<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

水の都:東京新旧の橋巡り 1

c0008948_2253641.jpg

                え^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
泥棒の始まりが石川五右衛門なら道路の始まりは日本橋デパ-トの始まりは「現金売りにかけ値し」の角は
一流デパ-トの越後屋(1673年開店)に白木屋と言っても居酒屋じゃございません今じゃ東急も消えてコレド室町
c0008948_21495483.jpg

                                         装飾も凝っている 東京市章を掴む獅
c0008948_18182383.jpg

c0008948_2001982.jpg

                                         橋の中央に埋め込まれている道路元標
どことなく淋しさ感が漂うコレド日本橋、布団の始まり西川布団などチラ見して(ぽけかる倶楽部)ツァ-に参加する。
魚河岸記念碑前10:40分日本橋川-隅田川小名木川-横十間川にスカイツリ-文久参年創業割烹とよだの弁当
が付いて6980円てどうよというもんだから水上からのアングルにそそられての橋巡りに一票となりますた
c0008948_1813367.jpg

古い奴ほど新しい女房を欲しがる物です、もらった女房は荒れ放題なんて言ってはいけません
       所謂ひとつのヨイショはされる身になり丁寧に とか親しき仲にもヨイショありでございます。
                       (注)フォントサイズは愛情の現れ
    2011年2月11日撮影
c0008948_2093619.jpg

明治44年製日本橋に印されている 橋名板は漢字 仮名とも江戸幕府15代将軍徳川慶喜筆 (大正2年没)

                      集合場所は三越前駅B6出口 魚河岸跡 築地は関東大震災後に移転
c0008948_20441717.jpg

                                                          焼夷弾跡
c0008948_214527.jpg

                                     橋裏には関東大震災の焦げ跡が残っている
c0008948_22231515.jpg


                                            2011年4月に完成した船着き場
c0008948_22265481.jpg

                              観光目的に江戸切絵図にはない双十郎河岸は新しい
         
               
                                           その2へ続く

by takigoyama | 2012-02-27 22:53 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

フギレナガバノスミレサイシン

探していただけに葉の切れ込みだけで奥多摩菫と思い込んだのは、(花は無くガッカリしたが)2010年4月24日だった
    カワギシスミレをオクタマスミレと同定したりと、知ったばかりにスミレ沼にはまっていく
c0008948_14103346.jpg

c0008948_14112247.jpg


c0008948_14121231.jpg

葉だけでオクタマスミレとフギレナガバノスミレサイシンの違いはなんだろう 奥多摩は葉質が柔らかく穏やか見える
     フギレナガバノスミレサイシンは光沢があり厚手のようだ、付近にペアの相方ヒナスミレは見えず
先日ハナネコノメの情報を頂いた3月になれば山野草祭りが始まるスミレ達よまってろ、千葉も気になる
                                          4月はさらに忙しくなりそう

by takigoyama | 2012-02-22 14:11 | 自然 | Trackback | Comments(2)

茗渓堂:山の本は売れない

チャラチャラ流れるお茶の水、粋なネ-チャンその先はこう見えても寅さんじゃないんだから紳士のTには言えません
 茗渓堂(めいけいどう)東京都千代田区神田駿河台2-1 この地にこの店名に 歴史を感じる
c0008948_1631858.jpg

    お茶の水地名も、この地から滾々と湧きでる水が将軍のお茶の用水にされたことから出ている名泉に
       ふさわしく、鬱蒼と老樹のしげる崖が神田川を見下ろし、江戸時代の漢学者はここを茗渓と

                     名づけて、四季の風雅を楽しんだ  江戸東京物語(都心編)新潮社
c0008948_1635855.jpg

俺達箱入りだぜ、日本山〇会の推薦がないと出版しないよ、装丁にもこだわるよ、ワンランク上の本屋さんも時代だね
c0008948_1610297.jpg

関東地方限定のバリエ-ションガイド本は買っても、山の本は買わないな2011年7月に(茗渓堂)閉店した

by takigoyama | 2012-02-20 15:55 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

冠雪の富士眺望!初島1周クル-ズ 熱海温泉街散策

c0008948_11482070.jpg

南越谷からバスに乗って熱海に着いた~熱海からフェリ-に乗って初島で吐いた、そんな奴はいないよ
現前期高齢者が元少年少女の頃は酔う奴は前の席に座れ、遠くを見ろと言われたものだ、バスも47人と
c0008948_12111312.jpg

