<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

午前の山:午後の山

c0008948_16254780.jpg

                                        岩茸石山11:29
c0008948_1629462.jpg

                                          藤尾山16:23
c0008948_1065343.jpg

名坂峠(極指側)にあるという「甲州道、日原へ」寛政12年銘の石標が見当たらない↑
湯殿山、羽黒山、秩父の文字で少々がっかりそれならば都道292号の名残を求めて
沢沿いに名坂峠へ向かうメインコ-スをそれた拾いもの自然林の中の涼やかな道
c0008948_10253836.jpg

    ワサビ田跡を過ぎると沢を離れて道がジグザグを切り出すと峠は近い
c0008948_10321564.jpg

棒ノ折山へ(4.5km)へ向けてコブを二つばかり越すとなぜか見覚えのある方に出くわし
て棒ノ折山へ行くか紅葉を撮りに一之瀬へ行くかと諭されればそれは決まりでしょう
c0008948_2144389.jpg

伐採されて日当たりが良くなった斜面にセンブリが雨後の筍のように咲いているこれって
  パイオニア植物なの、暗い植林から一気に光を得て爆発的発生しているようだった
c0008948_17114537.jpg

                                    一之瀬林道より 禿岩
c0008948_21391558.jpg

                             休校中のグランドに咲くウメバチソウ
c0008948_21484162.jpg

        頭上に咲くヤドリギを至近距離(1m)で撮影できるのは珍しい
c0008948_2153371.jpg

                                      無住の寺に武田菱
c0008948_2252131.jpg

犬切峠ここに来たかった (甲斐の山山)に炭俵を乗せた駄馬と寛ぐ馬方が泣かせる
c0008948_2217027.jpg

もしかして赤白のポ-ルのある所で左に進むと、樹姿の素晴らしいミズナラが出迎えて
くれた(静かなる尾根歩き:松浦隆康さん)と同じ物件ならうれしい、カメラを向けたくなる
c0008948_22281281.jpg

c0008948_22313267.jpg

c0008948_22314653.jpg

c0008948_22315986.jpg

原全教さんは犬切峠から尾根通しに登ればよい、はいそのとおりでした登りたかった山へ
笹を搔き分けて歩く気分はたまりません。   謝謝Kさん   10月28日歩く

by takigoyama | 2007-10-29 16:25 | ハイキング | Trackback | Comments(6)

交雑種

  フイリフモトスミレ×マキノスミレが結婚すると、ミツモリスミレになりました。
c0008948_20583098.jpg

c0008948_20591096.jpg

 そしてフイリフモトスミレ×ヒゴスミレが結婚するとフイリ◎丸〇スミレになっったとさ
c0008948_2182949.jpg

      現物は来年のお楽しみ咲く山は分かっているが一回で見つかればラッキ-
エイザンスミレ×ヒナスミレオクタマスミレ)両者同じような場所に生えて難しくはないがまだ見ていません

c0008948_1311452.jpg

サクラスミレ×フモトスミレ(ヤシュウスミレ)サクラスミレを見慣れていないと???でわからないかも
c0008948_23403636.jpg

         来春スミレの季節が待たれる。はたして現物を追加できるか

by takigoyama | 2007-10-23 21:02 | 自然 | Trackback | Comments(0)

同期会

1993年~94年冬サガルマ-タ(8、848m)南西壁登山隊による某登山学校卒業生の
集まりでおいしい酒を飲んできた。ヒマラヤへと学校の思いとは違いお気楽なハイカ-だけど
中高年になって友達ができて共通の話で盛り上がるのは、登山学校のお陰です。謝謝
c0008948_17581877.jpg

c0008948_17594324.jpg

c0008948_17583534.jpg

Kさん御夫妻お世話なりました。Sさん祥ちゃんいつも企画ありがとうございます。
                                          10月20日

by takigoyama | 2007-10-22 18:02 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

分去:わかされ

以前も書いたり掲示板で読んだけど大椈別レ(ブナワカレ)よりやっぱりこちらがいいね
   【奥多摩】昭和30年:山と渓谷社には(ぶなわかさ)れとルビが振っています。
c0008948_964822.jpg

