<   2013年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

日光と言えば岡本商店のゆばでしょう お友達

賞味期限キレ(6月30日)寸前の株主優待券東武線片道乗車券2枚を頂き、梅雨の晴れ間に戦場ヶ原を散策して
c0008948_18135225.jpg

c0008948_18142675.jpg

電話:FAX0288・55・0034 定休日不定期 「営業時間09:00~17:00 売れ切れ次第閉店」
c0008948_18253038.jpg

                                     これだけの量だと料理屋でん千円 バク食い
c0008948_18271647.jpg

                     今日はネズミを獲らないない猫みたない歩きです。花に執着していません
c0008948_18302968.jpg
 
                                             ニシキウツギ ハコネウツギ?
c0008948_18335282.jpg

                         日光駅-湯元温泉1650円 山岳料金 高い 湯ノ湖東岸を歩く
c0008948_18384834.jpg

    学校登山 卒業旅行の小学生の群れに捉まって花撮影はおあずけ 木道は通勤ラッシュ並でした。
c0008948_18442971.jpg

                                           たわみは金精峠 平頂は温泉ケ岳
c0008948_18462158.jpg

                                               慣れないフジX100sに苦戦
c0008948_18483387.jpg

c0008948_18473691.jpg

                                                           竜頭ノ滝
c0008948_18491174.jpg

                                                       イワセントウソウ
c0008948_18535035.jpg

                                                            カンボク
c0008948_1854182.jpg

                                                         6月27日歩く

by takigoyama | 2013-06-28 18:14 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

目的の花はと問われて小金連嶺 

                                     さよならも言えず咲いて私のニョホウチドリよ
                              あぁ パクリでは(;_;)自前のフレ-ズが言える人になりたい
c0008948_183325.jpg

高尾で乗って来たお散歩さんと、アレモコレモ言いたい花で盛り上がる。しかし宿題を出されても、気のない返事で
どうする☓2 小泉今日子 あなたに会えてよかった Ahあなたの愛に 答えられず 逃げてごめんね
といまだかって言われた事が無しでも、少しはランとは心が通いあえるようになったかも 独り言 妄想
アイドルがポシャラないで、さらに輝くキョンキョンの素敵なおばさんに成り上がったスタイルにイイネポチ一票
c0008948_1834489.jpg

                        富士は日本一の山だね 謀らずも富士山が世界登録した日に登った
c0008948_21413682.jpg

c0008948_20331081.jpg

                                           歩いて見られたこちらは蕾で残念 
         以下しっ支障…じゃなくてТ師匠じゃないですか mさん使わせていいだきました礼
ご覧用のように樹林帯は見られませんね、開けた笹原で出会えるかがポイント、真面目にお仕事をシマスタ会えて
          ヨカッタこれで当分師匠でいられる? 一部コアな?読者の為のサ-ビスカットでした
c0008948_21163744.jpg

甲斐大和駅で先発の仲間は小菅へ降りるという、我らは小屋平で降りて小金沢連嶺へ小一時間で1600mの標高
                                           を稼げるなんて英和交通さんありがとう
c0008948_21252247.jpg

                                              若者と老年とそれぞれの山があり
c0008948_21251493.jpg

                                           写すのは今でしょ レンゲツツジ 狼平

c0008948_212828100.jpg
 

c0008948_21325620.jpg
 
                                              ヤマグルマ 地味系な花にも一票
c0008948_21334611.jpg

                  2000m越えは暑くなる予報も肌寒いな 登りで火照った体に冷気がご馳走だ
c0008948_21393220.jpg

c0008948_21461153.jpg

                                                        シロバナノヘビチゴ
c0008948_2149957.jpg

この時期は天気が微妙ですね 6:43甲府行きは空いていました いつ行くの今日でしょ みたいな天気
c0008948_21523549.jpg

黒木の樹林帯を寂寂と歩く イイネ なんておねだりは無しよ 某K氏にはおねだり無しよをイイネと言われるかも
c0008948_21592136.jpg

              マツダランプ標識は、昭和20年代に国鉄が募集して選定した山に設置されたのかも
c0008948_2214553.jpg

                                 白谷丸の風化された白砂に山にも歴史がありのような
c0008948_2254319.jpg

                                                            サンリンソウ
c0008948_2255194.jpg

                                                             クリンソウ
c0008948_2262014.jpg

        遊び過ぎてしまい飛ばして☓2 天目山バスへ間に合って爺が自我爺さん   6月22日歩く



                                                                                          

