<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

花の終わった後は

c0008948_23595197.jpg

オバケのように巨大化したミズバショウ スミレの類も今頃は三倍ぐらいに葉が大きくなる。
ワダソウじゃないのいいやワチガイソウかも、いずれも自分の見た目で判断しがちですが
ヒケネワチガイソウ 蕚片5-7枚 ワチガイソウとワダソウは5枚 6枚あれば同定できる
     花柄に毛の有無 蕚片の毛など判断材料があるが蕚片が分かりやすい
ワチガイソウとワダソウの花後は見ていないので分からないが 葉の雰囲気はどうなんだろう

by takigoyama | 2011-05-29 23:59 | 自然 | Trackback | Comments(0)

酒屋へ三里豆腐屋へ二里:渡良瀬遊水地

c0008948_22105899.jpg

新古河駅西口から堤防の上に出ると、東京ド-ム何個分有るんでしょうか望洋とした眺め
       が広がります。土手では震災で地割れした補修が行われていました。
c0008948_2243593.jpg

  駅前にはコンビニはありまえん用意しないと30分以上かけて道の駅で買い出しになる。
c0008948_785210.jpg

  中央エントランスより下宮橋を渡り南へ向かう レンタサイクルを利用すのがいいかも
c0008948_7133386.jpg

  野鳥観察に 餌釣り サイクリング ランニング ボ-ド サ-フィンなど水陸を楽しめる。
c0008948_717424.jpg

                                 ジャムにする桑の実を採る人もいる。
c0008948_7214199.jpg

           アジサシ
c0008948_739967.jpg

                       見学したゾ-ンが違い野草は乏しい キキョウソウ
c0008948_746199.jpg

          旧谷中村ゾ-ンには邸宅跡 墓地 雷電神社跡 延命院跡などがある。
c0008948_754553.jpg

                            ウオッチングタワ-からは360度の展望
c0008948_7542855.jpg

c0008948_834363.jpg

              繁桂寺前のセンダン              
コース 新古河駅~谷田川橋~中央エントランス~西橋~中の島~東橋~谷中史跡保存ゾーン
~管理棟~野鳥観察塔~子供ゾーン~展望台~ヨシ原浄化ゾーン~親水多目的ゾーン~
北エントランス~藤岡町湿地資料館~繁桂寺~藤岡駅 歩程約5時間 5月26日歩く
  
  

by takigoyama | 2011-05-28 22:04 | 自然 | Trackback | Comments(0)

takigoyamaさんの小仕事:高尾

c0008948_22372635.jpg

      嫉妬されるようク・・・・・・。。。イ草もこのあたりにありそう 今日の出し物 エビネ
c0008948_4142145.jpg

                7~8本みたが咲いているのはなかった      ワニグチソウ
                              下の2花には苞が3枚あるように見える。
c0008948_425696.jpg

                                高尾では珍しくないのか キンランは
c0008948_429937.jpg

                                              ガクウツギ
c0008948_435654.jpg

                                             コゴメウツギ
c0008948_4494769.jpg

                                            ツクバネソウ
c0008948_4501816.jpg

                                          セリバヒエンソウ
c0008948_4572380.jpg

                                           ナワシロイチゴ
      思い立ってのおさんぽだったが、それなりに収穫はあった。 5月25日歩く


   

by takigoyama | 2011-05-25 22:37 | 自然 | Trackback | Comments(0)

今日を逃したらお目にかかれない:ホテイラン

c0008948_12435639.jpg

普段は冷静-沈着-脱兎の如く座席を確保することもなく、長いレジ待ちでもイライラすることも無く
  東に足を攣ったご婦人があれば優しく介抱して、西にもぅ歩けないとゴネルご婦人には
  ボッカをしてやり、南に薬を飲み忘れたご婦人には飲まなくてもいいクスリをのんで教え
  北に寝込んだご婦人があればおかっさんお粥が煮えたよと看護する。仮面紳士
も素に戻ってしまうホテイラン      タマランチ会長大興奮
c0008948_13172664.jpg

                               お前ら来るなよ的な環境に咲いている
c0008948_13203975.jpg

                                  プロミス×85はチチブシロカネソウ
c0008948_13494247.jpg

c0008948_1350473.jpg

I先生6月22日埼玉県某所での観察会ならこのメンツなら当然でしょう、織り込み積みで参加
c0008948_15234576.jpg

c0008948_15334811.jpg

日頃なにかとコウルサイT氏もグゥ^~の音もでない ミヤマスミレ斑入りと揃い踏みグググ-
c0008948_15384271.jpg

                                           コミヤマカタバミ
c0008948_1541431.jpg

       元アイドルのT氏もこの可愛さには負けたと申していました。  ヒメイチゲ
c0008948_1602848.jpg

       シデ類の中では葉基部がハ-ト型のサワシバ 枝先は雌花 紐状は雄花
c0008948_1633479.jpg

                                           イワセントウソウ
c0008948_16332959.jpg

                                            ミヤマアオダモ
c0008948_16341092.jpg

                                              イワネコノメ
c0008948_1636413.jpg

                霧の中の後ろ姿が元美少女も喜んでいました。    5月22日歩く

                                

by takigoyama | 2011-05-23 12:44 | 自然 | Trackback | Comments(2)

