<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

1+1+3=鶏鳴山

c0008948_946798.jpg

直下をロ-プに掴り北峰の平頂に立つと北西に大真名子、女峰を従えた横綱男体山がデ-ンと
c0008948_1072697.jpg

 鶏鳴山尋ねると今日は天気がいいから、予想もしなかった富士が見えるだろうろと
c0008948_15475147.jpg

                目的はこのそばや 道順にあり場所はわかりやすい
c0008948_18135860.jpg

     馬頭観音みたい物はてな 新鹿沼から石裂山に向かう車中で見かけたタイプ
c0008948_15445416.jpg

明神駅歩きだしは一人、林道ゲ-トでストレッチをするハイカ-と挨拶を交わし登山口に向かう
c0008948_1414411.jpg

c0008948_14144490.jpg

ここで挨拶を交わした栃木100名山大佐飛と山男鹿岳を残すだけの地元今市にお住いの、Kさん
に声を掛けられて登山口の案内をしていただく、10回鶏鳴山を登っているというKさん作の案内
が要所にあって心強い、身軽なスタイルは、地元の方らしく朝のうちに軽くお散歩コ-スみたい

c0008948_1713123.jpg

c0008948_16195680.jpg

                              ギザギザは古賀志山左は鞍掛山
c0008948_16292384.jpg

今市と小来川地区の境界線上にある信仰の山らしく、祠が数ある。少し先展望を楽しんでいる林道奥まで車で入った先行3人組に追いつき、にわか登山隊を結成して行動を共にする。
c0008948_17175819.jpg

三角点がある鶏鳴山は樹木に遮られてる。富士が見えると事前情報がないと見逃してしまう。
c0008948_17204267.jpg

c0008948_17224512.jpg

 南は岩がちの尾根なる。林相は全山杉植林帯で自然林は山頂にほんの少しあるだけ
c0008948_1725378.jpg

                              祠を見れば下降点815mは近い
c0008948_17263458.jpg

時間は12時前ガイドレスハイキングではこうはいかない おにぎりを食べずに下山する。
朝方チェックした、挽きたて打ち立て茹でたて 長畑庵まで送っていただく 泣かせる大瓶ビ-ル
卵焼きはないが、お通しのきゅうりの古漬けがうまい、もちろんそばも激ウマ 注文は一合二合
まず一人では何合と聞いて2合を注文、相席したお馴染みさんは2、5合お品書きはないなるほど
大人数ならば一升4100円だったか大ざるで注文するのもよし女房を質に入れなくても大丈夫
電車時間を見計らいさらに後を引く冷酒ともう一枚追加、山とソバ里に下りて
地のうまい物を食う、Kさんに並んでいると言われたが運よくすんなり入店そのあとは満員
c0008948_1757258.jpg

c0008948_1844553.jpg

                                          坂を登れば明神駅
c0008948_1863089.jpg

誰も合わないと想像していたら、1+1+3=5名の楽しい歩きができました。Kさんありがとう
                                           1月25日歩く

by takigoyama | 2009-01-26 09:42 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

雪山歩き:古礼山

c0008948_1913917.jpg

武蔵五日市-作場平-笠取小屋-雁峠-燕山-古礼山 戻る(雁峠の下り) 積雪も氷結いまいち
c0008948_1658415.jpg

c0008948_21315654.jpg

c0008948_21141131.jpg

撮影はハセツネカップ(日本山岳耐久レ-ス)71.5Kmを17時間で走破する。Sさん(修正)
ギボウシの若芽は別名ウルイ秩父ではコレイと呼ばれる。このコレイが沢山生ずる沢にコレイ沢がありこの沢に由来したのが古礼山である。武田久吉著:民族と植物 田島氏も同意見です。
c0008948_9385517.jpg
                                 樹霜 帰りには消えていた。
c0008948_17122831.jpg

c0008948_9594276.jpg

     物足りない3人は笠取山へ向かう 残り二名は冬季避難小屋で一杯を楽しむ
c0008948_17175715.jpg

c0008948_17182030.jpg

   ただの後ろ姿では売り絵にならない 立ち止まりど見つめるそのポ-ズが売り絵風 
c0008948_17302383.jpg
 
思いがけぬ誘いでスノ-ハイキングと雪見酒を楽しむ久しぶりの タマランチ会長   
                                        1月18日歩く                  

by takigoyama | 2009-01-20 17:36 | ハイキング | Trackback | Comments(6)

