<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

暗い森で人知れず咲く:ハクウンラン

c0008948_0313089.jpg

たった一枚の抽選券でガラガラと回したらいきなりの一等賞 もぅ出てきてしまったのとちょっと拍子抜け時期と場所
と環境を考えて狙って行っただけに、不意の出会いのような感動は味わえない、とにかく小さい空中湿度が高く暗い中
でブレない絵を撮るには心を落ち着けて、一瞬の光を待つ辛抱や藪蚊攻撃にも耐えないとね モデルにこっちを向けと
注文はできないならこちらが、構図を考えて40カットの内採用は2~3枚取れればいいほう、キレイに撮れても
    やはり腕よりフレッシュな立ち姿のモデルだね  願いは写っているだけの写真よりイケテル写真
c0008948_10471539.jpg

    ウパウパティティン ウパウパティン 変なところで 変な顔している 変なランに会いました。
c0008948_11252384.jpg

                 ミヤウズラはあきれ返るほどというよりこればかりの場所もありました。
c0008948_13193764.jpg

c0008948_147421.jpg

c0008948_13513191.jpg

                                          アオフタバランはグランドカバ-
c0008948_14494677.jpg

c0008948_14584714.jpg

                蘭友にアケボノシュスランを目当てと宣言して探してみたけれど外しました。
c0008948_1555736.jpg

ウシタキソウ 葉の基部ハ-ト形 ミズタマソウ クサビ形 牛滝はどこからきたのかなこれじゃ売れない
c0008948_1602129.jpg

                                                ホトトギス
c0008948_17543655.jpg

 畑に植えられていたレンゲショウマ、青空が似合わないな樹林帯の霧が立ちこめるほ暗い場所がお似合い
レンゲショウマのイメ-ジ推定年齢43歳 2児の母 B86W58H86 補正下着は使っていません体重52キロ
慎重166センチ セミロング 日本語をきっちりと話せる お教室見学で先生が舞いあがる山野草界の美魔女
c0008948_18162490.jpg

                                                      オニシバリ
c0008948_18232750.jpg

フシグロセンノウ 推定年齢61歳 孫3人 昔はブイブイ言わせていたが今じゃB100W100H100ビンゴサイズ
      化粧気なしブテックからしまむらLLサイズコ-ナ-常連となる。あくまでイメ-ジでございます。
                                     あぁこうして今日も暮れて行く 8月29日歩く

by takigoyama | 2011-08-30 00:31 | 自然 | Trackback | Comments(2)

清流の町三島でウナギを食う

おっとと店の外にまで並んでいるじゃありませんか、聞けば店の中まで行列ができているとか平日2時近くなのにね
さすが有名店(本町うなよし)店が多すぎて選べませんそれではと地元の方にリサ-チして三嶋大社近くの店へと
暖簾を潜れば、先客は浮かぬ顔の一組だけここは忌中払いの席かとシ-ンとしている淋しさにも程があるだろう
c0008948_20102381.jpg

                            ここへ辿り着くまでが長かったね6時過ぎに家をでて6時間
c0008948_2123258.jpg

   舌の上に乗せるとトロ~来ないねこれは干物かいそれじゃ営業妨害で訴えられるだろう
  注文からエラク早くでてきたね、捌いて焼いて というよりもパックから開けて温め直したのかも謎
  白焼き うざく 生ビ-ル1杯 花の舞(浜松地酒)2杯 塩辛 枝豆 マグロ山かけ3点セットで3500円なり
Tさんの主観的御意見御感想でありお店の価値を評価するものでは有りません
教訓 旨いものを食おうとするなら、覚悟を決めて待たなければいけません 本町うなよし確かめてみたい
c0008948_22241415.jpg

