カテゴリ:ハイキング( 537 )

夏山錬成:新穂高

4日目の行軍は、双六小屋から新穂高へ下るだけ、最終日はご褒美を頂けたようなで天気楽しみだ
c0008948_10524131.jpg

c0008948_10525729.jpg

c0008948_1124364.jpg

           山はこうじゃないとね、これまでのツケをニコニコと現金払いされたよう
c0008948_121084.jpg

c0008948_1263994.jpg


一人では危ない大勢だと迷惑だ、面倒くさいな単独の方は人恋しくて話かけてくるタイプや俺にかまうな
とオーラを発するタイプなど様々、厄介なのは言葉に出してグル-プの道ゆずりに揶揄する奴 つまり
お前ら一人ではあるけないのだろうと言わんばかりの方 山は皆のもだもの仲良く楽しく歩こうよ
c0008948_14361389.jpg

                                  鏡池に写る逆さ槍ヶ岳
c0008948_14385152.jpg

ワサビ平小屋で冷たいスイカを、食べたかったが振り向きもしないでここまで来てしまった
c0008948_1451370.jpg

c0008948_14583323.jpg

              あぁ終わったな林道に降りて越し方を振り返る。 8月5日歩く

by takigoyama | 2017-08-16 15:00 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

夏山錬成:双六岳

3日目は雲ノ平山荘~双六小屋まで、夕食は到着順で朝飯は先着順一番で摂って5:30に小屋を早立

c0008948_1673990.jpg

         先ずは雲ノ平キャンプばで水を補給 なにか降って来そうな天気だな
c0008948_16124869.jpg

晴れていなだけに涼しくて体は楽でいい 標識でスイス庭園とわかっても、ハイマツの下にシラタマノキや
   お馴染みのメンバ-が咲いてはいても残念ながらイケテルモデルは無くて写欲はわきません
c0008948_1625515.jpg

先輩のザックは小屋泊まり3泊といえど、日帰りハイキングのようでコンパクト 無駄な荷が肩に食い込む
 シグマSD1Mにレンズは17-70とバッテリ-4個 スマホのモバイルバッテリーで2キロ
              撮影をしないで、歩くだけの山にはいきたくないな 今のところはネ
c0008948_16431217.jpg

   人物がはけるまでの待つ時間ってもどかしいね つまらない証拠写真を撮るだけ 祖父岳
c0008948_17185148.jpg

c0008948_17313941.jpg

昨年の銀座縦走は悪天の中喘ぎ喘ぎ、水晶岳を登ったのにホワイトアウトで記憶は残っていません
c0008948_1745267.jpg

                          あれが水晶岳かと見つめる。Mリ-ダ-
c0008948_187510.jpg

                   定番のアングルで高山植物(タカネツメクサ)を入れて
c0008948_203222100.jpg

   去年は雨の中ヘロヘロになって辿り着いた三俣山荘が見える。
c0008948_2039567.jpg

                                  今年は、写真を撮れた
c0008948_20483882.jpg

                                この風景ならカメラは軽い
c0008948_2049064.jpg

c0008948_20544112.jpg

曇りで見えないので古い画像を引っ張り出します。2007年 8月20日 三俣蓮華岳からの展望
c0008948_2184223.jpg
 
c0008948_1544161.jpg

                                      双六岳も残念
                          今宵の宿はビ-ルの香りが漂う双六小屋
c0008948_2111276.jpg

                                   8月4日歩く

by takigoyama | 2017-08-16 00:52 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

夏山錬成:雲ノ平

    2日夕方薬師岳山荘から富山市方面の展望 晴れていれば街の明かりキラメていただろう
c0008948_13375721.jpg

                            3日はどんな景色が見らるのやら
c0008948_1351289.jpg

c0008948_13551771.jpg

            今日は太郎平小屋に戻って、左股出会~薬師沢小屋~雲ノ平山荘まで
c0008948_21103054.jpg

c0008948_21155625.jpg

c0008948_2125342.jpg

明治42年(1910)初代日本山岳会初代会長(小島烏水)山が冒険だった時代上條嘉門次の案内で
  薬師沢右股を遡り薬師岳に登頂する。今は人夫を雇わずにガイドレスで自力で登れる山
c0008948_6533669.jpg

