キノコの先生と歩く・シオジの森~雁ヶ腹摺山

食菌のマゴタケも、あの色合いで手がでない初心者今日は、素人の物知りとは物が違う「キノコ鑑定士」
                        の資格をお待ちのOさんだけに心配は無用
c0008948_15373060.jpg

昔は新宿前夜発-初狩駅-(40分)-下真木-(1時間半)-桑西-(3時間)甲斐の山々(昭和17年)
         今はガソリン車で40分 7人で一人2100円で大峠まで運んでくれた
c0008948_16231738.jpg

                  新緑や紅葉の時期には、この森は一段と輝きを増しそう
c0008948_1626288.jpg

歩行には支障はありませんが、一部登山道は押し流された砂で埋まっている場所や、堆積した岩で若干
               歩きにくい、この先大雨で登山道が寸断される不安があります。
c0008948_164898.jpg

                           一度聞いただけでは頭に入りません 
c0008948_1742279.jpg

                     シラヤマギク 草本より木本を楽しむ森のようだ
c0008948_18135833.jpg

                                 シオジの森へ向かう道 
c0008948_18155633.jpg

サワグルミも同じ環境で生えて樹皮の裂け具合も、葉も羽状複葉サワグルミ(11~21枚)
シオジ(7~9枚)側脈サワグルミ(15~20対)シオジ(8~15対)と似ている。
c0008948_18161629.jpg

                 この森は盗伐はなかったのでしょうか、大木が残っています。
c0008948_18293363.jpg

            マスタケは、樹上や倒木に緋色の大株に発生するので、わかりやすい
c0008948_18412277.jpg

  素揚げして塩を降っていただきました。 歯ごたえを味わうだけで、味そのものはありません
c0008948_11343660.jpg

                  大峠から雁ヶ腹摺山は1時間なのに 遠回りが本来の目的
c0008948_12501668.jpg

                             この天気では富士は見えないな
c0008948_12583621.jpg

証拠写真でも、腰を落としてロ-アングルで撮れば雰囲気が変わりそのひと手間でややみられる絵になる。
c0008948_13174286.jpg

       若手の観光課職員2名と年配のボランテァ3名で、標柱を新しくした場面に出会う
c0008948_13205444.jpg

キク科のマルバダケブギは鹿に嫌われて残っている。そのうち食べるものが無くなれば喰われるだろう
c0008948_13235631.jpg

                             姥子山をパスして金山峠から下る。
c0008948_132453100.jpg

c0008948_13253766.jpg
 
     20年前の金山鉱泉(山口館)に泊まって沢沿いを登った時と比べて荒れがひどい
               朝方のドライバ-を呼んで大月駅へ向かう 9月13日歩く

by takigoyama | 2017-09-18 13:31 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takigoyama.exblog.jp/tb/27545362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。