<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

一人で歩けるもんね?(朝日向尾根)

一度登ればモウイイヤ尾根に、ようやくノボレタ尾根さらに落ちるならあっち側の方が助かるよ
県界尾根と様々ありますが、もう登っちゃたお次の方ドウゾ尾根はマズイだろう、ここはあくまで
謙虚に登らせた頂いた尾根としなければいけません、そうじゃないと一人でかかってこいよ尾根
c0008948_22165462.jpg

予報より早い振り出しで明け方には雨上がる。その後晴れ間と乳白色とを繰り返す
となります。何事もケンキョケンキョと鶯見習いの如く謙虚な心がけが我が家の家訓でございます。
c0008948_22264090.jpg

         丹澤の谷歩き・坂本光雄編・体育評論社・昭和15年6月
c0008948_22335524.jpg

                                       看板娘(パル)
c0008948_22425053.jpg

c0008948_22365175.jpg

  期待した朝日向尾根1196m付近のブナ林撮影も臼ヶ岳付近で崩れ残念
c0008948_22461124.jpg

                           蛭ヶ岳・臼ヶ岳手前で撮影
c0008948_22572073.jpg

ブナブナブナブナブナブナブナのちアセビアセビそして植林おいしいとこの写真がない(;_;)
c0008948_2364773.jpg

c0008948_237892.jpg

                赤い屋根が見えだして尾根の魅力は無くなる
c0008948_2394811.jpg


c0008948_23113412.jpg

c0008948_23124984.jpg

さてどうするか雨山~檜岳~伊勢沢ノ頭~山神峠~蕗平橋~玄倉橋が計画であったが寄沢を下る
ちびた女物のゲタを履き肩に綱を掛けた亡霊が出てきそうな雨山峠雰囲気があるな
c0008948_23342093.jpg

c0008948_23355779.jpg

c0008948_2337991.jpg

白ザレの崩壊地を通り沢身を歩き丸太橋で対岸に渡り渡渉繰り返し進む、前夜小屋のトタン屋根を打ち付けた雨を心配したが水量は靴底を濡らす程度で一安心100m事の標識が心強い

c0008948_23442779.jpg

c0008948_23444439.jpg

c0008948_23461443.jpg

c0008948_23494139.jpg

                            寒桜に迎えられてゴ-ルする
白馬尾根-蛭ヶ岳:金山谷ノ頭南尾根でNさんあなたの名付けた丹澤刺身を味わいました。
ヒョウヒョウジョウ痛みに耐えて良くガンバッタ感動した。Sさんありがとうございました。

by takigoyama | 2006-10-30 22:11 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

一人じゃ怖くて登れない(友信ノ間ノ尾根)

危危危熊出没注意・沢崩壊、ユ-シンロッジ金谷乗越間、経路通行困難、汗汗汗それより怖いは人間だねやっぱりユ-シンロッジのゲ-トまでと乗り込んだドライバ-氏は確信に満ちた声で先週
c0008948_173530100.jpg

     29日一瞬顔を覗かせた檜洞丸と不二山 ご褒美をもらった気分」でした。
 もココまで送りましたからと西丹沢県民の森で停車してロッジは先ですと、促されても公衆便所はあるけどゲ-トはありません、約2名のオジサンは、声を荒げるでも無く、お静かに馬鹿言っちゃいけないよと大人の度量を見せるのでありました。目撃者の情報によるとですよ、あくまでね
c0008948_17502639.jpg

カヤマノ平に建つ ユ-シン休泊所 ゲ-トから6kの長い林道歩きも日原林道より気分良し
 出鼻を挫かれた動揺が幸いしたのか。○○○が目に入らず、万事休すかと愁嘆の憂き目も思慮分別を弁えた大人の計らいで錬成登山が遂行できるのでありました。よゐこのみなさん次ぎはこの手は使えませんよ\(__ ) ハンセィ、これでしくじっていたら廃カ-なっていたね、振り返れば、
                我ら素人ハイカ-には難易度の高いコ-スでした。
c0008948_1812784.jpg