バスを降りれば1200mもう登った気分の源次郎岳

c0008948_448478.jpg

どこのル-トでもみなさん歩いた山ばかりで悩みますがリ-ダ-の特権で未登でしかもラクチンの
                 甲斐大和―嵯峨塩鉱泉―源次郎岳―恩若峰―塩山を計画する。
 増発されたバスで嵯峨塩で降りたのは我ら6名だけしかもバス停前が登山口で分かりやすい
c0008948_9164091.jpg

                                 泊まりのお客さん用なのか標識は多い
c0008948_9355147.jpg

 たとえ逃げた女房が詫びを入れて帰ると言っても忙しいから来月にしてくれと言うだろう 
           そんな 新緑に目に見えぬ風までがすがすがしい美しき五月 
 最近のお気に入りカメラ(DMC-LX5)を地面に押しつけてロ-アングルで環境を映しこむ
c0008948_950819.jpg

                                       ツクバキンモンソウ
c0008948_10172390.jpg

                                  トツプで歩く戦場カメラマンは大忙し
c0008948_957156.jpg

                                             源次郎岳分岐
c0008948_10284298.jpg

三等三角点は西端の草地に埋もれその直ぐ南方には枡岩と称するこの付近では有名な
大岩がある。新しき山の旅 ハイキングペンクラブ 昭和17年 筆者のTさんは新ハイ大先輩
c0008948_11281735.jpg

                    二番手を歩くのは7月で80歳になるこれまた大先輩のSさん
c0008948_11534597.jpg

                     源次郎岳を後にして恩若峰へは別の山粋のよに様変わり
c0008948_11581929.jpg

                        道が落ち着くと両脇のトウゴクツツジロ-ドが続く
c0008948_12123016.jpg

                                    キリガ尾根分岐のヤマツツジ
c0008948_12192332.jpg

     変わり映えしない樹林が続き展望が開ける所はない
c0008948_1230228.jpg

                       いわくがありそうな山名だが展望も石仏もありません
c0008948_12343193.jpg

   TYA(低山藪山歩き)の御一行様には珍しく尾根を通さずにに果樹園に下ってしまった。
c0008948_12384197.jpg

                                山はさわやか町は初夏の5月21日歩く

by takigoyama | 2011-05-22 04:48 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

技量審査場所:大タギリ~東沢乗越~中ノ沢経路

c0008948_0321421.jpg

丹沢バリエ-ション最極悪コ-ス Vサインのような大タギリ鞍部はお一人様か2名までと
狭くて両脇も深い谷で超危険 仲間がご婦人を案内したがここで撤退した。 (腕力が必要)
c0008948_91011100.jpg
 
 背中で不安を訴えているようなKさん翌日は平地歩き18キロが待っているが今日を逃したら
     理屈を付けてやめるのは簡単でも二度とチャンスはきませんと参加する。
c0008948_9133398.jpg

 距離は短いがお助け紐のない女郎小屋乗越手前も財津一郎風ヒジョ~ニキビシ-ヒィ
c0008948_9433058.jpg

若干の危惧と期待とをもってぶつかったが小タギリ「大タギリの物凄いギヤップ」すらそれと
知らぬ間に通り過ぎてしまった。吉田喜久治(丹沢記)1948年11月 たしかに山登り(筆舌)
にはウソが多いと、(あとがきより)知らぬ間に通り過ぎてしまったとは釣った釣ったの自慢話より
 素直に喜べないのは 毒舌家吉田さんならでの筆みたい 一般人はやったやったがお好き
c0008948_1002478.jpg

      難所を潜り抜けて東沢乗越からは天国の道と思ったら、命のスペアがほしい道が続く
c0008948_10481867.jpg

c0008948_10483978.jpg

c0008948_10525711.jpg

               沢身に降りて東沢出会いまではテ-プも多く安心して歩ける
c0008948_11375040.jpg

c0008948_1137283.jpg

                   戦場カメラマンT氏ビィビィっていい仕事ができていません
c0008948_1144443.jpg

                崩壊地 斜面をトラバ-スしてようやく林道に出てほっと一息 
小川谷出会い―敷地山―芋ノ沢ノ頭-ワナバノ頭-白ザレのピ-クまではハイキングコ-ス
                                     その先は非出会い系コ-ス
                                    平和な世界は 白物
c0008948_1221787.jpg