 おっとと電車が来ない みなさん静かに待っています。これが外国から褒められる行儀の良い日本人か
c0008948_7242265.jpg

小田原に戻って一杯江の島で一杯 湯河原で一杯中華街で一杯だのとウダウダやりながら待つこと1時間30分
c0008948_8384957.jpg

富士山と周辺の雪解け水が地下水となって1日100万トン(およそ25mプ-ル2000杯分)湧水する柿田川源流
c0008948_8512076.jpg

                三島駅からバスで南に15分ほどで柿田川公園    源兵衛川水辺の散歩道                                           
                                           

c0008948_9205424.jpg

               ミシマバイカモ 花はキンポウゲ科でも細かく深く裂けた葉からでは想像できない
c0008948_1092948.jpg

c0008948_1095370.jpg

                                                 からくり人形がかわいい
c0008948_10134635.jpg

                         起きてニ合昼にニ合夜に六合 一日一升飲んだという若山牧水
c0008948_1025829.jpg

                                                   三島大社内 酒神社
c0008948_10493823.jpg

ウナギには持って生まれた笑いがあるウナギの幇間(たいこ)などこれが鯉の洗いや鮎の塩焼きだと話にならない
後生鰻のブラックユ-モアはビ-トたけしの世界、信心深いご隠居さんが藜の杖(あかざのつえ)をついて・・・
c0008948_11101314.jpg

も気になる物件 宋の詩人 戴 益 (たいさい)春をさぐる 藜の杖を突いて一日中春を尋ねて見たけれど春は
帰って梅の梢を見れば春は枝先に蕾に来ていた己十分 これって青い鳥を探しに行った妻がよその男より自宅の
あかざの杖  グウタラがやっぱりいいなと見直すような話と都合良く解釈しました。 8月25日歩く
赤くなっていいるのは葉の様子からシロザかな
                                      

by takigoyama | 2011-08-26 20:10 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

第五回尾瀬で地酒を飲む会:栄川

c0008948_13442395.jpg

またかよ言われれば、あたぼうよ酒を飲むってことは生きるて~ことよ お前はバカだから酔わせないよと差別
       しないで酔わせてくれるところが偉いね、紙パック酒でも発泡酒でもアルコ-ルに貴賎なし
c0008948_14273461.jpg

同じ画像ばかりじゃないかバカヤロ-ごもっともあなたの言う通り私の聞く通り (注)バカヤロ-が似合うのは古くは
吉田茂新しいところではビ-トたけし、私の中のNo1は吃音気味のババカヤロ-たたききるぞの上田吉二郎さん
 何時までやっているんだい本題にお入りよ 御尤も 今週のテ-マは埼玉県自然保護団体植物の会に参加して
8月20日頃なら夏花は終わって秋に咲くアケボノソウを二番手として本命のヒメナミキを見ることでした。
c0008948_15583847.jpg

大宮駅西口7:40―鳩待峠11:50シャトルバスに乗換無く峠に行けるのは楽です。紅葉シ-ズン前の一休み
      なのかそれとも放射能の影響なのか、ごった返す熱気が感じられない
                さてお仕事お仕事 駐車場には球形で総苞片が反りかえるナンブアザミ
c0008948_16512887.jpg

c0008948_17342333.jpg

                                         総苞片が直立したオゼヌマアザミ
c0008948_20373859.jpg

    ソバナ 岨菜 そば けわしい山道 木道沿いで咲いている ISO800 画質はやや荒い
c0008948_2312032.jpg

                              逢えればうれしいクロバナヒコオコシ 
c0008948_23385291.jpg

  ミヤマニガウリ 両性花の株と雄株がある。穂状に付く雄花は見られなかった
c0008948_5212027.jpg

ニッコウキスゲの黄色に変わって舌状花の先は坊っちゃん刈りのように切り揃えたような オゼミズギク
c0008948_5462783.jpg

オオボケ見たかったヒメナミキは08年7月26日に(左)撮影していたねアップしなかった理由は何だったのか
鳩待峠-御池を歩いて見られた気づいたのは、5~6m間とごく狭い範囲だった、下草が刈られて後に成長したのか
            草丈は低く他の草にもたれ掛かるようにして仕方なしに咲いているようだった
c0008948_6121530.jpg

