<   2011年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

萌街秋葉原そして:スカイツリ-浅草へ

c0008948_185144.jpg

     フィギュヤ萌 ガンダム萌 電子パ-ツ萌 メイド萌 秋葉原は萌街だね
c0008948_9174529.jpg

c0008948_9222094.jpg

カメラメ-カ-の中でパナソニックは持ち込み即修理と対応が良い クリ-ニング(2時間)
c0008948_9254476.jpg

ヨドバシカメラにて価格調査 シグマSD1は60数万円これじゃカメラ萌でも手がでません
それでも売れているとういからお金持ちはいるもんだね、SD1の画質を見たら、懐勘定をして
買わない理屈を探すのは野暮というもの 他社のフルサイズデジカメを圧倒する画質だけは
     カメラ界の水戸黄門 この紋所(SD1)が目に入らぬか みたいなもの
c0008948_12403966.jpg

                          (日比谷線)秋葉原―人形町(浅草線)押上
c0008948_1251324.jpg

       スカイツリ-見物は平日の猛暑日に限る。ツア-客はなし 人だかりなし
c0008948_12564161.jpg

              鏡に映る自分とスカイツリ-を写せるこの場所も待ち時間なし
c0008948_1259097.jpg

  北十間川に架かる橋は撮影ポイント京成橋 東武橋 小梅橋 逆さツリ-源森橋
c0008948_1341751.jpg

c0008948_1364523.jpg

これが見えたらもういけません トントントンと22Fまで駆け上がり姉さん黒だよと正しい
                               オジサンの始まり  
c0008948_1838470.jpg

c0008948_1316865.jpg

c0008948_13163560.jpg

c0008948_13165450.jpg

                                         壁ツリ-にWツリ-
c0008948_13195847.jpg

  鼈甲問屋の奉公人文七が集金した50両を掏られたと勘違いした。枕橋
c0008948_1325487.jpg

文七がご主人様に申し訳ないと飛び込むところを長兵衛(左官)に助けられた吾妻橋
                             (文七元結) 落語に出てくる場所
c0008948_13341591.jpg

吾妻橋を渡れば神谷バ-相席ながら、オレに話しかけるなよオ-ラを発して一人酒
 たいへんよくできました  タマランチ×2               6月29日歩く

     

by takigoyama | 2011-06-29 18:05 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

引かれ者の小唄のようにカロ-大滝

ファミリ-系やのんびり顔のお仲間系が占めるホリデ-快速奥多摩号に手足の新ハイ系
は見られません、この時点で不安と言うより鷹ノ巣山に登って下りは何処へと思案する。
そんな中でも御岳駅のホ-ムが埋まるほどの降りたハイカ-の群れの中にスポニチ登山学校
  で世話になったジャヌ-北壁登頂者のKさんの姿を見かけたのがはうれしい瞬間でした。
c0008948_443404.jpg

いたんですね、お仲間が受付ハガキの時間を疑いもせずに信用したゆっくり組みが4人そこは
新ハイのお姉さん方、逆回りでカロ-大滝まで行って向かい合うとのうれしい申し出に急遽
おいてぼり登山隊を結成する。日原鍾乳洞で聞けば1時間前に50名の本隊が通ったと言う
c0008948_859155.jpg

二等分する本流を左方に赴くとカロ-ノ大瀧だ。カロ-川最奥の秘瀑、頗る丈高いものでこれを
一瞥するだけででもこの渓へはいる価値がある。 奥多摩渓谷 岩根常太郎 昭和13年初版

行手頭上にシャアシャア足る飛瀑を仰ぎ見る。此の渓最奥最大のカロ-大瀧で、目測30米も
あろうか、実に見事である。バックの巨岩に対して、いささか水量が物足りないが環境の雰囲気
    ピッタリした、好もしい美観を展開している。日原を繞る山と谷 眞鍋健一 昭和17年

濡れた桟道を渡り返し足を滑らせれば渓の落ちる緊張を強いられてジワジワと高度を上げて
                        辿り着いたカロ-大瀧についに来たかの感慨がある。
c0008948_14414630.jpg

                               一般の方に付き画像を加工しています。
c0008948_1442325.jpg

                      怪我の功名てやっですか団体だと写真を撮るのが難しい          
c0008948_1464264.jpg
            (奥多摩) 登山地図帳 眞鍋健一 昭和22年 山と渓谷社  定価5円
c0008948_1616258.jpg

