<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

分け入っても(モリ尾根)

分け入っても青い空だったけど、山頭火さん今日は【ヤブ】と言うことで10月2日(竜喰谷)
は水に入るのが、楽しくなるような陽気だったが11月27日の一の瀬川渡渉は水量が減じて
はいたが、水温は痺れるほどの冷たさ、この気温の低下でモリ尾根の完歩に繋がった。
c0008948_15265175.jpg


 
c0008948_16302337.jpg

                   1434mの鞍部 地形図にない岩場がでてくる
c0008948_16322093.jpg
 
                          大菩薩方面がちらり                    
c0008948_16325432.jpg

           イノシシの掘り返しが多数 鹿フン少々 熊爪痕とこれ
c0008948_16351992.jpg

(奥多摩の尾根と沢)で〔シナノキノタル〕までは問題がなく、本番は大常木林道からと
  暢気に構えていたが足取りがままならずお二人の足を引っ張ってしまつた。
私ヤブが好きなのとここで口走ってはいけません、掻き分けても掻き分けてもヤブまた
ヤブが待ち受けています。怖いもの見たさの私は一回いけばもうイイヤの普通の人
c0008948_16474895.jpg

  一度ジャ物足りない次ぎもと言える人はもっと苛めての真性のヤブ好きです。
踏み後を追うだけで疲れます。ル-トを外すとさらに体力消耗、体力自慢の方にはお薦め
c0008948_16554428.jpg

    雪のついた倒木をスタスタ歩く人を見た。この付近ル-ト超不鮮明
c0008948_16595998.jpg

 縦走路 ここまで長かった地形図にはヤブの濃度が記されていない標高差900m
  ぐらいか等高線もそれほど詰まってるところがない、しかし遊びにはキツすぎた。
c0008948_1781823.jpg

    ここまで登ればモリ尾根の完歩 大常木山から1999mm点に向かう
c0008948_1720459.jpg

                           下の道から牛王院平に向かう
c0008948_172325100.jpg

                                牛王院平から竜喰山
c0008948_1732241.jpg

c0008948_17335067.jpg

七ツ石尾根を下って石楠花橋に戻るだけ。シマダさん峰さんありがとうございました。
c0008948_23494078.jpg

そして傷の数だけ楽しんだ アップしたのは良いけれどあまり見たくない画像外した






                                                                
                                       
 

by takigoyama | 2005-11-28 15:40 | ハイキング | Trackback | Comments(10)

富士が見えるようになった

深いヤブ潜りを強いられる事のよって意外に多くの困難と時間とを強要される事は
是非もない。しかも報いらるる所は極めて僅かなものであらう。余りに価値のない
些い山である。河田楨(一日二日山の旅)大正12年5月この山も、南が伐採されて
c0008948_2231143.jpg

                       花咲山登山口から
富士の見える山になった以前は、日射しの通らぬ、小広い山頂がそれなりに赴き
  があったが、こう見て頂戴とばかりの山に成り下がってはこっちが恥ずかしい
c0008948_10322366.jpg

その山が何時紹介されたかが気になる。鉄道省山岳部。日本山岳案内3
に宝銅山鐵索より主稜傅ひに 大幡峠え経て主稜傅ひにこの2本が昭和15年に
紹介されている。高尾・陣場裏面から最新エアリア(大菩薩)で表面に昇格している
c0008948_22451076.jpg

c0008948_2249767.jpg

この山に登るには、黒野田林道から斜面をよじ登る。ひと手間が必要です。
大事に備えて体力を温存してあとはスタコラサッサと最短の尾根を下ってココヘ
c0008948_2256767.jpg

普段は思慮深い私も一年は一遍タガが外れて、やな顔をされてもゴチになります。
c0008948_2344892.jpg

                                       【シモバシラ】
c0008948_2353448.jpg
   
                                       【アオダモ】
c0008948_2372916.jpg

                                       【北尾根】
なによりも、中央線と武蔵野線の乗り越しをせずに無事に帰宅した自分をフォめたい
                                    

by takigoyama | 2005-11-20 22:41 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

今日のつまみその3 八つ頭

確かに子供の頃に東京放送の社長さんに言われなくても、北風と太陽を読んだ
記憶があるでも実践した事はない、でもコレって理屈のない国や人には只の理屈
  です。なにが強いかて~いうとこの手の弱者の武器を持っている方です。

ナマジ人権持ち出して物事を解決仕様なんて幻想を夢見ると太刀打ちできません
c0008948_20543444.jpg

そこで、理屈という梃子が必要です。【あ~た歩けなるから散歩してね】なんて
優しく言ってみても、身近な将来も予見も想像もできない人には(ウドン屋の釜)
みたいもので湯だけ(ゆう言うだけ)ムダです。、やっぱりここは一つ外圧という

