<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

500円玉がたまったら

これきゃない、妻の外出中に宅急便の配達時刻を変更お好きなのと軽いジャブを受けるのもいけど
親しき中にもプチ秘密を楽しんじゃう直ぐにバレテモ、こらえ切れずに買っちゃったとコクッテモ
物欲を満たすのは、やめられません、ご婦人のチラ下着が見えてドキドキした中学生のトキメキ
は感じないが、価格COMなどの画像にこんなに写るだとドキドキする今日この頃
c0008948_219811.jpg

c0008948_2192816.jpg

               リコ-GX200 VFKIT オリンパスE-P1さんゴメンネ

by takigoyama | 2009-08-24 20:45 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

こち亀

東京と埼玉を分ける中川を挟んでで大違いこっちはほんの数十年前はひと雨降れば水が出る。
低い土地でザリガニと蛙が住民登録されていると揶揄されていたいたが今では水路が整備されて
水の心配はありません、武蔵野線沿いにはコストコ、イケヤと9月に開店のララポ-トとちょっと
こジャレタた街に変貌しつっあります、しかし老舗や立ち寄りたい店は見当たりません
c0008948_20295831.jpg

鮭じゃないけど40分ほどで故郷回帰すればこち亀で賑う亀有は同級生の煎餅店に駅前には
懐かしい本屋が健在です。この店頭の品揃いにによろしく哀愁を覚えるお年ごろになりました。
                                             8月23日歩く

by takigoyama | 2009-08-24 20:22 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

晴れたら山へ:天狗岳

しらびそ小屋泊で東:西天狗岳を目指した、数年前は天候不順で撤退、そして先週は家人の
体調不良で高見石小屋で引き返す、三度目は渋の湯から黒百合ヒュッテ泊、スリバチ池周り
でようやく登れました。低血糖、低血圧に苦しみながらも、家人もそれなりにがんばりました。
c0008948_8144184.jpg
c0008948_815876.jpg

c0008948_17355077.jpg

c0008948_17473147.jpg

c0008948_17475239.jpg

c0008948_15505557.jpg

                                   短い夏を惜しむ ホシガラス
c0008948_15513621.jpg

                                 いつもと違う写真が撮れてます。
c0008948_1618221.jpg

ここが、天狗岳 ここに戻って中山峠に行くのと、森林限界を越えて思考能力が限界状態
c0008948_16202654.jpg

黒百合ヒュッテ6:04-東天狗岳8:20 コ-スタイムは二倍二倍を見積っているので許容範囲内
その分こちらもゆっくりと撮影に専念できるので、お互い様です。とほめ殺しならない程度の家庭内
ヨイショが大事これでまた3ヶ月平穏の生活ができるというもの、すでにバレていても言う方が良い
c0008948_16542099.jpg

あんたの能書きはいいからランを出せと数少ない、ありがたいお客さんへこんなの撮れました。
 コイチヨウランミヤマフタバラン三つ葉小深山蘭場所柄それほど珍ではありません
c0008948_17171045.jpg

花は米飯ほど大のサイズ、暗い林床でお静かに×2暮らす控え目な、ミヤマウズラ
c0008948_17263024.jpg

                            鼻を近づけても香を感じないイブキジャコウソウ
c0008948_17313797.jpg

 黒百合ヒュッテ 6時の寒暖計は7度 窓ガラスは結露 トウヤクリンドウに早秋を知ります。
c0008948_17493236.jpg

仲よき事は美しきなり、 武者小路実篤や、あいだみつおの言葉なんだか首のあたりが痒くなり
そうだが、リンネソウやツルアリドシがペアで咲いているのは、同じ墓には入りたくない仮面夫婦かもしれないが嘘臭くなく見えて好ましい     8月14-15日歩く

by takigoyama | 2009-08-16 08:15 | ハイキング | Trackback | Comments(4)

撤退:麦草峠

                                           コフタバラン
c0008948_10405215.jpg

                                    コイチヤクソウ
c0008948_1615494.jpg

9日  麦草峠-丸山-高見石小屋-中山峠-黒百合ヒュッテ(泊)コ-スタイム2:45
10日 黒百合ヒュッテ-東・西天狗岳-唐沢鉱泉-渋の湯     〃       5:00
蒲柳の質の家人にこれなら行けるだろうと組んだユルユルの計画だったのに
c0008948_14124347.jpg

頭いが痛い、気持ちが悪い、倦怠感がある寝不足だと軽い高山病を訴えても何時もの事と
 聞き流して歩きだす。この時点では、寝不足で体調が悪いだけと緊急性は感じません
    ましてそれじゃこのまま麦草ヒュッテで休んで帰る選択も思いもしませでした。
麦草峠-丸山コ-スタイム50分 ここまで心臓のドキドキを抑えて休み休みで2時間
c0008948_15173387.jpg

c0008948_1521927.jpg
                                                 白駒池
高見石小屋 9:30着 9:50発黒百合ヒュッテに向かう、20分歩いて15分待っても来ません
行くも帰るもアナタに任せますと大きな声を出してを主張しない家人は死ぬまで我慢をする
タイプで相手を思いやり気配りする面がある。こちらが忖度して早めに帰る決断をすべきだった。
c0008948_16152370.jpg

c0008948_15465995.jpg

旅行会社のツァ-だったらどうなっていたやら、こうなるのは織り込み済みなので日程もお金も      
タップリとかけて、迷惑をかけないように考えています。しかし今年は夏がないね 8月9日歩く

by takigoyama | 2009-08-10 10:36 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

ラン三点盛り:大菩薩

盗掘を避ける。ために地名を伏せたり〇〇ランとかぼかした記述が見られます。
もろに書いて不快に感じる人もいるかもしれません、現実には検索一つで情報は簡単に
手に入ります。試しに大菩薩ニョホウ〇〇と入れれば〇〇尾根とピンポイントで答えが
得られます。ことさら、詳しく書く必要はありませんが、盗掘者の方がその手の情報に
精通していて、こちらが教えを乞いたいぐらいです。盗る奴は盗る。盗らない人は珍しい花
に興味もなければ、盗りません、むしろ自治体の広報などに、観光目的で無意識にその手
の情報が載せられている。八ヶ岳のホテイランは公然秘密から公開保護となりました。
c0008948_1324125.jpg

                                     コイチヨウラン
c0008948_7551157.jpg

c0008948_7162180.jpg

                                        キソチドリ
c0008948_7164145.jpg

                                     アオスズラン
c0008948_9583575.jpg

                        1600m近くまで運ばれれば私にも登れます。
c0008948_10313829.jpg

                         今年の夏は晴れたら山へとはいきませんね
c0008948_1038434.jpg

  上日川峠に車を止めて嶺を往復するハイカ-が多い裂石に下ったのは若者一人
c0008948_10445311.jpg

         笹原、苔、カラマツ、サルオガセ、プチ高山植物 ここまで来ると楽しい
c0008948_10534123.jpg

コ-ヒ-を飲みながら管理人としばし歓談、左手の斜面はイネ科の植物が蔓延って
ヤナギランは消滅、それでも草むらにはヤマトキソウ、ミズチドリなど花は増えている。
c0008948_1113022.jpg

                                              カイフウロ
c0008948_112784.jpg

                                               コウリンカ
c0008948_11222538.jpg

            ミヤマタニタデ                         8月1日歩く    




                                

by takigoyama | 2009-08-02 07:15 | ハイキング | Trackback | Comments(2)