   当時の学級並み、これだけいると一人や二人は青い顔をしてバケツを顔に当てていたの思い出す
スパ-の袋なんて物はなかっからね、それで一人が吐くと、インフルエンザじゃないど遷る奴がいたものだ
                                   今じゃ車酔いなんて言葉も聞かなくなりました。
c0008948_12194868.jpg

25分程で初島に到着 出港まで滞在は2時間それ以上あっても時間は持て余すほど島は周囲4キロで歩いても
      1時間ほど、人寄せに植えられている菜の花は咲いてはいても、海浜植物の季節にはまだ遠い
c0008948_13354530.jpg

歩いていても観光に携わる人以外に住民は見当たらないのは、天保時代より島内の戸数は41戸と変わらないから
c0008948_1348059.jpg

 江東区富岡八幡宮の南に(古石場)が有る ここで石を陸揚げして加工したと言われている。(石採取跡)
c0008948_13533414.jpg

キンツ-だけで各地からバス9台(およそ400人)は集まる初島は 観光会社の浮輪が付けられているみたい
c0008948_1454627.jpg

そのチエックのズボンは、今時J〇〇とあなただけ そのタ-トネックのセ-タ-も今時天気予報の石〇さんだけ
c0008948_1412510.jpg

c0008948_1412236.jpg

c0008948_14124210.jpg

                                  と愛情ヲ込めた突っ込みを入れながら 2月15日歩く

by takigoyama | 2012-02-20 11:48 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

大内宿雪まつりと湯西川かまくら祭り

c0008948_12244317.jpg

                                         塩原温泉湯っ歩ぽの里(屋内全長60m)
c0008948_12345690.jpg

c0008948_12352847.jpg

本陣前では五穀豊穣、家内安全、商売繁盛を願う 食紅で色付けされた団子をミズキに刺す(団子刺し)
c0008948_12441917.jpg

c0008948_12454759.jpg

c0008948_12464666.jpg

c0008948_1247586.jpg

c0008948_12481765.jpg

c0008948_12483687.jpg

                                                            大内宿
c0008948_1250202.jpg

c0008948_12504020.jpg

c0008948_12511289.jpg

                                       クラブツ-リズム に参加して2月11日歩く

by takigoyama | 2012-02-14 12:27 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

キタ-ダックライト:そんなもんで履き下ろしは橋巡り 3

c0008948_17124532.jpg

     大横川に架かる越中島連絡橋(右はヤマタネの専用橋)を渡ると張る晴見運河に面した越中島公園
c0008948_17245819.jpg

霊岸寺裏の海辺大工町の棟割長屋に住む海坂藩下級武士向崎坂源衛門は使いに出した一人娘(静)の帰りを案じ
                  ていた~藤沢周平バ-ジョン 時代物を書く作家は江戸切絵図を参考にしている
c0008948_17451044.jpg

大島川西支川沿いにを福島橋 豊島橋 松永橋 緑橋 御船橋 清川橋で仙台堀を越えて万年橋へ向かう
                                江戸の六割は武家屋敷というのもうなずける 
c0008948_17574359.jpg

安藤広重  名所江戸百景 夏56景 深川万円橋 吊るし亀の遠景は富士と丹澤山塊 大山詣りが盛んな頃広重は
大山を認識して描いていたのだろうか 五代目春風亭柳朝(佃祭り)の枕に(法生会:ほうじょうえ)亀を放してやる
           話がでてくる。長生きしなと恩着がましくが助けられた亀は寿命が千年目だったりして
c0008948_20394328.jpg

c0008948_20401450.jpg

                                                森下三丁目 のらくろロ-ド
c0008948_2115089.jpg

小名木川に架かる西深川橋のたもとにはなぜかシ-ラカンスのオブジュが有る カメラが壊れて↓は携帯画像
c0008948_2134188.jpg

c0008948_2155719.jpg

c0008948_2161580.jpg

                                    説明文には大きくでたね日本のスエズ運河とある
c0008948_2114363.jpg

                                  行徳の塩を運んだ小名木川は江戸時代の公共事業
c0008948_212023100.jpg

千住宿遊女の供養塔 禿(かむろ)だろうか童女も擦れているが見える。天七の店明けを待つ間に金蔵寺
                                                           2月3日歩く

by takigoyama | 2012-02-06 17:15 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