c0008948_182433100.jpg

宮ヶ瀬湖のない時代昭文社の地図には檜洞沢とユ-シン沢の間の尾根に赤の破線が引かれてい問題はなさそうに見えるが実際の経路は崩壊した山道を辿り沢に降りて、尾根に取り付きまた沢に
    降りてようやく本来の尾根に取り付くややこしさガイドが無いと歩けません      

c0008948_1814618.jpg

c0008948_18371138.jpg

c0008948_18394399.jpg

c0008948_18404857.jpg

   ユ-シンロッジ10時35分 腹ごしらえ後 標識 12時5分 先がやられる難路

c0008948_19535315.jpg

           腐った桟道や崩壊地を怖々通り檜洞沢に降りる
c0008948_2025265.jpg

c0008948_20254573.jpg

     s-ok氏のHPで見た滝と標識を安堵する。この先ヤセ尾根を歩く
c0008948_2052565.jpg

  ユ-シン沢と檜洞沢出会いに降りる。山歩きというよい沢屋の世界に迷い込んだ感じです。
c0008948_20584213.jpg

c0008948_2123799.jpg

           これよりようやく、こけても安全な尾根歩きとなる。
c0008948_2185592.jpg

   赤と黄色のテ-プが視線の届く範囲に煩わしい程ついているゴメンネ
c0008948_21155662.jpg

c0008948_21235896.jpg

c0008948_21242867.jpg

                                  キッコウハグマ
c0008948_21291329.jpg

  1280m天気は今一で紅葉は冴えないけどだけど心穏やかでいられる平頂
c0008948_21325340.jpg

             山名板もない縦走路間近の金山谷ノ頭
c0008948_21364582.jpg

c0008948_2137399.jpg

縦走路に出ても登り返しが辛く蛭ヶ岳2Kの標識からのミカゲ沢ノ頭1421m山荘1673mまでがさらに苦しい登りが続き17時近く最終の登山客となり疲れのあまり祝宴が盛り上がらない

             


             

by takigoyama | 2006-10-30 16:28 | ハイキング | Trackback | Comments(1)

会所小屋跡:再訪

一度登ればいい尾根や、二度と登らない山、数あるけれどこの場所には惹きつけられる。今回の
ミステリ-ツァ-は黒川鶏冠山金鉱探しの旅と心づもりでいたところ思いがけず、山案内人から
c0008948_141568.jpg

                                            05年5月
c0008948_1435562.jpg

                                            06年10月
大常木林道を辿りもう一度訪ねてみたいと願ってた会所小屋跡から自力で登る事は考えられない
某尾根を登って起点の民宿(みはらし)に戻るコ-スをあの柔らかな物腰で提案されたら、抵抗は
(^^)できません、これは千載一遇のチャンスですね、そうです多分次ぎはないと思うm(__)m
c0008948_1427548.jpg

         10:02                          17:36
      牛王院平17:11~民宿(みはらし)18:00 七ツ石尾根を駆け下る。
c0008948_14441215.jpg

c0008948_14442384.jpg

   1500m付近の紅葉ココまで足を延ばすと奥多摩より彩り良く見える気がする。
c0008948_14524168.jpg

                苔もまだ瑞々しい 見覚えのある風景
c0008948_14552532.jpg

 右上剥げた斜面の下が将監峠 その上左後方御殿岩 改めて見ると良く歩きました。
c0008948_1530059.jpg

            モリ尾根その1(ハシカキノタル)一度登ればもうイイヤ尾根
c0008948_153168.jpg

  モリ尾根その2 先は近いぞがんばれ モグラがスズタケの海を漕いで地上に出る感じ
c0008948_15383246.jpg

    05年5月は沢沿いに会所小屋にでましたが。歩いている道が大常木林道
c0008948_15443931.jpg

モリ尾根風あっちズゥ~とこんな道が続くがこっちは少し 1550mを過ぎると道は無くなる
c0008948_15472367.jpg

                                       イワカガミ
c0008948_15484565.jpg

山案内人はシャクナゲの藪を腕(かいな)に物を言わせてスイスイと、後続を気にかける火星人さん
の後を追うのが精一杯、所謂【藪は無限なり歩けるとこが道である】状態薄い所をこじ開けて進む
c0008948_1683530.jpg

