<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

埼玉の山 大平山

長沢背稜を串刺しに、北上するにしても秩父側から南下しても一日の山歩きとしては
行程は長く山深いところもあり、花は少ないながら苔と笹と樹林が奥秩父気分を醸し出す
c0008948_9472392.jpg

                             山と高原(奥武蔵号)昭和22年5月
先人の歩いた紀行文を渉猟するのは楽しみだけど、この付近は目にしませんね
地図の大平山の北東1460mあたりの地点から東へ分派される尾根を熊取尾根と稱し
                                      【奥秩父 原全教】
c0008948_10405085.jpg

人の入っていない道だとなにか出てくるんじゃないかと期待してもイワタバコの葉だけ
c0008948_10571745.jpg

     伐採地跡に鹿除けのカバ-をつけられた、杉苗木が山の墓標のようだ
c0008948_21465866.jpg

大毒気てどこよS社の地図では1315m付近に表記があり某J○C九五会HPではここを
大ドッケとしています。無料の立ち読みから某商業誌山の○23(98年4月)も1315m点
↑峠ノ尾根分岐には標識なしS社の地名表記はどうしてそうなるのと首を傾げたくなる

例えば07年エアリアに三角沢ノ頭(寿岳)と表記丹沢の山と渓:S27:山と渓谷社では
三角ノ頭】HP上では沢なしと沢付き地名が混在しています。しかし誰かが三角沢の源頭だからと(沢を加えて)使い出したらこちらが主流になってしまった。時代によって言葉は変わっていくけど古い地名も伝言ゲ-ムのように変わって行く地名はS社に命名権があるの
c0008948_10173931.jpg

        S17年ハイキングペンクラブ著 丹沢山塊も三角ノ頭
c0008948_88989.jpg

             大平山までは概ね薮がち少し刈払いの道もありました。
c0008948_8124192.jpg

ここでようやくシロと対面七跳山と往復なのか 山頂~大クビレ間は良く踏まれています。
c0008948_820508.jpg

c0008948_8173195.jpg

  大クビレに降りて1600m圏の長沢背稜はお休みところ風にゆったりとした空間
c0008948_826507.jpg

c0008948_8284962.jpg

c0008948_8294011.jpg

c0008948_831787.jpg

  圧巻だったのは避難小屋手前 三ドッケに登ったらこうは見られなかっただろう
  
                                             5月26日歩く

by takigoyama | 2007-05-30 09:46 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

思い出の郵趣誌

戦後生まれの20年~30年代のお子達で(西条凡児風)一瞬でも記念切手集めた事がない人はおりませんじゃろ郵便局に並んで切手を買っていた頃に中学生時代に東京オリンピックの寄付金附き切手を学校で斡旋したいたな遊びは草野球に切手収集が王道だった。
c0008948_22194135.jpg

  成人後初日カバ- 風景印 絵入り官葉 鉄郵印と変遷を経て年賀印にのめり込む 
c0008948_22205586.jpg

c0008948_2221576.jpg

c0008948_2225146.jpg

c0008948_22262426.jpg


小代(しょうだい)式機械印 年賀印の水戸黄門の印籠みたいなものこれさえあれば
助さん格さんの加勢が無くても多くの郵趣家が参りましたとひれ伏す。超珍品
    今はこの業界から足を洗い小代式機械印はん十万で売ってしまいました。

by takigoyama | 2007-05-24 20:59 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

郵遊

忘れちゃいました。点なし楠公の発行日もC欄Z型の時刻区分もほとんど紙くず状態です。
c0008948_12585151.jpg

c0008948_12593939.jpg

c0008948_12595159.jpg

c0008948_130379.jpg

c0008948_13124100.jpg

ヤフ-オクに出品したけど渋い値しか附かなかったので取り消し

by takigoyama | 2007-05-22 12:58 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

シロはシロでも

c0008948_9434324.jpg

c0008948_9452617.jpg

c0008948_9481597.jpg

かおるちゃん遅くなってメンゴ 花を捜していたんだよ、君が好きだったシロヤシオを
しかし無いのよかおるちゃん遅かったのかな早いて~事な無いと思うけど喜んでとやる気の無い年なのか松膚の大木はあるけど咲いている木は見当たりません

c0008948_1212747.jpg

1300mの古峰ヶ原より900mの石裂山ならと狙ったけど大ハズレ      これだけ
かおるちゃん代わりにこちらをお持ちしました。シロバナイワカガミじゃないよヒメイワカガミ
かおるちゃん奥多摩、丹沢、道志にはないよこれまで、夜叉神峠と栃木鳴神山で見ただけ
c0008948_139434.jpg