キタ-ダックライト:そんなもんで履き下ろしは橋巡り 2

   亀島橋を南高橋で渡り湊一丁目から新川一丁目へ移動する     羽織の裏に凝るような装飾がオシャレだね
c0008948_1421760.jpg

                 高層ビルに見降ろされていてもどこ吹く風と、貫録を見せる緑青 湊一丁目
c0008948_13564023.jpg

c0008948_14153395.jpg

永代橋とスカイツリ-が主題なのか親子を撮っているんだか、二兎追うものは一兎も獲ず いい写真てなんだろう
                        好きなのはこちら子供を見つめるママの視線がちょっといい感じ
c0008948_14155583.jpg

                            こちらはフェンスの影とステップの波形を狙って撮ったもの
c0008948_1416244.jpg

                         つまらないのはこちら人物を写しこんでいるだけで物語性はない
c0008948_15285146.jpg

銘版には大正15年 川崎造船所制作 復興局と刻字されている 平成19年6月18日指定 日本国重用文化財
c0008948_15383167.jpg


高峰秀子 八千草薫とは違うな 奈良岡朋子 杉村春子さん風のキリリとした佇まいの永代橋は新派新劇風意味不明 
c0008948_1612172.jpg
 
なるほど深川芸者を辰巳芸者と呼ぶように巽橋        も江戸城から見て南東方向に位置するね方位
c0008948_16275078.jpg

c0008948_1643327.jpg

       その3へ


                  

by takigoyama | 2012-02-06 14:04 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

キタ-ダックライト:そんなもんで履き下ろしは橋巡り 1

巣鴨ゴロ-ブ-ティエルとそっくりなのは同じ木型なんですこれで小指が当らない 11月26日注文 1月26日届く
c0008948_11381947.jpg

時間がかかるが「いいか」て言われたってア-タ端からレッドウィング ダナ- メレルにする選択肢はございません
人生の賞味期限やら健康年齢を考えればちょっと良いもの一生付き合える物がいいね、ソ-ルの張替3回が目標
                                           それじゃ90歳まで健康で生きなくちゃ
c0008948_13194649.jpg

                                                   佃大橋より永代橋方
c0008948_15554837.jpg

c0008948_15404237.jpg

佃と言えば落語(佃祭り)に登場する住吉神社 扁額は陶製 明治15年と読める。志ん生バ-ジョンを聞きながら
ブログを編集してると、有松絞りの浴衣・・・とたまたま持って出かけたのは有松絞り(豆絞り)の手拭いだった有松絞り 
c0008948_16503033.jpg

                                                   プリントではない味が有る
c0008948_16173536.jpg

c0008948_17275688.jpg

                                   街中に出るより隅田川テラスを歩くほうがが楽しい
c0008948_20224355.jpg

                                                  亀島川水門 2に続く
                                                  

by takigoyama | 2012-02-04 11:38 | 覚え書き | Trackback | Comments(4)

役目を終えた峠と尾根:奥武蔵

昭和12年に完成した(新)正丸峠に旧正丸峠が役目を終えたように昭和57年に開通した正丸トンネルにより正丸峠
                             は生活の車の往来は少なくハイカ-通過点になった。
c0008948_9523612.jpg

                                 ホ-ホ-とウソが鳴きコゲラが遊ぶ登山道
c0008948_15282817.jpg

c0008948_15333195.jpg

                                        川越山北尾根にはトレ-スがある
c0008948_15402551.jpg

     が人の意見を聞かない手前勝手なル-トを選ぶ(注単に地図が読めないだけ)と沢に下る 
c0008948_15524084.jpg

                                   車道に出て右に回り込み尾根の取り付く
c0008948_1553728.jpg

712mで踏み跡が出る。お好きな人はいるようで、多分このような尾根を歩く人は人嫌いかもバッタリ会って
                   話しかけたら無視されなくても軽くアシラワサレソウ 個人の感想です
c0008948_1681612.jpg

676mを過ぎて馬頭観音を見るこの道は絹織物を背に正丸峠を越えて江戸へ向かう当時のハィウ-ェイだったのか
c0008948_16224588.jpg

                                              こちらから見る甲仁田山は厳しそう
c0008948_2092865.jpg

                                                    770m手前 丸山方面
c0008948_20505135.jpg

    770mでチョイ道迷い 登り返しに大腿四頭筋がピクピク ハイキングコ-スに合流してこれで帰れる
c0008948_20552698.jpg

c0008948_20563857.jpg

気が楽だね西武池袋線は新宿や立川のような混雑がないから疲れた体にはホットするそんな訳で正丸駅通い
                                                        1月31日歩く

by takigoyama | 2012-02-01 09:52 | ハイキング | Trackback | Comments(0)