<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

拉致されて:根本山

信じられない~
c0008948_8305332.jpg

犯人Sさんと同じ東武伊勢崎線太田行きに乗っていた。太田で東武桐生線赤城駅に乗り換え
Tは相老駅でわたらせ渓谷鉄道に乗り換えJR桐生駅に7:58着Sさんは新桐生駅下車
バスで桐生駅へ交雑種狙いのあの山へ向かうバス停で遭遇、こんなこともあるんですね
Sさんは歩いて桐生駅に向かう計画が運良くバスに乗れてほぼ同時刻に到着とは機縁です。
そしてもうもう一人のSさんはJR利用8:30レンタカ-で根本山へ向かうというさらに沢コ-ス
と来れば即行先変更、(中尾根コ-スは経験済み)レンタカ-は走行距離40キロ一人2000円
c0008948_8344338.jpg

c0008948_58090.jpg

 ロ-プを使い沢コ-スに入るハイキングコ-スの標識はあるがなかなか手ごわい
c0008948_5114017.jpg

c0008948_5122465.jpg

c0008948_5143542.jpg

c0008948_5273533.jpg

                               古い参拝道に祠や丁目石が目立つ
c0008948_5372380.jpg

      沢から離れ籠堂跡を過ぎると梯子、長い鎖場、痩せ尾根と緊張させられる
c0008948_5421049.jpg
c0008948_543361.jpg

                            中尾根コ-スの合流すると山頂は近い
c0008948_5481751.jpg

c0008948_5504261.jpg

              十二山根本山神社を過ぎると快適な道が熊鷹山まで続く
c0008948_5561266.jpg
c0008948_556286.jpg

c0008948_635843.jpg

                                     熊鷹山展望台から男体山
c0008948_612231.jpg

      標識に従い梅田へ向かう直ぐに林道に降りて駐車地点に十二川沿いを歩く
           が腕悪いのかDP1がご機嫌斜めかヘタな写真ばかりでがっかり
c0008948_6151157.jpg

                                         イワネコノメ          
c0008948_6155496.jpg

                                          ツルネコノメ
c0008948_6184792.jpg

                                           ツルキンバイ
c0008948_6192736.jpg

                                          ヤマエンゴサク
c0008948_620670.jpg

                                           ワチガイソウ
  当然帰りは飲み会となりうまい酒を飲む二人のSさん謝謝      4月28日歩く

by takigoyama | 2008-04-29 08:30 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

ヒゴスミレ×フイリフモトスミレ

c0008948_16402651.jpg

c0008948_16264534.jpg

万馬券を一点買いで当てた気分
タマランチ会長 フイリタナオスミレ
軸(このスミレが咲く山は分かっていた)は決まっていたのでヒモは(南面)まさか銀行馬券オイオイ
小生が伏字ト-クで場所が特定できないようにしても、ネット上ではほとんどバレバレ状態
パチャパチャと検索すると某ブログに(フイリタナオスミレ)南面域での調査と写真撮影もと記述
〇〇市植物誌によると1964年4月邑楽町の〇〇福太郎氏が〇〇山で発見したとある。
フイリフモトスミレ 足の踏み場もないほど咲いている。場所もあり登山道ではほとんどコレ
c0008948_1110487.jpg

   ヒゴスミレ 個体数は少ない フイリタナオスミレがあった場所はさすがに数は多い
c0008948_11462320.jpg

       ヒトツバエゾスミレ 普通に見られる むしろエイザンスミレのほうが少ない
c0008948_114887.jpg

         エイザンスミレヒゴスミレ正体は
                    なんでしょう
ヒトツバエゾスジレ×ヒゴスミレの匂いもする
①モモイロヒゴスミレ②ナンザンスミレ③ただのヒゴスミレ④ただのエイザンスミレ⑤細葉叡山菫
  いわゆる目が点似たスミレにエイザンスミレ×ヒゴスミレ=ヒラツカスミレがある
c0008948_1218781.jpg

c0008948_12193874.jpg

ツクバキンモンソウ
c0008948_13115423.jpg

                                            コガネネコノメ
c0008948_13122641.jpg

                                            ヤマエンゴサク
c0008948_1313127.jpg

c0008948_166779.jpg

頂上は〇ハイ状態お昼摂る場所もなし来るわ来るわ、2時間程度でアカヤシオが楽しめる
                                        4月26日歩く

by takigoyama | 2008-04-27 09:51 | 自然 | Trackback | Comments(5)

