコンビニまでは何キロなんでしょうか テレビも無ェラジオもを無ェ自動車もそれほど走って無ェ
       そのような自然が溢れすぎの地に来たのに、これ以上求めてはいけませんそうね3泊が限度か037.gif
※いつもよりちょっと!?早起きしてみませんか?ご来光が美しい八幡沼の展望スポットまで日の出を見に行こう。ご来光を拝んだあとは、すがすがしい早朝の八幡平を散策♪おいしいコーヒー付きです。
c0008948_17345050.jpg

                夜明けのコ-ヒ-を頂いてのんびりと散策 この時間に歩けるなんてありがたいね
c0008948_17362597.jpg

c0008948_17374523.jpg

                            解け出した雪田には目覚めたばかりのヒナザクラ

c0008948_17395653.jpg

ガイドのTさんは防寒具と☂を用意しています。ありがたいな 見た目は家なき子?イヤイヤ好青年であります。
埼玉県生態系保護協会員のTさん 小人数の観察会に大満足 その筋専門家の話は勉強になります。
c0008948_1741585.jpg

                                                      いつ撮るのいまでしょ
c0008948_1745268.jpg
 
                                                      いつ撮るのいまでしょ
c0008948_1748016.jpg

                                                      いつ撮るのいまでしょ
c0008948_17503280.jpg

                    長靴は地元系 関東の低山でお目にかかれないオガナバナ 登山靴は旅人
c0008948_17524163.jpg
 
 運良く逗留中に、八幡平ビジタセンタ-のイベントに参加できました。係の皆様ありがとうございました。
                                                           7月15日歩く
041.gif

by takigoyama | 2013-07-20 16:08 | 自然 | Trackback | Comments(0)

畚岳、大沼、藤七温泉の花

c0008948_17212988.jpg

                                                          ミツバオウレン                                              

c0008948_17253755.jpg

               同じ八幡平エリアでも環境のより花期は30~40日と長く見られる ムラサキヤシオ
c0008948_1728120.jpg

                                              窪地ではミズバショオがおめざめ
c0008948_17382853.jpg

c0008948_17383988.jpg

                            主役ばかりではドラマは作れないセリ科の花も味わいがあるね
c0008948_1743340.jpg

一生大きな声を出さずに生きていくよそんな人生もあるよと聞き取れないような声でつぶやく エゾノヨツバムグラ
c0008948_1750956.jpg

                     声を掛けるだけでも喜んでいただけるような地味系の タカネアオヤギソウ
c0008948_2215497.jpg

                                     花柱にキキョウ科の特徴が出ているタニギキョウ
c0008948_2265471.jpg

                                                       ガクウラジロヨウラク
c0008948_14375041.jpg

by takigoyama | 2013-07-18 17:23 | 自然 | Trackback | Comments(0)

梅雨の最中の八幡平で控えめに遊ぶ

c0008948_11313387.jpg

先ずは裏岩手登山口へ向かう前に、前日車中から確認した「ハチマンタイアザミ」と1年ぶりのご挨拶へ
昨年と同じく雨だが、正式な名前よりハエトリアザミがしっくりするように、他の昆虫より沢山のハエが生きている
も含めて10数匹は付いている。ハエ呼ぶような物質が放出されているのかしら、大型なトンボや蝶は見えない
c0008948_12183843.jpg

登山口は1460m 山頂まで標高差100mと足元にはゴゼンチバナが咲く高山植物と申し分がありません、
    筑波山をロ-プウェイとケ-ブルカ-を利用する家人もこれなら、泣き言はでないでしょう
早々と降りてくる夫婦連れに往復の団体と抱っこの家族連れとちょこっと登れる展望の良い山ですが今日は
乳白色の世界です。
c0008948_12434458.jpg

         花付きの良い木もありましが、昨年の赤い実と白い花のコントラストを狙って アカミノイヌツゲ
c0008948_134038.jpg

c0008948_1342366.jpg

藤七温泉へ向かうル-トは笹がかぶり使われていな温泉へ向かう、法面には無数のハクサンチドリやイワカガミ
雪解けが染みだした湿潤地にモウセンゴケと窪地にはヒナコザクラが顔だし始めて車道歩きも楽しめます。
c0008948_13404616.jpg

7月15日 14:10 八幡平見返り峠上から畚岳 左の建物は藤七温泉
                                                          7月14日歩く

    

by takigoyama | 2013-07-18 11:41 | ハイキング | Trackback | Comments(0)