   先は見えたけどここから下って禿岩の登り返しが密藪で時間がかかります。
c0008948_16115086.jpg

汗汗壁で登れません ここまで来て勇気を持っても引き返せはなしよ、右に回り込んで完登
c0008948_16161949.jpg

                                             禿岩展望
c0008948_16213858.jpg

                          わずかに降り出した小雨の中将監峠に急ぐ
c0008948_16234094.jpg

                ホウノキ、ミズラナ、コミネカエデなど  (大常木林道)
c0008948_16334314.jpg

c0008948_1635466.jpg

                            ココまで来たらこの構図は外せません
c0008948_1638468.jpg

c0008948_16385859.jpg

      登った尾根を振り返る。700mの登りも道形悪く手間取り黄昏時間近
c0008948_16463981.jpg

締めは(みはらし)春菊とス-パ-のマイタケの天ぷらとそば、ちょっと歩きました。○

by takigoyama | 2006-10-23 13:34 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

こりゃまた失礼:川越

c0008948_794586.jpg

笑った顔や怒った顔の人間味あふれる。寄進者が家のオヤジは、こんな表情でと注文したので
しょうか538体が喜多院(五百羅漢)にあり、あわただしく眺めるだけではもったいない所です。
c0008948_8344490.jpg

c0008948_8332925.jpg

今月のオヤジの散歩は西武新宿線本川越駅を起点で中院~東照宮~富士見櫓跡~本丸御殿
~氷川神社~川越まつり会館~菓子屋横町~時の鐘~蔵造りの町~蓮馨寺~本川越駅に戻る。
c0008948_8555632.jpg

                                               中院
c0008948_8562281.jpg

                                                東照宮
c0008948_8565770.jpg

                        童謡(とうりゃんせ)発祥の地  三芳野神社
c0008948_8595843.jpg

                                             喜多院
c0008948_902057.jpg

                                           川越夜戦跡
c0008948_905978.jpg

                                  氷川神社(文字は勝海舟)
c0008948_923372.jpg

c0008948_942091.jpg

c0008948_943455.jpg

c0008948_944769.jpg

          明治26年(1893)に起きた川越大火のあとに作られた蔵造りの町
c0008948_993687.jpg

          外国からの観光客にボランテァのガイドさん活躍しています。
c0008948_9124815.jpg

c0008948_9144930.jpg

c0008948_9152876.jpg

                          民家と土産屋が入り交じる菓子屋横町
c0008948_9192992.jpg

木造の古い商家の中に、威風堂々とした、古代ギリシャ風の建築物、街に溶け込んでいます。
建築物ファンにはたまらない江戸城から移築された家光誕生の間や春日局化粧の間がある
喜多院や明治~大正~昭和の建築物が守られている。【人の寄る家は良い家】街も同じように
            川越小江戸も人が寄る活気のある良い街でした。

by takigoyama | 2006-10-19 07:09 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

王者・武甲

妻坂峠道は左に山路は右に別れる、華表は一ノ華表(鳥居)だ、上野駅を早朝にたち秩父町から
一ノ鳥居まで」二里を歩いて来たのは、大正時代の河田楨さんです。私達はお気軽に所沢発7:37の(ちちぶ3号)横瀬からタクシ-で舗装道路が切れてところおりたのは8時前、あまり先
まで乗ると、時間を持て余してしまいます。生川515m 武甲山約2時間10分の標識から山道
c0008948_14474498.jpg

になりますが、簡易舗装の道が続きます。17~8年前の記憶はこの道と山頂のみでした。
15丁目から山道とり五十二丁目までの丁目石を数えながら、踏み固められた道が続きます。
c0008948_14581952.jpg

 狛犬の裏には、皇軍大勝将士武運長久の文字が見られ、鳥居も昭和12年の建立でした。
c0008948_1531969.jpg

  子持山から武甲山05年4月こちらからの武甲は武蔵のもののふの威厳を保っています。
c0008948_1564168.jpg

                                         武甲山北面
c0008948_157047.jpg

                        昭和26年山と渓谷社 登山地図帳(奥武蔵)
河田楨さんは当時のメインル-ト西参道を使い下影森に下っているようです。私達は浦山口へ
c0008948_15155327.jpg