一人スミレ探し隊

c0008948_22131554.jpg

c0008948_16525717.jpg

c0008948_1651155.jpg

       探し物はこれではないけどフモトとマキノの交雑種それなりに珍しい
c0008948_233598.jpg

c0008948_2333289.jpg

アケボノにナガバノとつけばうれしいけど葉は違うカタカナより漢字表記だと雰囲気(茜菫)が出る
c0008948_23114050.jpg

このスミレの白花を求めて群馬県〇山は大賑わいだろう↑は  ヒトツバエゾスミレ
c0008948_23314627.jpg

白い距が惹きつける葉はアオイスミレ風 側弁には毛がない そうするとただのタチツボスミレか
フイリフモトスミレはなりあったけど相方ヒゴスミレはなし、狙いは  フイリ〇〇スミレだった
それ~てどこを登ったのと聞かれてもチョットだけよ足利市駅から終点まで乗っても200円の
バスでちょぃて前で降りお狐さんと巡り合えればあと一本道登り始めは道がありませんでも少し
c0008948_204247.jpg

c0008948_2051628.jpg

c0008948_2053071.jpg

            いわゆる一つの花巡りタマランチ会長
c0008948_2011710.jpg

c0008948_20221134.jpg

                                 ヘ-イ彼女,乗って行かない
c0008948_2025954.jpg

     多分本道に向かえばアカヤシオ回廊だけど標高が低いから終わっていただろう
c0008948_2033584.jpg

      ヒゲネワチガイソウ 花びらは5~7枚 先がとがります。
c0008948_2121581.jpg

        ワチガイソウ 花びらは5枚 先がとがります
c0008948_21215964.jpg

        ワダソウ   花びらは5枚 先がへこみます
c0008948_20331992.jpg

                                               ヒメハギ
c0008948_20342380.jpg

                                              ホタルカズラ
c0008948_20481432.jpg

                                              サルトリイバラ
案外だった藪を搔き分けてテ-プがない尾根より一般道にスミレは多かった 4月21日歩く

by takigoyama | 2008-04-21 22:13 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

勝手にコラボ:その22

c0008948_10324932.jpg




一青窈:ジェラシ-

by takigoyama | 2008-04-18 21:00 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

見慣れた花だけど:要倉尾根

c0008948_1754771.jpg

この惑星の植物はうれしい環境を入れて撮るかそれ以上近づかないでとクレ-ムがつくほど寄るか写っているだけの写真じゃ申し訳ないからアレコレ構図考えながらカメラを向けるのもまた楽しい
c0008948_17123810.jpg

高尾7:46はありがたい 5時起きでも朝食ゆっくり摂れる。和田バス停から歩き出し正徳の銘が
ある。石碑を見やり進めば見憶えのある茶畑数年前ここで深雪に道を失いベニマシコに慰められた
c0008948_1945396.jpg

 花の便りに指を咥えていたけど、花に貴賤はなしどの花も咲くのは一年に一度ありがたいね
c0008948_4404391.jpg

c0008948_5482155.jpg

あなたはナニで萌えますかと問われれば草木萌動去年の果穂を残し展開を始めた若葉と雌花序 
c0008948_5531680.jpg

道を譲るランナ-に(ゆっくり)でいいですよと声をかけられる。気がせいているのを見透かされたようだが、ほっとするね笹尾根で2人組のご婦人と単独ハイカ-3名ランナ-2名男性3人組
c0008948_6553612.jpg

c0008948_736045.jpg

       道が東に向かう地点は伐採されて堂所山方面の展望が得られるようになった
c0008948_7331652.jpg

                山名板設置マニアのお仕事か高茶山にも同じタイプの板あった
c0008948_7405389.jpg

                                     ナガバノスミレサイシン
c0008948_7561059.jpg

                                       シロバナエンレイソウ
c0008948_80874.jpg

                                          セントウソウ
c0008948_803862.jpg

                                         ツルカノコソウ
ミツバツツジが咲き若葉が萌えだしておら達の一番楽しい季節だなや~  4月12日歩く

                                      

by takigoyama | 2008-04-13 15:30 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

