<   2007年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

酷暑の蒜場山

朝の早いうち(5:35)からの歩き出しでも陽が上がれば半端な暑さじゃないねこの時期の
新潟の低山は水分補給を充分にしない体調を崩しかねないというより熱中症で死亡の
危険があります、陽射しを遮る樹林帯は少なく最低でも2Lの飲料水が必要です。
c0008948_20101382.jpg

                            山伏の峰から蒜場山を望む
c0008948_20185151.jpg

[]の印象だと波打つ感じからクモキリソウに見えるけど[]      ジンバイソウ
に見えます。ラン科の同定ではフィル-ドで数こなすの一番仔細に観察すればクモキリソウ
は波打ちが細かくジンバイソウの葉に比べて見た目はツヤがなくやわらかい印象です。
c0008948_20423994.jpg

葉も花も緑で周囲のオオイワカガミやマイヅルソウの葉に紛れて見逃しがちです。
c0008948_20454432.jpg

                                     ジンバイソウ
c0008948_2047551.jpg

  クルマバナと比べて花冠も萼筒も長く力強い印象を受ける ミヤマクルマバナ
 新潟まで300㌔を北上しただけで低山でも高山植物の世界アカモノも見られた。
c0008948_21111922.jpg

楽して軽いオリンパス5050を連れて行ったら画像の違いは明らかニッケル単三電池の
バッテリ-も電源のON.OFFプレビュ-を繰り返したら60枚弱で山頂の標識を撮ろうしたら
残量ゼロこれでは使えないな、帰りにアケボノシュスランが出てこない事を願ってしまった。
c0008948_21205647.jpg

                                         烏帽子岩の下り
c0008948_0242845.jpg

 赤倉・鍋倉山・仙ノ倉山・茂倉岳・俎嵓(クラ)と岩壁を意味する山が多い俎倉岳
c0008948_0354889.jpg

                             帰路この標識の裏でクマが現れた。
c0008948_0373668.jpg

                 ブナの幼樹が目立つのは倒木更新が進んでいる証か 
c0008948_0404263.jpg

                                              オオカメノキ
c0008948_041980.jpg

                                               ウスノキ
c0008948_0475638.jpg

                                               ホツツジ
c0008948_0514136.jpg

                                        赤谷鉱山のレ-ル
リョウブの花が雪が積もったように山肌を覆っていたけど奥多摩で見られるような樹皮が
はげ落ちた太い幹は見られず矮小化した樹形に同じ樹木でも環境の違いが見られた。
急登から落ち着いたブナ林に展望の良いミニ岩場と、ヤセ尾根がからみ山頂は遮るもの
のない五頭連峰と飯豊連峰のパノラマが広がる。一日の山踏としては最高級の山だった。
                                8月26日歩く(新○○BOX田山行)

by takigoyama | 2007-08-27 20:10 | Trackback | Comments(0)

今週のお猫様

c0008948_12493978.jpg

下界では猛暑日なのに2000m足らずの山だけど奥日光は涼しい、外国人が避暑地に
選んだのが分かるね、ここでテントを張ったのは7~8年前御料局の三角点に記憶は
ない興味がなければ目に入らないものだ、の山だけを目的に登れるとはKさんありがとう
                                  宿堂坊山  8月18日歩く

by takigoyama | 2007-08-27 12:49 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

そうでない人はそれなりに

c0008948_21542361.jpg

これでも咲いているのかほとんどが蕾の状態で物言えば唇寒しとばかり口をすぼめて
無駄口を発しないタイプのようです。オシベの葯がほんの少し覗く程度で絵になりにくい
          【粘芒蘭】    ネバリノギラン(ユリ科)
c0008948_6594281.jpg

                  【クロユリ
c0008948_22431393.jpg

美しい人はより美しく?絞りは開放でピントが合っているのはほんの少し【ハクサンチドリ】
c0008948_2303697.jpg

大型で群落を作るシナノキンバイ高山植物というより花屋の切り花タイプみたいだな
c0008948_819012.jpg

c0008948_8191421.jpg

立ち上がった姿は目玉おやじのよう釣鐘型の花は下向きに咲いてオシベメシベが見られる
のは少ない花期の終わりにはギンリョウソウ見たいに顔を上げるのか?【ジムカデ
c0008948_97228.jpg