激藪:生出山

c0008948_13335623.jpg

スタ-トはかちゃん駅長の禾生駅、ご婦人にハイキングに連れて言ってと頼まれても、自分も満足相手もニッコリするコ-スの折り合いが難しい、禾生駅なら、九鬼山か高川山が展望もよくて初心者ならお喜びでしょう、もっとぶってとか、いじめてと嗜好の方なら生出山をお勧めます。
c0008948_1353145.jpg

c0008948_22153542.jpg

どこがとお思いでしょうが、写真を撮る余裕ができたあたりです。生出神社裏に道は見当たらない
c0008948_1355915.jpg

金毘羅宮手前で左から道が上がってきたがお宮まで、その先は倒木をまたぎ笹をかき分ける
テ-プもなければ踏み跡なく密藪が続く、地形図生出山の(山)に沢沿いにある破線路がル-トか
c0008948_16444627.jpg

道が緩くなった510mで申し合わせたように、同好の士が、お互い道はあったといい交わす
c0008948_17435895.jpg

c0008948_17441838.jpg

c0008948_17453161.jpg

三角点(生出山)下はクレタ-のようで山頂は採石場のご好意により崩されず残っている。
c0008948_17531834.jpg

戸沢川沿いから見た山頂、二十六夜山から引野田に下り赤坂駅まで歩いた時も、同じ風景を
見ていたが、藪山に目覚めてこの山を歩くとは、隔世の感がある。97年12月新ハイで生出山
を知ってから10年、この山に行こうと決めたら、あらら2月号に記事がこれで背中を押されました。
c0008948_22314985.jpg

590m点に向かう尾根も分からず下れば鉄塔台地に降りたつここは尾根続きではないから
(迷う)巡視路を使い590m点に踏み込む、お好きな方には萌え×2激藪がようこそであります。
鞍部に降りると右から上がってくる道があった。628m点でようやく苛めに開放される。与縄と玉川
c0008948_22485443.jpg

を結ぶ天神峠の降りて数段の階段を上り人様歩く道に一息をつく、脚色もありますがさらに藪道
は続くは028.gif028.gifいわゆる逃がした魚は大きかったよなうプチ自慢みたいなもの011.gif037.gif040.gif058.gif
c0008948_2393467.jpg

太陽があれば人は生きていけると思わせる。青空の日影山、この先、猿焼山標識まで正しい道
c0008948_23133836.jpg

c0008948_23172928.jpg

くどいようですが道は障害物レ-スではかどりません、もう一つの天神峠も向かう尾根を見送り
スタスタと里に降りて疲れを残さないで早じまいしたのが正解でした。バスはなく赤坂駅まで歩く
c0008948_1021786.jpg

c0008948_10194147.jpg

c0008948_10212715.jpg

  大月駅の楽しみはカップワイン それといい塩梅に塩分が含まれているゆで卵 ウマイ
   腰には鋸ストックの代わりに両手には鉈が必要な山だった。       1月17日歩く

by takigoyama | 2009-01-18 22:18 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

初登り

c0008948_10153175.jpg

           はここダイヤモンドヘッド(オアフ島)パノラマ風に上辺をカットしています。
c0008948_10294439.jpg
c0008948_10333822.jpg

c0008948_1034819.jpg

c0008948_103434100.jpg

c0008948_1046746.jpg

JaPanese White Eya そのままやないかい~ メジロ 花はシソ科オドリコソウに似ている
c0008948_10491540.jpg

ベニバナボロギク 日本でも目立つようになりました。       1月6日歩く

by takigoyama | 2009-01-15 10:44 | Trackback | Comments(0)

深川七福神

c0008948_1622779.jpg

                       トップ画像はこれにしたい 東洋大学(1位) 日本橋
   富岡八幡宮の行列をパスして永代通りを歩くと、思いがけず箱根駅伝を生で見られた。
c0008948_18402324.jpg

                            人は感動すると手を自然と叩くものだな
c0008948_18415153.jpg

c0008948_18472259.jpg

  空は深川ブル- 町内会で甘酒の接待をしている。チョうまい-×白髪三千丈神田明神製
c0008948_19365522.jpg

c0008948_1937194.jpg

c0008948_20301781.jpg

c0008948_20303783.jpg

c0008948_20412497.jpg

         恵比須神
c0008948_2044557.jpg

                                               永代橋
c0008948_20592026.jpg

c0008948_20561446.jpg

c0008948_20565027.jpg

   飲食店はどこもここも列を作っている。あきらめて自宅で食べるのがホットするね
c0008948_204779.jpg

                                     筑波山とつくばエキスプレス
 M中央駅-新御徒町-森下駅-日本橋駅-浅草駅-M中央駅   09年1月3日歩く
                             編集中にラブソング(猫恋)が聞こえる 





c0008948_2041111.jpg

by takigoyama | 2009-01-03 16:40 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)