中段歩道でハンギョウ尾根へ エゾハルゼミが鳴き足元はフイリヒナスミレとフイリフモトスミレ
c0008948_16432464.jpg

モノレ-ル沿いの歩いたのち、巡視路を追ってカロウ橋に戻りみなさんと無事を喜びあう
c0008948_16552640.jpg

ミヤマナミキ 見た花 キリンソウ ヨツバムグラ キツリフネ ハクンボク オオバアサガラ
             ちょっと変な歩きになったが 楽しい時間を過ごせた 6月26日歩く
              

by takigoyama | 2011-06-27 04:43 | ハイキング | Comments(0)

関東のお笑いが好き


by takigoyama | 2011-06-22 22:02 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

キャンデ-ズの隠れた名曲


今日は蒸し暑っかね午後になって夏雲ほどでなが入道雲が湧いてきたらザァ-と来た。
夏になれば定番CMはキンチョ-の夏とス-チャンの揖保の糸だね Tは大門ソ-メンが好き
  釣り具屋の娘さんだったか、ボケても受けてくれそうな下町のお母さんみたいだったな

by takigoyama | 2011-06-21 19:47 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

梅雨だくというよりもつゆ抜きの:狩場山

        大ダワにてここで降りるか計画通りに鶴寝山北尾根を降るか相談中
c0008948_2082689.jpg

つゆだく:牛丼に出汁を多めにかけることつゆが多くて山を控えてらこの時期は山歩きはできません
      出汁は少なめのつゆ抜き予報だものこの陽気なら濡れもかえって気持ちいいかも
c0008948_22193694.jpg

                                小菅川をこわごわ渡って尾根に取り付く
c0008948_9194432.jpg

山腹を巻くように作業道を進んで崩落地を、桟道で渡ると索道やウインチが放置された小屋掛け
 の裏から登りにかかる。樹林帯が傘代わりとなり予報より早く降り出した雨も苦にならない
c0008948_9462174.jpg

                                          散り敷くハクウンボク
c0008948_9502216.jpg

明治三十四年、宮内省より、丹波山、小菅村の両村及び氷川村日原川の重要部び存在する
   御料林面積八千町歩を譲り受け、植林を開始すると同時に日原川水源一帯の民有林
     約四千町歩を保安林に編入して保護を確実にしたのである。田島勝太郎(山行記)
c0008948_10265612.jpg

                100mほどキツイ登りがあるが、周囲は巨木が点在している。
東へわずかに下ると牛の寝通りにでて辛い登りはなく大マテイ山~鶴寝山へ向かう
c0008948_1042825.jpg

c0008948_10342593.jpg

                                         ブナが多い巨樹の道
c0008948_10393694.jpg

     鶴寝寝山から北へ下った鞍部にある山ノ神 北へダイレクトに小菅の湯を目指す
c0008948_10442921.jpg

                                              小永田浅間
c0008948_10485056.jpg
c0008948_1049878.jpg

c0008948_10492725.jpg

(奥多摩)田島勝太郎 昭和10年 (ハイキング)徒歩行雑誌 第二大菩薩号特選 昭和10年
                    にも付近の新緑の土室沢:甲州小金沢里譚の記事がある。
c0008948_10584268.jpg

c0008948_1059713.jpg

小菅の湯物産館裏に着地して汗を流して、ビ-ル片手に乗り込むバスは金風呂で奥多摩行き
      に接続している。駅前で沢の井を仕入れてホリデ-快速の客になる。6月18日歩く
c0008948_12585722.jpg

ベニバナギンリョウソウTのはウスベニウマズラギンリョウソウ いつかは綺麗なタイプに会いたいね
       桜じゃないからギンリョウソウの下に死体は埋まっていないだろう 

by takigoyama | 2011-06-19 16:55 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

どこが違うの:14

c0008948_12373462.jpg

コテングクワガタ 山の中でも人工物がある建物や整地された芝やクロ-バ-の中に咲いていた。
テングクワガタ  1500m以上の山で見ました。
c0008948_12375758.jpg

by takigoyama | 2011-06-16 12:38 | 自然 | Trackback | Comments(0)

