水根沢林道を繞る尾根と沢

 何処がって~見ての通りでございます。神経質の方はノークレ-ムノ-コメントでお願いします。
c0008948_17152982.jpg

   林道は材木を運搬する道をイメ-ジするが、水根沢はすれ違いも困難な幅員1m未満な小径
c0008948_10331575.jpg

                    その名の通り沢沿いに多い(サワシバ) アシダキ沢
c0008948_11305315.jpg

ここはどこと尋ねても宮内本では教えてくれません 奥多摩登山詳細図(西編)に滝とある榛ノ木沢か
c0008948_12282233.jpg

    復刻版も高くななりましたねアマゾンで約20000円 昔は最安値で3000円でした。
c0008948_12325982.jpg

c0008948_14244499.jpg

どっちの尾根に行くかな仁右衛門右岸尾根取り付きにて 尾根は上から見て右が右岸 股はもちろん下から
      見るに限るでしょうでも この話は難しいので褌と同じく又にしようよ
c0008948_14245649.jpg

      なにしに来やったんだと、脅されても納得するような熊の落とし物が散見する尾根
c0008948_1541624.jpg

天気が悪いからこそ、撮れる風景に出会えのもいいね
c0008948_15535666.jpg
 
私が出会う風景 東京(市)水道局標石 三頭山には東京(府)がある これも一つの田島勝太郎ワ-ルド
c0008948_16303291.jpg
  
c0008948_16435447.jpg

                              タマランチ会長もお喜びの風景 
c0008948_17163024.jpg
          
この林道は、今迄どの案内書にも紹介さた事の無い程、知られないコ-スで雲取山、鷹ノ巣山方面より・・
       奥多摩の山と谷-登山地図帳-昭和35年山と渓谷社 捲き道の朽ちた氷川に泣く
c0008948_17313969.jpg

                            カヤノキ山に向かう元少女と少年達
c0008948_17373440.jpg

          倉戸山を踏んで大麦尾根を辿って、奥多摩湖に降りる。 11月20日歩く

by takigoyama | 2015-12-07 17:40 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://takigoyama.exblog.jp/tb/24999990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by リブル at 2015-12-08 20:53 x
喜右衛門沢右岸尾根、なかなか大変そうですね。
先日、どのあたりかなと思いながら歩きましたが、沢への降りる所が難しそうに思えました。
その後も急登そうですね。
Commented by takigoyama at 2015-12-10 15:14
水根BSから仁右衛門沢まで、ウロウロしながら
2時間かかってしまいました。一人でスイスイなら
90分かな尾根は標高差400m程度で短いですね
下りを三本ケヤキ沢にとるループも面白そう