                                        ブナ(別名)シロブナ
c0008948_1232515.jpg

                                           シロヤシオ
c0008948_125445.jpg

                                          ギンリョウソウ
c0008948_1211040.jpg

                   ビュ-ティ ビュ-ティ ビュ-ティペア (コミヤマスミレ)
 踏まれても 汚れても 野に咲く 白い花が好き 駆け巡る青春 45歳以上限定小ネタ
c0008948_12183129.jpg

                           ちょっぴりラブリ-ポ-ズのツルキンバイ
c0008948_12404894.jpg

   上唇がVサインのタチキランソウ  タマランチ過ぎて本気になった 5月18日歩く
c0008948_10394523.jpg

上唇は長く雄しべよりも長いが同長であり、花冠に紫条がないことで区別できる。
県内では丹沢とその周辺山地のガレ場や砂礫地を中心に分布している。神奈川県植物誌
c0008948_10451353.jpg

                            ヒメキランソウ花はキランソウより大きい
c0008948_10475561.jpg

  相撲の技量審査場所は金を賭けないでバクチをやっているようなもので真剣勝負とは
    いかない、遊びも危険度が高いと真剣勝負になるね    5月20日追記
                                          

by takigoyama | 2011-05-19 00:32 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

緑の渓に舞い降りた天使たち:大蔵沢

c0008948_2121882.jpg

登場人物を今日だけはオヤジから天使にしておくれこの天気に渓相、水そして若い
c0008948_2142334.jpg

  コ-スに季節、天気と申し分ない山行タマラン会長も大喜と申しています。
c0008948_913196.jpg

 流れは細く、悪場もなく閃緑岩質の明るい渓、素人衆が下りにとっても歩ける安全な沢
両岸は楽しい若葉、輝く芽立、萌える躑躅おまけに快晴、しかも黒木を鎧わない山々は・・・
  尾崎喜八 大蔵高丸・大谷ヶ丸まさにその通りで 読み返して山歩き指数はマックス
c0008948_14173289.jpg

登山道を離れ大蔵沢源頭踏み込むと別天地のような広尾根と藪癒しセラピ-が本日の特選物件
c0008948_14175549.jpg

c0008948_14434663.jpg

c0008948_14384499.jpg

                   アオゾラカラマツシンリョクヤブ男の子の遊び場がある

c0008948_12355861.jpg

                          若い緑はええのう~ ハマイバ丸南東尾根
c0008948_12372961.jpg

                                           大蔵林道から
c0008948_12554319.jpg

                              楽しんで写す 写すを楽しむ トチノキ
c0008948_13515730.jpg

c0008948_13561338.jpg

この付近は春を飛ばして初夏~夏がいいね スズラン ヒメイズイ アツモリソウが準備中
c0008948_14565870.jpg

非ジャニ-ズ系の男子が分かっていながら声ヲかけたら一瞥さらに完黙なミッション系
ヒメスミレサイシンにへこむより性格が良さそうな県立女子校出の庶民的言わばス-チャン
        風に傷つけずに軽く笑顔でいなしてくれそうなシコクスミレが好きだ
c0008948_1561444.jpg

       来る者を拘らずどんと来い的なマルバスミレにスリスリすよるビロ-ドツリアブ
c0008948_15142630.jpg

c0008948_15151682.jpg

                   イワボタン系は同定が難しが葯の色でニッコウネコノメ
c0008948_1515382.jpg

             大蔵沢に抱かれてこのまま死んでしまいたいと思う 5月14日歩く

by takigoyama | 2011-05-14 21:02 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

写楽を楽しみ:坂道を楽しむ

c0008948_19214196.jpg

と言うわけでtakigoymaさん家の文化活動は雨がシトシト木曜日下町散歩ございました。
  それりょりなにりょり気づいてしまったのょ 写楽て~写すを楽しむ 俺もカメラで写楽
をしていたのか、同じ役者を描いても豊国と写楽では大違い、花の写真であの人とは難しい
c0008948_12165077.jpg

    もう一つの目的はこの人が履いている 足半(あしなか)とはワラジの一種で
鎌倉時代から下級武士が戦場で用い、のちに一般庶民、特に農民に用いられるようになった。
    長さ13cmから19cm位で踵は飛び出す。 山村民族の会(あしなか)誌名より
                       草鞋なのか足半かは遠くて見わけがつきません
c0008948_12285164.jpg