 その子夏休みの学習帳を覗くと、「浅間山、分去:わかされ」と悲しげに遠慮勝ちに
 小さな字で書いてあった。尾崎喜八:追分の草 わかれは気軽な感じだけどわかされ
 戦前だと口減らしで奉公に出されたり、出征で戦地に行く感じで戻って来れない印象だな

by takigoyama | 2007-10-16 08:57 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

あの頂に行こう:笠ヶ岳

c0008948_2034395.jpg

 いや~雑誌にあるような派手な発色でんな、決して画像ソフトで加工はしていません
 撮影日時2007/10/13-09.35.57 シャッタ-速度1/320秒 絞りF7.1
 側光方式:評価側光 ISO感度400 レンズCANON35mmF2.0
 画像サイズ3504×2336 画像(圧縮方式)WAR PLフイルタ-使用

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
つまりコンデジより眼デジプラスPLフイルタ-を使えば素人でも青空が鮮やかになり見栄
えのある絵がたまたま撮れるから道具にこだわりたくなります。少しは狙ってカシャですよ
   カメラCANON20D ビュ-ファインダ-がついた40Dがほしい今日この頃
c0008948_9504584.jpg

  鳩待峠から明るくなるのを待って6時歩きだしは寒気が入ってきたのか曇りがち
c0008948_957218.jpg

  【ゴゼンタチバナ】目立つのはナナカマド、ヘビノボラズ、マイヅルソウの赤い実
c0008948_103334.jpg

 至仏山への道を分けてオヤマ沢田代から笠ヶ岳へ向かうと団体でも迷惑がかからない
c0008948_10475997.jpg

                                      シラビソ越しに小笠
c0008948_1030128.jpg

バス2台総勢42名 鳩待峠~オヤマ沢田代~悪沢岳~笠ヶ岳~湯の小屋誰でも行きたい
コ-スですよ登りでは長くてきついけど下りに取れば夜行日帰りでもOK下山口にはバス
が回送してあり帰りの心配はいらず、時間は長くても標高差なくていいコ-スです。
c0008948_10503055.jpg

            早池峰山03年7月28日  トア(塔状の岩峰)
花はなかったけどこの風景がたまりません
笠ヶ岳と早池峰山が似ていますね、
標高は2000mほどなのにシラビソ林を抜ければハイマツやナナカマドの低木は高山風
高木が入り込めないのは岩ゴロゴロの岩塊斜面が森林限界を押し下げているのですね
c0008948_11153690.jpg

                             笠ヶ岳から至仏山と燧ヶ岳
c0008948_111236.jpg

                              片藤沼
c0008948_11184458.jpg

                  倒木にはヒラタケとブリハリタケのお土産がありました。
c0008948_11274599.jpg

  ナショナル碍子 咲倉沢頭避難小屋で採取 小屋は4名程度扉は外れています。
c0008948_11343884.jpg

                              森のイクラ 虫こぶ 名前は調査中
c0008948_1145521.jpg

     避難小屋を過ぎても平坦の樹林帯が続いてなかなか高度が落ちずに長い
c0008948_115313.jpg

                      ブナとアスナロ林が続き林床にはエゾユズリハ
c0008948_1154413.jpg

                  当時の積雪量を感じる切りつけは頭の上 昭和4年4月
c0008948_13535124.jpg

草紅葉に池塘や岩塊斜面のハイマツと日本の美しい山を楽しんだ一日だった。13日歩く

by takigoyama | 2007-10-14 20:34 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

所変われば

同じ様な花でも?(オラホ)の地方では甲信ジャけんね、なに言ってまんがやこちとらは
越後でごわすとか身びいきが僅かな違いでも分類すると、地方花にオジサンこまちゃうな
c0008948_2053363.jpg

                今話題の葉ヒキオコシ そして
c0008948_2075549.jpg

       カメバヒキオコシの変種で母種より葉が大きい 甲信ヤマハッカ そして
c0008948_20105092.jpg

亀の尻尾が微妙に違うこの方は日本海側や新潟に咲く(タイリンヤマハッカ)らしい

by takigoyama | 2007-10-14 20:00 | 自然 | Trackback | Comments(0)