                                              長者の頭
c0008948_15344186.jpg

c0008948_15345287.jpg

                                    橋立川ココも記憶がないな
c0008948_15365138.jpg

c0008948_15404476.jpg

c0008948_154582.jpg

缶詰型の森永のグレ-プジュ-ス二十四丁目で採取 子供の頃缶のアゴに当たる所にオ-プナ-をあてて二カ所開けていましたね、プルトップはいつ頃なのか缶詰型は30年前
紅葉には早かったけど満員御礼でした。山頂からシバザクラ(羊山公園)が見える頃も良いかも

by takigoyama | 2006-10-16 14:43 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

木戸を開けて:日尻山北尾根

おもわず小椋佳【木戸を開けて】をダウンロ-ドしてしまいました。岩混じり北尾根にこのブナが
仁王立ちする訳でもく、無口の木戸番のようで、通らしてくださいと言いたくなます。小椋佳の
c0008948_13263495.jpg

木戸を開けての副題は《家出をする少年がその母親に捧げる歌》家出をすることもなく、家を出
される心配も無くなった『多分』おじさん達は、西尾根の出し物が気になりますが、木戸銭を払わず
c0008948_13273151.jpg


に岩稜いいねブナいいねと言いながら進みます。平坦な広尾根になるまでが、お楽しみ
c0008948_13292664.jpg

  ちょっぴりスリルが味わえる。岩場            石和の町を俯瞰する。
c0008948_1332179.jpg

c0008948_13321399.jpg

                                    紅葉にはあと10日ほど?
c0008948_13352962.jpg

                     岩に穿たれた林班標 33~43までありました。
c0008948_13373255.jpg

c0008948_1343344.jpg

c0008948_13432550.jpg

花はオヤマボクチ・戻り花(ヤマツツジ)・・・リンドウ、ヤクシソウ、センブリ、セキヤノアキチョウ

山頂は樹林に囲まれて展望がなく、山名板でここと解るぐらいで魅了がありません、ここから
国調・御坂と図根点標識を追ってくだる。1100m付近で左に走る道を捨てて尾根を下る。
新ハイキング02年3月KTさんの地図より下の堰堤(直ぐ上に碧雲〈山偏に〉同)に無事着地
c0008948_13574081.jpg

                西尾根は日尻山からの最短ル-トでめぼしい物はありません
c0008948_1492263.jpg
c0008948_1411178.jpg

バス待ちの間に十郎酒場で登った尾根を見ながら至福の一時 漬け物が出てくるかもとの
       つぶやきが、聞こえたのか塩を振りかけた自家製の胡瓜をご馳走にある。

by takigoyama | 2006-10-16 12:50 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

続・工場谷としらとり小屋

名郷←→鳥首峠は四度ほど通行していますが、廃屋はただ気持ち悪いとばかり通り過ぎるだけ
でした。02年6月有馬山~日向沢ノ頭~大丹波を歩いた時は恐らく気にも止めて居なかった。
それが最近【チョイ古オヤジ】をやりだしてから気になる物件に変わりました。世の中この手の
廃村を訪ねるお方のHPが賑やかです。壊れた家をのぞき込んで写真を撮るのは悪趣味かも
c0008948_14352367.jpg

c0008948_14395869.jpg

地図裏面の宿泊・休憩施設一覧表には記載が無く詳細は不明です。伊豆ヶ岳の茶店のように
休日だけ、麓から上がって来て商いをするというより、本業の傍らに居室の一部を泊まり客に
提供していたように感じます。戦前戦後には農家に一泊の宿を乞う話しが良くでてきます。
c0008948_1504576.jpg

9日名郷→鳥首峠→ウノタワ→ナギノ入り→横倉林道→大場戸→名郷→名栗車庫前 徒歩
名栗車庫前→河又・名栗湖入口(バス)→諏訪橋(徒歩)→飯能駅(バス)写真を撮りながら
           鋼管鉱業と川鉄鉱業が合併して(JFEミネラル)となったのね
c0008948_1592483.jpg

登山道には薬缶や欠けた瀬戸物などが散乱して、一種不気味さを感じる。日の高い内はいいけど、夕暮れ時は歩きたくない、ベタ光線ではその不気味さは感じられない。
c0008948_15203849.jpg

