2017年 08月 16日 ( 2 )

夏山錬成:新穂高

4日目の行軍は、双六小屋から新穂高へ下るだけ、最終日はご褒美を頂けたようなで天気楽しみだ
c0008948_10524131.jpg

c0008948_10525729.jpg

c0008948_1124364.jpg

           山はこうじゃないとね、これまでのツケをニコニコと現金払いされたよう
c0008948_121084.jpg

c0008948_1263994.jpg


一人では危ない大勢だと迷惑だ、面倒くさいな単独の方は人恋しくて話かけてくるタイプや俺にかまうな
とオーラを発するタイプなど様々、厄介なのは言葉に出してグル-プの道ゆずりに揶揄する奴 つまり
お前ら一人ではあるけないのだろうと言わんばかりの方 山は皆のもだもの仲良く楽しく歩こうよ
c0008948_14361389.jpg

                                  鏡池に写る逆さ槍ヶ岳
c0008948_14385152.jpg

ワサビ平小屋で冷たいスイカを、食べたかったが振り向きもしないでここまで来てしまった
c0008948_1451370.jpg

c0008948_14583323.jpg

              あぁ終わったな林道に降りて越し方を振り返る。 8月5日歩く

by takigoyama | 2017-08-16 15:00 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

夏山錬成:双六岳

3日目は雲ノ平山荘~双六小屋まで、夕食は到着順で朝飯は先着順一番で摂って5:30に小屋を早立

c0008948_1673990.jpg

         先ずは雲ノ平キャンプばで水を補給 なにか降って来そうな天気だな
c0008948_16124869.jpg

晴れていなだけに涼しくて体は楽でいい 標識でスイス庭園とわかっても、ハイマツの下にシラタマノキや
   お馴染みのメンバ-が咲いてはいても残念ながらイケテルモデルは無くて写欲はわきません
c0008948_1625515.jpg

先輩のザックは小屋泊まり3泊といえど、日帰りハイキングのようでコンパクト 無駄な荷が肩に食い込む
 シグマSD1Mにレンズは17-70とバッテリ-4個 スマホのモバイルバッテリーで2キロ
              撮影をしないで、歩くだけの山にはいきたくないな 今のところはネ
c0008948_16431217.jpg

   人物がはけるまでの待つ時間ってもどかしいね つまらない証拠写真を撮るだけ 祖父岳
c0008948_17185148.jpg

c0008948_17313941.jpg

昨年の銀座縦走は悪天の中喘ぎ喘ぎ、水晶岳を登ったのにホワイトアウトで記憶は残っていません
c0008948_1745267.jpg

                          あれが水晶岳かと見つめる。Mリ-ダ-
c0008948_187510.jpg

                   定番のアングルで高山植物(タカネツメクサ)を入れて
c0008948_203222100.jpg

   去年は雨の中ヘロヘロになって辿り着いた三俣山荘が見える。
c0008948_2039567.jpg

                                  今年は、写真を撮れた
c0008948_20483882.jpg

                                この風景ならカメラは軽い
c0008948_2049064.jpg

c0008948_20544112.jpg

曇りで見えないので古い画像を引っ張り出します。2007年 8月20日 三俣蓮華岳からの展望
c0008948_2184223.jpg
 
c0008948_1544161.jpg

                                      双六岳も残念
                          今宵の宿はビ-ルの香りが漂う双六小屋
c0008948_2111276.jpg

                                   8月4日歩く

by takigoyama | 2017-08-16 00:52 | ハイキング | Trackback | Comments(0)