          ↑と同じツツジ科の常緑小低木【アオノツガザクラ:青の栂桜
c0008948_9223028.jpg

                           【ミヤマキンバイ
c0008948_938236.jpg

        ハルトラノオと花の作りが同じタデ科の【ムカゴトラノオ
c0008948_2256262.jpg

登山道で歩きながら見られる花というより見つける花ですね歩きながらでは難しい
たまたまその場所に立ち止まり付近をゴソゴソやって見つけたの【タカネトンボ
ホザキイチヨウランと勘違いして初物の喜びはなかった、このルックスでは初見でもな
c0008948_23145987.jpg

                          ランチャンは少なかったね(テガタチドリ)
c0008948_23434787.jpg

              【ミヤマダイコンソウ
c0008948_21514395.jpg

                                          チングルマ
c0008948_2152185.jpg

                                        エゾシオガマ
c0008948_2153775.jpg

                                         アラシグサ
c0008948_21541597.jpg

                                         ミヤマアカバナ
c0008948_21554116.jpg

                                     タカネヤハズハハコ
c0008948_21562631.jpg

                                        クガイソウ
c0008948_21571977.jpg

                                       ミヤマリンドウ
c0008948_23145896.jpg

             湿り気のある場所に咲く地味な花です。 フキユキノシタ
c0008948_23165018.jpg

                                  クロバナヒキオコシ
c0008948_23183372.jpg

                                    ハクサンイチゲ

by takigoyama | 2007-08-20 21:54 | 自然 | Trackback | Comments(2)

炎熱の双六岳

12日甲府駅9時に待ち合わ国府津から来た友人の車に同乗して新穂高温泉へ向かう
一宮御坂インタ-より中央高速に乗るも、帰省のピ-クは土曜日だったのか目立った渋滞
c0008948_13504294.jpg

はなく流れよく進んで松本インタ-で降りる。上高地に向かう梓川沿いの道は若干混んで
いたが松本電鉄新島々から先の心配した沢渡周辺も、駐車待ちする車列の脇を通って
安房峠を抜けて飛騨の国に入り蒲田川を遡れば目的地は近い予定より早くついて今宵の
宿わさび平小屋にテントを張って翌日に備える。   狭いながらも楽しい我が家
c0008948_14441570.jpg

わさび平小屋はこじんまりとして静かでいいね目の前には冷たい水も豊富だし朝立ちの
方はここで一泊すれば翌日の元気がでるね、トマトも胡瓜も冷えてるしかつ丼もうまいよ
c0008948_14302958.jpg

13日も朝から太陽が元気一杯でコントラストが強すぎてベタとした写真しか撮れません
c0008948_14594227.jpg

沢を渡って山道になるすぐ先の秩父小沢は日陰になっていて休むには良いところ(秩父沢)
c0008948_15113550.jpg

               ペンタックス中版カメラを除く山岳カメラマン見習白幡孝氏
山岳写真は人を避けて、風景写真は人物を添えればソコソコの絵になります。
c0008948_15334174.jpg

こういう絵を撮りたかったけど双六では焼けなかったねそれが帰り道で一緒になった人に
赤槍の絵を自慢されてしまった。かたや重いカメラで撮れないのに双六小屋泊まりの
予定がばててしまい鏡平小屋に泊まったお陰で撮れたなんて素人写真に運がつきもの
c0008948_1953509.jpg

畳一枚に二人の住環境より周囲に気を使わない分と時間に縛られない分快適だね
14日はそれぞれのペ-スで中道分岐より別行動になり双六岳で落ち合い三俣蓮華岳
へと向かうハイマツに残雪と風衝草原のコントラストがなんとも美しくまさしく美しい日本
c0008948_2032458.jpg