                                              鳥首峠
c0008948_1525178.jpg

ウノタワから広いすり鉢状の谷に下る林相が素晴らしい、炭焼き釜跡から水が流れ出す
c0008948_15271329.jpg

c0008948_15272410.jpg

  林道終点に車を止めた人が上がってくる。ココまででも充分楽しめる。水量豊富
c0008948_1539921.jpg

          右おお宮(秩父)大場戸 鳥首峠より妻坂峠を指している。
c0008948_15322013.jpg

c0008948_1532455.jpg

 名郷には材木商の大きな住まいがある。バス時刻と料金が変わる境を見ながら歩く
c0008948_15413288.jpg

                                     馬頭観音(浜居場)
c0008948_15433718.jpg

c0008948_15435261.jpg

昭和4年開局 名栗郵便局 鳳凰のコテ絵がおしゃれ 隣の新しい局舎は遊びがありません
c0008948_15482817.jpg

          ペコちゃんを誘拐して五年半の実刑て~ことがありました。 森河原
c0008948_1555524.jpg

       高田繁(リポビタンD 王さんよりポイントが高いか    小沢
c0008948_15572420.jpg

c0008948_15573524.jpg

自転車でやってきた小学生におばあちゃんが作ったたんだよたくさん買ってと責められた
ミョウガ五袋(酢漬けにしました)ユズ一袋 計500円 久林 諏訪橋まで歩きバスで飯能に向かう

by takigoyama | 2006-10-10 14:35 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

工場谷としらとり小屋

(木炭酢)の工場から『工場谷』とつけられたと読んだ記憶があるけど、奥武蔵、奥多摩の本に
見つからない、広河原谷の方より来る道路に会いした。・・・ここは近頃、この山中に何かという
薬品を製造する工場ができたので・・・昭和3年11月稿 奥多摩・奥秩父紀行 高橋源一郎著
c0008948_12444944.jpg

                                          昭文社 1990年版
c0008948_12573462.jpg

日地出版1987年版の《しらとり小屋》工場谷の謂われの採取に連休の日に訪ねてみました。     
    8日は大神楽橋~金倉橋~地蔵峠ハイキングコ-ス細久保~冠岩集落 
c0008948_13104341.jpg

武士平~ウワゴウ道も気になりますが、金倉橋を渡り集落からおよそハイキング道とは言えない
ザレた道を進むと二十三夜塔や祠のある地蔵峠につきました。道形が危うくなりますが、強引に
下り細久保橋近くに下りました。民家のご主人に声をかけて工場谷の謂われを問うと見ると運良く
c0008948_1318375.jpg

c0008948_1319558.jpg

c0008948_1319517.jpg

事情を知っている。70年輩方の人は木炭を燃やした時に出る煙の水蒸気を集めて(木炭酢)を
作っていた釜跡が三工場谷に残っているとお聞きしました。 ちょっぴり山村民族の会気分
c0008948_134420100.jpg

    おばさんは、元気でいるだろうか、店にはお休みの張り紙が貼られた、ままです。
            広河原に向かう林道と分かれて冠岩集落に向かいます。
c0008948_1348476.jpg

c0008948_13532520.jpg

c0008948_13533999.jpg

道を迷ったりアブナイ道もありましたが、冠岩集落(無住)で市内から山仕事に来ていた方
(背負子の主)から西武秩父駅に送って頂いた間に貴重な話しを伺い誠に良い日でした。
★鳥首峠は、子ノ権現に参拝に行く人が通った。★昭和36~37年ごろ山仕事の手間賃が千円未
満だったが杉は一本二千円 武川岳で会った方も林業が景気の良かった当時には飯能に芸者さんがいた。今は補助金で伐採している★狩猟免許をお持ちで今年は既に三頭駆除した。









             

by takigoyama | 2006-10-09 21:46 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

