<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

マツダランプ

北秋川の本流に架かっている大沢橋を渡らず神戸岩への坦々たる道を行くと、流れと道とが
次第に接近して来る所に神戸橋がある。これを渡ると神戸部落に入るのだが、この橋の畔に
マツダランプの指導標があって御前山の鍾乳洞を教えてくれる
々山の域流川秋内田正雄著:朋文堂昭和16年Kさん情報による知らなかった謝々

c0008948_17535945.jpg

 040.gif 神戸橋 ヒカゲ沢を登った時 〇六年2月25日
c0008948_17575366.jpg

c0008948_175855.jpg

by takigoyama | 2007-12-30 17:33 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

高水二山

c0008948_21122539.jpg
 008.gif   断りもなく踏ひと様の庭先に踏み込んで登るのは失礼な話だった。
c0008948_1085791.jpg

c0008948_1091758.jpg

                                      送電線が交差する
c0008948_10134791.jpg

         いくつものコブを越えて行く、ここは二つ目480m圏を過ぎた556m
c0008948_10165054.jpg

c0008948_10182916.jpg

                                      平坦の道を淡々と進む
c0008948_1020759.jpg

                     見覚えのある風景に出合うと沢井尾根合流が近い
c0008948_10211722.jpg

c0008948_1022326.jpg

               通りに出て惣岳山をパスして捲き道で岩茸石山へ向かう
c0008948_10252956.jpg

c0008948_10254910.jpg

                       縦走路脇の高みに展望台が切り開かれていた。
c0008948_10281744.jpg

               馬供養塔を登ると馬仏山だった 山名由来?
c0008948_1030837.jpg

c0008948_10342540.jpg

                                      筑波山も見えた
c0008948_10314536.jpg

                                山頂から戻り高水山へ向かう
c0008948_1038573.jpg

c0008948_10382325.jpg

c0008948_10383779.jpg

                        038.gif683m下降点がわからず引き返えす
c0008948_1049359.jpg

c0008948_10501688.jpg

       沢道に向かうグル-プを見やり直進するがタイムはほとんど変わらず
c0008948_10523337.jpg

                                     12月24日歩く

by takigoyama | 2007-12-26 18:27 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

道間違っていないの:八人山

c0008948_11543136.jpg

と言われても辿る踏み跡はすでに消えて進路を南に定めて密藪搔き分けるだけところどころ
あったテ-プも見当たらない、(まだ登るの)と責められても標高差600mの下りにすでに2時間
を経過しては不安になるのも致し方ないと中央線のガタンガタンも聞こえているからもう少しと
なだめて450m圏肩で一息いれれば地形図にある神社方向を確認する余裕も生まれテ-プ
も現れてひと安心気になる尾根を降りたけど明確に八人山を当日に特定できなかったのが心残り
c0008948_18534347.jpg

ロッテ歌のアルバムいわゆる。一週間のご無沙汰でした。先週に続いて造林小屋のマッダランプ
c0008948_20562325.jpg

西国分寺で6:10高尾行きに飛び乗れれば八王子6:35春日居8:00立川始発より30分早い
到着朝のこの30分は貴重だね、タクシ-利用で(1250円)で8:12分には登山口近く
c0008948_2121990.jpg

c0008948_213946.jpg

   年末と天気がいまいちでお出かけは控えたのか松本行きは空いていました。
c0008948_2144142.jpg

c0008948_2151713.jpg

                         棚山分岐から新道に降りた付近で採取
c0008948_2110050.jpg

c0008948_21105319.jpg

                                               鞍掛峠
c0008948_21122148.jpg

 ここからが本番落ち葉の堆積する急傾斜を下り明瞭な道が続くが次第に怪しくなる。
c0008948_2117025.jpg

                         619m点三角点を探したが見つからない
c0008948_2121272.jpg

                   以後足元不案内+バラ藪につき写真を撮る余裕なし
c0008948_21242519.jpg

                                           八人山らしき
c0008948_2125158.jpg

c0008948_2126193.jpg

                                        初めて見る多角点
c0008948_21321669.jpg

 ここに下る。心配した雨が酒折駅に向かう青梅街道にでると降りだした。12月22日歩く

by takigoyama | 2007-12-23 11:54 | ハイキング | Trackback | Comments(4)

石標:鹿穴南東尾根

どんだけ~18キツプで遠出をすると貧乏人の性で運賃を計算したくなる。M駅-甲府2520円
18きっぷ×2=4600 運賃2520×4=10800 Hパス利用だと運賃は一人1500円の負担増
c0008948_2252514.jpg

              裏面は字平林東第壱号906m点
c0008948_22532065.jpg

               要害山分岐から深草観音に向かう道には宮標石(宮内庁)
宮標石倶楽部
c0008948_22535020.jpg

 大正時代?大型で(恩)の字に風格を感じるが棒杭みたないコンクリ-ト製のはつまらない
c0008948_23445580.jpg

                                自然石に穿たれた境界標識
c0008948_23461284.jpg

c0008948_23463364.jpg

                                        これらも標識?