金木犀

     て遠くまで匂うねなにかおじさんの香水みたいで少々やりすぎだな
c0008948_1032464.jpg

     で思い出すのは君のひとみは10000ボルト堀内孝雄 1978年
鳶色のひとみに誘惑のかげに金木犀の咲く道を地上に降りた最後の天使も30年もたてば

by takigoyama | 2007-10-10 10:32 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

犬:蛸:百舌

c0008948_2394952.jpg

イヌゴマ:別名チョロギダマシチ 黒豆の添えられたいたチョロギがどうしているのやら
c0008948_23544973.jpg

                               これもお節料理 酢ダコ タコノアシ
c0008948_23572741.jpg

虻の目(ゴマノハグサ科)や狸豆(マメ科)狙いでしたがそこまで甘くなかった 5日歩く

by takigoyama | 2007-10-08 23:26 | 自然 | Trackback | Comments(0)

山旅新コ-ス:大霧山

c0008948_21353969.jpg

逆光に人物が黒つぶれで銀嶺の浅間山に露出が合った写真は10年前コンタックス(GI)
リバ-サルフイルムでした。今は眼デジでお手軽に撮っていても現像代は無駄な投資
ではなかったと思えるようなりましたしかし。RWAだと露出のコントロ-ルは自在です。
c0008948_2239495.jpg

少しづつ雲が切れて近くは前橋群馬県庁のノッポビルに鼻曲山からそれと分かる平頂の
荒船山、榛名山塊や赤城や日光方面は薄ぼんやりと両神山と特異な双子山の奥には
お椀をふせたような蓼科山も八ヶ岳の雄赤岳までもスツキリとはいかないが目視できた。
c0008948_22543537.jpg

c0008948_22552956.jpg

c0008948_22554955.jpg

 台風一過でもキリリと冷え込んだ冬空でもないのにわりと展望が利き同定を楽しめた。
さてタイトルの山旅新コ-スは体育評論社から昭和15年に出版された東京付近の
ガイド本です。一日二日山の旅大正12年:河田楨著にはまだ私鉄沿線の山は紹介されていません、池袋-寄居1927年(大正11年7月)前線開業してからも寄居方面
ではわずかハイキング昭和11年茂木慎雄著に吉見百穴・鉢形城址が紹介されている
c0008948_10162465.jpg

   日を浴びた笠山は天に吸わせる巨大な乳房 尾崎喜八 昭和17年
だけ。「東京付近山の旅」昭和9年朋文堂にも奥武蔵として取り上げられているのは武蔵野電車沿線で東武鉄道の山はまだ黎明期で徒歩旅行雑誌ハイキング秩父:奥多摩46
(昭和11年4月)に未踏地研究として大霧山が紹介されています。表舞台に登場するのは
タイトル本、岩根常太郎著なのは東武鉄道がハイキング客招致に力を入れなかったのか?
さてこちらが問題エゴマなのかレモンエゴマなのか
c0008948_1023288.jpg


エゴマ        萼は果時に長さ1センチほど
レモンエゴマ        〃 6~8ミリ 日本の野草山と渓谷社

レモンエゴマ 葉身基部には鋸葉がなく、広いくさび形である
エゴマ 花冠は白色で稀に淡紅紫色を帯びる 神奈川県植物誌

エゴマ     白い毛がある 学生版 原色牧野日本植物図鑑
レモンエゴマ  萼は毛が多く 山に咲く花 山と渓谷社

エゴマとシソは容易に交雑が起きてさまざまな形態がのものが存在するため、
厳密な定義が難しとしている 神県誌
 農産物販売所のおばさんのこのあたりエゴマを栽培していたかと尋ねたところあまり
 作っていないとのお答 畑から脱走したエゴマとも考えられずレモンの匂いも感じなかった
                 レモンエゴマかな
c0008948_103753.jpg

                                          ヒヨドリジョウゴ
c0008948_1039068.jpg

                        お昼は野菜炒めから寒くなるとウドンに変わる
c0008948_114402.jpg

                                      ミツバベンケイソウ
今週のお猫様
c0008948_1046358.jpg

 店番猫 この手の店があると御婦人方は立ち止まり小生の荷が増える  10月6日歩く

by takigoyama | 2007-10-08 21:39 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