   薬師沢小屋から木道末端までの、石ゴロゴロの急坂がきっかった。下りはすべって危険
c0008948_12113372.jpg

               戦場のカメラマンもミヤマダイモンジソウを撮ったら職場放棄
c0008948_1442922.jpg

 むしろ絵にならないロ-ケションで、如何に撮るかでカメラマンの腕が試されるんじゃないの 
c0008948_1503169.jpg

晴れているだけが山じゃない 展望が利かない曇りも雨に祟られる時もあるのに商業誌は青空バカリ
c0008948_15144155.jpg

      薬師岳山荘を2時間遅れて発った、某雑誌のグル-プに雲ノ平山荘で追いつかれる
c0008948_16184162.jpg

                                     8月3日歩く

by takigoyama | 2017-08-14 16:20 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

夏山錬成:薬師岳

昭和19年1月発行中村謙著「国防登山読本」には勇ましい文章が溢れている。時節柄遊びの本は出せない
そこで形を代えて捻りだしたのは山で体を鍛えて、戦闘に役立つノウハウ本が認められて世に出たのだろう
c0008948_13502493.jpg

行軍登山の実施(集合)新宿バスタ8月1日(月)21時45分 多くのメンバ-が30分前に集合
する巨人軍(野球も戦争か)時間 そうでしょうハイリスクノ-リタンのリーダ-に配慮がなくちゃね
c0008948_14373631.jpg

行軍開始時間は 8月2日8:05分 折立ヒュッテ 二等三角点情報によると薬師岳へは約330分
5時間30分 昭文社のコ-スタイム8時間10分 距離は約10,5キロでも標高差はキツイよ 
 信じられない~~~~ 我らのコ-スタイムは休憩食事 薬師岳に荷を置いてピストンで8時間
c0008948_15542443.jpg

c0008948_15544131.jpg

戦争が終わって僕らは生まれた軟弱世代だもの、こんなタイムかそれでも同世代には負けていないよ
                       若者には追い越されてはいるが 汗汗汗
c0008948_1611452.jpg

あそこをのぼったここを登ったとカウントするだけの歩きはしたくない 太郎小屋の田部重治の墨書に
以上反応、オイオイ明治42年に有峰から薬師岳に田部さんは登っているけど昭和44年に88歳で他界
   された氏の墨書があらかた50年の風雨に晒されて、ハッキリと読めるなんて、なんか変
c0008948_16143534.jpg

田部重治著「山と渓谷」の名前を借りて川崎吉蔵が山と渓谷を創刊したのは、昭和5年創刊号には
  冠松次郎 河田 楨 松井 幹雄 菅沼 達太郎 黒田 初子などの大御所が筆を貸している。
広告は森永チヨコレ-ト サロメチ-ル 片桐商店など大学を出たての若者がこれだけの仕事したのに
                  驚くサゾカシ川崎は人たらしだったのか
c0008948_436311.jpg

 晴れていれば大展望だけどねまぁ 心配した台風が北上しないだけよかった 薬師峠キャンプ場
c0008948_453485.jpg

手で攀じるより歩いて登るだけ日本アルプスは、カメラの携帯を許してくれる。寛容さ森林美 景観美
                    高山植物の撮影しないで歩くだけでは勿体ない
c0008948_521716.jpg
 