                   サワギキョウも他所では珍しいがここでは、林立している。雄性期
c0008948_6195226.jpg

                                                 カニコウモリ
c0008948_11143416.jpg

   サケバヒヨドリ 葉は3深裂すると図鑑の解説だが明瞭ではなくサワヒヨドリと紛らわしい
c0008948_14592422.jpg

尾瀬に来てコイチヨウランが見られないのはあり得ない 名前が通り一枚の葉を写しこむ手持ちでやる気のない絵
c0008948_11233996.jpg

盛りを過ぎて薄茶色に変わったのばかりでどうにか賞味期間内はコレだけ (蟻通蘭)名前の由来はアカネ科の
                     鋭い刺があり白い筒型の花を2個付けるアリドオシからの連想だろう 
c0008948_11393461.jpg

      マルバノホロシは液果は球形 オオマルバノホロシは卵形湿原など湿り気の有る場所に咲く 
c0008948_11574328.jpg
  
                                   寒さで固まるミヤマモンキチョウ (ノアザミ) 
ゴゼンタチバナ、アカモノ、タケシマラン、など赤い実が赤い実を付けて、店じまい尾瀬ヶ原は紫色が目立った
アケボノソウは囲いの中で近づけず絵にななりませんキンコウカも残り花チングルマは雨に打たれて自慢の白髪
    は茶髪系リンドウケ系は蕾 雨の中だったがおおよその花は見られた8月20―21日歩く                                           



  

by takigoyama | 2011-08-22 13:44 | 自然 | Trackback | Comments(0)

誰が食ったんだ:ナツエビネ

自分の財産を数えられる内は本当の金持ちではない、チラ見してだけでナニ見てんのよ光線を発する内は本当の美人
じゃない下心丸出しで見つめてもナツエビネは意に介さずに許しくれる自分を美人と認識していない本物の美人だろう

c0008948_1235415.jpg

里山の貴婦人ナツエビネが咲きだしたと12日に座間市のUさんからメ-ルを頂く16日なら下から咲きだした花が
順々に上まで咲いてさぞや見頃だろうと期待していたら、2株6本有る花芽は虫に食わ花茎は折れ落花して無残
                あ痛いたった
c0008948_13302299.jpg

                執念で見つけた別株 咲いていない残念 この付近にはまだまだ残っていそう
c0008948_14361866.jpg

 モウセンゴケとオオナンバンギセル こんな 妙な環境組み合わせも さく果とカヤ類の組み合わせに納得
c0008948_15114129.jpg

水抜き孔周りに押しだされた土砂にススキが生えてそれに寄生するナンバンギセルたくましい ミョウガ畑には群落
c0008948_17341120.jpg

                           ウメガサソウとギンリョウソウモドキのさく果 渋すぎるコラボ
c0008948_1740145.jpg

                                                    シャクジョウソウ
c0008948_21114482.jpg

                                         大仏ヘア-スタイルのシロオニタケ
c0008948_21131397.jpg

ヘビキノコモドキ 示し合わせたようにUさんお友達のキノコハンタ-さんに出会い教えて頂きました。謝謝
                       車道脇は常緑樹の森その20-30m下は自然度濃厚な静寂境 
c0008948_212344.jpg

                                                 本日もご機嫌Tさん
c0008948_2129686.jpg

                                                       硫黄
c0008948_2251828.jpg

                      隠れているつもりだけどバレバレのヤマアカガエルの幼体
c0008948_2264214.jpg

                   屈伸運動のように前後ろ足を繰り出してスイスイと進むアメンボ
c0008948_22124538.jpg

閉じ込められたた窪地から深みへと、救出したつぶらな瞳のギバチからまだお礼はないこの次あったらカバ焼きだ
c0008948_2221557.jpg

   ホンゴウソウを再訪してみると雨後の筍状態 根元ばかりか1m離れた場所でも発生していた。
c0008948_222450100.jpg

案内していただいたUさん推奨物件のクロムヨウランとアケボノシュスランは姿を見せず申し訳ないと落胆のご様子
独り歩きではおまけも無く敗残兵の如く酒も飲まずに帰るところを、スクラッカ-ドで一人分無料を当てて
                         おいしい酒まで飲めてなんの不満もございません  8月16日歩く
 