八十里越え

週末の空模様を見計らい30日に三条市旧下田村より入山只見町叶津へ抜ける八十里越
えを決めて前日は魚沼市大白川の大雲沢ヒュッテに宿泊する。予報は悪いほうに振れて
c0008948_8174555.jpg

中越は50%となり雨を心配しながら、明日の長丁場に備えて酒は控え目となり床に就く
c0008948_2244257.jpg

 大宮10:58(とき361)⇒越後湯沢12:11⇒小出13:17⇒大白川14:03
c0008948_2253764.jpg

        鉄ちゃんモドキでもロ-カル線の旅を満喫する押さえておきたい光景 
30日は3時起床、宿で朝食を摂り一時間車に揺られて登山口に向かい5時から歩き出す
c0008948_22464527.jpg

                               明るくなるまで写真はありません
c0008948_22495913.jpg

   ヘッデンは消したものISO1600に上げても、お宝はボケまくり証拠採用
c0008948_22574161.jpg
        椿尾根 6時14分 ISO1600 F4.0 これでもシャッタ-スピ-ド1/10
c0008948_6471168.jpg

 番屋乗越 10時42分 ISO400 F5.0 1/30 新潟側は時代がついていない石標
 が目立つ苔が付いて文字が風化して味わいが出る頃に歩く人はいるのやら、道は
 平坦なブナ林からヘツリ、泥斜面、枝沢、固定ロ-プと変化に富み飽きさせない
c0008948_77989.jpg

                                              粟ヶ岳
c0008948_6483178.jpg

                                             火薬跡
                    ブナ林が続く ブナ沢を渡り高清水沢で休憩する
c0008948_6283949.jpg

 
c0008948_7122036.jpg
  
    宝石のように美しい藍色が引きつける(サワフタギ)別名ルリミノウシコロシ  
c0008948_7245672.jpg
 
         逃げる気配もないこのふてぶてしい態度 アズマヒキガエル?
c0008948_8193074.jpg
 
 空堀    湿地や沢水が染み出している道が多くあり「長靴」 が歩きやすい 
c0008948_8461540.jpg

         殿様清水 水は豊富あり心配はない ミズタビラコ
c0008948_8294831.jpg
 
     鞍掛峠(コ-ス中最高点965m) このあたりで行程は半分ぐらい 
 10時30分 小松横手でポツポツと来て、先を急ぐあまりに視野は黄色を捉えていたが
 ミツバチグリかと無視して通り過ぎるところでした。↓上越地方~東北地方南部に生える
c0008948_9472910.jpg

     左 オオバキスミレ 右オオバキスミレを小型化した【ナエバキスミレ
   オオバに比べてナエバは茎が赤紫色を帯びて葉は厚くゴワゴワした感じです。
c0008948_1303638.jpg

 石積みが往時を忍ばせる。五味沢林道に出て新潟と福島の県境木ノ根峠に向かう
c0008948_131767.jpg

  八十里峠 やりすぎと思えるほどの石標群 右上の古道入口は藪に覆われている
c0008948_13285274.jpg

c0008948_13341052.jpg

                          松ヶ崎 ここまで来ればゴ-ルは近い
c0008948_13371286.jpg

           福島県側に入り道は良くなっても油断が出来ない場所がある
c0008948_13373442.jpg

関東では{あった}といささか興奮する花は東北ではあるあると密度が違うオニシオガマ
c0008948_1348262.jpg

                      お土産の(ヒラタケ)味噌汁の具にして食べる。
c0008948_13575942.jpg

c0008948_1445713.jpg

        なめ滝 13時18分 F6.3 1/60 ISO800 撮影には厳しい天候
c0008948_14101462.jpg

行商人なのか、田植えが済んだ越後からお蚕い手伝いにきた若い衆によるものなか
会津口八十里越入口に大正15年(1926年)の切りつけを見る。14時08分ゴ-ル

歩いてみれば刈払いもあり予定より早くあるけたが後付けの話で一部不鮮明なル-トも
りまた土地勘もエスケ-プル-トないだけに、送迎、ガイド付きでないと厳しいかも
                                            9月30日歩く





 
            




          

by takigoyama | 2007-10-01 23:45 | ハイキング | Trackback | Comments(2)