それをいっちゃ、おしめぇよ

c0008948_2249347.jpg

c0008948_22492085.jpg

c0008948_22493971.jpg

近づいてカメラを向けても、悠揚として迫らぬ態度で寛いでいます。我が家から江戸川沿いに
10キロ弱、天気が良ければ歩いて行ける。距離です。バスと京成電車で小一時間で柴又に
(番外)の下見に出掛けてみました。平日の午後はハトバスのツァ-客が目立つ程度でした。
c0008948_23142353.jpg

c0008948_23143450.jpg
c0008948_23144736.jpg

c0008948_231815100.jpg

c0008948_23182820.jpg

金町浄水場(とんがり帽子の取水塔)昭和16年 映画の良く登場する場所です。
c0008948_2324714.jpg

c0008948_23243046.jpg

c0008948_23244552.jpg

c0008948_2326885.jpg

c0008948_2326291.jpg

         渡船料金(片道100円)対岸には【野菊の墓】文学碑 野菊のこみち

by takigoyama | 2006-10-02 22:50 | 覚え書き | Trackback | Comments(2)

M尾根を登りT山へ

15人集まればH行きの臨時便が出ます。林道歩きが長いだけに30分は早いバスは助かる。
O林道と分かれてN林道をN川沿いに東に取り付きの35/36に向かいます。H橋のゲ-トには
(熊出没注意)と通行止めの看板が下がっていまいた。表参道に向かうハイカ-を見やりながら
    先回りできるかなとチョツピリ考える嫌らしい気分も、それほど嫌いじゃない
c0008948_21501984.jpg

c0008948_23462474.jpg

(甲)長澤背稜と謂えば、長澤山と酉谷ノ峰との中間の1699,2米のA山ね。あの三角点を
     見たことあるかい【宮内本】伝説編 奥多摩の民族を語る-雑談風に-より
c0008948_21591788.jpg

M尾根は一本調子の登りですが、靴底に伝わる感触は優しく小一時間で450mを稼ぐと広葉樹が思う存分に羽根を広げる空間の1○○5m峰に立ちます。遠回りした分怖い目にはありません
c0008948_2291159.jpg

   旧N林道と出会うこの先は放置された伐採木でやや歩きづらい、藪はナシ
c0008948_2213472.jpg

1190m付近で良い道が東西に走っていた。ゴンエ尾根の帰途旧N林道で見た斜上していた道?
c0008948_22173970.jpg

ジャカジャン こんな王子は嫌だ 休みの日はパジャマで一日を過ごすパジャマ王子に夏場は
半ズボンの変わりのトランクスで過ごす王子はいませんか、 天祖山に降臨した手拭い王子
加齢ともにワキガ臭も失せてはきたが、こうやってアップで見ると首のたるみに自主的にそり上げた
額ヤダネ、電車で飲食はシナイデと捨てぜりふ?をはかれて席をたたれた事もありました。(。)カンドー
c0008948_22493561.jpg

          タコヤキに紅ショウガをあしらった(口紅茸) H坂のクビレに向かう道で
c0008948_22512257.jpg

             ヌメリスギタケ 図鑑で見ただけなので?
c0008948_22535100.jpg

                                            H坂の頭 
この先は【☆或る日のアララギ尾根(秩父遭難救援秘記)昭和4年】今は地形が複雑ながら明瞭
c0008948_239356.jpg

山頂から南にN尾根に向かうこの辺り意識を右(東)に注意をしないと真南に向かってしまいます。
画像はN尾根の自然林 尾根の芯はアセビや針葉樹で暗いですが左右の紅葉期は期待大
c0008948_23194686.jpg

スタスタと下るとM谷沿いの高捲き道となる。足を滑らしたらパンパカパンの桟道が無く安全です。
c0008948_23233841.jpg

                              違和感のある環境に咲くフジアザミ
c0008948_23254883.jpg

                                            T山南西面
c0008948_23272294.jpg

                                G跡に群れ咲くフジアザミ 凄い
  思いのほかスム-ズに運びバス停の一時を楽しむ余裕があり、4日ぶりに飲む酒旨し
            ↓コメント欄が消えてしまったけど新規で復活 なんでだろう
c0008948_1728183.jpg

       レモンエゴマ
c0008948_17284591.jpg

                                          カメバヒキオコシ
c0008948_1729666.jpg

                                            メハジキ

by takigoyama | 2006-10-01 21:56 | ハイキング | Trackback | Comments(0)