JR東日本パスの旅/仙台/盛岡:観光

c0008948_1042156.jpg

                               仙台に途中下車して青葉城を見学
c0008948_10101050.jpg

c0008948_10234839.jpg
c0008948_10241645.jpg
c0008948_10243930.jpg

         明治十八年創業 仙台駄菓子 河原町 味もご主人も店の設えも上品
c0008948_10255986.jpg

                           明治二十六年創業 盛岡駄菓子 明神町
c0008948_10321327.jpg

                  慶長十四年と刻まれている青銅擬宝珠 盛岡市上の橋
c0008948_10422060.jpg

                       
c0008948_10565496.jpg

                                     白沢せんべい店 紺屋町
c0008948_10595964.jpg

c0008948_1114129.jpg

c0008948_112121.jpg

紺屋町番屋
c0008948_117611.jpg

                                                 ござ九
c0008948_117556.jpg

                                              旧盛岡銀行
c0008948_11141257.jpg

冷麺 あさ開 街並みも良いね MORIOKAというその響きがロシア語のようだった
                                   荒井由実 緑の町に舞い降りて
                        盛岡信用金庫本店 6月12日-13日歩く

by takigoyama | 2011-06-15 10:04 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

JR東日本パスの旅/八戸観光

c0008948_17265835.jpg

      気の置けない友人の家で一杯やるような雰囲気の本八戸 みろく横町(さくら)
c0008948_17364526.jpg

JR東日本一日乗り放題+新幹線指定席券込みで1〇〇〇〇円 2枚使えば遊びが広がる。
c0008948_17405432.jpg

                   復興支援なんてできません東北で酒を飲むだけらな出来る。
c0008948_22113151.jpg

    鉄旅は山岳展望が楽しいな日光までなら同定できてもその先はわかりません
東北新幹線はトンネルが多い福島―宮城国境は長い蔵王トンネルが貫き盛岡―八戸間も多い

唐突で相すみません 国境の長いトンネルと言えば 国境の長いトンネルを抜けるとですな
   やだょお前さん家は出口のないトンネルに入ってるんだよ窓を開けるんじゃないよ
もっと真っ黒になっちゃうよ 志ん生バ-ジョン

三遊亭圓歌バ-ジョン 国境の長いトンネルを抜けると山の穴穴穴彼方の空遠く~~幸い住むと
                      人の言うあなたもう寝ましょうよ

   国境の長いトンネルを抜けると雪国だったのかと問われて 可及的速やかに
 様々な意見認識判断を総合的に踏まえた上で幾つかの点において一年という時間の経過および
AKB48総選挙の動静をも慎重に勘案してお答えをすべきと認識をして点には付いては熟慮する所存
と思考している昨今でございます。 舌が長いだか短いだか分けの分からぬ日本語使いの名人
                                       エダノ管簿朝刊バ-ジョン

c0008948_19465324.jpg

暖簾を潜るには、まだまだ熟れていないお年頃怖いもの見たさの肝の据わりもございません
 一見の客を拒否するかのような店構えはどん引きオ-ラにたじろいてしまうなこれまでの俺
の人生は何だったのか、この店勝負できない反省と後悔を残して立ち去る小takigoyama先生
だった、たとえ馴染み客と微妙な間合いで飲んでいる店に入ろうものなら(想像)緑○子さん風の
これでもかこれでもかの厚化粧というよりコ-テング女将に何か用かい と酒焼けした声で軽く
あしらわれてしまいそう、そこはこう見えても紳士のT先生は心の中であんたが妖怪だろうと
                                                 ツィツタ-
c0008948_20424953.jpg

   淋しさに負けたいえ世間に負けた臭が濃い昭和通り 
c0008948_20485830.jpg

             ハーモニカがほしかったんだよ
           どうしてかどうしてもほしかったんだ
             ハーモニカがほしかったんだよ
          でもハーモニカなんて売ってなかったんだ

                 戦争に負けたんだ
                カボチャばかり食ってたんだ
                     (谷川俊太郎/ハーモニカブルース )

      小takigoyama先生 慟哭 涙ぐむ 咽ぶ泣き 嗚咽 泣き濡れる 忍び泣き 嘘泣き
c0008948_21145389.jpg

               タマランチ会長と妻はどの店に入ろうかと野良犬のように横町を探索 
c0008948_21314375.jpg

  歩きまわった挙句振り出しに戻って(昭和通り)を親切に教えてくれたこの店で一杯
c0008948_21561539.jpg

せんべい汁 二塁打 おでん(トマト)チ-ズ付き 三塁打 如空(酒)二塁打 おねさん1.5打
        居心地三塁打 勘定二塁打 イチロ-も顔負けのマルチ安打 大当たり
c0008948_23321267.jpg
c0008948_23324577.jpg

           鮫も本八戸の町は良質なダメ-ジジイン-ズ風だった 意味不明







 

by takigoyama | 2011-06-14 17:27 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