c0008948_11431547.jpg

                          甲府駅から登山口までタクシ-で2000円
c0008948_11444646.jpg

c0008948_1215129.jpg

c0008948_1232255.jpg

優しく道が作られていて楽に歩ける。山頂に東郷平八郎書の武田信玄公誕生之地の碑がある
c0008948_12155622.jpg

     温泉に誘導するかのような親切な標識がこまめにあり観光客相手のようだ
c0008948_1222641.jpg

   要害山分岐 日吉神社から上がって来る道にもマツダランプの標識があるらしい
c0008948_12244347.jpg

 これを目的に組んだコ-ス 沢沿いなのに土砂に埋もれずよく残っていました。想定外
c0008948_12302146.jpg

2点目は春日居へ10分ほど下った。造林小屋の前 オ-クションに出品すれば極美品状態
c0008948_12334088.jpg

  錆も痛みもなく経年の感はあるけど保存していたのを最近備え付けた気がするな
c0008948_12544597.jpg

星尾峠かた荒船山で見たのが15年前(画像なし)埼玉・笠山 山梨毛無山以外にも残って
いるのか、情報はない、みんなで楽しむハイキングコ-スは入選10コ-ス佳作20コ-スに
設置されたと思われます。リストにある大蔵高丸、扇山山麓、四尾連湖、大峯山では見なかった。
c0008948_13125487.jpg

                           03/9/9撮影 武田神社から登った時 
c0008948_1324728.jpg

鹿穴南ノ肩から大蔵経寺山へ向かう03年9月は地図を持たずに踏み込んでみたものの
藪が枯れていなくて不安になり引き返したが、今回は拍子抜けするほどの一本道ですんなり
c0008948_13305243.jpg

                                      気になる八人山への分岐
c0008948_1339326.jpg

「菩提寺長谷寺跡」の標示があった。登り口が見つからず堰堤の脇から斜面に取りついた。
背丈を越えるヤブを踏み分けて、約一時間半の苦闘の末尾根に出た、これは要害温泉へ続く道よ
この稜線上の道も葛やフジヅルが垂れ下がってジャングルのようだった。甲斐の山旅:甲州百山
(蜂谷 緑:小俣光雄:山村正光著)文脈からすると東から登りこの標識にでたのか何年前の
 話なんでしょうか、これだけ難儀した話だと山梨百名山に選定されない20年ほど前かな
c0008948_1411569.jpg

                       出会ったハイカ-南から上がってきた一人だけ
c0008948_1435766.jpg

c0008948_1444294.jpg

車窓から見たコレが思えだせない図鑑では見ているけど、イノシシ除けのフェンスの脇で
あれこれ考えても分からない鈴生りの実の付き方からムクロジでは強引過ぎるし何だろう
とモヤモヤ気分もアハ体験て言うんでしょうか、栴檀と閃きスツキリこの感じは気持ちいいね
c0008948_1418548.jpg

目の前の富士は隠れて見えないけどこれだけ展望が得られれば満足×2  12月15日歩く

by takigoyama | 2007-12-16 22:46 | ハイキング | Trackback | Comments(12)

墓参と山

西に大山が見える菩提寺に眠る父の墓参を済ませて半原行きのバスに乗り半僧坊前で下車し
c0008948_21325753.jpg

て関東ふれあいの道に入る。猟犬の唸り声とオレンジ色はハイキングコ-スでは違和感がある。
c0008948_16231794.jpg

                  左に身を潜めるタツマのライフルマンン 狙いはイノシシ
c0008948_16233326.jpg

                      角切りのある二等三角点(三等の大きさに見える)
c0008948_16242693.jpg

                                      640m点かごいしやま
c0008948_16251475.jpg

c0008948_16261772.jpg

c0008948_16264157.jpg

日本山名総覧に秋葉山はない (馬渡分岐)が秋葉山と想定していたけど70m北東に下った
尾根別れの地点が秋葉山だった。各地にある秋葉山 は秋葉社が祭ってある場所なのか  
c0008948_1653544.jpg
 
                                              半原越   
c0008948_16534465.jpg

                                               宮ヶ瀬越
峠・タワ・タルミ・乗り越しなど同義語が様々あるけど訳ありの二人なら天城越えじゃないけど
峠より越えでしょう各々方  そして天城峠で会ってみたいのは内藤洋子さん 
                   なぜか経ヶ岳と華厳山の鞍部は荻野越えと3点揃いぶみ 
c0008948_1783551.jpg
  
                                           リュウノウギク 
c0008948_17102123.jpg
  
サンドぺ-パ- でこすったような画像にストレスが溜るな   キヤノンレンズLがほしい 
c0008948_17183410.jpg

イルミネ-ションを見たいと新宿東口に降りたら若者の群れ疲れました。 12月8日歩く         

by takigoyama | 2007-12-09 21:33 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

高水三山

c0008948_19513020.jpg
 
                       谷久保沢沿いの道に入り祠の裏から入山する 
c0008948_19532626.jpg
 
                                  岩場を巻いて尾根に取りつく 
c0008948_19593292.jpg

                                         本線と合流する
c0008948_2015728.jpg

                                      末端に下り登り返す。
c0008948_204660.jpg

                                        モノレ-ル工事中
c0008948_2044855.jpg

                                    NHKアンテナと施設がある
c0008948_2053615.jpg

                                     三角点に山名板がない
c0008948_2062364.jpg

                                           展望が開ける
c0008948_207557.jpg

                                     沢井三丁目に下る標識
c0008948_20174267.jpg

                                       惣岳山 静かな山頂
c0008948_20204494.jpg

                              岩茸石山は山座同定をするグル-プ
c0008948_20224238.jpg

                                 若者のグル-プで賑わう高水山
c0008948_20235553.jpg

c0008948_2024119.jpg

c0008948_2025078.jpg

                                            12月2日歩く

by takigoyama | 2007-12-03 22:25 | ハイキング | Trackback | Comments(0)