                              ピンクのイワカガミはありませんでした。
c0008948_1525563.jpg

前回は、アカヤシオが咲いていた。ス-パ-クリ-クが春の天皇賞を勝った時だった
その前だと20年前かイワウチワにカタクリに、廃校の脇にはコバイモが咲いていた。
この花にももう一度会いたいね、角田山に行けばあれるけど植物園みたいなそこに行けば
会えるようなのは、感動がないからね、思いがけずに出会えた喜びを大切にしたい。
c0008948_15313070.jpg

帰りの13時のバスに間に合わせるには気が急いて、忙しいそこでここで一杯の計画も
店は開いていたけど、営業はしていなくて残念次善の策としてコアツモリソウの探索に
切り替えたけど、気まぐれ捜してみても出会えるブツではありませんよ かおるちゃん
c0008948_15395559.jpg

                                    ヒイラギソウ
かおるちゃんこれもお久、猪狩神社から御岳山に登り下り(強石)の沢筋で見て以来です。
c0008948_15523842.jpg

    いかにもセッコク・カヤランが着生しそうな老杉が多い 加蘇神社
c0008948_16131044.jpg

ハルトラノオが田中澄江さん花の百名山で取り上げられいますが、クワガタソウも多い
c0008948_16142999.jpg

c0008948_17145273.jpg

岩場・梯子・鎖場の連続それなりに楽しめるが 一歩間違えればパンパカパ-ンの世界
c0008948_17261442.jpg

c0008948_17314361.jpg

                                      展望台から高原山
c0008948_17294596.jpg

                                    月山から男体山
c0008948_17331363.jpg

                                          クルマバソウ
c0008948_1744346.jpg

                                         ホウチャクソウ
ミズタネツケバナ(タネツケバナとオオバタネツケバナ)中間な形質で同じと言われてもな
c0008948_18353849.jpg

               加蘇神社の奥宮の山には祠が多い   5月20日歩く 
c0008948_18332126.jpg
  
                                  おまけ 画像はいまいち
                                 

by takigoyama | 2007-05-21 09:45 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

戦場キャメラマンは見た

c0008948_2313125.jpg

栄養不足のエイザンスミレじゃありません、松葉のように細かく葉が5裂しているでしょう
03年4月27日に一般登山道で撮影したボケボケ画像はやっぱりヒゴスミレだった
咲いている場所と環境が悲しいものがあります。日当たりの良い草原や乾き気味の落葉樹林と逆の湿潤の日当たりの悪い北側でした。人通りが激しい登山道では盗掘や踏みつけられて姿を消す命を環境の対応によって健気に生き延びている。花を追いやっている側として見られてうれしい反面踏み込まずにそっとしおけば良かったとの気持ちも少々あります。
c0008948_054950.jpg


c0008948_0343586.jpg

                   本日のサ-ビスカット 自助努力で武蔵五日市に向かう
c0008948_0373585.jpg

某バス通り農産物販売所でエビネ1050円で販売中、奥多摩の某尾根に生息の天然物の
山取りなら2000円は下りません、キエビネは5000円クマガイソウは3万でも引く手数多
c0008948_0421532.jpg

   登り笹平~払沢ノ峰~松殖山 下り下川乗沢と出野沢の中間尾根~清水商店
c0008948_852559.jpg

c0008948_96786.jpg

鉄道省のガイドは南郷の小学校の所に出てとなっているが、あちらは水場がないからね
c0008948_916150.jpg

                                         南郷国民小学校
c0008948_8522225.jpg

たまたま土産物店の主人と言葉を交わす機会があり道標の製作者であると分かった  
                               新ハイ97年11月藤井寿夫さん
c0008948_925817.jpg

                 戦場キャメラマンの腕もこんなものO山が写っていません
c0008948_9265245.jpg

                                        会ったのは2名 
おまけ
c0008948_9302275.jpg

                     連休明けの静かな山を楽しみました。   7日歩く

c0008948_17475724.jpg

    モザイクをかけても勝手に写すんじゃねよ光線がモニタ-からも伝わります。
                                                               

by takigoyama | 2007-05-07 23:19 | 自然 | Trackback | Comments(5)

援助交際:大塚山

c0008948_2240673.jpg

踵を骨折して足を引きずる人と、術後1ヶ月の人と、、タクシ-で瀧本駅に乗りつける。
ケ-ブ-ルとリフトを乗り継いで、大塚山までの、大名旅行富山高岡市から出てきた人との
c0008948_1945341.jpg

お話を楽しむ合間に、御嶽神社より流れてくる。屋台囃子誘われて写真撮影に向かう。
c0008948_1961121.jpg

c0008948_1962445.jpg

c0008948_1965233.jpg

c0008948_198242.jpg

                                         キセキレイ
c0008948_19155645.jpg

                                         ツクバネウツギ
c0008948_19162093.jpg

同じ場所の生えていますが、別々に咲いているようです。両者が深い中になると
ナガバノスミレサイシン×アケボノスミレ〓交雑種のナガバノスミレサシンになります。
c0008948_19264070.jpg