by takigoyama | 2013-06-26 18:03 | ハイキング | Trackback | Comments(6)

日本マンホ-ル蓋学会 埼玉支部 活動報告山形:宮城:福島:栃木

c0008948_12352779.jpg

陸羽東線鳴子温泉駅 駅からハイキングならぬ、徒歩で温泉街とロケ-ションはいいね 年季が入ったお土産さん
営業しているのかしらスナックの看板に往時を偲ぶ大広間での宴会流れの浴衣客は何処へ行ったのでしょうか
c0008948_12432048.jpg

観光地も温泉も通りすがりで飛ばされる。世の中 一泊したら蓋は撮り放題 旧鳴子町と町村合併で大崎市となった
                                        温泉街に(町章と市章蓋が共存している)
c0008948_13523612.jpg

水道 空気弁の文字と風船デザインのカラー蓋
c0008948_13591342.jpg

                                        大崎市のおをデザイン化した 市章入
c0008948_145132.jpg

                                旧鳴子町 頭文字(な)をNにデザイン化した 側溝蓋
c0008948_14143127.jpg

      (岩出山町)旧町章と、町の木モミ、町の花ヤマユリのデザイン。汚水管マンホールの蓋  大崎市
c0008948_14214792.jpg

   猪苗代湖の畔の湖南町のマンホールは、磐梯山と猪苗代湖、ミズバショウのデザイン。馬入新田地内
             水芭蕉の群生地があります。郡山市、湖南町の文字入り汚水管マンホール
c0008948_14301153.jpg

                    山形県最上町向町・町の木・ウメ、町の花・リンドウ・天然鮎を描く おすい蓋
c0008948_14381442.jpg

   白河市の木・アカマツ、市の花・ウメ、市の鳥・ホオジロと合併前の白河市章を描く汚水管マンホール蓋
c0008948_14472475.jpg

          旧大信村「白河市」村の木・スギ、村の花・ヤマユリ、村の鳥・キジを描く汚水管マンホール蓋
c0008948_14513548.jpg

                                         旧湯津上村(大田原市)消火栓 町章「ゆ」
c0008948_145629.jpg

旧黒羽町(くろばねまち)大田原市・町章と町の木スギ、町の花ヤマユリ、町の鳥ウグイス描く集排マンホール蓋
c0008948_1502511.jpg

                           町の花山百合と町の鳥ウグイスの焼き物を描く 栃木県益子町
c0008948_1532546.jpg

                               町章と町の花ヤマユリを描く水道制水弁ハンドホール蓋
                                                     6月15日-19日採取

by takigoyama | 2013-06-25 12:42 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

感謝状

山行で授与式には参加出来なかったが、仲間二人は救助にあたった10人を代表して6月18日に相模原消防署で
                                  感謝状を戴いた。(翌日の新聞報道されました。)
c0008948_057447.jpg
 

by takigoyama | 2013-06-25 00:39 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

ここまで来てまたねは無いでしょ禿岳

c0008948_13375839.jpg

宮城県と山形県の境にある花立峠 山形側は狭く一部ダ-トあり、オススメ出来ません 宮城側は全面舗装安全
これ以上悪くはならない予報を信じて、最短コ-スの花立峠からは標高差も500m未満で3キロほど
c0008948_13412463.jpg