理屈の後押しをひねり出しすかありません、歩ける距離により、一泊旅行に
行けたり、お留守番だったりと、そそる例えをすれば、正直なものです。
シルバ-カ-の足取りもかろやかに、2206歩のお散歩とあいなりました。
c0008948_2125453.jpg

今週の至言
【妻】作って食べて片付けて毎日大変ね
【母】そうだよ(元気良く)死ぬまでやるんだよ いいじゃん もっと笑わせろ

20年振りに母の料理を食べた、コレも入所したらミンナデ料理をヤルンダヨ
いいぞこの調子で行くと残っている燃えかすに点灯してますます長生き怖い

by takigoyama | 2005-11-16 21:24 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

気になる町並

      越谷駅東側に宿場町の面影と昔ながらの商店が残っている。
c0008948_13152265.jpg

c0008948_1317964.jpg

c0008948_13204291.jpg

c0008948_1321889.jpg

c0008948_13212857.jpg

c0008948_13241940.jpg

c0008948_13245791.jpg

c0008948_13251777.jpg

c0008948_13254483.jpg

c0008948_13262050.jpg

by takigoyama | 2005-11-14 13:18 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

ブログ

あなたも私もブロガ-日本人て【綴り方】がお好きなのね、みなさん文章が達者だ
毎日のように書き込んでいけばそう遠くない時期に、小学生は難しいだろうが、
中学生の芥川賞はありえるな。私は、ささやかな☆自己顕示☆を満たしてくれる。
c0008948_1382452.jpg

気持ちが続けさせているのだろう。誰でも認められたい、褒められたいモンネ
て~言うかこんな事も知っているの、シャッタ-チャンスに恵まれた写真を
見せびらかしているだけ加茂しれない、言い訳だけが人生だ
                                        《 ツリバナ》

by takigoyama | 2005-11-11 13:11 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

今日のつまみその2 銀杏

出がけに待っている物が届いた。本命の他にムベ、ザボン、カキ、ハヤトウリ
カラスウリも同梱されていた。正しく善く生きてきた人の心遣いが身に浸みる
                               器は浄法寺塗り
c0008948_8382979.jpg

c0008948_21562086.jpg

by takigoyama | 2005-11-10 08:38 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

お気に入りの写真6

c0008948_2252637.jpg

                                  アオクチブトカメムシ            
c0008948_22524167.jpg
 
                                      キマダラセセリ
c0008948_22543325.jpg

                                        ヤマトシジミ
c0008948_22551493.jpg

                                            オクラ
c0008948_22554875.jpg

                                           蓼食う虫
c0008948_2256259.jpg

                                           ホウジャク
c0008948_22565690.jpg

                                             蜘蛛
c0008948_22572623.jpg

                                            ガガイモ
c0008948_22581492.jpg

                                            花粉団子
c0008948_2304059.jpg

                                           ヒガンバナ

by takigoyama | 2005-11-07 22:53 | 自然 | Trackback | Comments(0)

今日のつまみその1 塩辛

腸をつぶさないように身から離す。足を切り離して身を開き皮を剥ぐ、腸は墨を取り
たらこ状の腸にたっぷりと塩をふり、今の時期ならタッパ-に入れて常温で10時間

   ほど水を出す。本体にお好みの塩をふりラップをかけて笊で水分をだす
塩をまぶした腸を酒で洗い、目の細かい茶こしなどで絞りです。食べやすいサイズ
  切った身と足を和える。 ここで隠し味で醤油を適宜まぜて3~5日で食べ頃
c0008948_21144437.jpg

  味付けは塩と醤油だけ、計るわけじゃので、素材を生かすも殺すも塩梅次第    
     器はお気にお入りの片口 彩りのユズは、まだなのでレモン

by takigoyama | 2005-11-07 21:20 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

鷹ノ巣山

c0008948_15215212.jpg

                     登り出しはこうだけど                         
c0008948_15224226.jpg

                    稲村岩の鞍部はうっすらとあるだけ
c0008948_15315142.jpg

                     ここまで高度が上がるとこうなって
c0008948_15261559.jpg

c0008948_15323733.jpg

     01年2月 同年の3月は前日の雪でヒルメシクイノタワ手前で撤退
                   

by takigoyama | 2005-11-07 15:25 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

逆製造物責任

グチったら90才のご両親を見ている。先輩に、この年になって一緒に暮らせる。
幸せはいいものだろう、と諭された。山に登って【謙虚な人間】になろうとしているが
介護を通して、山に登らずに謙虚な人間の成り下がってしまったらどうしようたぶん
そんな事はないだろう、遺伝子が許しません,反省も後悔もしない人間ですから
c0008948_1635960.jpg

                        母子手帳これが問題のはじまりだった
c0008948_1639432.jpg

by takigoyama | 2005-11-06 16:39 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)