           

by takigoyama | 2011-08-17 12:35 | 自然 | Trackback | Comments(0)

鹿柵を越えて高登谷山北西尾根へ

c0008948_16571932.jpg

なにをやってるんだこのオヤジ達はて、ご意見無用でございますこの鹿柵を突破できないと物語は始まりません
c0008948_210413.jpg

                                              降車地点より高登谷山
c0008948_2122338.jpg

                                                     推定ル-ト
c0008948_19493610.jpg

1462m標高点1551.8m三角点(みっからない)がある尾根なのにググっても記録が無いのは怪しいねリ-ダ-が
町に問い合わせたところ昔は歩かれていたが、まつたけ山があり地元では踏み込んでもらいたくない由今では別荘地
周回ル-トがメインになっている。昭文社ル-トで大人しく歩くにはかったる撤退含みで現地判断とするレタス農家の方
も180センチの鹿柵で行けないという、そこは赤信号みんなで歩けば怖くない烏合の衆歩かせて頂くとご挨拶をして
c0008948_215676.jpg

                                     レタス畑が広がる扇状地の外れから取り付く
c0008948_2114731.jpg

                             1462m点まで計曲線3本を登るだけなのにモウバテバテ
c0008948_22191919.jpg

                                                   東側斜面はアカマツ林
c0008948_22252749.jpg

1700mを過ぎると牧柵の名残だろうか朽ちた有刺鉄線でてくる。展望のない道が続いて唐突のように山頂に着く
c0008948_13204063.jpg

  下りは大人しく南西尾根へ時間が有れば北西尾根を下りたいが鹿柵が待ちかまえているだろう
c0008948_13222026.jpg

c0008948_13284345.jpg

下れば三鷹市川上自然の村や蕨市信濃わらび山荘など利用者の利用者が軽く歩くような裏山だった。
c0008948_13382757.jpg

                                                     ヤハズハハコ
c0008948_13392084.jpg

                     タカネママコナ(初見)咲き始めなのか花付き少なく画にならない
c0008948_13432117.jpg

       花はキオン、フシグロセンノウ、ノリウツギ、ママコナと少ない       ミヤマモジズリ
c0008948_13575192.jpg

 体力勝負の18キップも運よくビュ-やまなし号に乗れて、ちょっとお得感のある山行になった8月13日歩く

by takigoyama | 2011-08-14 16:57 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

坂道を巡り/モンベル/芋甚/やなかコ-ヒ-

c0008948_10512393.jpg

三郷―武蔵浦和―池袋―高田馬場―下落合 タモリのTOKYO坂道美学入門をガイドに下落合駅前を東
 へ電車から見えた氷川神社を目指して新目白通りを進みます。簡略化したイラストの地図では解りにくい
グ-グルを住宅地図並みに拡大すると会社やアパ-トなど目印となる名称が表示されて大いに役立ちます。
c0008948_11414642.jpg

c0008948_12195045.jpg

区立落合第四幼稚園を北へ相馬坂を上がる右手の森は将軍家の御鷹場 おとめ山公園暑は濃い緑と湧水で涼しい
c0008948_12384835.jpg

   地形的に新目白通りが川床ならそこから両脇の斜面は坂(尾根)が立ちあがっている おおよそ標高差35m
c0008948_15101667.jpg

c0008948_1529869.jpg

                           谷戸、屋敷林、狭い路地 坂道 地形は複雑
c0008948_15563826.jpg

                    薬王院西側の無名坂を登ると行きに見た久七坂上に出た10:40
c0008948_1624247.jpg

              陽射しはすでにアスファルトの照り返しもあり熱中症の黄色信号  9:40
c0008948_20245621.jpg

                          新目白通りに戻り駅前交番西北へ西坂を登る
c0008948_20514242.jpg

   霞坂を下って、歩道橋で新目白通りを跨ぐ無名坂を登り見晴坂を下れば中井商店街
c0008948_21221651.jpg
          
c0008948_21444692.jpg

c0008948_2145864.jpg

東新宿周辺の坂を計画していたが身の危険を感じる暑さ大江戸線で新宿に向かう南口サザンテラス宮崎
                              と北海道のアンテナショツプに立ち寄る
c0008948_2152594.jpg