         若者グル-プや、街中を歩くようなオシャレないでたちの単独の女性が目立つ
c0008948_5512542.jpg

                        中央カ-ル モレ-ンの丘も明瞭に見える
c0008948_653412.jpg

  金作谷カ-ル 昭和27年3月29日に国指定特別天然記念物に指定された。薬師岳圏谷群
c0008948_6134594.jpg

                                 槍の穂先も顔を出した。
c0008948_615588.jpg

         カメラの設定を間違えてISO6400で撮影 荒れた画像をモノクロに変換
明治43年(1910年)日本山岳会 初代会長の小島烏水は薬師沢右股を遡り薬師岳に登頂
c0008948_6271583.jpg

ガイドはW・ウェストンの案内人として知られる。上條嘉門次 時代だねそして人夫も雇わずガイドレスで
                              2017年8月2日登る




 

by takigoyama | 2017-08-12 06:42 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

久恋の山(きゅうれんよりひさこいと読みたい)焼石岳へ:3

c0008948_11283594.jpg

姥石平にザックを置いて空身で焼石岳に向かう、ポ-タ-の男二人はザックに入れたままのグレプ-フル-ツ
   の重みはを山頂で食してようやく解放されのだ トップを歩くO組長とそのメンバ-なんとなく
   ヒエラルキ-を感じませんか 歩く順番て自然に決まるな
c0008948_1134486.jpg

        これはミヤマキンバイ ここまで来て似た花のイワキンバイだとガッカリだろう
c0008948_126789.jpg

        これは確認しなくても、葉が大きい特徴のミヤマダイコンソウでしょう
c0008948_12163624.jpg

                           焼石岳から泉水沼と、左は胆沢ダム
c0008948_12231012.jpg

                                     証拠写真
c0008948_1323111.jpg

    カメラ目線より構えていない後ろ姿も自然でいいけど、ノリがいいポーズも捨てがたい
c0008948_1324766.jpg

             流れがキツイとが多いと大変だろうな 幸い難儀するは場面なかった
c0008948_142622.jpg

                               ようやく出て来たオノエラン
c0008948_1454659.jpg

真昼岳ではオバケのように、大きくなっていたズバショウもここでは新鮮でまだ夏の扉が開いていない
c0008948_14293828.jpg

                                   ズダヤクシュ
c0008948_14465082.jpg

銀名水避難小屋に佇むオレンジ色の憎い奴 携帯が通じる場所にピンクテ-プを付けてくれました。
    電話が通じて、つぶ沼登山口の予約を中沼登山口に変更できました。 ありがとう
c0008948_15125262.jpg

イヌドクサとつぶやいたら、やんわりとミズドクサと教えていただ来ました。 ありがとう
c0008948_15141630.jpg

                        さよなら焼石 楽しませていただきました。
c0008948_1529335.jpg

                                   6月29日歩く

by takigoyama | 2017-07-12 15:30 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

久恋の山(きゅうれんよりひさこいと読みたい)焼石岳へ:2

 シラビソの針葉樹林が見られない、日本海多雪山地の偽高帯 風景がイイネ
c0008948_16122214.jpg

 雪が解けて川になって流れていきます。流れに長靴の必要はありません つくしの子の代わりに
ミズバショウの子がはずかしげに顔を出します。もうすぐ春ですねでて~ キャンデ-ズ春一番のパクリ
c0008948_16452426.jpg

                                   キバナノコマノツメ
c0008948_1755954.jpg

                            花弁が7-8枚と多いノウゴウイチゴ
c0008948_5271542.jpg

     ウメハタザオ? 画像はこれ一枚だけ長角果の株もあったけど、撮る余裕がなかった
c0008948_1735858.jpg

  メンバ-は同じ年代の方なので古いボケをかまして、受けてくれるのでありがたい
c0008948_17415293.jpg

         画像を見直すと、写した場面の気持ちやら構図の良し悪しが蘇ってイイネ
c0008948_175534100.jpg

                                    ムラサキヤシオ
c0008948_17593886.jpg

おじさんだってカワイイと声がでるよ     ヒナザクラ
c0008948_5424120.jpg

c0008948_5425519.jpg

                        ハクサンイチゲとミヤマシオガマは終盤戦
c0008948_602326.jpg

                                  ホソバイワベンケイ
c0008948_654859.jpg

                                    ムシトリスミレ
c0008948_931929.jpg

3に続く

by takigoyama | 2017-07-12 06:09 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