                                                     この辺りから一人旅 
c0008948_1343108.jpg

                                                        ツクバネウツギ
c0008948_13473051.jpg

                                                             9合目
c0008948_13474921.jpg

c0008948_13482246.jpg

                                             雪田の縁に咲くショウジョウバカマ
c0008948_13503037.jpg

                                                           コバイケソウ
c0008948_13545249.jpg

三角点と主三角点がある禿山 オニギリを一つ食べて、速攻で峠へ、早くも戻って鳴子温泉でゆっくりしたいネ
c0008948_140063.jpg

                                 バスガス爆発バスガス爆発 とっと帰るしかありません
c0008948_1442822.jpg

                            戻り花立峠 13:41 所要時間 2時間53分 6月18日歩く

by takigoyama | 2013-06-24 13:41 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

脅かされて虎毛山へ早立ち

鷹の巣温泉支配人に高松岳よりキツイと何度も吹きこまれて、ヘェ~と思いながらも朝食を弁当に代えて従兄弟に
登山口先の林道を2Kmぐらいまで送って戴いて6:12分にスタ-ト 鴨沢-雲取は別格として東日原-稲村岩尾根
-鷹の巣山をキツサの基準としてるだけに標高差1000m未満で累積標高差をプラスして、花に足止めを食らっても
                              林道には明るい内には戻れるだろうと、4時に迎えを頼む
c0008948_10342895.jpg

                                     モリアオガエルの卵塊がある 林道終点520m
c0008948_10391725.jpg

                                                        「トラの滴」6:43
c0008948_1041492.jpg

                                            赤倉沢沢沿いの渡渉点に向けて歩く
c0008948_104364.jpg

 橋を渡って 7:13 630mここからようやく登りとなる 山頂まで3.2km 1432.9m 標高差800m
c0008948_1051362.jpg

c0008948_1052015.jpg

                                 各所に案内があり現時点を確認できるはありがたい
c0008948_10534996.jpg

c0008948_1054127.jpg

                                               8:54 1234m 高松岳分岐
c0008948_11115457.jpg

          昨日登った高松岳が見える。 落とし物のフ-ドとフィルタ-は帰りに回収しよう 9:03
c0008948_11163922.jpg

  9:39 虎毛山 喜んでいいのか 花がない分早めに着いた 高松岳とメンバ-はあまり違いわ無いだろう
c0008948_113216100.jpg

c0008948_11191631.jpg

                                 雲上のオアシス 虎毛山 池塘 チングルマ 咲き始め
c0008948_11303489.jpg

                                                   山頂のご褒美 ヒナザクラ
c0008948_11333787.jpg

                                展望は残念  まだ10:06 ゆっくりと花探しをして帰ろう
c0008948_11362253.jpg

                                                            クマヤナギ
c0008948_11444866.jpg

                                                           ヒメヘビイチゴ
c0008948_11455245.jpg

                                                           オオハナウド
避難小屋で休憩していたハイカ-に追いつかて落し物を回収するようお願いした程なく見つけていただきました。
駐車場で追いつき、トボトボと林道を歩き始めたら、声をかけて頂き温泉まで送って頂いきありがとうございました。
                                                          6月17日歩く                                              

by takigoyama | 2013-06-24 10:13 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

高松岳の花

c0008948_17264872.jpg

                                                          ズダヤクシュ
c0008948_17273016.jpg

                                                         オオバキスミレ
あちゃリックの中にSD1M マクロ50mmを忘れた(;_;)DP1Mではピントが合わが難しいこれも酒豪じゃない修行
だ、時間はたっぷりと有って急ぐわけではないのが、いいね、ピントが合えばマクロとそれほどの違いはない
c0008948_17355511.jpg

                                          残雪にカタクリこの組合させは東北だね
c0008948_17364751.jpg

                                               6月中旬なのにコミヤマカタバミ
c0008948_1738319.jpg

                                                   サンカヨウとシラネアオイ
c0008948_17383545.jpg

アギスミレらしき湾入も見えるがブ-メランブ-メラン 戻って来ないne.一人よがりでもそれなり理屈があるんですよ
葉がブ-メランのようなので西城秀樹ブ-メランストリ-トをパクッテてみました。ちょっと違うか ツボスミレ
 これがウスバスミレに見えたらかなりの重症でしょう 病気になれない人間です。病気になれたら幸せかも
c0008948_1751429.jpg

