<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

萼(うてな:がく)

新松田に向かう小田急から見える表丹沢の伸びやかさと違い、豊田電車区を過ぎて浅川を
渡る付近で僅かの時間に建物の隙間から見る。裏丹沢は厳しさを醸し出している。
c0008948_0122415.jpg

 ウテナ化粧品社名の由来はすべての女性美し支えとなりたい願望から  八王子駅付近 

 

by takigoyama | 2005-12-29 00:21 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

小さな山(峰山)

白山書房【山の本29号】99年10月でリストしていたけど、東野までのバス便が廃止 になって、(峰山)疎遠になっていたが、藤野町営バスの運行で実現した。キツイとかツライは
イヤダけど少しは歩きたいメンバ-には、手頃のコ-スと○ハイ1月号をガイドに東野に向かう。
c0008948_11563841.jpg

藤野駅8:00~やまなみ温泉8:15(乗り換え)東野行き3人だけ乗車、金曜日は一日で3人
c0008948_1215963.jpg

                                   こちらデカイ大室山
c0008948_123388.jpg

林道歩きを避けて、奥相模湖に半島のように付きだしている。尾根末端から北西400m等高線に破線がある677m(大川原山)経由で向かう計画でしたが、気付かぬままに天神峠へ
c0008948_12154439.jpg

                                          天神峠ここから山道
c0008948_12245695.jpg

                                                指導標完備
c0008948_12264945.jpg

c0008948_12274624.jpg

                         360号鉄塔 お休み所
c0008948_1427288.jpg

                                         
c0008948_1232343.jpg

                                         つんつん頭の峰山
c0008948_12351131.jpg

山頂に藤野町十五名山の真新しい山名標が、相模原市と合併になる前の駆け込み?
c0008948_12433082.jpg

          コレを撮らないと意気込んでいたけどボケボケ画像 風、竜、雨の三神
c0008948_124951100.jpg

              産直・特売・野菜コレに引き寄せられる。ご婦人達 やまなみ温泉
c0008948_12534585.jpg

ケルン・アルプ・ベルク カタカナ三文字の雑誌に共通するの私には敷居が高い 藤野駅

【今週の提言】 種も蒔かず刈り入れもせず、大した納税もせず、道楽をする甲斐性もなく
アル中にならぬ程度に酒を飲み、水、土曜日には生ゴミを出し、連れ合いに男運がないと
言わても、お弁当をつくり、駅まで送る。それでも生かされている。なんて女運がいいんでしょう。








    

by takigoyama | 2005-12-26 12:34 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

逆さ水

湯船に入るのは左足から、体も左肩から洗っている。左右どちらが先など考える事もなく体が
自然に動くだけだ、意識して右から動き出そうとしても、脳が拒絶反応をして嫌な気分に
襲われる。普通は、お湯に水を差して適温にするが。【湯灌:ゆかん】は逆で水に湯を注ぐ
c0008948_11435684.jpg

 葬儀では日常とは逆な事をやる訳ですね、着物を左前に着せるのもそうです。
焼酎のお湯割りは『逆さ水』と同じように、常温の焼酎にお湯を入れるのが正しいようだが
どっちが先でもいいような事でも、暖かい物に冷たい物を注ぐ動作に違和感が残る。

by takigoyama | 2005-12-24 11:53 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

師走の街

近くのス-パ-に買い物に行くか、年に数回仕事先の習志野の出掛ける時以外は車に
          乗る機会がない、車内からのアングルが目先が変わり楽しい
c0008948_23313550.jpg

                                          千葉街道
c0008948_23325660.jpg

c0008948_23335922.jpg

         終業式帰り子供達に両手で工作物を、持ち帰る姿が目立った
c0008948_23383384.jpg

c0008948_23385126.jpg

          北方十字路の信号待ちでようやく正門の写真が撮れた。

by takigoyama | 2005-12-21 23:46 | 覚え書き | Trackback | Comments(4)

すき焼きの匂う駅

ドアが開くと国際通りに面した【今半】から割り下の匂いが車内に流れ込む、京葉線のホ-ム
ほど地中深くはないが、それでもエスカレ-タ-四基を乗り継がないと地上には出られない
c0008948_1762160.jpg

