奈良井宿:高畑棟材を歩く

c0008948_17543291.jpg

                           岳父生家:奈良井宿(三和土・たたき)
c0008948_17592093.jpg

c0008948_17593271.jpg

                                          屋号 宝来屋
c0008948_1813323.jpg

c0008948_183378.jpg

                       コレだけの家を守るのは大変です。(漆塗り)
           4月1日塩尻駅→薮原駅スタ-ト鳥居峠を越えて奈良井へ向かう
c0008948_854725.jpg

大正13年晩秋から中秋へかけて高畑棟材は奈良井に滞在して付近の山を歩いてます。
名産お六櫛を鬻ぐ(ひさぐ:売る難しい)古屋の軒先をかすめて薮原停車場へ足を向ける
c0008948_939691.jpg

三澤山の南方を過ぎる小径はあまり判然たるものではなく漱石の能くいふ朦朧體のお仲間である                 尾張藩鷹匠役所跡から三沢山
c0008948_1004197.jpg

                              御嶽神社遥拝所から御嶽山
c0008948_1043368.jpg

鳥居峠の一角にある森林測候所の屋根がぴかぴかに光っている。今は休憩所があります。
c0008948_1072031.jpg

          奈良井上町(かんまち)はづれの鎮神社の傍らで・・・
(下線文章は高畑棟材著行雲とともに)より
         宝来屋により岳父の墓参りを済ませて13:20の電車で帰る
c0008948_10154879.jpg

c0008948_1016037.jpg

   上諏訪で途中下車        ↑麗人×2
18切符2枚でM駅~塩尻~薮原 奈良井~M駅と乗車 3200円これも逆時は金なり

by takigoyama | 2007-04-03 17:54 | 覚え書き | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takigoyama.exblog.jp/tb/5831541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。