c0008948_21541474.jpg

               モンベルカ-ドで3%引き在庫が無くても送料無料で送ってくれる
c0008948_21561052.jpg

  ノ-ファインダ-撮影 JR新宿―西日暮里―千代田線千駄木―団子坂上―藪下通り―根津神社―芋甚
c0008948_21595876.jpg

          オヤジ独りでは注文しずらいバニラとお倉のアベックアイス妻は氷あずきとあんみつ
c0008948_2212266.jpg

c0008948_222221.jpg

                      言問通り坂は弥生坂 焙煎を待つ間に暗闇坂周辺を散策
c0008948_2273618.jpg

c0008948_2295427.jpg

                                              猛暑日の8月11日歩く




                  

by takigoyama | 2011-08-12 10:51 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

ISO800 手持ちノ-フラッシュ撮影

    ↑階段ネコどこのプロダクション所属なの演技しているね、誰が振付たのこんな写真を撮りたい
c0008948_22203616.jpg

c0008948_2222772.jpg
c0008948_22222334.jpg

c0008948_22283645.jpg
c0008948_22285669.jpg
c0008948_22291056.jpg
c0008948_22292558.jpg

c0008948_22304439.jpg

                                        8月6日歩く

by takigoyama | 2011-08-09 22:20 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

takigoyamaさん帽子を買いに川崎へ

c0008948_2244582.jpg

 辻野帽子店オリジナル麻ストロ-ハット (川崎市砂子2-1-12) 風が通りハットしてグ-
c0008948_2251686.jpg

三郷中央11:02―北千住11:15―人形町11:33―泉岳寺11:38―京急川崎12:03
乗り換えは多いが秋葉―京浜東北線と比べると30分早い 1時間で川崎へ信じられない
c0008948_1417195.jpg

                                    昭和レトロを探しに川崎大師へ
c0008948_14202064.jpg

c0008948_14204883.jpg

c0008948_14214418.jpg

                                             そそる物はなし
c0008948_1423126.jpg

神谷バ-も続けて飽きたね北千住天七揚げ物の気分じゃない 10人で一杯の立ち食い寿司
  大トロが250円と値段も安く、味もいいなにより回っていないだから職人が対面で握るよ
この手の店は軽く飲んで早めに切り上げるのは粋なんだけど関アジに関サバ、サンマ、コハダ
イワシと光物が揃うと止まらないねそんなもんだで、ダラダラとやっていたら怪しげな雲行き
c0008948_15104957.jpg

ナツメウナギを右の国際通りをちょっとでつくばエキスプレスの駅なんだけど菊水通りを西へ
合羽橋へ向かったら怪しい雲行きはゲリラ豪雨だったのね小一時間ほど雨宿りも絵心を刺激する
                              場面に遭遇して何が幸いするか解らない
c0008948_15365677.jpg

c0008948_15371897.jpg

c0008948_15374098.jpg

c0008948_15442278.jpg

c0008948_15443929.jpg

                                              8月7日歩く

by takigoyama | 2011-08-07 22:45 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

