<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

下町探訪:北千住

c0008948_17324140.jpg

ふらりと立ち寄ったその場で生豆をこの味に焙煎してくれる下北沢やなか珈琲店の豆が気に
入って10年通っていた松戸のあっさり系のモカマタリから強い苦味と重厚なコクがプラスされた
ロ-スト9小室スペシャルにチェンジ根津、千駄木、湯島、神田、目黒赤羽などの支店がありその
        町を訪ねて残る昭和にカメラを向けるのがマイブ-ムになりつつある。
c0008948_2342968.jpg

c0008948_1124154.jpg

c0008948_1144048.jpg

c0008948_1245591.jpg

c0008948_115235.jpg

c0008948_11213422.jpg

c0008948_11215743.jpg

東京オリンピック前の昭和30年代の元気がある商店街が残っている、洗い張り、乾物屋
荒物屋など大手ス-パ-には品揃えができないアイテムが売っている。妻は呉服屋で
                                       和装用ブラジャ-を購入
c0008948_11221514.jpg

c0008948_11233268.jpg

毎日一軒訪ねても一年では回り切れないほど小さな飲み屋も多い   10月31日歩く

                                      

by takigoyama | 2009-10-31 17:32 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

シソ科:トウバナ属 1

c0008948_7543591.jpg

同定には花期や環境が重要な情報です。トウバナは道端や河川敷で5月には咲きだします。
イヌトウバナは夏~秋林道歩きで見られる。ヤマトウバナは6~7月 山地の木陰で見られる。

by takigoyama | 2009-10-29 22:19 | 自然 | Trackback | Comments(0)

シソ科:トウバナ属 2

c0008948_1344497.jpg

萼の色で見分けるのが、分かりやすいですねクルマ紫 緑ヤマクルマとお題目のように
覚えれば簡単です。ミヤマクルマバナは見る機会が少ないが前者とはかなり雰囲気が違う

by takigoyama | 2009-10-29 13:44 | Trackback | Comments(0)

ナス科

c0008948_12181833.jpg

キダチチョウセンアサガオ 英名 anggels-trumpet 天使のトランペット園芸店で売るのなら
こちらの名前がいいね25センチ以上あるからね天使というより、悪魔のトランペットがいいかも
食用ではジャガイモ、ピ-マン、トウガラシ、トマト嗜好品はタバコ、チョウセンアサガオは麻酔薬
  やホオズキ、ペチュニア、ツノナス(フォックスフェ-ス)などは鑑賞用に栽培されいる。
c0008948_21533394.jpg

c0008948_2271768.jpg

c0008948_2259925.jpg

          ヒヨドリジョウゴ

by takigoyama | 2009-10-28 12:22 | 自然 | Trackback | Comments(0)

DPシリ-ズ専用グリップ

c0008948_11423475.jpg

ロバ-トさんと言うよりリチャ-ドさんの両面テ-プで接着するタイプのグリップも考慮したが
待っていた甲斐がありました。小指薬指中指ががっちりとかかり親指は裏にある滑り止めを
ぐ-と力強く押さえて人さし指はスム-ズにシャツタ-ボタンに添えられる誠に快適です。
    物つくりの美しさに 庇を貸してグリップに母屋を盗れたような感じがするな

by takigoyama | 2009-10-27 11:42 | Trackback | Comments(0)

ガガイモ科

c0008948_11384172.jpg

   花の造りは同じだね、キジョラン、サクララン、アズマコカモメヅルなどつる性が多い

by takigoyama | 2009-10-26 11:38 | 自然 | Trackback | Comments(0)

カドヤへ大回り

相模湖駅-三ヶ木バス停-八坂神社-仙洞寺山-三角山-茨菰山-326点峰-下原集落
国道413-国道412合流―三ヶ木バス停-相模湖駅前カドヤ 山が先か酒が先か甲乙つけ難し
c0008948_14224856.jpg

c0008948_1423244.jpg

c0008948_1424224.jpg

地形図を見ると仙洞寺山とい茨菰山にグルリと林道が巻かれている。両山は車道で分断されて
繋げて歩く奇特なハイカ-は少ない、新ハイの先輩藤井寿夫著(中央線の山を歩く)に里山近く
変化に富む丹沢山塊の一前衛として紹介されている。平成10年発行だが長らく気になっていた。
c0008948_16373227.jpg

八坂神社の詣でて山道に入ると直ぐに林道歩となり取りつきを探しながら歩きます。ハイハイ
それならと先に進むと赤く塗られた石とピンクのテ-プが下がったところで入りました。
c0008948_16471730.jpg

足元が安定しないトラバ-ス道を行くと頭を赤く塗られた宮標石がありここで尾根となりました。
c0008948_171492.jpg

仙洞寺山 宮標石         宮標石
鉢巻林道に下る間は少し藪がある林道に降りて尾根続きを金太郎権現に向かう
c0008948_17125750.jpg

尾根上の分岐点にちょこんと顔をのぞかせて石標(中央線の山を行く)ここで左に下る。
c0008948_1719034.jpg

金太郎権現 登拝路に付けられた鉄パイプ これに頼っても汗を絞られる本日一番の登り
c0008948_17351317.jpg

  鉄塔の先にある三角山に挨拶をしても戻って巡視路で車道に出る。
c0008948_17433244.jpg

ゲ-トをすり抜けて林道を歩き宮ヶ瀬湖が見える地点で巡視路を使い植林帯の茨菰山へ
c0008948_1754842.jpg

お帰りは鉄塔巡視路で寺入沢に沿う林道だったが434mに進みすぎ進路を変更326m点で
下る。これも北東により三ヶ木に近い梶野に向かう計画だったが沢尾音に道間違いを知らされた。
まぁ沢に降りても沢はたしたことはにと判断無事に着地する。お後は車道えお一時間ばかり歩き
c0008948_18372740.jpg

                                            キツコウハグマ
c0008948_18495670.jpg

                    バス停の戻り カドヤの客となる。 10月24日歩く

by takigoyama | 2009-10-25 14:21 | ハイキング | Comments(0)

彩の森

c0008948_23192698.jpg

c0008948_22213579.jpg

       ジゾウカンバ
c0008948_23441264.jpg

c0008948_2222167.jpg

                                オノオレカンバとダケカンバ合体樹
c0008948_22323876.jpg

                                             イラモミ
c0008948_22343913.jpg

c0008948_22345842.jpg

c0008948_2338910.jpg

    リョウブ
c0008948_22351474.jpg

        10月17日 埼玉県生態系保護協会:秩父支部主催 観察会に参加する。

by takigoyama | 2009-10-20 23:19 | 自然 | Trackback | Comments(0)

ヤクシソウ

頭花のアップだけでは見分けはつかないが、()が映しこんであれば問題なし
今の時期山歩きをしているとヤクシソウは目につく、アゼトウナ山はより海岸にお住まいです。
c0008948_1982353.jpg

某植物観察会で教えていただいた。ヤクシソウのロゼット目から鱗と言うより、研究家恐るべし
c0008948_19132236.jpg

by takigoyama | 2009-10-19 19:08 | 自然 | Trackback | Comments(0)

ハリギリ

ウコギ科:別名 センノキ 栓の木 ビンや樽の口に差し込んだのか、木釘にしたのかは不明
c0008948_14332462.jpg

by takigoyama | 2009-10-19 14:33 | 自然 | Trackback | Comments(0)