オオミスミソウが主役ならヤマトグサは通行人

c0008948_1013999.jpg

   ドヤ顔で主張するより、派手なタイプより一歩も二歩も引いて味わい深いヤマトグサ
     佐渡には7回来ていても間が悪く見るのは幼葉だけで、花は見たのは初めて
c0008948_10132963.jpg

    花色にバリエ-ションが多い、オオミスミソウのピンクと白 青紫や青 佐渡紅など
c0008948_14551095.jpg

c0008948_1443531.jpg

せわしない、ツァ-だけどメンバ-は同じグル-プなので撮影に気を使わないのはありがたい
c0008948_15104126.jpg

  そうは言っても人も花も見た目が100% 参加メンバ-はヤマトグサにが誰も注目しない
大宮駅西口を24時前の夜行バスで佐渡汽船タ-ミナルに向かう、両津港行きのジェッとフォイルを待つ間
        に附近を散策 去年は目にしなかったマンテマが群落を作っていた。
c0008948_15231632.jpg

                                  シロバナマンテマ
c0008948_15234869.jpg

                 旅をするなら待合室で時間を持て余すのはもったいないな
c0008948_17441316.jpg

両津港に着いて、迎えのバスでドンデン高原に送ってもらい、間峰縦走を開始 残雪の山肌が青空に映える
c0008948_188687.jpg

                      土日の山行で参加者が多く40人を2班に分ける
c0008948_1814469.jpg
 
                   足元には花はないが、写欲がわく被写体が広がる。
c0008948_18231457.jpg

                                海が見える山いいな
c0008948_222776.jpg

          雪の重みで撓んだ枝を潜ったり、跨いだりと自然の厳しさを身をもって知る
c0008948_22294760.jpg

                        案内人が夏道と冬道を選びながらリードする
c0008948_2237784.jpg

 道は明瞭でも枝打ちの整備はされていない、夏は藪で苦労するだろう残雪期向きの(間峰)
c0008948_22435232.jpg

チシマネコノメソウの葯がオレンジタイプは栃木で見ている。こちらは黄色タイプのチシマネコノメソウ
c0008948_22475244.jpg

c0008948_22515653.jpg

                 4月も末ながらフクジュソウも咲いていた。 22日歩く

by takigoyama | 2017-04-26 22:52 | ハイキング | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://takigoyama.exblog.jp/tb/26614819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by フクシア at 2017-04-27 18:43 x
おお、今年も行かれたのですね!このコースは昨年私が歩いたコースです。たった一年前の事なのに懐かしい・・・。
ホテルのお米やお酒が美味しいですよね。花好きではありますが、やはり花より団子の私ですね(笑)
Commented by takigoyama at 2017-04-27 22:01
こちらも花は遅れていますね、サービスのビ-ルと
北雪を2合、帰り車中でウィスキ-の下地を入れて、
料理長が代わってメニュ-が違っていました