花時

c0008948_8232649.jpg

アッチを見てもコッチを覗いてもコレが花盛り、セツブンソウに振られ日影沢には出遅れる
〇野川のキバナアマナ、ヒメニラはどうしているやらボヤ-としていたら妖精たちを撮っていないな
c0008948_8293055.jpg

c0008948_8305873.jpg

c0008948_8311219.jpg

c0008948_8313688.jpg
c0008948_8314533.jpg

c0008948_833994.jpg

                                     07年4月4日 茨城:高鈴山

by takigoyama | 2008-04-09 08:29 | Trackback | Comments(0)

坂の街を歩く:常陸太田

c0008948_222282.jpg

c0008948_22222938.jpg

c0008948_95745.jpg

M駅7:09→新松戸7:17→我孫子7:35→水戸9:23→上菅谷9:49→常陸太田9:59
c0008948_9234338.jpg

                                          上菅谷駅
c0008948_9295100.jpg

                                          常陸太田駅
c0008948_9293948.jpg

                                         日立電鉄廃線跡
c0008948_9384366.jpg

                   観光案内所で地図をもらいスタ-ト一番手は木崎坂
c0008948_18274488.jpg

かっかっかっと東野英治郎黄門様の笑い声が聞こえそうな蔵造りの商家が立ち並ぶ坂を下り
北へ向かえば水戸光圀公が晩年の十年間を過ごした西山荘や助さんの墓もある。 十王坂 
c0008948_18463362.jpg

c0008948_18464953.jpg

c0008948_18545735.jpg

        割烹着に買い物かご ス-パ-のレジ袋が似合わない商店街が残っている。
c0008948_18564312.jpg
     
c0008948_1904123.jpg
                     昭和11年建築 太田町役場 昭和53年まで使われていた。 
c0008948_1964390.jpg

c0008948_19211697.jpg
 
c0008948_1965915.jpg
 
c0008948_19121685.jpg
 
c0008948_2322039.jpg

母がまだ若いころ僕の手を引いてとか(あいだみつを)(星野富弘)さんはちょっと気恥ずかしい
                                     4月7日歩く 

by takigoyama | 2008-04-07 22:22 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

写るんです。DP-1

c0008948_1433738.jpg

キタ(゚゚)ッ!!て感じプロはもとより一般人の作例を見てもオレて~プロと勘違いさせてしまうような諧調性しかし自分の画像ではブルブルゾクゾク感じないな↓はアサヒカメラ4月号に掲載された
金町浄水場取水塔 ISO100 AE絞りF9 250分/1ホワイトバランスオ-トとほぼ同じ設定
c0008948_845532.jpg

で撮影したが同じには写りません当たり前ですね。ハイアマチュアなら別ですがシャッタ-を
忍田家のカメラマンではいたしかたありませんプロのヒットの確率はわかりませんが素人でも
まぐれでホ-ムランを打たせてもらえるFoveon×3一眼レフ機と同等の高画素:撮影素子カメラ
DP-1かなり扱いずらい奴ですよ、マゼンダ転びはするわ、寄れない最短撮影距離30センチ小さい花はそのままではまず撮れません動きはのろくいわゆる使い物にならないカメラですが、男女の中を思わせる下世話にいえばなんであのいい女がなんで、あの男というような欠点が多くても、人がなんと言おうと私はあの男ここが好きだから、欠点も可愛く見えて惚れてしまうそんなカメラです。
       好いた男の塩は甘い
c0008948_1852797.jpg

CANON CLOCE-UP LENS 250D に46⇒58ステップアップリングを装着 MF
c0008948_193936.jpg

c0008948_1932388.jpg

                      場所はココ自宅から約8キロ 寅さんはお隣
c0008948_19461690.jpg

人前で食べるようになったのは一頃だったか電車の中でもチュウチュウ川でもチュウチュウ
c0008948_19522090.jpg

                             菜の花ハウス毎日がアウトドアライフウム
c0008948_19551364.jpg

           お一人様の花見 好きです。発砲酒なのか本物のビ-ルなのか気になる
c0008948_19592119.jpg

ウナギ白焼きに冷酒 川エビから揚げ 鯉の洗い これでなんカロリ-糖尿食は1400ウム
c0008948_2035110.jpg

街角のざわめきや二人の囁きが聞こえるような写真が撮りたい見た目で音がを感じたい
c0008948_201095.jpg

c0008948_20103367.jpg

                                           4月4日歩く

by takigoyama | 2008-04-04 14:03 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)