                                 敷地には見上げるユリノキ 大木
c0008948_12402070.jpg

そして東京国立博物館を出て―東京藝術大学―上野高校―根津神社へと坂道探訪
c0008948_1247666.jpg

                       江戸乱歩に出てきそうな洋館あり   清水坂
c0008948_12474321.jpg

                                              善光寺坂
c0008948_1251191.jpg

                   婦人雑誌表紙風 赤字坂
c0008948_1252619.jpg

                                 この周辺は猫物多し  三浦坂
c0008948_1305689.jpg

   坂を下り不忍通りに出る間には物件多数あり   ラッキ-ラッキ-コンコンコン
c0008948_13867.jpg

                                    街角植物園もまた楽しい
c0008948_139196.jpg

c0008948_132094.jpg

                           森鴎外(青年)に出てくる 新坂(S坂)
c0008948_13233956.jpg

 近くに住んでいた夏目漱石も歩いたかも 根津神社裏門坂      5月12日歩く

by takigoyama | 2011-05-12 19:26 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

山野草セラピ―いやんばかん~癒されたい~の

山野草セラピ-」とは高嶺の花から里山に咲く野草のけなげさや儚さ美しさを五感を通して
            感じることで心と身体の健康維持に取り組む国民運動でございます。
c0008948_920217.jpg

スピリチュアル ヒ-リング パワ-スト-ン パワ-スポット セラピ-これらのひびきには
新興宗教と霊感商法が匂うようなそれとも恐山のイタコがリニュアルしたのでしょうか胡散臭いな
c0008948_9174036.jpg

  ヒメレンゲは水をバックにした群落が絵になるようです。 癒し°026.gifうゥム~
c0008948_947268.jpg

       林道法面に群落を作る 大量にあっても霊的ステ-ジは今一歩 ハルユキノシタ
c0008948_10344243.jpg

 カメラを向けられるのを拒否して左右に首を振りイヤイヤするタニギキョウ 治療効果028.gif内緒
c0008948_1053267.jpg

                     takigoyamaさん今日の治療地は神奈川県清川村 
c0008948_12334353.jpg

         
c0008948_1234472.jpg

鹿柵潜りと藪の洗礼も(若干トランス状態)どこでも、なんでもお好きと感じらればセラピ-
c0008948_12351388.jpg

       草本状の本木性つる植物・・・丹沢の東~南側山麓・・・に多い
   山の中には効く効く来てます×2はありませんトンネルを抜けての林道が狙い目です。
c0008948_13125450.jpg

     ホウチャクソウ   逢えてニッコリ逢えなくて当たり前また来年のお楽しみ 
c0008948_16313192.jpg

                  妻は競争しないでも採れる山椒セラピ-  5月8日歩く


 










      

by takigoyama | 2011-05-08 22:15 | 自然 | Trackback | Comments(4)

履物がある風景 1

 まさか心の飢えを埋めるのに裸足でお帰りですか、あなたの事情に付き合うつもりは
 ございませんが気になるじゃありませんか そんなわけで二足歩行を始めた人類は
どんな履物を履いてきたのか・・・あり得ない風景とそれでそれがの不感動大巨編です。
c0008948_17441933.jpg

             お母さんの腹に笑いを忘れてきたのかもっと蹴りたいつま先系
c0008948_1802951.jpg

                          ペアで揃えたスニカ-今では四分の一系
c0008948_1804519.jpg

黒ゴム長の時代じゃない長靴もオシャレ×2 ファツションセンタ-しまむらで売っていそう系
c0008948_182583.jpg

      流れ流れて東京のそぞろ歩きはナンパでも心に硬派の血が通う通称便所下駄系
c0008948_1831886.jpg

トウデンも焼肉屋も土下座の昨今 頭を下げさせてなにになるんだ、靴底が減るまで歩け系
c0008948_9341924.jpg

定番は流れ者系 ただのゴミだろうとストライクの突っ込みは痛いだけ ひとひねりしてね
c0008948_9284242.jpg

              足下も見られたことはないのになぜか底まで見せてとまどう系
c0008948_9302151.jpg

 真夜中に一人松屋ビビン丼をつまみに冷え冷えのビ-ルを飲んでもでも淋しくはないや系
c0008948_9354241.jpg

           玄関に陶器製の犬を置くより俺はこっちだとワンル-ム一人住まい系
c0008948_9351053.jpg

    俺も乱暴したからなと遅い反省する逃げた女房を待つ血糖値8.0糖尿病患者系
c0008948_9405244.jpg

            捨てられたてしまったの愛する人に案外清々している若干悲しみ系
c0008948_9431631.jpg

                  履き上手だった若山牧水推奨      エコライフ系
c0008948_9444515.jpg

            亭主も子供も不良債権になる時代今は穏やかな暮らしの干し物系
  今日の技量検査ハイキング(女郎小屋ノ頭)丹沢最難関コ-スは雨で中止になった。
                                                 7日


    

by takigoyama | 2011-05-06 17:44 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)