カメラ小僧ならぬ、デカイカメラに長いレンズを付けたカメラオヤジが動き回っている。
c0008948_17153975.jpg

なかには撮影許可書の腕章をしたTVクル-もいるが、許しを得ずにカメラを向けるのが
躊躇する。せめて《面》が特定できない構図を狙いたいが、途切れなく続く人混みでは無理
c0008948_17311233.jpg

c0008948_17354350.jpg

c0008948_17363410.jpg

c0008948_17365496.jpg

c0008948_1746126.jpg

花やしき付近 ヤバイ系や浅黒い顔した某国の方が好んで着るど派手な、お召し物を
  オィオィ何処で買ったのと聞いて見たくなるけど、この付近で調達可能です。
カラ-よりモノクロ写真が似合いそうな、モルタルの家屋に、生ゴミや酔客のお小水が
匂いそうな軒を接するような飲み屋横町、怪しげな物品を商う店がまだ生息している

                                                      
                                      
 

by takigoyama | 2005-12-19 17:37 | Trackback | Comments(2)

賞味期限切れ

食品はもとより、古いガイドも中ります。新○H8年12月苔不動から不動山を頼り
秩父鉄道野上駅から歩き出します。国道140号線を横断して山村風景を愛でながら
c0008948_1994488.jpg

 西武池袋線と東武東上線はやや高齢化                寄居駅
山に向かう。鉄路も色々小田急で新松田に向かう車内は通勤客や学生が多くて
居心地が悪い、青梅線は背広姿よりハイカ-姿が板に付く、中央線は相模湖、猿橋
大月と立川から乗車したハイカ-が次々と下車していく姿を、眺めるのが好きだ
c0008948_20512337.jpg

           野上駅
c0008948_20522680.jpg

                                         宮沢賢治
c0008948_2053163.jpg

                                      不動山を眺めながら
c0008948_20565615.jpg

                                        萩寺
c0008948_20582454.jpg

                 八重子3号橋から山道に入る。大正11年1月の石標
ここからフェンス沿いに登り、大黒天を見やり小さな涸れ沢に入るが直ぐに倒木で
行く手を阻まれる。左岸の斜面をよじ登り、方向を見定めて、蔓の絡まるヤブを
      引きちぎり、ながら植林時に踏まれた道を求めて高みを目指す。
c0008948_2193228.jpg

 怖がる妻を宥め、すかしてもうすぐ尾根にでると励まして、あらかた先が見えた所
c0008948_21121292.jpg

前夜に某掲示板に書き込んだ投稿を読んだ、某パンダ国地理調査所工作員の御方に
不動山で夫婦共々、拉致された、お陰でうれしいことに予期せぬ山と踏むことのない
古道を楽しんだ。計画は榎峠から樋口駅だったが、児玉側に下り、横隈山のおまけ
c0008948_21373280.jpg

                                         さらに冬桜
c0008948_2131373.jpg

                  林道から10分ほど暮れなずむ、鬼石の町を眺める
c0008948_21334477.jpg

                     道路の真ん中に停車しても後続車は来ない
c0008948_21383039.jpg

c0008948_21403464.jpg

                        秩父事件を知る古道
c0008948_2140576.jpg

       恐るべし群馬・埼玉県境チョイ古のブツから年代物まで楽しめた。謝謝

by takigoyama | 2005-12-11 20:53 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

重役出勤

4時起床5:20分始発に乗車これが何時も山行き、南流山8:20快速つくば行きで
8:45着、時間を持て余すほどにゆっくりと駅に向かう、明るくなった街をハイキング
 スタイルで歩くのが、気恥ずかしい、この服装は明けやらぬ街を急ぎ足が似合う
c0008948_22543356.jpg

つくばエキスプレスの賑わいも峠を過ぎたかと期待したけど臨時バスがでた。
c0008948_2258825.jpg

                                    筑波神社                                
c0008948_2258559.jpg

筑波山鋼索(こうさく)鉄道沿いの山道は踏み固められて石は靴で磨かれている

c0008948_2381273.jpg

    ユ-スホステルの道は花が豊富らしい来春が楽しみだ(男体山)
c0008948_2311597.jpg

                                      (女体山)
c0008948_23124744.jpg

         雪のちらつく中野外での炊飯はなにやらホ-ムレスまがい
女体山からの下りは岩ゴロ道が続く 寒さと濡れた道を敬遠してケ-ブルカ-で下山
c0008948_23172519.jpg

c0008948_2328837.jpg

ツルマサキ

by takigoyama | 2005-12-05 23:00 | ハイキング | Trackback | Comments(2)