                                          ハリブキ 赤い実にある頃も歩きたいね
c0008948_17532467.jpg

                        ヒメイチゲはあまり群れているのは見ないね  花言葉を謙虚としよう
c0008948_17551837.jpg

                                    ミヤマスミレ はぁヒナスミレのような花色にドキドキ
c0008948_19544636.jpg

                                                  こちらはイメ-ジ通りの花色
c0008948_202391.jpg

                                                     マイズルソウ どっさり
c0008948_2033226.jpg

                                                      ミツバオウレンも大量
c0008948_2054028.jpg

                                               ユキザサ 白飛び 露出が難しい
c0008948_21591678.jpg

                                                            ツバメオモト
c0008948_2071361.jpg
  
              ゴゼンタチバナ 一色だとつまらない絵になるが倒木とアカモノが良い味を出している
c0008948_20191557.jpg
 
                タケシマラン なぜユリ科のノギラン ソクシンラン スズランにランとつくのだろうか
c0008948_20231756.jpg
 
                                                            タチシオデ
c0008948_20263675.jpg
 
                                             ハクサンチドリ   6月16日歩く                                                   

by takigoyama | 2013-06-23 17:47 | 自然 | Trackback | Comments(2)

泥湯温泉-小安岳-高松岳-山伏岳-川原毛地獄

c0008948_13584964.jpg

濃霧で展望は利かないがないが天気は回復模様だ、朝食を30分は早めてもらい、駐車場から川原毛地獄の
       路肩へ移動して温泉近くの登山口へ戻る。駐車場で見かけたソロハイカ-氏が登り始めている。
c0008948_1445894.jpg

登山口へ戻る車道脇にはアカモノ、雨にうたれたマイズルソウ、関東人にはピンク色が嬉しいタニウツギなど
600~700キロ北上するだけで高山植物が標高700m近辺で見られるなんて、タマランチ会長花ロ-ドの予感
c0008948_14453923.jpg

c0008948_14465584.jpg

  沢沿いのトラバ-ス道にはヤグルマソウ、ユキザサ、タニギキョウの白花達狙いは今でしょ、サルメンエビネ
c0008948_1571287.jpg

                                              青空ならサクラも映えるだけどね
c0008948_1692179.jpg

                               小安岳分岐下の水場 コレまで飲んだ中で一番のウマサ
c0008948_15162182.jpg

                                              展望よし高松岳避難小屋が見える
c0008948_1611586.jpg

c0008948_15163258.jpg

                                           ここまで良かったが、さらに足止め状態
c0008948_16244685.jpg

      石神山分岐で展望が利く縦走路に出る。神室連峰と明日登る虎毛山を見ながらの稜線散歩となる
c0008948_16275719.jpg

                    高松岳避難小屋から300mで高松山至る。虎毛山12K標識で山頂は直ぐ
c0008948_1630482.jpg

                 日帰りではやらないが、沸騰した湯でのカップメンがウマイ ここまで来た味だね
c0008948_16384953.jpg

                山伏岳1300mソコソコで花も展望がある東北の山そして 日曜日でも人は少ない
c0008948_16403345.jpg

                                    1200mでも残雪がある シラネアオイの葉を見る
c0008948_16431363.jpg

花に会えたのは巡り合わせをあるけれど、17日虎毛山 18日禿岳の花をこちらにトレ-ドしたような高松岳
                                      天気に恵まれて良い山でした。 6月16日歩く

by takigoyama | 2013-06-23 14:05 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