久恋の山(きゅうれんよりひさこいと読みたい)焼石岳へ:1

c0008948_994934.jpg

バ-デン沢内の車で送っていただいて、ほっとゆだ駅6:17~横手7:11~十文字7:22着
  秋南タクシ-に乗り換えて、落石の危険がある林道を1時間走って3合目登山口は8:10着
小広い登山口に刈り払いの作業員が準備中で心配した登山道の状況やダニの話を聞くことができた。
c0008948_9375586.jpg

長靴はどうするかと入れたり出したりの長考も汚れは我慢して、荷物になる長靴を却下したのが正解で雨量          が少なく心配だった渡渉も飛び石伝いでスイスイ
c0008948_958855.jpg

                          矮小低木のツツジはかわいい アカモノ
c0008948_10222832.jpg

       四合目は大森沢を過ぎて 五合目は釈迦ザンゲ 合目の標識があるので分りやすい
c0008948_10284128.jpg

  弾が飛んでこない平時の戦場のカマラマンの小仕事は 水の流れと人物の流れを狙って パチリ
c0008948_1042537.jpg

                       オオバキスミレと距が白いオオタチツボスミレ
c0008948_11473388.jpg

                            画像からも目がチカチカしそうな光
c0008948_1156467.jpg

                 名残のタムシバ この辺りの山は春が長くで夏が短いのかな
c0008948_1234437.jpg

     ハクサンチドリロ-ドと命名しよう 環境によってなのだろうか群落を作るランがある。
c0008948_1250229.jpg

外花被片と内花被片が8枚と同数のキヌガサソウ
c0008948_131065.jpg

むなしいな、人物を特定できないように加工する面倒 モデルに了解を得ていないので一応保険でね
参加していない方から見れば、衣服や立ち姿でバレバレなのよ やだよな自分の顔のモザイクが入ったら
c0008948_13124055.jpg

                                        焼石沼
c0008948_13213249.jpg

                             鳥海山を背負って、緑海を漕ぐ
2に続く

by takigoyama | 2017-07-11 13:23 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

仙北平野を俯瞰しながら真昼岳を歩く:2

                 真昼岳避難小屋を遠景にして笹原の縦走路を行くメンバ-
c0008948_1042714.jpg

  息を切らして、登り待ち構えてパチリ いいロ-ケションで撮れれば、眼デジも軽くなる。
c0008948_12302160.jpg

                                   馬の背と女神山
c0008948_125479.jpg

     モデルの皆様 ありがとうございます。風景だけで人が写っていないと退屈な絵です。
c0008948_1352995.jpg

  先回りして写して、花をご報告 (オクエゾサイシン) ご新規さんに逢えないのが寂しい
c0008948_13245390.jpg

花に興味がある方は3人 歩くのが好きな方と覚えられない方とさまざま 煩わしくない程度に話す
c0008948_1346810.jpg

兎平分岐手前で地元のハイカ-が休んでいた。展望もよさそうなので、ここでお昼休み ご婦人方は
       食料を考えている。その場でカットして塩もみしただけのキュウリがウマイ
c0008948_1412726.jpg

心配した梅雨に捕まらず、北海道に続いていい天気。御料局の主三角点と国土地理院の三角点が並ぶ女神山
c0008948_14204532.jpg

              距離は長いが起伏の少ない道を選ぶ ショウキランが出てこないかな
c0008948_14481813.jpg

        ブユに刺されて治療中 虫に好かれる体質はあるのだろうか同じ人が被害にあうな
c0008948_15181553.jpg

c0008948_15183258.jpg

                 どこが白糸の滝かわかりません ここでそうめんが食いたい
c0008948_153047.jpg

       迎えの車が待つ女神岳登山口は近い、戦場のカメラマンのお役はここいらで終了

by takigoyama | 2017-07-10 15:31 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