第36回山頂で地酒を飲む会:天女山

c0008948_23383147.jpg

                                   山梨県北杜市白州町 七賢
c0008948_1145167.jpg

c0008948_11454499.jpg

                   平日は中央線の接続が良く5:20始発―登山口9:40
c0008948_12353573.jpg

   一本だけのエゾスズランを構図を変えて撮影(クリック拡大)緑の中で目立たない
c0008948_15184966.jpg

c0008948_1519479.jpg

c0008948_1521487.jpg

                                    笹原と樹林帯で花は少ない
c0008948_15224225.jpg

                                           キンミズヒキ
c0008948_15242267.jpg

                                           ミツモトソウ
c0008948_1538653.jpg

ヤナギタンポポ
c0008948_1538361.jpg

                                            ウバユリ
c0008948_15411548.jpg

 草丈が高く全体を入れると花は小さくてわからないどうとっても難しい オニルリソウ
c0008948_15505468.jpg

                                    タチフウロとカワラナデシコ
c0008948_15514095.jpg

                         測量中 GPSチップの埋め込み作業なのかな
c0008948_15515866.jpg

                            アンアン ノンノン族が見当たらない清里
c0008948_15592494.jpg

                                     今日も元気で酒もウマイ
c0008948_1612122.jpg

            今日も元気で氷結がウマイ             8月4日歩く

by takigoyama | 2011-08-04 23:38 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

第35回山頂で地酒を飲む会四阿山/根子岳

c0008948_734314.jpg

血圧129―77 中性脂肪109 HDLコレステロ-ル86 LDL116 基準値をクリア-
  γ-GT(γ-GTP)飲酒による肝臓の障害を調べる。基準値50以下 66
腹囲74.5 BMI21.6 メタボリックシンドロ-ムではありません 保険指導レベル
該当ではありません 6月の健康診断でもっと酒を飲んでいいよとお墨付きをもらった。
c0008948_10281543.jpg

池袋駅東口(西武バス)9:40=上田駅12:59 路線バス菅平14:06  1甲府-小淵沢
                       上田と18キップで乗り継ぐよリ高速バスは体が楽
c0008948_12454099.jpg

                7月31日は宿に入るだけの行程だけダボスの丘を散策する。
c0008948_64425.jpg

                                           1420mにある宿
c0008948_648275.jpg

日がな一日寛ぐ牛たち少しは生産的なことをしなさいと言っても無反応 牧柵沿いに四阿山へ
c0008948_7121876.jpg

                    ハクサンオミナエシと根子岳(ありがちな山岳写真)
c0008948_844416.jpg

さんの撮影術 記録画質RAW ラ-ジファイン記録画素数約10M ISO100~400
暗い場所は800 絞り優先F2.8~5.6 手動ピント合わせ 手持撮影 レンズマクロ50mm
  そして一番肝心なのは お祈り花によってお祈りレベルは0~10
0は写さない↑ミネウスユキソウは水滴が付いてレベル4 頼みますうまく写ってねとパチリ
c0008948_8584562.jpg

           エゾシオガマ レベル2 まぁ写しておこうクラス お祈りに力は入りません
c0008948_9254024.jpg

イワオウギ お賽銭付きレベル7 大きな アップロ-ドサイズですが拡大すれば良し悪しが分かる
c0008948_95404.jpg

    手と手と合わせて「しあわせ」南無~はまずいか こちらも高レベルな ヒメシャジン
c0008948_105402.jpg

                                   ここでは珍しくない グンバイヅル
c0008948_1073494.jpg

                   あおって撮れば、密線も写っていた ベニバナイチヤクソウ
c0008948_10105134.jpg

                                   特にコメントはない ウメバチソウ
c0008948_1014725.jpg

       上唇がクチバシ状なるほどシオガマと同じの ゴマノハグサ科 トモエシオガマ
c0008948_1028843.jpg

                               ランは少ない たぶんオオヤマサギソウ
c0008948_10301340.jpg

               マルバダケブギ 人物写真の借景として採用 根子岳最後の登り
c0008948_103825.jpg

       牧場に迎えに来てもらい風呂に入り生ビ-ル バス停に送ってもらって上田へ
c0008948_10392362.jpg

     上田駅前の地下にある老舗の蕎麦屋 バカウマ そば焼酎の蕎麦湯割りは絶品
   キレイなパンツに履き替えの~居住まいを正して~ニ礼二拍一礼のお賽銭を
              弾みたくなる花は無かったが種類は多い 7月31日~8月1日歩く

by takigoyama | 2011-08-02 07:34 | ハイキング | Trackback | Comments(0)