15日も朝から日差しが強く低温やけどのようじんわりと皮膚が焼かれて手の甲は火照る
テント生活も三日目ラ-メンアルファ米食にうんざり皆さんがそれぞれに出たあとのんぶり
朝食を済ませて来た道を戻る。食糧分しか荷は軽くならず肩にザックが食い込む
シシウドガ原から石ころ道に足を取られないに気合を入れて下りわさび平小屋で一息
入れて新穂高温泉に戻る。松本駅で降ろしてもらい(あずさ)で帰る

by takigoyama | 2007-08-20 12:54 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

ありがちな夏山写真

c0008948_18264488.jpg

c0008948_18284634.jpg

c0008948_18361171.jpg

c0008948_18365371.jpg

c0008948_1838210.jpg

c0008948_23263155.jpg

c0008948_18384846.jpg

c0008948_18413920.jpg

c0008948_1843202.jpg

c0008948_18443867.jpg

c0008948_18465825.jpg

by takigoyama | 2007-08-17 18:26 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

今週のお猫様

c0008948_21571093.jpg

                                            槍ヶ岳猫
c0008948_21575859.jpg

                                          ウサギキク猫
c0008948_18205847.jpg

                                    三角点猫(三俣蓮華岳)
c0008948_1823895.jpg

                                         野口五郎岳猫

by takigoyama | 2007-08-16 21:57 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

今週のお猫様

c0008948_16573818.jpg

c0008948_16574842.jpg

山歩きはコラボレ-ションだ 猫缶を標識に乗せる人あり そして物語は生まれた。
                                           

  タマランチ会長×5


                                            
                                           8月5日歩く

by takigoyama | 2007-08-06 16:57 | Trackback | Comments(5)

高尾の花

c0008948_1650641.jpg

             ツルニガクサ
c0008948_16504289.jpg

                                           キツネノカミソリ
c0008948_1651825.jpg

                                             ソバナ
c0008948_16512699.jpg

                                          ヤマホトトギス
c0008948_16514880.jpg

                                            イガホウズキ
c0008948_1652924.jpg

                                      ヤマユリとワレモコウ

    なんの不安も心配もいらない花がある高尾山もいいけどたまには、ドキドキしたい                                                
                                            8月4日歩く
    

by takigoyama | 2007-08-06 16:35 | 自然 | Trackback | Comments(0)

蘭は○尾に限る

c0008948_21301152.jpg
c0008948_21302259.jpg
c0008948_2130312.jpg
c0008948_21304020.jpg
c0008948_21305110.jpg

目立たないですね、ほとんど咲いているぞと自己主張しない地味な奴ですが気になり
初見の6月18日から7月8日・7月28日と見守り8月4日にようやく開花を確認
花も緑でサイズは4ミリぐらいと小さく真上から強い光が差し込んで撮影に苦心しました。
c0008948_21403334.jpg

                  6月18日 ラン科とはわかってもこの時点では正体不明
c0008948_21414161.jpg

                  7月8日 花茎が伸びたのが解る程度
c0008948_2143778.jpg

                  7月28日 開花まで1~2週間と予想
北の方では珍しくはないがこの周辺では珍しいハセツネで言えばサブ12クラスランかも

by takigoyama | 2007-08-04 21:31 | Trackback | Comments(0)

ブナの山旅:栗駒山 2

c0008948_16432360.jpg

車道を歩いて白糸の滝へ向かう夫婦と別れて増水で、渡渉できない時は、戻る算段で
一の迫川沿いの道に踏み込む、刈払いの手は入っているが、ところどころへずりや押し
流された土砂で道形が崩れてとてもコ-スタイムでは歩けない道でした。
c0008948_1761772.jpg

c0008948_1784194.jpg

c0008948_17103192.jpg

c0008948_17124922.jpg

c0008948_1713418.jpg

                        国道との合流で同宿の夫婦も上がってくる
c0008948_17152997.jpg

                                            白糸の滝
c0008948_1716450.jpg

                       これで30分遠回り 落石で傾いた吊り橋
c0008948_1721030.jpg

       磨きぬかれた廊下 一部三階立て    温湯温泉佐藤旅館                                   

by takigoyama | 2007-08-01 16:43 | ハイキング | Trackback | Comments(0)