仙北平野を俯瞰しながら真昼岳を歩く:1

秋田縦貫鉄道に乗れば阿仁合駅に行けるのか森吉山登山口の民宿で食べた生ジュンサイの喉越しが
c0008948_1491681.jpg

蘇り。注文して出てきたのは、期待した「生じゅんさい」ではなくス-パで売っている水煮にして       パック詰め品で汁もそばつゆみたいで、改めて外飯を期待する自分がアホだったね
c0008948_14235042.jpg

c0008948_7342781.jpg
           旅の愉しみは、地方の産物のお土産 「名物に旨い物なし」というけれど生もろこしの抑えた甘さは一級品                  
c0008948_16375399.jpg
 
05年大曲市と仙北郡7町村が合併して誕生した。ケヤキ コスモス カワセミをデザインしたマンホ-ル
        旧太田町 アカマツ レンゲツツジ カッコウが描かれたマンホ-ル 
  角館駅から送迎されたお宿の中里温泉は田畑の中を貫く、道沿の健康ランド見たいだった
c0008948_1822685.jpg
 
        宿の車で、落石が直撃しそうな狭い林道をクヌクネ1時間で峰越登山口に到着 
c0008948_18262284.jpg
 
            東北の春を彩るピンクはタニウツギ プチタマタンチ会長 ウフ 
c0008948_1834555.jpg

登り始めてのアザミ(その後なし)頭花が垂れているアザミはフジアザミ チョウカイスミレ オニアザミ
   があるが画像からは同定できません 蕾に虫がついていればハチマンタイアザミだけど
c0008948_805558.jpg

           歩きだしから空が開けて、下が見える気持ち良さ プチタマランチ会長 
c0008948_8262921.jpg

アマニュウ エゾニュウ オオカサモチ オオバセンキュウなどセリ科の違いを的確に答えられる方て
気持ち悪くありませんか(褒めています)Tはわかりません 蝶々のよう花で解りやすい オオハナウド
c0008948_8572735.jpg

何時もは最後尾を気楽に歩いて、撮り放題の楽ちん山行だけどトップで歩くとダニに喰われたり夜露で
          カメラが曇ったりペース配分を考えたりと、リ-ダ-苦労が分ります。
c0008948_9141052.jpg

                                    イブキトラノオ
c0008948_9204885.jpg

                                ミネヤナギ(雌株:柳絮)
c0008948_9261167.jpg

   惚れ惚れするような鳥海山が美しい 三角点情報では「正常」でも三角点は見つからない

2に続く
           
           
           

by takigoyama | 2017-07-10 09:28 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

JR東日本に大人扱いされて15000円キップで角館

連続4日間乗り放題で指定席は、6回まで使えるお得なキップで真昼岳と焼石岳を計画したOさんの
  山行に参加する。交通費は正規料金の半額 ようやく人生の配当を受け取れる年頃になりました。
            この時期は同年配の旅人が多い、隣席の方は観光を済ませたら
 宿には泊まらないで、自宅に戻り翌日出直すとのことこれなら宿代がかからないで安上がりだね
c0008948_8192054.jpg

                      梅雨前線が南岸に停滞していて、秋田はいい天気
c0008948_8392982.jpg

旧角館町 角館祭りの武者絵をデザインした汚水管 旧町章とシダレザクラと武家屋敷(現仙北市)
c0008948_8492564.jpg

c0008948_8555479.jpg

               咲いたら凄い混雑でしょうね 一年を桜の時期に暮らす街みたい
                    観光を済ませて向かいの車で中里温泉へ 27日歩く

by takigoyama | 2017-07-07 09:28 | ハイキング | Trackback | Comments(2)