コミコミすべて無料秘湯の宿と東北の山

去年行った秋田大岳への道すがらチラ見した108号線沿いの虎毛山登山道標識と噴煙が上がる高松岳の看板に
エアリアを見れば行けそうだと、リクエストそれなら泥湯温泉鷹の湯温泉うなぎの宿にお泊りして一山一湯の山歩き
の楽ちんプランを設定する。アベノミクスで懐が温かいA氏の大盤振る舞いで飲み食い宿泊費交通費も無料
怪しげなサイトと違い夢のような正真正銘の無料ですょ ただ酒が気にならない親戚の間柄がありがたいね
c0008948_16594410.jpg
 
                    15日は秋田県湯沢市泥湯温泉へ行くだけその前に福島競馬のお立ち寄り
c0008948_1723035.jpg

    福島は開催されていないが、函館、阪神、東京の馬券が発売されていてタ-フビジョンで実況がある。 
c0008948_174302.jpg

持ち込んだパソコンで格レ-スの出走馬のデ-タ-が読めて馬券もクリックで並ぶ事も手間も無しに投票できる
              なんて、競馬も様変わりしているなTがやっていた頃は、馬単3連単なんてありません
三浦皇成 マジシャンズレッドの複勝2万を突っ込んで約10万円をゲット 勝負はこれだけのAさん う~ひゃ
c0008948_13165697.jpg

一泊目は泥湯温泉 コンビニかファ-ストフ-ドのような応接だな、一軒宿だもんリピ-タ-は期待していないかも
出来合いの惣菜をレンジでチンしたのような感じたな 屋内の風呂と外湯二つが有って大甘で競馬に例えるとG3
c0008948_1327172.jpg

                         客がいたら風呂場でカメラはマズイけどね 誰もいないから許してね
c0008948_13361575.jpg

秋ノ宮 鷹の湯温泉 食事は部屋出しみたいな別部屋個室でした。屋内湯船は温度と深さが違う4槽と露天風呂
                                専従らしき支配人の気配りが気分を良くしてくれる G2
c0008948_13412451.jpg

それほどの客じゃないだけどな、それなりにお金を出せば女将に挨拶される。なんてくすぐったいね 東横インが
身の丈に合っているTにはネ、料理人の名がある献立と白濁の露天風呂でG1を進呈します。中山平 うなぎの宿
c0008948_1450511.jpg

四泊目は鳴子温泉スローライフ琢秀のんびり館 鳴子温泉街も近く 気取らない雰囲気で文字通りのんびり出来て 
持ち込みもOK、気持よくメニュ-に無い豆腐とミズを出して頂いたりとお値段の割には料理も風呂も良しG2クラス
c0008948_1534789.jpg

         鳴子温泉駅を降りると移動の手間無しで温泉街もイイネ 吉永小百合と同じ足湯に浸かる 
c0008948_15381749.jpg

大人の休日倶楽部のロケだけに急遽作られたような施設に、チ-プ感がただよい オヤジ心をくすぐる
c0008948_15425763.jpg

道の駅伊王野 蕎麦喰いAさんお勧めの水車そば ウマイ 
                  6月15-19日歩く

by takigoyama | 2013-06-20 14:45 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

緑溢れるブナ林をまったりと白馬尾根~棚沢ノ頭 花と木

c0008948_179355.jpg

                                                          アブラチャン
c0008948_1793464.jpg
 
                                                           アワブキ
c0008948_17103913.jpg

                                                           エニシダ
c0008948_17122454.jpg

                                                           カマツカ
c0008948_17132029.jpg

                                                           クマシデ
c0008948_17135422.jpg

                                                        コバノガマズミ
c0008948_17142393.jpg

                                                           ジシバリ
c0008948_17144738.jpg

                                                         シロカネソウ
c0008948_17184497.jpg
 
                                                            カナウツギ
c0008948_17155255.jpg

                                                         ハンショウヅル
c0008948_17162277.jpg

                                                          ハルカラマツ
c0008948_17214828.jpg

                                                            シロヤシオ
マイヅルソウ コアジサイ コバイケソウ ミヤマムグラ ニシキウツギ? コゴメウツギ トウゴクミツバツツジなど

by takigoyama | 2013-06-08 17:12 | 自然 | Trackback | Comments(0)