JR東日本パスの旅/八戸:種差海岸の花

c0008948_8312630.jpg

 スナビキソウ(ムラサキ科)のどの色でヤマルリソウの仲間と連想できればさらに楽しい
c0008948_10124222.jpg

                                            八戸市 種差海岸
c0008948_1013239.jpg

                                               ハマエンドウ  
c0008948_10292775.jpg

c0008948_10295880.jpg

c0008948_1165137.jpg

    ハマナス
c0008948_1172938.jpg

ハマヒルガオ
c0008948_11253997.jpg

c0008948_11255888.jpg

オオダイコンソウ
c0008948_1331918.jpg

                                              クサフジ
c0008948_13321652.jpg

                                             エゾフウロ
c0008948_13325877.jpg

                                            ボタンボウフウ
c0008948_13334013.jpg

                                                ハマウド
c0008948_13341756.jpg

                                           ニッコウキスゲ
c0008948_13344963.jpg

                                            センダイハギ
c0008948_1355558.jpg

            東北自然歩道 種差海岸―葦毛崎展望台(5.2k) 6月13日歩く


       

by takigoyama | 2011-06-14 08:31 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

女王様VS高原のお嬢様:車山

c0008948_6223633.jpg

癒されるな、清純派女優に例えるならメジャ-な内藤洋子というより誰も知らない尾崎奈々風
多すぎる紫条が煩雑なアリヤケスミレは片づけられない汚部屋系スミレ 控え目なシロスミレは
  エナメル質がすり減るほど歯磨きをしたり何時間でも手洗いするやや不潔恐怖症スミレ
         「個人の感想であり特定のスミレを誹謗中傷するものではありません
c0008948_9362851.jpg

                         目的のシロスミレは30本ほど 歩いていれば見られる。 
c0008948_7143852.jpg

サクラスミレはスミレ界の女王というより舞台映えしそうなデカ顔 そして東●久並みのうっとおしい
  ソ-ス顔 これもあくまでの個人の感想ですのでスミレファンのみなさん怒らないでね
c0008948_727019.jpg

                             登山道でも林道でもスミレと言えばサクラスミレ
c0008948_727235.jpg

c0008948_7273917.jpg

     こんなのばかり関東では珍品でも、タチツボスミレのほうがはるかに少ない
c0008948_8471321.jpg

c0008948_8534823.jpg
                       いきなりチシオスミレとご対面 ちょっと痛んでいて残念             
c0008948_8473349.jpg

                                 蓼科山をバックにキンポウゲ
c0008948_8583435.jpg

                                          お疲れモ-ド
c0008948_9282615.jpg

     草原を染めレンゲツツジはまだ咲いていない      ショウジョウバカマ
c0008948_9322925.jpg

                                        樹林帯は少しだけ
c0008948_9395738.jpg

お泊まりこちらヒュッテみさやま 清潔で自家焙煎のコ-ヒ-もおいしく手作りのケ-キもイケます。
c0008948_11255440.jpg

  ヒュッテの前は沢が流れニリンソウ サンリンソウ シロスミレ クリンソウが見られる。
c0008948_1128222.jpg

                                            ホソバノアマナ
c0008948_1130545.jpg

コテングクワガタ テングクワガタ(ゴマノハグサ科)花だけ見ればオオイヌノフグリ
c0008948_11361447.jpg

                                            夕食は自炊 
c0008948_11432381.jpg

  泊まりならではの贅沢鳥の声を聞きながら薄霧の中八島湿原に向かう
c0008948_12391965.jpg

                                 ナニコレ珍百景的な ヤドリギ
c0008948_13201332.jpg

奥霧小屋-物見岩-蝶々深山-車山乗越-殿城山分岐-北の見見-男女倉山-奥霧小屋-沢渡
   車山肩 これなら妻でも歩ける。お散歩コ-ス めぼしい花はありまあせん
c0008948_13293284.jpg

c0008948_13304382.jpg

上諏訪市諏訪甲州街道に面した「鍵の手」には軒を連ねるように三軒の醸造元がある
新券で出されたお釣りに老舗の心構えに感動 さらにハザ-ドを点けた路線バスが停留場
 でもないのに止まり何か変と訝っていると車山肩から乗ったバスに置き忘れたポットを
 運転手さんが手渡してくれるなんて信じられない出来事もあり、まるで韓国ドラマ風の
       なんの脈絡もなく二人が偶然出会うような摩訶不思議な気分でした。
c0008948_1358786.jpg

           さらにもっと素敵な出会いがあり今後の展開が待たれる。6月8-9日歩く
        




 

by takigoyama | 2011-06-10 06:24 | 自然 | Trackback | Comments(4)