                                               クロモジ
c0008948_19271361.jpg

c0008948_19321385.jpg

             ほんの3分程乗車なのにリフトを降りればプリントされています。
c0008948_2013563.jpg


c0008948_2014322.jpg

                      御嶽駅今は使われていない臨時乗降口の家屋
今日のお駄賃
c0008948_20215210.jpg

何年ぶりかなちゃんとした寿司を食べたのは、ス-パ-や回転寿司と違うおいちい
本物のビ-ル500ミリ×2と冷酒300ミリ(今週のお猫様)中身は大門ソ-メン(大好き)
c0008948_2025518.jpg

                            高崎駅だるま弁当   5月4日歩く

by takigoyama | 2007-05-05 22:40 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

赤だ赤だよ:残馬山

c0008948_4183014.jpg

                                     アカとシロ(白根山)
c0008948_4202726.jpg

 出た出た900m付近のヤセ尾根手間で落花を見てアカヤシオロ-ドの始まりです。
c0008948_4312939.jpg

                  ほかの木に遮られて良いアングルが取れません 
c0008948_4203922.jpg

    山頂で会った方は2名 鳴神山と根本山はさぞかし大賑わいだっただろうな
c0008948_4454690.jpg

残馬山に登るのに要した18年、その時間に山に馴れたけど山自体が易しく成ったが一番
だね、(某地図に座間峠~残間山コ-スは踏みあと程度のル-トなの上級者向き)の脅し文句があります。しかし標識は少ないながら踏後明瞭テ-プ多数ありの山になっていた。
c0008948_1637568.jpg

この登山口(柏久保)までも長かった家をでて4時間行程はM駅5:20始発いつもの時間
武蔵野線新越谷駅~5:50新越谷駅(伊勢崎線大田行き)~大田7:14東武桐生線赤城行き新桐生駅~桐生女子高校行き(バス)7:59~女子高校8:18JR桐生駅~石鴨行きに乗り継ぎ源蔵橋8:40釣師で賑わう桐生川を渡る。少々うろうろしましたが山道に入れば戸惑うことも無くネット情報を照らし合わせての道を確認しながらの歩きです。この山

c0008948_17414561.jpg

知ったのは尊敬するあの人の遊歩百山座間峠~残馬山1990年2月に歩いた記事です。
こうしてみると行きたいに自力で行けるように成ったのも強ち加齢も満更捨てたもんじゃない
c0008948_1756183.jpg

沢沿いの道は蛇ニョロニョロ右手上は林道、しばらく行って尾根道となる、大茂峠を過ぎると
          林道末端と合流する。そこから快適な自然林の山道となります。
c0008948_1864883.jpg

                                            大茂峠の祠
c0008948_17591178.jpg

                                        ツクバキンモンソウ
c0008948_18194093.jpg

830m峰を下って西斜面伐採地を見ながら一息入れた場所の ケタチツボスミレ
c0008948_182513.jpg

  「それはきっとヨッピ林道でしょう」という返事だった。WFさんありがとうございます。
c0008948_18523551.jpg

縦走路の通り道の山だけど、その山を目的にだけに登るのも好き来年は三境山から行くか
c0008948_1935148.jpg

     山歩きの楽しみ座間峠まであとはわたらせ渓谷鉄道神戸駅に向かうだけ
c0008948_19111684.jpg

神戸駅~相老駅~東武線に乗り換え東武動物公園駅~新越谷駅と乗り継いで帰る。
  
c0008948_21403180.jpg

おまけ 座間峠から降りた林道にあった魔除けの防ぎわらじ 5月3日歩く

by takigoyama | 2007-05-03 22:43 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

君の名は

と尋ねても答えれはくれない、その場合は本で調べる。バリイエ-ションの範囲内なのかな
どうにも判定がつきません交雑種じゃないかなと30日に見たときの第一印象でした。
c0008948_18233674.jpg

その時尋ね花の掲示板で教えを乞う、そうすると世の中の識者の皆さんから親切なお答えがいただけます。牧野菫×麓菫ミツモリスミレの可能性があるとのこと
c0008948_18234828.jpg

by takigoyama | 2007-05-02 18:02 | 自然 | Trackback | Comments(0)

捨てられない画像

ご覧のようにピントも露出も合っていないボケボケの画像だけど、削除できません、映っている物件がね、「葉」切れ込みが細かく花色も白で03年5月当時は、これはエイザンスミレじゃないヒゴスミレだと確信しただけにね、最近某掲示板の報告を見て記憶が蘇ったわけです.肥後菫は奥多摩や陣馬・高尾周辺ではかなり珍しい

c0008948_14484541.jpg

by takigoyama | 2007-05-02 14:34 | 自然 | Trackback | Comments(0)